デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1429228

製造業のクラウドセキュリティ-市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Cloud Security in Manufacturing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
製造業のクラウドセキュリティ-市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

製造業のクラウドセキュリティ市場は、2024年の152億1,000万米ドルから2029年には349億米ドルに成長し、予測期間(2024-2029年)のCAGRは18.07%になると予測されます。

Cloud Security in Manufacturing-Market-IMG1

製造業は急速に進化しており、それに伴い俊敏なシステム革新とプロセスサポートへの需要が高まっています。このような需要により、クラウドセキュリティ・ソリューションの導入が進んでおり、製造業者にとってより高い可視性と柔軟性が提供されています。

主なハイライト

  • 製造業はサイバー攻撃の標的として最も狙われやすい業界の1つであり、全製造業者の約半数がサイバーセキュリティ・インシデントを経験しています。その結果、多大な金銭的損失と事業運営の中断を招いています。その結果、企業の予算の大部分はセキュリティ・ソリューションに費やされています。
  • しかし、現在ほとんどの生産プロセスはオンプレミスのソリューションでサポートされているため、生産プロセスをオンプレミスからクラウドに移行することは困難な課題です。製造業は、クラウドに移行できる新しいイベントに注力する一方で、古いイベントを処理できるよりインテリジェントなERPシステムを開発し、製造機能を必要に応じて拡張できるようにすべきです。
  • 世界中の政府は、革新的な巨大都市企業やインテリジェントな交通網を推進するため、官民パートナーシップを通じてクラウドベースのコンピューティング提供方式に投資しています。クラウドベースのテクノロジーは、信頼性が高く、手頃な価格で、スケーラブルな成果を提供し、大都市をデジタル接続されたインテリジェントな構造に変えることができます。中東では、the Dubai Internet City(DIC)やthe Kingdom of Saudi Arabia(KSA)Vision 2030のような、スマートな自治体や革新的な交通サービスを開発するためのイニシアチブを政府が支持しています。
  • さらに2023年7月、Sight Machine Inc.は、同社のManufacturing Data PlatformがMicrosoft Cloud for Manufacturingの認定ソリューションになったことを発表し、Microsoft Azureマーケットプレース内でのリーチをさらに拡大しました。マイクロソフトの製造業向けパートナーエコシステムにサイトマシンが複数年参加することで、企業は世界中の製造業者のビジネス変革を支援し、クラウド、データ、AIを活用した先進技術で新たなレベルの生産性と持続可能性を引き出すことができます。
  • しかし、大企業も中小企業も、クラウド・サービス・プロバイダー(CSP)に対する信頼の欠如から、業務をクラウドに移行することに躊躇している可能性があります。CSPは重要なデータを保持しているため、複雑なサイバー攻撃に対して非常に脆弱であり、企業が非公開データをこれらのプロバイダーに任せることを躊躇させる可能性があります。
  • COVID-19の大流行は、フィッシング犯罪の増加により、クラウドセキュリティ・ソリューションを含むクラウド・ソリューションに対する需要を高めました。詐欺師はCOVID-19を誘い水に収入を得ようとし、リモートワークへのシフトは、コミュニケーションが派遣に大きく依存するため、派遣詐欺のスキームを実行しやすくしました。
  • 結論として、製造業界におけるクラウドセキュリティ・ソリューションの採用は、サイバー脅威、より高い俊敏性への要求、システム革新とプロセス・サポートにおける可視性などが原動力となって、急速に拡大すると予想されます。また、政府によるクラウドベースのテクノロジーへの投資も市場の成長に寄与するだろうが、CSPに対する信頼の問題は依然として課題となっています。COVID-19のパンデミックは、クラウドセキュリティ・ソリューションの重要性を浮き彫りにしました。

クラウドセキュリティ市場の動向

侵入検知・防御が急成長するセグメント

  • 侵入検知・防御ソフトウェア(IDPS)は、潜在的な攻撃の兆候がないかネットワーク・トラフィックを監視するセキュリティ・システムです。その主な目的は、潜在的に危険な活動を特定し、攻撃を防ぐために即座に行動を起こすことです。これには、悪意のあるパケットをドロップしたり、ネットワーク・トラフィックをブロックしたり、接続をリセットしたりすることが含まれます。さらにIDPSは通常、セキュリティ管理者に潜在的な脅威を知らせるアラートを送信します。
  • デジタル・ツインは、モノのインターネット(IoT)のデータを使用して作成された、物理的なオブジェクト、環境、およびプロセスの仮想的な表現です。製造業者はデジタルツインを使用して、仮想環境でデータをシミュレート・分析することにより、製品、プロセス、意思決定を最適化することができます。ライフサイクルを通じてデータを接続し管理する手段は、デジタルスレッドとして知られています。
  • ITパフォーマンスを向上させたメーカーは、ITベースのシミュレーション、モデリング、データ分析を活用することで、さまざまなアプリケーションシナリオへの対応を最適化できます。複雑な計算、運用の俊敏性向上、ITリソースの有効活用など、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)機能は、この最適化プロセスで使用される標準的なツールです。HPCシステムは非常に汎用性が高く、製薬、ディスクリート、プロセス製造など、さまざまな分野で広く利用されています。
  • クラウドベースの製造データツールや、互換性のあるパートナーソリューションのエコシステムを活用するデジタルエンジニアリングは、メーカーの製品開発プロセスを加速するのに役立ちます。
  • IDSまたはIPSシステムの導入と運用の成功は、導入されたシグネチャと、それを通過するネットワーク・トラフィックという2つの主な要因に依存しています。包括的で定期的に更新されるシグネチャのデータベースは、システムが潜在的な脅威を正確に検出できることを保証します。システムを流れるネットワーク・トラフィックは一次情報源であり、システムはそれをリアルタイムで処理・分析できなければならないです。
Cloud Security in Manufacturing-Market-IMG2

アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる

  • アジア太平洋地域は現在、世界で最も急速な成長を遂げています。ASEAN Postのレポートによると、製造業は東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済成長の重要な原動力となっています。
  • この成長を牽引する重要なイニシアチブのひとつがASEAN経済共同体(AEC)であり、ASEANを単一の市場と生産拠点として確立することを目指しています。さらに、地域包括的経済連携(RCEP)のようなメガ貿易協定は、より広範なアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の創設に向けた重要な一歩となる可能性があり、自由貿易を推進する貴重な政府間フォーラムとして機能すると思われます。
  • アジア太平洋(APAC)地域の企業が増大するサイバー攻撃の脅威に備え、管理できるよう、IBMはサイバーセキュリティ・リソースへの大規模な投資を発表しました。この投資の目玉はIBMセキュリティ・コマンド・センターで、高度に現実的なサイバー攻撃のシミュレーションを行い、技術スタッフから最高経営責任者(C-suite)に至るまで、すべての人に対応テクニックを伝授します。
  • この投資の一環として、IBMはまったく新しいセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)も取得し、同社のSOCの広範な世界・ネットワークに統合して、世界中の顧客に24時間体制のセキュリティ対応サービスを提供します。
  • 多くの大手企業がAPAC地域でのプレゼンスを拡大しています。例えば、Googleは最近、APACにおけるグーグル・クラウド・プラットフォームのリージョンを3つから6つに増やしました。
Cloud Security in Manufacturing-Market-IMG3

クラウドセキュリティ業界の概要

製造業のクラウドセキュリティ市場は、サイバー攻撃に対する懸念の高まりから細分化が進んでいます。あらゆる規模の組織に対応するため、多くの企業がサービスを拡大しています。この市場の主要企業には、Cisco Systems Inc、IBM Corporation、Broadcom、Impervaなどがあります。

  • 2023年4月-AWSが製造・産業コンピテンシーを発表。AWSは、AWS Manufacturing and Industrial Competencyを発表しました。AWS Manufacturing and Industrial Competencyは、パートナーをさらに差別化し、顧客が同一のビジネスニーズに適したソリューションを見つけるのを支援するためのカテゴリを含むように拡張されました。
  • 2022年5月- クラウド業界で最も著名なGoogleは、スマート工場とインテリジェント従業員のための新しいGoogle Cloud Manufacturingを発表しました。Google Cloudの新しい製造ソリューションにより、製造エンジニアや工場管理者は、多様な資産や手順のすべてから、統合されたコンテキスト化されたデータにアクセスできるようになります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • サイバー攻撃の脅威の増大が市場を拡大
  • 市場抑制要因
    • 製造プロセスのオンプレミスからクラウドへの移行が大きな課題
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • アイデンティティとアクセス管理
    • データ損失防止
    • IDS/IPS
    • セキュリティ情報・イベント管理
    • 暗号化
  • セキュリティ
    • アプリケーション・セキュリティ
    • データベース・セキュリティ
    • エンドポイント・セキュリティ
    • ネットワーク・セキュリティ
    • ウェブ・電子メールのセキュリティ
  • 導入モード別
    • パブリック
    • プライベート
    • ハイブリッド
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Trend Micro Inc.
    • Imperva Inc.
    • Broadcom Inc.
    • IBM Corporation
    • Cisco Systems Inc.
    • Fortinet Inc.
    • Sophos PLC
    • Mcafee LLC
    • Qualys Inc.
    • Check Point Software Technologies Ltd
    • Computer Science Corporation(CSC)

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 47887

The Cloud Security Market in Manufacturing Industry is expected to grow from USD 15.21 billion in 2024 to USD 34.90 billion by 2029, at a CAGR of 18.07% during the forecast period (2024-2029).

Cloud Security  in Manufacturing - Market - IMG1

The manufacturing industry is rapidly evolving, and with it comes an increasing demand for agile system innovation and process support. This demand has led to the adoption of cloud security solutions, which offer greater visibility and flexibility to manufacturers.

Key Highlights

  • Manufacturing is one of the most highly targeted industries for cyberattacks, with almost half of all manufacturers have experienced a cybersecurity incident. This has resulted in significant financial losses and disruptions to business operations. As a result, a major portion of a company's budget is being spent on security solutions.
  • However, migrating production processes from on-premise to the cloud can be challenging, as most production processes are currently supported by on-premise solutions. Manufacturers should focus on new events that can be transferred to the cloud while developing a more intelligent ERP system to handle older events, enabling manufacturing functions to scale as needed.
  • Governments worldwide are investing in cloud-based computing delivery methods through public-private partnerships to advance innovative megacity enterprises and intelligent transportation networks. Cloud-based technology provides reliable, affordable, and scalable outcomes that can transform metropolises into digitally connected and intelligent structures. In the Middle East, governments are endorsing initiatives like the Dubai Internet City (DIC) and the Kingdom of Saudi Arabia (KSA) Vision 2030 to develop smart municipalities and innovative transportation services.
  • Furthermore, in July 2023, Sight Machine Inc. announced that its Manufacturing Data Platform is now a certified solution for Microsoft Cloud for Manufacturing, further expanding its reach within the Microsoft Azure Marketplace. Sight Machine's multi-year participation in Microsoft's partner ecosystem for manufacturing enables organizations to assist manufacturers around the globe in transforming their businesses and unlock new levels of productivity and sustainability with leading cloud, data and AI-powered technology.
  • However, large and small organizations may be hesitant to shift their operations to the cloud due to a lack of trust in cloud service providers (CSPs). CSPs hold critical data, making them highly vulnerable to complex cyberattacks that can discourage businesses from entrusting their nonpublic data to these providers.
  • The COVID-19 pandemic increased the demand for cloud solutions, including cloud security solutions, due to an increase in phishing offenses. Scammers were using COVID-19 as a lure to generate income, and the shift to remote working made dispatch fraud schemes easier to execute as communication relies heavily on dispatch.
  • In conclusion, the manufacturing industry's adoption of cloud security solutions is expected to grow rapidly, driven by cyber threats, demand for greater agility, and visibility in system innovation and process support. The government's investments in cloud-based technology will also contribute to market growth, though the issue of trust in CSPs remains a challenge. The COVID-19 pandemic highlighted the importance of cloud security solutions, which will continue to be in high demand in the foreseeable future.

Cloud Security Market Trends

Intrusion Detection and Prevention is the Fastest Growing Segment

  • An intrusion detection and prevention software (IDPS) is a security system that monitors network traffic for any signs of potential attacks. Its primary purpose is to identify any potentially dangerous activity and take immediate action to prevent the attack. This may involve dropping malicious packets, blocking network traffic, or resetting connections. Additionally, the IDPS typically sends an alert to security administrators to inform them of the potential threat.
  • Digital twins are virtual representations of physical objects, environments, and processes, created using data from the Internet of Things (IoT). Manufacturers can use digital twins to optimize their products, processes, and decisions by simulating and analyzing data in a virtual environment. The means of connecting and managing data throughout its lifecycle are known as digital threads.
  • Manufacturers with improved IT performance can optimize their support for different application scenarios by leveraging IT-based simulations, modeling, and data analysis. High-performance computing (HPC) capabilities, such as complex calculations, greater operational agility, and better IT resource utilization, are standard tools used in this optimization process. HPC systems are incredibly versatile and widely used in various sectors, including pharmaceutical, discrete, and process manufacturing.
  • Digital engineering, which involves utilizing cloud-based manufacturing data tools and an ecosystem of compatible partner solutions, can help manufacturers accelerate their product development process.
  • The successful deployment and operation of an IDS or IPS system rely on two main factors - the deployed signatures and the network traffic that flows through it. A comprehensive and regularly updated database of signatures ensures that the system can accurately detect potential threats. The network traffic that flows through the system is the primary source of information, and the system must be capable of processing and analyzing it in real time.
Cloud Security  in Manufacturing - Market - IMG2

Asia-Pacific to Witness the Highest Growth

  • The Asia-Pacific region is currently experiencing the fastest growth in the world, thanks in large part to the expansion of its manufacturing sector. According to a report from the ASEAN Post, the manufacturing industry has been a crucial driver of economic growth for the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN).
  • One of the key initiatives driving this growth is the ASEAN Economic Community (AEC), which aims to establish ASEAN as a single market and production base. Additionally, mega trade agreements such as the Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP) could be a significant step towards the creation of a broader Free Trade Area of the Asia-Pacific (FTAAP), which would serve as a valuable intergovernmental forum for promoting free trade.
  • To help businesses in the Asia Pacific (APAC) region prepare for and manage the growing threat of cyberattacks, IBM has announced a significant investment in its cybersecurity resources. The centerpiece of this investment is the IBM Security Command Center, which uses highly realistic simulated cyberattacks to teach response techniques to everyone from technical staff to the C-suite.
  • As part of this investment, IBM has also acquired a brand-new Security Operation Center (SOC), which will be integrated into the company's extensive global network of SOCs to provide round-the-clock security response services to clients worldwide.
  • Many major companies are expanding their presence in the APAC region. For example, Google has recently increased the number of Google Cloud Platform regions in APAC from three to six.
Cloud Security  in Manufacturing - Market - IMG3

Cloud Security Industry Overview

The market for cloud security in the manufacturing industry has experienced fragmentation due to increasing concerns about cyberattacks. To cater to organizations of all sizes, many companies are expanding their services. Some of the significant players in this market include Cisco Systems Inc, IBM Corporation, Broadcom, and Imperva, among others.

  • April 2023 - AWS announced the Manufacturing and Industrial Competency. AWS announced the launch of the AWS Manufacturing and Industrial Competency. The AWS Manufacturing and Industrial Competency has expanded to include the categories to further differentiate partners and assist customers in finding the right solution for their identical business needs.
  • May 2022 - Google, the most prominent player in the cloud industry, introduced the new Google Cloud Manufacturing for smart factories and intelligent employees. Google Cloud's new manufacturing solutions allow manufacturing engineers and plant managers to access united and contextualized data from all their diverse assets and procedures.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing Threats of Cyber Attacks is Expanding the Market
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Migration of Manufacturing Processes from On-premise to Cloud is a Major Challenge
  • 4.5 Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Solution
    • 5.1.1 Identity and Access Management
    • 5.1.2 Data Loss Prevention
    • 5.1.3 IDS/IPS
    • 5.1.4 Security Information and Event Management
    • 5.1.5 Encryption
  • 5.2 By Security
    • 5.2.1 Application Security
    • 5.2.2 Database Security
    • 5.2.3 Endpoint Security
    • 5.2.4 Network Security
    • 5.2.5 Web and Email Security
  • 5.3 By Deployment Mode
    • 5.3.1 Public
    • 5.3.2 Private
    • 5.3.3 Hybrid
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Trend Micro Inc.
    • 6.1.2 Imperva Inc.
    • 6.1.3 Broadcom Inc.
    • 6.1.4 IBM Corporation
    • 6.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.6 Fortinet Inc.
    • 6.1.7 Sophos PLC
    • 6.1.8 Mcafee LLC
    • 6.1.9 Qualys Inc.
    • 6.1.10 Check Point Software Technologies Ltd
    • 6.1.11 Computer Science Corporation (CSC)

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS