デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1430509

電気自動車用リレー:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024~2029年)

Electric Vehicle Relay - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 70 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
電気自動車用リレー:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 70 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気自動車用リレーの市場規模は2024年に117億8,000万米ドルと推定され、2028年には272億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024年~2028年)のCAGRは14.10%で成長する見込みです。

Electric Vehicle Relay-Market-IMG1

市場を牽引するのは、電気自動車の普及が進んでいることです。さらに、電気自動車の販売を促進するための政府の取り組みや、CO2排出量を削減するための厳格な政策が、市場の成長を後押しします。それゆえ、さまざまな自動車用途でこれらの技術が広く利用されています。

例えば、国際エネルギー機関(IEA)によると、2022年には世界で1,000万台以上の電気自動車が販売され、2023年にはさらに35%成長して1,400万台に達すると予想されています。

リレーは、車載充電器、ランプ制御、各種モーター制御、ヒーター制御、ソレノイド制御など、さまざまな用途で重要な役割を果たしています。電気自動車の需要が高いことから、リレーメーカーは製品の技術的進歩に注力しています。

例えば、Texas Instruments(TI)は2022年5月、従来の自動車用メカニカルリレーを置き換えるために設計された2つのソリッドステートリレーチップを展開します。

アジア太平洋地域が最も高いシェアを占めると予想されます。インドでは、2022年に総額83億米ドルの投資を誘致した政府の32億米ドルのインセンティブ・プログラムに支えられ、EVと部品の製造が活発化しています。タイとインドネシアも政策支援制度を強化しており、EVの普及を目指す他の新興市場経済にとって貴重な経験となる可能性があります。

このように、上記の要因は市場の成長を促進する可能性が高いです。

電気自動車用リレーの市場動向

乗用車が市場で最も高いシェアを占める

乗用車は、スタイリッシュなデザイン、コンパクトなサイズ、経済的価値といった特徴から、ここ数年 促進要因の間で絶大な人気を博しています。乗用車は、多くの先進国で最も一般的な交通手段となっています。ライフスタイルの向上、可処分所得の増加、ブランド認知度の向上、経済性の向上が、世界中で顧客の嗜好の変化をもたらし、乗用車の高い売上につながっています。

促進要因の利便性を高めるために乗用車へのリレー採用が増加していることは、調査対象市場の成長に好影響を与えています。これは、自動車の安全性と快適性を高める部品に対する需要が高まっていることにも起因しています。自動車の安全性評価を公表しているGNCAP(Global New Car Assessment Program)のような政府の様々な施策や自動車衝突試験機関により、多くの自動車購入者の間で、高品質の自動車やその他の安全機能を構築することの重要性に関する認識が高まっています。

このことを考慮し、自動車メーカーは、自動車の高度な安全機能に対する需要の高まりに対応するため、自動車の高度な安全機能にさらに力を入れています。一般的なアクティブ・セーフティ機能には、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)、タイヤ空気圧モニタリング・システム(TPMS)、車線逸脱警報システム(LDWS)などがあります。例えば、ヒュンダイ・モーターズは、ビークルスタビリティマネジメントや3点式シートベルトのような新しい安全機能を次期モデルに搭載します。

さらに、より安全な自動車の生産を促進する政府の政策が市場の成長を後押ししています。例えば、2023年8月に道路交通・高速道路省はBharat New Car Assessment Programme(Bharat NCAP)を開始しました。このプログラムは、インドにおける自動車の安全基準を3.5トンに引き上げ、交通安全を向上させるという政府のコミットメントを大きく前進させるものです。

このように、上記の要因が市場成長の原動力となっています。

Electric Vehicle Relay-Market-IMG2

アジア太平洋地域が市場で高いシェアを占める

アジア太平洋地域は、インド、中国、日本などの主要市場からの需要増加により、予測期間中に市場で顕著なシェアを占めると予想されます。

中国とインドは主要な自動車消費国とされ、世界全体で自動車需要の大きなシェアを占めています。中間所得層の増加や膨大な若者人口といった要因が、旺盛な需要をもたらすと思われます。

例えば、CEEW Centre for Energy Financeの調査では、インドでは2030年までに電気自動車に2,060億米ドルのビジネスチャンスがあると認識されています。

インドや中国のような国の政府は、電気自動車の販売を促進し、電気自動車に関するイニシアチブを導入して電気自動車産業の世界的リーダーになるための政策に注力しています。さらに、政府は電気自動車の需要を増やすために、いくつかのプログラムやインセンティブを開発しています。自動車メーカーは、電気自動車と関連インフラの研究開発に投資しています。

インド政府は、安価な道路使用料、スクラップ、改造インセンティブを実施することで、2030年までに30%のEV普及を見込んでいます。

さらに、石油輸入の増大と公害の増加により、各国政府はEモビリティへの移行を急いでいます。

世界中で電気自動車が販売されるようになり、電気自動車の需要も飛躍的に伸びています。このシナリオを考慮すると、市場は成長すると予想されます。

Electric Vehicle Relay-Market-IMG3

電気自動車用リレー産業の概要

電気自動車リレー市場は、世界的および地域的に確立されたプレーヤーによって統合され、主導されています。各社は市場での地位を維持するため、新製品の発売や提携などの戦略を採用しています。例えば

2023年8月、LS Electric Co.傘下の電気自動車(EV)部品に特化した子会社であるLS e-Mobility Solutionsは、現代自動車と起亜自動車が製造する電気自動車にリレーを供給する2,500億ウォン(1億8,700万米ドル)の供給契約を獲得しました。この契約はLSエレクトリックが公式に発表したもので、LS e-Mobility Solutionsの支社であるLS Mobility Solutionsが現代・起亜自動車と契約を結んだことを強調しました。この契約は電気自動車にEVリレーを供給するものです。部品は2025年前半に納品される予定です。

同市場の主要企業には、Panasonic Corporation、Texas Instruments、Omron Corporation、Fujitsu Limitedなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • より安全な自動車への需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • リレーの製造コストの高さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 推進力タイプ
    • バッテリー電気自動車(BEV)
    • ハイブリッド電気自動車(HEV)
  • 製品タイプ
    • PCBリレー
    • プラグインリレー
  • 車両タイプ
    • 乗用車
    • 商用車
  • アプリケーション
    • 電子パワーステアリング
    • アンチロック・ブレーキ・システム
    • ドアロック
    • パワーウィンドン
    • エアコン
    • その他のアプリケーション
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Panasonic Corporation
    • Omron Corporation
    • Fujitsu Limited
    • Texas Instruments Incorporated
    • TE Connectivity Ltd.
    • Denso Corporation
    • HELLA GmbH & Co.
    • Ningbo Forward Relay Corp.Ltd.
    • Jiangxi Weiqi Electric Co. Ltd.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50001720

The Electric Vehicle Relay Market size is estimated at USD 11.78 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.23 billion by 2028, growing at a CAGR of 14.10% during the forecast period (2024-2028).

Electric Vehicle Relay - Market - IMG1

The market is expected to be driven by the rising adoption of electric vehicles. Moreover, initiatives taken by the government to boost sales of electric vehicles and stringent policies to reduce CO2 emissions will drive the market growth. Hence, there has been widespread utilization of these technologies in various automotive applications.

For instance, according to the International Energy Agency, more than 10 million electric cars will be sold worldwide in 2022, and sales are expected to grow by another 35% to reach 14 million in 2023.

Relay plays an important role in various kinds of applications such as on-board chargers, lamp controls, various motor controls, heater controls, and solenoid controls. With the high demand for electric vehicles, relay manufacturers are focusing on technological advancements in their products.

For example, in May 2022, Texas Instruments (TI) is rolling out two solid-state relay chips designed to replace traditional automotive mechanical relays.

Asia Pacific is expected to hold the highest share. In India, EV and component manufacturing is ramping up, supported by the government's USD 3.2 billion incentive program that has attracted investments totaling USD 8.3 billion in 2022. Thailand and Indonesia are also strengthening their policy support schemes, potentially providing valuable experience for other emerging market economies seeking to foster EV adoption.

Thus, the above factors will likely drive market growth.

Electric Vehicle Relay Market Trends

Passenger Car holds Highest Share in the Market

Passenger cars have gained immense popularity among drivers over the past few years due to features such as stylish design, compact size, and economic value. Passenger cars are the most common mode of transportation in numerous advanced countries. The improving lifestyles, increasing disposable income, raising brand awareness, and economy are leading to customer preference changes across the globe, resulting in high sales of passenger cars.

The increasing adoption of relays in passenger vehicles for driver convenience is favorably impacting the growth of the market studied. This is also attributed to the rising demand for vehicle safety and comfort components. Various Government measures and car crash test organizations like the Global New Car Assessment Program (GNCAP), which publishes car safety ratings, have created awareness among many car buyers regarding the importance of building quality vehicles and other safety features.

Considering this, the automakers are focusing more on advanced safety features in vehicles to cater to the rising demand for advanced safety features in vehicles. Some of the common active safety features include an anti-lock braking system (ABS), Electronic Stability Control (ESC), Tyre Pressure Monitoring System (TPMS), Lane Departure Warning System (LDWS), etc. For example, Hyundai Motors launches new safety features like Vehicle Stability Management and 3-point seatbelts in its upcoming models.

Moreover, government policies to promote the production of much safer cars drive the market growth. For instance, in August 2023 Ministry of Road Transport & Highways launched the Bharat New Car Assessment Programme (Bharat NCAP). This program is a significant step forward in the Government's commitment to improving road safety by raising the safety standards of motor vehicles to 3.5 tons in India.

Thus, the above factors drive market growth.

Electric Vehicle Relay - Market - IMG2

Asia-Pacific holds Highest Share in the Market

The Asia-Pacific region is expected to hold a notable share of the market during the forecast period owing to rising demand from key markets like India, China, Japan, and others.

China and India are considered to be the major automotive consumers and hold a significant share of automotive demand across the world. Factors such as rising middle-class income and a huge youth population will result in strong demand.

For instance, A study by the CEEW Centre for Energy Finance recognized a USD 206 billion opportunity for electric vehicles in India by 2030.

The Governments of countries like India and China are focusing on policies to promote sales of electric vehicles and become a worldwide leader in the EV industry by introducing Initiatives for electric vehicles. Moreover, the Government has developed several programs and incentives to increase demand for electric cars. Automotive manufacturers are investing in the R&D of electric vehicles and related infrastructure.

The Government of India is projecting 30% EVs by 2030 by implementing cheaper road fees, scrapping, and refit incentives.

Moreover, the growing expense of oil imports and increased levels of pollution make governments expedite the transition to e-mobility.

With the growth of electric vehicle sales across the globe, the demand for electric vehicles really will also grow exponentially, and companies are focusing on increasing their production capacity to cater to the high demand. Considering the scenario, the market is expected to grow.

Electric Vehicle Relay - Market - IMG3

Electric Vehicle Relay Industry Overview

The electric vehicle relay market is consolidated and led by globally and regionally established players. The companies adopt strategies such as new product launches and collaborations to sustain market positions. For instance

In August 2023, LS e-Mobility Solutions, a subsidiary focused on electric vehicle (EV) components under LS Electric Co., secured a supply contract valued at 250 billion won (USD187 million) to provide relays for electric vehicles manufactured by Hyundai Motor Co. and Kia Corp. The agreement was officially announced by LS Electric, highlighting that LS Mobility Solutions, a branch of LS e-Mobility Solutions, has entered into a contract with Hyundai-Kia Motors. The agreement entails the supply of EV relays for electric vehicles. The components are scheduled for delivery in the first half of 2025.

Some of the major players in the market include Panasonic Corporation, Texas Instruments, Omron Corporation, and Fujitsu Limited.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing demand for safer vehicles
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Production Cost of Relays
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Propulsion Type
    • 5.1.1 Battery Electric Vehicle (BEV)
    • 5.1.2 Hybrid Electric Vehicle (HEV)
  • 5.2 Product Type
    • 5.2.1 PCB Relay
    • 5.2.2 Plug-in Relay
  • 5.3 Vehicle Type
    • 5.3.1 Passenger Car
    • 5.3.2 Commercial Vehicle
  • 5.4 Application
    • 5.4.1 Electronic Power Steering
    • 5.4.2 Anti-Lock Braking System
    • 5.4.3 Door Lock
    • 5.4.4 Power Windon
    • 5.4.5 Air-Conditioner
    • 5.4.6 Other Applications
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Rest of North America
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Spain
      • 5.5.2.5 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 India
      • 5.5.3.2 China
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 South Korea
      • 5.5.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Rest of the World
      • 5.5.4.1 South America
      • 5.5.4.2 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Panasonic Corporation
    • 6.2.2 Omron Corporation
    • 6.2.3 Fujitsu Limited
    • 6.2.4 Texas Instruments Incorporated
    • 6.2.5 TE Connectivity Ltd.
    • 6.2.6 Denso Corporation
    • 6.2.7 HELLA GmbH & Co.
    • 6.2.8 Ningbo Forward Relay Corp.Ltd.
    • 6.2.9 Jiangxi Weiqi Electric Co. Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS