デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1429246

音響断熱材:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Acoustic Insulation - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
音響断熱材:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

音響断熱の市場規模は2024年に169億米ドルと推定され、2029年には222億米ドルに達すると予測され、予測期間(2024年~2029年)のCAGRは5.59%で成長します。

Acoustic Insulation-Market-IMG1

COVID-19の流行は防音材分野に打撃を与えました。世界の封鎖と政府による厳しい規則により、ほとんどの生産拠点が閉鎖され、壊滅的な打撃を受けました。それにもかかわらず、2021年以降事業は回復しており、今後数年間で大幅な上昇が見込まれます。

主なハイライト

  • 短期的には、騒音公害防止のための政府規制と住宅用アプリケーションの採用急増が市場を牽引する主な要因です。また、新興国からの需要の高まりも市場の成長を後押しします。
  • 逆に、原材料価格の変動と先進国からの需要の停滞は、調査した市場の成長を大きく妨げると予想されます。
  • 審美的な見通しと耐火性遮音特性に対する需要は、まもなくチャンスとなりそうです。
  • アジア太平洋は世界の遮音材市場を独占しており、予測期間中に大きく成長すると予想されます。

遮音材市場の動向

商業建築からの需要増加

  • 商業ビルには、オフィス、小売店、映画館、その他レジャー施設などが含まれ、音響断熱材は壁、床、天井、廃水管、プラントルームなどに幅広く使用されています。
  • 商業ビルでは、外部騒音の侵入、内部騒音、ビルサービスからの騒音を避けるための一定のガイドラインがあります。しかし、建物に必要な断熱材の種類は、その構造や必要性によって異なります。商業建築は、アジア太平洋、中東・アフリカで顕著に成長しています。
  • アジア太平洋、中東・アフリカ諸国では、産業ユニット、病院、モール、劇場、ホスピタリティ産業、ITセクターの設立のために、国内外から莫大な投資が行われています。例えば、インド政府は主要出発原料(KSM)/医薬品中間体および医薬品有効成分(API)用の16工場に対するPLIスキームを承認しました。これら16工場の設立には、合計348.70カロールインドルピー(4,701万米ドル)の投資が必要となります。これらの工場の商業開発は2023年4月までに開始される予定です。従って、インドの商業・工業ユニットからの投資の増加は、防音材に対する大きな需要を生み出すと予想されます。
  • アジア太平洋は、インド、中国、インドネシアなどの国々の健全な経済実績や、中東諸国による観光業やその他の非石油部門の開発努力により、外資系企業にとって魅力的な市場となっています。これらの地域は、商業建設活動を推進しています。例えば、サウジアラビアでは「ビジョン2030」の下、2030年までにサウジアラビア全土で11,000室以上の豪華な客室を持つ80のホテルが新たに開業する予定です。そのため、ホテル建設への投資が増加し、遮音材市場への需要が見込まれます。
  • インドは、アジア太平洋地域のG20の中で最も急成長している経済国であり続けると予想されています。IBEFによると、インドは今後15年間で、急成長する人口のニーズを満たすため、都市インフラに8,400億米ドルを投資する必要があると推定されています。この投資は、建物、橋、港湾、空港の長期的な維持管理と強度向上にも重点を置いてこそ、合理的かつ持続可能なものとなります。
  • さらにインドでは、民間航空担当国務大臣が、地域接続計画(RCS)-Ude Desh ka Aam Nagrik(UDAN)インフラ計画の下、インド政府も2024年までに100の空港を建設する計画を発表しました。
  • さらに、サウジアラビアは多くの商業プロジェクトに取り組んでおり、商業ビルの増加につながる可能性が高いです。例えば、サウジアラビアは5,000億米ドルを投じる未来型メガシティ「ネオム(Neom)」プロジェクト、紅海プロジェクト第1期を発表しました。これには、5つの島と2つの内陸リゾート、キディヤ・エンターテインメント・シティ、超高級ウェルネス・ツーリズム・デスティネーションであるアマアラ、アル・ウラにあるジャン・ヌーベルのシャラアン・リゾートに広がる、3,000室を擁する14の高級・超高級ホテルが含まれます。
  • したがって、このような商業建設投資やプロジェクトはすべて、これらの国々での建設活動を促進し、遮音に対する需要を増大させています。
Acoustic Insulation-Market-IMG2

アジア太平洋地域の需要を独占する中国

  • 投資と建設活動の増加により、中国がアジア太平洋地域で最大の遮音材市場シェアを占めています。中国はここ数年、世界のインフラへの主要投資国のひとつであり、最大の貢献国です。例えば、中国国家統計局(NBS)によると、2022年の中国における建設工事の生産額は27兆6,300億人民元(4兆1,085億8,000万米ドル)に達し、2021年と比較して6.6%増加しました。
  • 中国はアジア太平洋地域で最大のGDPを誇る経済大国です。同国の成長は依然として高いです。しかし、人口が高齢化し、経済が投資から消費へ、製造業からサービス業へ、外需から内需へとリバランスするにつれて、成長率は徐々に低下しています。
  • 自動車用防音材は、自動車に不可欠な部品です。自動車内のさまざまな可動部品から発生する騒音を低減します。余分な騒音は運転手と同乗者の快適性を低下させ、疲労とストレスの増加をもたらします。自動車は依然として国内最大のセクターであり、近い将来に向けて明るい兆しを見せています。例えば、国際自動車建設機構(OICA)によると、2022年の国内自動車生産台数は2,702万615台で、2021年比で3%の増加を示しています。したがって、同国の自動車生産におけるこのようなポジティブなシナリオは、防音材に対する需要の増加を生み出すと予想されます。
  • さらに、中国は今後3年以内に米国を抜いて世界最大の航空旅行市場になると思われます。それでも、同国の航空に対する意欲は指数関数的に伸び続けています。例えば、エアバスはフランスの中国国賓訪問の際、中国の航空業界のパートナーと新たな協力協定を結びました。エアバスによれば、今後20年間で、中国の航空輸送量は年率5.3%で成長すると予測されており、これは世界平均の3.6%を大幅に上回る。2023年から2041年の間に、旅客機と貨物機の需要が8,420機となり、今後20年間で約39,500機の新造機が必要とされる世界総需要の20%以上に相当します。これは、航空機の処理能力の上昇が防音材市場の開拓と成長をさらに増大させるためです。
  • さらに、インドや日本などの国々が調査された市場の成長に貢献しています。予測期間中、音響断熱材の需要をさらに押し上げると期待されています。
Acoustic Insulation-Market-IMG3

音響断熱産業の概要

音響断熱材市場は統合された性質を持っています。この市場の主要企業(順不同)には、Kingspan Group、Owens Corning、Saint-Gobain、Rockwool A/S、Armacellなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 騒音公害抑制のための政府規制と住宅用途での採用急増
    • 新興国からの需要増加
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 先進諸国からの需要の停滞
    • 原材料価格の変動
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • タイプ
    • ミネラルウール
    • ガラスウール
    • ポリマーフォーム
    • 天然素材
  • エンドユーザー産業
    • 住宅建設
    • 商業建築
    • 輸送
    • 工業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア分析(%)**/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Armacell
    • BASF SE
    • Cabot Corporation
    • Cellecta
    • CSR Limited
    • Dow
    • Dynamic composite technologies
    • Fletcher Insulation
    • Insultech, LLC
    • Johns Manville
    • Kingspan Group
    • Knauf Insulation
    • L'ISOLANTE K-FLEX S.p.A.
    • Owens Corning
    • Recticel Insulation
    • ROCKWOOL A/S
    • Saint-Gobain
    • Siderise
    • Trelleborg
    • Xella(Etex Group)

第7章 市場機会と今後の動向

  • 遮音材の美的展望と耐火性への需要
  • その他の機会
目次
Product Code: 46492

The Acoustic Insulation Market size is estimated at USD 16.90 billion in 2024, and is expected to reach USD 22.20 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.59% during the forecast period (2024-2029).

Acoustic Insulation - Market - IMG1

The COVID-19 epidemic harmed the acoustic insulation sector. Global lockdowns and severe rules enforced by governments resulted in a catastrophic setback as most production hubs were shut down. Nonetheless, the business is recovering since 2021 and is expected to rise significantly in the coming years.

Key Highlights

  • Over the short term, government regulations for controlling noise pollution and a surge in the adoption of residential applications are the major factors driving the market studied. Also, a rise in demand from emerging economies boosts market growth.
  • Conversely, fluctuating raw material prices and stagnant demand from developed countries are expected to significantly hinder the studied market's growth.
  • Demand for aesthetic prospects and fire-resistant acoustic insulation properties will likely be an opportunity shortly.
  • Asia-Pacific is dominating the global acoustic insulation market and is expected to grow significantly during the forecast period.

Acoustic Insulation Market Trends

Rising Demand from the Commercial Construction

  • The commercial buildings include offices, retail, cinema, and other leisure outlets used for conducting operations of the enterprises where acoustic insulation materials find extensive application in walls, floors, ceilings, waste-water pipes, plant rooms, etc.
  • In commercial buildings, there are certain guidelines to avoid external noise intrusion, internal noise, and noise from building services. However, the type of insulation required in the building varies according to its structure and need. Commercial construction is growing noticeably in Asia-Pacific, the Middle East, and Africa.
  • Asia-Pacific, Middle East, and African countries are experiencing huge domestic and foreign investments for setting up industrial units, hospitals, malls, theaters, the hospitality industry, and the IT sector. For instance, India's government approved a PLI scheme for 16 plants for key starting materials (KSMs)/drug intermediates and active pharmaceutical ingredients (APIs). Establishing these 16 plants would result in a total investment of INR 348.70 crore (USD 47.01 million). The commercial development of these plants is expected to begin by April 2023. Therefore, increasing investments from commercial and industrial units in India are expected to create significant demand for acoustic insulation materials.
  • Asia-Pacific is an attractive market for foreign companies due to the healthy economic performance of the countries like India, China, Indonesia, etc., and efforts made by the Middle Eastern countries to develop tourism and other non-oil sectors. They are driving commercial construction activities in these regions. For instance, in Saudi Arabia, under Vision 2030, 80 new hotels with more than 11,000 luxurious rooms are expected to open across Saudi Arabia by 2030. Therefore, increasing investments in the construction of hotels is expected to create demand for the acoustic insulation market.
  • India is anticipated to remain the fastest-growing G20 economy in the Asia-Pacific region. According to IBEF, it is estimated that India needs to invest USD 840 billion over the next 15 years into urban infrastructure to meet the needs of its fast-growing population. This investment will only be rational and sustainable if we additionally focus on the long-term maintenance and strength of our buildings, bridges, ports, and airports.
  • Moreover, in India, the Minister of State, Civil Aviation, announced that under the regional connectivity scheme (RCS)-Ude Desh ka Aam Nagrik (UDAN) infrastructure scheme, the Indian government also planned to construct 100 airports by 2024, owing to increasing demand for air commute.
  • Furthermore, Saudi Arabia is working on many commercial projects, likely leading to more commercial buildings. For instance, the kingdom announced the USD 500 billion futuristic mega-city "Neom" project, the Red Sea Project - Phase 1, which is expected to be completed by 2025. It includes 14 luxury and hyper-luxury hotels with 3,000 rooms spread across five islands and two inland resorts, Qiddiya Entertainment City, Amaala - the uber-luxury wellness tourism destination, and Jean Nouvel's Sharaan resort in Al-Ula.
  • Hence, all such commercial construction investments and projects are driving construction activities in these countries, increasing the demand for acoustic insulation.
Acoustic Insulation - Market - IMG2

China to Dominate the Demand in the Asia-Pacific Region

  • China holds the largest Asia-Pacific market share for acoustic insulation due to rising investments and construction activity. China is the biggest contributor, as it is one of the leading investors in infrastructure worldwide over the past few years. For instance, according to the National Bureau of Statistics (NBS) of China, in 2022, the output value of construction works in China amounted to CNY 27.63 trillion (USD 4108.58 billion), an increase of 6.6% compared with 2021.
  • China is the largest economy in the Asia-Pacific region in terms of GDP. The growth in the country remains high. However, it is gradually diminishing as the population ages, and the economy is rebalancing from investment to consumption, manufacturing to services, and external to internal demand.
  • Automotive acoustic insulation is a vital part of the vehicle. It reduces the noise produced by various moving parts in the vehicle. The excess noise reduces the comfort level of both drivers and passengers, resulting in increased fatigue and stress. Automotive remains the largest sector in the country and reflects positive signs for the near future. For instance, according to Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles (OICA), in 2022, automobile production in the country amounted to 2,70,20,615 units, which shows an increase of 3% compared with 2021. Therefore, such a positive scenario in the production of automobiles in the country is expected to create an upside demand for acoustic insulation materials.
  • Furthermore, China will overtake the United States as the world's biggest air travel market within the next three years. Still, the country's appetite for aviation continues to grow exponentially. For instance, during a French state visit to China, Airbus signed new cooperation agreements with China's Aviation industry partners. According to Airbus, over the next 20 years, China's air traffic is forecast to grow at 5.3% annually, significantly faster than the world average of 3.6%. It will lead to a demand for 8,420 passenger and freighter aircraft between 2023 and 2041, representing more than 20% of the world's total demand for around 39,500 new aircraft in the next 20 years. It is due to the rising aircraft fleet throughput further augmenting the development and growth of the acoustic insulation market.
  • Furthermore, countries such as India and Japan contribute to the studied market growth. It is expected to further drive the demand for acoustic insulation over the forecast period.
Acoustic Insulation - Market - IMG3

Acoustic Insulation Industry Overview

The acoustic insulation market is consolidated in nature. The major players in this market (not in any particular order) include Kingspan Group, Owens Corning, Saint-Gobain, Rockwool A/S, and Armacell.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Government Regulations for Controlling Noise Pollution and Surge in Adoption in Residential Application
    • 4.1.2 Rise in Demand from Emerging Economies
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stagnant Demand from the Developed Countries
    • 4.2.2 Fluctuating Raw Material Prices
    • 4.2.3 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Mineral Wool
    • 5.1.2 Glass Wool
    • 5.1.3 Polymeric Foams
    • 5.1.4 Natural
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Residential Construction
    • 5.2.2 Commercial Construction
    • 5.2.3 Transportation
    • 5.2.4 Industrial
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 Armacell
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 Cabot Corporation
    • 6.4.5 Cellecta
    • 6.4.6 CSR Limited
    • 6.4.7 Dow
    • 6.4.8 Dynamic composite technologies
    • 6.4.9 Fletcher Insulation
    • 6.4.10 Insultech, LLC
    • 6.4.11 Johns Manville
    • 6.4.12 Kingspan Group
    • 6.4.13 Knauf Insulation
    • 6.4.14 L'ISOLANTE K-FLEX S.p.A.
    • 6.4.15 Owens Corning
    • 6.4.16 Recticel Insulation
    • 6.4.17 ROCKWOOL A/S
    • 6.4.18 Saint-Gobain
    • 6.4.19 Siderise
    • 6.4.20 Trelleborg
    • 6.4.21 Xella (Etex Group)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Demand for Aesthetic Prospects and Fire-resistant Properties of Acoustic Insulation
  • 7.2 Other Opportunities