デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1430564

ポリメラーゼ連鎖反応 - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Polymerase Chain Reaction - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
ポリメラーゼ連鎖反応 - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリメラーゼ連鎖反応市場規模は2024年に133億1,000万米ドルと推定・予測され、2029年には199億4,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)のCAGRは8.42%で成長すると予測されます。

Polymerase Chain Reaction-Market-IMG1

COVID-19パンデミックはポリメラーゼ連鎖反応市場の成長に大きな影響を与えました。PCR市場には、市場の臨床診断分野での需要増加によるプラスの影響があった。当局がウイルス培養検査を推奨していないため、ほとんどすべての診断検査がRT-PCRを使用しており、COVID-19の症状があった人々はヘルスケア専門家から診断検査を受けるよう勧められました。ほとんどの製薬会社やバイオテクノロジー企業は、COVID-19治療のための新しい分子やリードを特定する研究開発部門に注力していました。例えば、2021年5月、シプラ社(Cipla Limited)はユビオ・バイオテクノロジー・システムズ社(Ubio Biotechnology Systems Pvt.Ltd.)と提携して、インドでCOVID-19のポリメラーゼ連鎖反応(COVID-19 RT-PCR)検査である「ViraGen」を発売しました。COVID-19のパンデミックは当初、研究市場に影響を与えました。パンデミックが沈静化するにつれ、PCR検査は減少し、パンデミック時に獲得した市場の牽引力は失われました。しかし、本調査の予測期間中、同市場は良好な成長が見込まれます。

ポリメラーゼ連鎖反応市場の成長を促進する主な要因には、臨床診断における用途の増加、個別化医療と精密医療に対する需要の高まり、医薬品開発における技術の進歩と応用が含まれます。

個別化医療と精密医療に対する需要の高まりは、ポリメラーゼ連鎖反応市場の成長を促進する主な要因です。例えば、PubMed Centralが2022年1月に発表した論文によると、個別化医療(PM)の応用は急速に進化しており、単純なゲノミクスを超えて拡大していると言われています。また、個別化医療は、日々の健康状態、疾病特性、臓器機能、環境、生涯暴露データを統合することにより、医療上の意思決定を行うために適用されると述べられています。さらに、PubMedが2022年9月に発表した論文によると、デジタルPCR(dPCR)は、従来のPCR技術よりも高精度で、より優れた指標を提供する新技術です。同論文はまた、dPCRは高感度で正確な分子特性解析を必要とする精密医療アプリケーションに特に適していると述べています。したがって、精密医療に対する需要の高まりと精密医療におけるPCRの採用増加は、本調査の予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。

さらに、分子生物学、生命科学、バイオテクノロジーにおける技術の進歩は、バイオテクノロジー産業における創薬、個別化医薬品、法医学、臨床研究開発にパラダイムシフトをもたらしています。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、アッセイ、検査キットや溶液、培養液の開発など、製薬業界やライフサイエンス業界にとって不可欠な要素です。疾病診断におけるこれらのPCR技術の利用の高まりは、市場の成長をさらに促進しています。例えば、2022年7月にPubMed Centralが発表した論文によると、マルチプレックスPCRは比較的コストがかからず、数時間以内に結果を報告できるため、呼吸器感染症の迅速な検出においてますます広く使用されるようになっており、これは最も魅力的な検査法の一つとなっており、現在臨床検査室で最も一般的に使用されている検査法の一つとなっています。

さらに、市場の主要企業による新製品の発売や戦略的活動は、調査対象市場の成長にプラスの影響を与えています。例えば、2022年8月、米国GenScript社は、研究ラボ用のリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)サル痘検査を発売しました。このキットはAnbio Biotechnology社との提携により開発されたもので、サル痘ウイルスを検出する研究に使用できるよう、診断ラボや医療機器販売会社向けに提供されました。さらに2022年9月には、ボッシュのVivalyticプラットフォーム用の新しいVivalytic検査MRSA/SAを発売し、このユニバーサルPCRシステムの検査ポートフォリオを拡大しました。したがって、これらの新製品の発売は、調査された市場の成長を後押しすると予想されます。

したがって、主要企業による新製品の発売や戦略的活動、分子生物学、ライフサイエンス、バイオテクノロジーにおける技術進歩、個別化医療や精密医療に対する需要の高まりなどの要因により、調査市場は分析期間中に成長を示すと予測されます。しかし、機器の高コストと代替技術の出現がポリメラーゼ連鎖反応市場の成長を妨げる要因となっています。

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)市場動向

臨床診断セグメントは予測期間中に大幅な成長が見込まれる

臨床診断セグメントは予測期間中に大きな成長が見込まれます。PCRは長年にわたり臨床診断に不可欠なものとなっています。PCRは診断時間の短縮に役立ち、臨床診断検査の特異性と精度を向上させてきました。したがって、臨床診断におけるPCRの採用の増加やHIV/AIDSのような感染症の有病率の上昇といった要因が、このセグメントの成長を促進しています。

2022年5月にNCBIによって更新された記事によると、PCRは、広範囲の実験室および/または臨床診断用途のためにDNAの特定のセグメントを増幅するために利用される実験室技術と考えられています。その記事はさらに、PCR増幅は医学の中で様々な用途があると述べています。例えば、遺伝的保因者をスクリーニングする将来の両親の場合に特定の対立遺伝子の存在を検査するために使用されます。

また、感染症の流行が増加していることも、このセグメントの成長を促進すると予想されます。例えば、2022年のUNAIDSのデータによると、2021年には世界で推定3,840万人がHIVとともに生活しており、2021年には150万人が新たにHIVに感染しました。したがって、世界中で感染症の有病率が上昇していることは、PCRが病気の診断において重要な役割を果たしていることから、セグメントの成長を促進すると予想されます。

例えば、2022年8月、Molbio Diagnosticsは、60分以内のウイルス量でHIV-1とHIV-2の鑑別診断ができるTrunet RT-PCRテストと名付けられた新しいテストを発売しました。このような発売も市場セグメントの成長を促進します。

このように、臨床診断におけるPCRの採用の増加、HIVなどの感染症の有病率の上昇、新製品の発売などの要因が、予測期間中の同分野の成長を促進すると予想されます。

Polymerase Chain Reaction-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

北米セグメントが成長しているのは、市場に参入しているメーカーが多いこと、がんのような遺伝性疾患や慢性疾患が増加していること、人口が高齢化していること、人々がより精密で個別化された医療を望んでいること、政府が支援策を講じていることなどが理由です。

例えば、米国がん協会のデータによると、2022年には米国で新たに190万人のがん患者が診断され、60万9360人が死亡すると推定されています。さらに、CDCが2022年11月に更新したデータによると、2022年10月から11月までに米国でインフルエンザに関連した疾病が2,800,000~6,600,000件、インフルエンザに関連した医療機関の受診が1,400,000~3,300,000件、インフルエンザに関連した入院が23,000~48,000件発生したと推定されています。さらに、2022年6月にカナダ統計局がカナダがん協会およびカナダ公衆衛生局と共同で発表したデータによると、2022年中にカナダで推定233,900人ががんと診断されるといいます。したがって、このような疾患の有病率の上昇は、PCRの採用を増加させ、その結果、本調査の予測期間中の市場成長を強化する構えです。

さらに、PCR検査に基づく新製品の発売は、市場の成長を大きく促進します。例えば、2022年11月、Rocheは米国でCobas 5800 Systemを発表しました。これはコンパクトな全自動分子検査装置で、感染症の診断において臨床医を支援する柔軟なPCR検査ソリューションを提供します。さらに2021年5月、米国FDAは、非小細胞肺がんおよび大腸がんのKRAS遺伝子に見られる7つの変異を検出する検査キット、キアゲンのTheraScreen KRAS RGQ PCR Kitを承認しました。

このように、遺伝性疾患や慢性疾患の有病率の増加、PCR検査に基づく新製品の発売といった要因を考慮すると、予測期間中、同地域の市場は大きな成長を遂げることが予想されます。

Polymerase Chain Reaction-Market-IMG3

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)産業の概要

この市場は、少数の大手企業の存在により、適度に統合されています。市場プレイヤーの中には、Abbott Laboratories、Agilent Technologies Inc.、Becton, Dickinson and Company、BioMerieux SA、Bio-Rad Laboratories Inc.、GE Healthcare、Merck KGaA、PerkinElmer Inc.、Promega Corporation、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientific Inc.などがいます。これら市場の主要企業は、製品ポートフォリオや製造能力を強化し、競合他社との差別化を図るため、提携、合併、買収を進めています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 臨床診断におけるアプリケーションの増加
    • 個別化・高精度医薬品への需要の高まり
    • 医薬品開発における技術の進歩と応用
  • 市場抑制要因
    • 機器の高コスト
    • 代替技術の出現
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • 製品別
    • 機器
      • スタンダードPCRシステム
      • デジタルPCRシステム
      • リアルタイムPCRシステム
    • 試薬・消耗品
    • ソフトウェア
  • 用途別
    • 臨床診断
    • ライフサイエンス研究および産業用途
    • その他のアプリケーション
  • エンドユーザー別
    • 学術機関
    • 臨床診断研究所および病院
    • 製薬・バイオテクノロジー産業
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Agilent Technologies Inc.
    • Becton, Dickinson and Company
    • bioMerieux SA
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • Merck KGaA
    • PerkinElmer Inc.
    • Promega Corporation
    • Siemens Healthcare
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Danaher Corporation
    • QIAGEN
    • QuantuMDx Group Ltd
    • Eppendorf

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64490

The Polymerase Chain Reaction Market size is estimated at USD 13.31 billion in 2024, and is expected to reach USD 19.94 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.42% during the forecast period (2024-2029).

Polymerase Chain Reaction - Market - IMG1

The COVID-19 pandemic significantly impacted the polymerase chain reaction market growth. There was a positive impact on the PCR market due to the increasing demand in the clinical diagnostic segment of the market. As the authorities have not recommended viral culture tests, almost all the diagnostic tests use RT-PCR to test the population who had symptoms of COVID-19 were advised by healthcare professionals to undergo a diagnostic test. Most pharmaceutical and biotechnological companies were focusing on the research and development departments on identifying new molecules or leads for the treatment of COVID-19. For instance, in May 2021, Cipla Limited launched 'ViraGen', a polymerase chain reaction (COVID-19 RT-PCR) test for COVID-19 in India in partnership with Ubio Biotechnology Systems Pvt. Ltd. Hence, the COVID-19 pandemic impacted the studied market initially. As the pandemic subsided, fewer PCR tests are being carried out due to which the market has lost some traction that it gained during the pandemic. However, the studied market is expected to have favorable growth over the forecast period of the study.

The major factors driving the growth of the polymerase chain reaction market include the increasing application in clinical diagnostics, rising demand for personalized and precision medicine, and technological advancements and applications in drug development.

The rising demand for personalized and precision medicine is a major factor driving the polymerase chain reaction market growth. For instance, according to an article published by PubMed Central in January 2022, the application of personalized medicine (PM) is said to be rapidly evolving and it has expanded beyond simple genomics. The article also stated that personalized medicines are applied to make medical decisions by integrating daily health, disease characteristic, organ function, environmental, and lifetime exposure data. Furthermore, according to an article published by PubMed in September 2022, digital PCR (dPCR) is a new technology that offers higher precision and other better indicators than the former PCR techniques. The article also stated that dPCR is particularly suited for precision medicine applications that require accurate molecular characterization with high sensitivity. Hence, the rising demand for precision medicines and the increasing adoption of PCR in precision medicine is expected to boost the market growth during the forecast period of the study.

Additionally, technological advancements in molecular biology, life sciences, and biotechnology have brought a paradigm shift in drug discovery, personalized medicines, forensic sciences, and clinical research and development in the biotechnology industry. Polymerase chain reaction (PCR) is an integral part of the pharmaceutical and life science industries, for developing assays, test kits and solutions, and culture media. The rising use of these PCR techniques in disease diagnosis is further fueling market growth. For instance, according to an article published by PubMed Central in July 2022, multiplex PCR has become more and more widely used in the rapid detection of respiratory tract infections as it is relatively cost-saving and can report results within hours, which has become one of the most attractive test methods and currently one of the most commonly used methods in the clinical laboratory.

In addition, new product launches and strategic activities by major players in the market are positively affecting the growth of the studied market. For instance, in August 2022, GenScript USA launched a real-time polymerase chain reaction (RT-PCR) monkeypox test for research lab use. The kit was developed in partnership with Anbio Biotechnology, and it was made available for diagnostic labs and medical device distributors to be used in research to detect the monkeypox virus. Additionally, in September 2022, Bosch launched a new Vivalytic test MRSA/SA for Bosch's Vivalytic platform, thus expanding the test portfolio of this universal PCR system. Hence, these new product launches are expected to boost the growth of the studied market.

Therefore, owing to the factors such as new product launches and strategic activities by major players, technological advancements in molecular biology, life sciences, and biotechnology, and rising demand for personalized and precision medicine, the studied market is anticipated to witness growth over the analysis period. However, the high cost of instruments and the emergence of alternative technologies are the factors hindering the polymerase chain reaction market growth.

Polymerase Chain Reaction (PCR) Market Trends

Clinical Diagnostics Segment is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period

The clinical diagnostics segment is expected to witness significant growth over the forecast period. PCR has become an integral part of clinical diagnosis over the years. PCR helps reduce diagnosis time and has improved the specificity and accuracy of clinical diagnostic tests. Hence, factors such as the increasing adoption of PCR in clinical diagnostics and the rising prevalence of infectious diseases such as HIV/AIDS are driving the segment's growth.

According to an article updated by NCBI in May 2022, PCR is considered a laboratory technique that is utilized to amplify specific segments of DNA for a wide range of laboratory and/or clinical diagnostic applications. The article further stated that PCR amplification has various applications within medicine, such as being used to test for the presence of specific alleles in the case of prospective parents screening for genetic carriers; it can also be used to diagnose the presence of disease directly and for mutations in the developing embryo.

Also, the rising prevalence of infectious diseases is expected to enhance the segment's growth. For instance, as per the data by UNAIDS in 2022, an estimated 38.4 million people globally were living with HIV in 2021, and 1.5 million people became newly infected with HIV in 2021. Hence, the rising prevalence of infectious diseases around the world is expected to enhance segment growth, as PCR plays an important role in the diagnosis of diseases.

The growth of this market segment is also helped by the introduction of new products.For instance, in August 2022, Molbio Diagnostics launched a new test named the Trunet RT-PCR test for the differential diagnosis of HIV-1 and HIV-2 with viral loads within 60 minutes. Such launches also propel the growth of the market segment.

Thus, factors such as the increasing adoption of PCR in clinical diagnostics, the rising prevalence of infectious diseases such as HIV, and the launch of new products are expected to enhance the segment's growth during the forecast period.

Polymerase Chain Reaction - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

The North America segment is growing because there are a lot of manufacturers in the market, there are more genetic and chronic diseases like cancer, the population is getting older, people want more precise and personalized medicine, and the government is doing things to help.

For instance, according to data from the American Cancer Society, in 2022, there will be an estimated 1.9 million new cancer cases diagnosed and 609,360 cancer deaths in the United States. Furthermore, according to the data updated by the CDC in November 2022, it is estimated that from October 2022 to November 2022 there have been 2,800,000-6,600,000 flu-related illnesses, 1,400,000-3,300,000 flu-related medical visits, and 23,000-48,000 flu-related hospitalizations in the United States. Moreover, according to the data published by Statistics Canada in collaboration with the Canadian Cancer Society and the Public Health Agency of Canada in June 2022, an estimated 233,900 people in Canada will be diagnosed with cancer during 2022. Hence, the rising prevalence of such diseases is poised to increase the adoption of PCR, thus enhancing market growth during the forecast period of the study.

Furthermore, the launch of new products based on PCR tests will drive the market's growth significantly. For instance, in November 2022, Roche introduced the Cobas 5800 System in the United States. It is a compact, fully-automated molecular laboratory instrument that offers a flexible PCR testing solution that aids clinicians in the diagnosis of infectious diseases. Furthermore, in May 2021, the United States FDA approved the TheraScreen KRAS RGQ PCR Kit by Qiagen, a laboratory test that detects seven mutations found in the KRAS gene of non-small cell lung cancer and colorectal cancer.

Thus, in view of factors such as the increasing prevalence of genetic and chronic disorders and the launch of new products based on PCR tests, the market is expected to witness significant growth in the region over the forecast period.

Polymerase Chain Reaction - Market - IMG3

Polymerase Chain Reaction (PCR) Industry Overview

The market studied is moderately consolidated in nature, owing to the presence of a few major players. Some of the market players are Abbott Laboratories, Agilent Technologies Inc., Becton, Dickinson and Company, BioMerieux SA, Bio-Rad Laboratories Inc., GE Healthcare, Merck KGaA, PerkinElmer Inc., Promega Corporation, Siemens Healthcare, and Thermo Fisher Scientific Inc. These major companies in the market are engaging in partnerships, mergers, and acquisitions, aiming to strengthen their product portfolios and manufacturing capacities and provide competitive differentiation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Application in Clinical Diagnostics
    • 4.2.2 Rising Demand for Personalized and Precision Medicines
    • 4.2.3 Technological Advancements and Applications in Drug Development
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Instruments
    • 4.3.2 Emergence of Alternative Technologies
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value -USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Instruments
      • 5.1.1.1 Standard PCR Systems
      • 5.1.1.2 Digital PCR Systems
      • 5.1.1.3 Real-time PCR Systems
    • 5.1.2 Reagents and Consumables
    • 5.1.3 Software
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Clinical Diagnostics
    • 5.2.2 Life Science Research and Industrial Applications
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Academic Institutes
    • 5.3.2 Clinical Diagnostics Labs and Hospitals
    • 5.3.3 Pharmaceutical and Biotechnology Industries
    • 5.3.4 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Agilent Technologies Inc.
    • 6.1.3 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.4 bioMerieux SA
    • 6.1.5 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.6 Merck KGaA
    • 6.1.7 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.8 Promega Corporation
    • 6.1.9 Siemens Healthcare
    • 6.1.10 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.11 Danaher Corporation
    • 6.1.12 QIAGEN
    • 6.1.13 QuantuMDx Group Ltd
    • 6.1.14 Eppendorf

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS