デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1430592

コレスポンデンス管理システム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Correspondence Management System - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
コレスポンデンス管理システム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コレスポンデンス管理システム市場規模は2024年に455億5,000万米ドルと予測され、2029年には922億9,000万米ドルに達し、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは15.17%で成長すると予測されます。

Correspondence Management System-Market-IMG1

CMSにおけるAI需要の高まり、音声ベースの検索最適化利用の増加、コンテンツ管理におけるチャットボット利用の増加など、CMSにおける技術導入動向の高まりは、予測期間中の市場成長を促進すると予測されるいくつかの要因になっています。

主なハイライト

  • 自動化は、特にルールベースのプロセスに従うビジネスにおいて、対応管理システムの選択を刺激し、ビジネス環境における矛盾を減少させ、対応を終了させ、それによって効率的な内部および外部コミュニケーションシステムを可能にします。
  • コレスポンデンス管理システム市場は、世界中の組織におけるデジタル・ワーキング・カルチャーの導入の増加や、産業におけるコンテンツの拡大により、世界規模で急速に拡大しています。また、ビッグデータや分析ソリューションの開発により、社内外のコミュニケーションの自動化が進んでいます。さらに、企業はすべての通信を効率的に管理するため、リアルタイム通信システムを急速に利用しています。
  • さらに、クラウドベースのテクノロジーの出現とビジネスのデジタル化の進展により、企業は社内外のビジネス・コミュニケーション・プロセスを自動化するために、メールルーム・オートメーションを頻繁に利用しています。これにより、企業は受信した通信文書をその内容、外観、カテゴリーに応じて分類し、適切な部署や個人に送信することができます。
  • さらに、コレスポンデンス管理システムは自動化し、スピードと敏捷性を提供することで、優れた顧客と社内業務のインサイトを生み出します。組織はデジタルトランスフォーメーションを活用し、顧客の要求をより迅速に満たしています。定期的な連絡を通じて株主や消費者に情報を提供し続けることで、企業は収益を増加させることができ、採用率が高まる。ビッグデータや高度な分析など、新しいITアプリケーションやインフラの導入も、コレスポンデンス管理システムの市場成長を後押しする要因のひとつです。さらに、企業は、予測機能を持つコレスポンデンス管理システムのソリューションで意思決定を改善するためにビッグデータを使用することができます。
  • しかし、市場の成長を制限し制約している課題には、分離されたデータ、データ統合のための異なるプラットフォーム、技術的能力の欠如などがあります。
  • COVID-19は、顧客とのインタラクションに依存するビジネスに深刻な影響を与えています。デジタルによるコンバージョン、双方向性、収益の拡大は、これまで以上に優先されています。その結果、多くの企業はコンテンツ管理システムやデジタル体験プラットフォーム(オンライン体験を管理するプラットフォーム)をミッションクリティカルなソフトウェアと見なしています。これらのプラットフォームに投資し、管理し、運用している個人は、プラットフォームのニーズを再評価し、WFHの長期化、インターネットトラフィックの増加、マーケティング戦略の変化にもCMSが対応できることを確認する必要があります。さらに、COVID-19によるビジネス要件の増加、厳しい納期、マーケティング需要の増加による負担は、生産性、コラボレーション、パフォーマンス、セキュリティを取り巻く機能を備えた最新のクラウドホスト型CMSの助けによって大幅に軽減されます。

コレスポンデンス管理システムの市場動向

便利で安全な社内外のコミュニケーションが市場成長を牽引

  • コンテンツ管理システムは、誰もが利用できることを目的としています。プログラムは一般的にユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、操作も簡単です。技術的な知識やプログラミングの知識は必要ないが、CMSプラットフォームによっては、多少の支援や専門知識が必要になる場合もあります。このような特徴的な利点が、CMS採用の伸びの要因となっています。
  • プライベートでパーソナライズされたインタラクティブなビジネス文書の開発、編集、配布は、コレスポンデンス管理システムによって集中管理されます。この技術により、企業は事前に承認された資料やカスタムライティングされた資料を用いて、作成からアーカイブまで簡素化されたプロセスで迅速にコミュニケーションを作成することができ、それによってクライアントの利便性が向上します。
  • その結果、顧客は適切なメッセージを迅速、正確、簡単、安全かつ適切に受け取ることができます。これにより、企業は複雑なプロセスに関連するコストとリスクを低減する一方で、消費者との交流の価値を最大化することができ、市場の成長を促進することができます。
  • さらに、Storyblokが実施した調査によると、2023年にCMSを最も頻繁に利用したチームはマーケティングで17%、僅差で営業が17%、財務が15%と続く。デザインチームは7%、エグゼクティブは6%で、企業のCMSを利用する可能性が最も低い2チームだった。このような大幅な採用率は、CMS技術が提供する利便性とセキュリティが、組織全体の社内外コミュニケーションの有効性を促進していることを意味しているのかもしれないです。
Correspondence Management System-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める

  • 北米は、小売業やeコマース、BFSI、政府機関など、さまざまな業種において自動化の利用が拡大し、リテンション向上のための効果的な社内外コミュニケーションに対する需要が高まっていることから、大きな市場シェアを占めています。北米の2大市場である米国とカナダでは、コレスポンデンス管理システムのソリューションなど、先進技術の採用が進んでいます。
  • 例えば、Microsoft Corporationによると、この地域では自動化とコラボレーションの簡素化により、時間とリソースの管理がより効果的で生産的になっています。例えば、米国空軍は、タスク管理と部門やチーム間のコミュニケーションを合理化することで、年間140万米ドル近くを大幅に節約しました。
  • 企業は、ITや電気通信のような重要な業界において、手作業による業務手続きの中断を防ぐために、コレスポンデンス管理システムを大幅に利用することが期待されています。コレスポンデンス管理システムは、コレスポンデンスやアクションプランを効果的に管理、検索、追跡、報告します。様々な新興産業における通信交換の増加は、この地域全体でCMSベンダーを生み出すと予想されます。
  • この地域のコレスポンデンス管理システムの著名な国際的プロバイダーには、IBM、マイクロソフト、アドビ、オープンテキスト、ピツニーボウズ、マイクロパクト、ゼロックス、トップダウンシステムズが含まれます。このような大企業の存在が、この地域全体でかなりの収益を生み出している主な原因です。
Correspondence Management System-Market-IMG3

コレスポンデンス管理システム産業の概要

コレスポンデンス管理システム市場は適度に競争的であり、いくつかの主要な企業で構成されています。世界中の主要なプロバイダーには、IBM Corporation、Microsoft Corporation、OpenText Corporation、Adobe, Inc.などがあります。サービス・プロバイダーは、ソフトウェア・ハウスと提携し、エンド・ツー・エンドのソリューションとして提供し、通信文書管理ソリューションのワンストップ・ショップのように振る舞うことで、ソリューション・アプローチを通じて市場に参入しようとしています。通信簿管理システム市場で事業を展開する企業は現在、手頃な価格で様々なクラウドベースのソリューションを提供しており、これらのシステムを提供する企業に大きなビジネスチャンスをもたらすと期待されています。

2023年2月- デジタル文書と契約のライフサイクル管理を手がけるSignDeskは、同社のクラウド展開能力を強化するため、マイクロソフトおよびG7 CR Technologiesとの提携を発表しました。この提携により、企業はサインデスク製品と統合されたMicrosoft Azureの機能を利用できるようになります。サインデスクの文書自動化スイートは、マイクロソフトのマーケットプレースでも紹介される予定です。このポートフォリオに含まれるソリューションは、デジタルオンボーディング、契約ライフサイクル管理、デジタルドキュメントの実行に対応しています。

2022年11月- ビジネスオートメーションソリューションの著名プロバイダーであるenChoiceとRosslyn Data Technologiesは、enChoiceがRosslynのIntegritie事業部門を買収する資産買収契約を締結しました。この買収により、Integritieの顧客契約、専有ソフトウェア資産、および少数の主要人材がenChoiceに移管されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 通信システムの自動化とパーソナライズ化のニーズの高まり
    • 便利で安全な社内外コミュニケーション
  • 市場抑制要因
    • 技術的専門知識の不足による、データ統合に影響するセラーデータとバラバラのデータシステム
    • 高い初期投資と認識不足

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソフトウェア
    • サービス別
  • 配信チャネル別
    • ウェブベース
    • Eメールベース
    • その他の配信チャネル(SMS/MMSベースなど)
  • 展開モデル別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • 業界別
    • BFSI
    • 政府・公共機関
    • テレコム&IT
    • ヘルスケア
    • 小売・eコマース
    • その他業界別
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Adobe Inc.
    • Microsoft Corporation
    • OpenText Corporation
    • Rosslyn Data Technologies Inc.(enChoice, Inc.)
    • Pitney Bowes Inc.
    • Newgen Software Technologies Limited
    • Fabasoft AG
    • MicroPact Inc.
    • Everteam SAS
    • Ademero, Inc.
    • Blue Project Software Inc.
    • Xerox Holdings Corporation
    • Palaxo International Ltd.
    • Top Down Systems Corporation
    • Harvest Technology Group

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 70651

The Correspondence Management System Market size is estimated at USD 45.55 billion in 2024, and is expected to reach USD 92.29 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.17% during the forecast period (2024-2029).

Correspondence Management System - Market - IMG1

The rising trends of technology adoption in CMS, such as rising demand for AI in CMS, increasing use of Voice-based search optimization, and rising chatbot usage for content management, are a few factors anticipated to drive the market growth during the forecast period.

Key Highlights

  • Automation stimulates the selection of a correspondence management system, especially for businesses that follow rule-based processes, diminishing inconsistencies and terminating correspondences in the business environment, thereby allowing efficient internal and external communication systems.
  • The correspondence management system market is expanding rapidly on a global scale due to the rise in the adoption of a digital working culture in organizations worldwide and the expansion of content in industries. In addition, developing big data and analytics solutions has increased internal and external communication automation. Additionally, businesses are fast using real-time communication systems to manage all correspondences effectively.
  • Moreover, businesses frequently use mailroom automation to automate their internal and external business communication processes as a result of the emergence of cloud-based technologies and the growing digitalization of businesses. This helps businesses to classify their incoming correspondence according to its content, appearance, and category and send it to the appropriate department or individual.
  • Further, a correspondence management system automates, providing speed and agility to generate superior customer and internal affairs insights. Organizations are using digital transformation to satisfy client demands more quickly. By keeping shareholders and consumers informed through regular contact, the solutions allow businesses to increase revenues, which raises the adoption rate. Introducing new IT applications and infrastructure, such as big data and sophisticated analytics, is another driver fueling the market's growth for correspondence management systems. Additionally, businesses may use big data to improve decision-making with solutions for a correspondence management system that has predictive capabilities.
  • However, some challenges limiting and constraining the market's growth include segregated data, different platforms for data integration, and a lack of technical competence.
  • COVID-19 has severely impacted businesses relying on customer interaction to generate income. Conversion, interactivity, and revenue growth through digital are being prioritized more than ever. As a result, many organizations view content management systems and digital experience platforms-platforms that govern online experiences-as mission-critical software. Individuals investing in, administering, and operating on these platforms need to reassess their platform needs and ensure their CMS can sustain them during prolonged WFH periods, more internet traffic, and changing marketing strategies. Moreover, the strain of increasing business requirements, tight deadlines, and increased marketing demands due to COVID-19 significantly lessened with the help of a contemporary cloud-hosted CMS with features surrounding productivity, collaboration, performance, and security.

Correspondence Management System Market Trends

Convenient and Secured Internal and External Communications to Drive the Market Growth

  • Content management systems are intended to be used by everyone. The program typically has a user-friendly interface and is simple to navigate. While no technical or programming knowledge is necessary, some CMS platforms can require some assistance or expertise. Such characteristic benefits are factors responsible for the growth of CMS adoption.
  • The development, compilation, and distribution of private, personalized, and interactive business correspondences are centralized and managed by correspondence management systems. The technology allows businesses to rapidly create communication using pre-approved and custom-written material in a simplified process from production to archive, thereby enhancing convenience to the clients.
  • As a result, clients receive the appropriate message quickly, accurately, easily, securely, and relevantly. This enables companies to lower costs and risks related to a complicated process while maximizing the value of consumer interactions, thereby driving market growth.
  • Moreover, according to a survey conducted by Storyblok, in 2023, the team that used the CMS most frequently was marketing, with 17%, closely followed by sales, 17%, and finance, 15%. Design teams and executives, with 7% and 6%, respectively, were the two teams that were least likely to use a company's CMS. Such significant adoption rates might signify the convenience and security offered by the CMS technology driving the effectiveness of internal and external communication across the organization.
Correspondence Management System - Market - IMG2

North America to Hold Significant Market Share

  • North America accounts for one of the significant market shares due to the growing use of automation and the increasing demand for effective internal and external communication for improved retention in several business verticals, such as retail and eCommerce, BFSI, and government. The adoption of advanced technology, such as solutions for correspondence management systems, has been increasing in the two strongest markets in North America: the United States and Canada.
  • For instance, according to Microsoft Corporation, automation and simplified collaboration in the region make time and resource management more effective and productive. For example, the United States Air Force significantly saved nearly USD 1.4 million yearly by streamlining task management and communication among departments and teams.
  • Businesses are expected to use the correspondence management system significantly to prevent manual business procedures from disrupting operations in crucial industry verticals like IT & telecom. The correspondence management system effectively maintains, searches, tracks, and reports correspondence and action plans. The rising communication exchange across various emerging industries are expected to create CMS vendors across the region.
  • The region's prominent international providers of correspondence management systems include IBM, Microsoft, Adobe, OpenText, Pitney Bowes, MicroPact, Xerox, and Top Down Systems. The presence of such large enterprises are primarily responsible for the considerable revenue generation across the region.
Correspondence Management System - Market - IMG3

Correspondence Management System Industry Overview

The Correspondence Management System Market is moderately competitive and consists of several major players. Some of the key providers across the globe include IBM Corporation, Microsoft Corporation, OpenText Corporation, and Adobe, Inc., among others. The Service Providers are trying to go to the market through a solution approach by tying up with software houses, providing it as an end-to-end solution, and behaving like a one-stop-shop for the correspondence management solution. The players operating in the correspondence management system market are now offering various cloud-based solutions at affordable prices, which are expected to provide considerable opportunities to the companies providing these systems.

February 2023 - SignDesk, a digital documents and contract lifecycle management player, announced a partnership with Microsoft and G7 CR Technologies to enhance the company's cloud deployment capabilities. Through this relationship, businesses will be able to use the Microsoft Azure features integrated with the SignDesk suite of products. The document automation suite from Sign Desk will also be featured in the Microsoft marketplace. The solutions in this portfolio address digital onboarding, contract lifecycle management, and digital document execution.

November 2022 - enChoice, a prominent provider of business automation solutions, and Rosslyn Data Technologies have entered into an asset acquisition agreement for enChoice to buy Rosslyn's Integritie business unit. Customer contracts, proprietary software assets, and a few key personnel of Integritie will transfer to enChoice as part of this acquisition.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Need for Automating and Personalizing Communication Systems
    • 5.1.2 Convenient and Secured Internal and External Communications
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Cellar Data and Disparate Data Systems Impacting Data Integration augmented by Lack of Technical Expertise
    • 5.2.2 Higher Initial Investments and Lack of Awareness

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Software
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Delivery Channel
    • 6.2.1 Web-based
    • 6.2.2 Email-based
    • 6.2.3 Other Delivery Channels (SMS/MMS-based, etc.)
  • 6.3 By Deployment Model
    • 6.3.1 On-Premises
    • 6.3.2 Cloud
  • 6.4 By Organization Size
    • 6.4.1 Small & Medium Enterprises
    • 6.4.2 Large Enterprises
  • 6.5 By Industry Vertical
    • 6.5.1 BFSI
    • 6.5.2 Government & Public Sector
    • 6.5.3 Telecom & IT
    • 6.5.4 Healthcare
    • 6.5.5 Retail & E-commerce
    • 6.5.6 Other Industry Verticals
  • 6.6 Geography
    • 6.6.1 North America
    • 6.6.2 Europe
    • 6.6.3 Asia Pacific
    • 6.6.4 Latin America
    • 6.6.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Adobe Inc.
    • 7.1.3 Microsoft Corporation
    • 7.1.4 OpenText Corporation
    • 7.1.5 Rosslyn Data Technologies Inc. (enChoice, Inc.)
    • 7.1.6 Pitney Bowes Inc.
    • 7.1.7 Newgen Software Technologies Limited
    • 7.1.8 Fabasoft AG
    • 7.1.9 MicroPact Inc.
    • 7.1.10 Everteam SAS
    • 7.1.11 Ademero, Inc.
    • 7.1.12 Blue Project Software Inc.
    • 7.1.13 Xerox Holdings Corporation
    • 7.1.14 Palaxo International Ltd.
    • 7.1.15 Top Down Systems Corporation
    • 7.1.16 Harvest Technology Group

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS