市場調査レポート
商品コード
1429221

日本のキッチン家電:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Japan Kitchen Appliances - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
日本のキッチン家電:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本のキッチン家電市場規模は2024年に86億6,000万米ドルと推定され、2029年には121億4,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは6.99%で成長します。

Japan Kitchen Appliances-Market-IMG1

日本は、世界のキッチン家電の主要市場の1つです。日本は長年にわたり、いくつかのイノベーションを世界市場に提供してきました。日本のキッチン家電市場は、製品イノベーションによって大きく牽引されています。技術的に先進的な製品を提供する企業の能力は、日本での市場シェアを左右する主要な要因の一つであることが証明されています。日本人は、導入される最新機能を楽しむために、家電製品を含むキッチンを時々頻繁にアップグレードします。また、日本では空きスペースが限られているため、既存の物件や建物の改築や買い替えが非常に一般的であり、これも市場成長の原動力となっています。省スペースのため、日本ではビルトイン家電が普及しています。日本の家庭の大半は小規模であり、それが最終的にキッチンのサイズに影響するため、冷蔵庫や食器洗い機など、こうしたビルトイン型の大型キッチン家電が日本でより多くの支持を集めています。

日本は、米国、ドイツ、イタリア、フランス、英国など他の先進諸国に比べ、強制封鎖こそされなかったもの、公衆衛生上の危機的状況を効率的に回避しました。しかし、世界の大流行は他国との貿易に混乱を引き起こし、輸出入のシナリオに大きな影響を与えました。貿易の混乱は国内の経済状況にストレスをもたらし、顧客は2020年の消費を減速させました。日本は世界で最も発展したeコマース市場の一つであり、アジア太平洋地域では中国に次いで第2位です。2020年には、モバイルとインターネットの高い普及率に支えられ、市場も調査期間中に持続的な成長を記録しました。COVID-19パンデミックの終息は、特にオンライン・チャネルを通じて、この業界に著しく高い消費者トラフィックをもたらすと予想され、メーカーはこのビジネス環境の変化に合わせて生産計画と流通網を設計する必要があります。

日本のキッチン家電市場の動向

スマート家電の需要拡大

日本では共働き世帯のニーズに後押しされ、AIやIoT(モノのインターネット)技術を取り入れたスマート家電が飛ぶように売れています。日本では、2019年のスマートホームアプリケーションの世帯普及率は約12%と推定され、今後数年間は力強い成長が見込まれています。ネットワーク・インフラの改善に伴い、ブロードバンドとインターネットの普及率が上昇し、消費者は家族のセキュリティをより確実にするため、ワイヤレスで技術的に高度な製品を選ぶようになっています。AI技術を搭載したモデルは、ユーザーの食習慣やその日の天気を分析して料理を提案することもできます。一度電源を入れれば鍋の手入れをする必要がないため、食事が準備されている間、その他の家事や活動に時間を割くことができます。20代から30代のカップルに特に人気があるようです。

Japan Kitchen Appliances-Market-IMG2

eコマースの成長が市場を牽引

日本は世界最大のeコマース市場の上位5位以内に常にランクインしています。さらに、日本のeコマース市場は、非常に発達した経済、高度に都市化された人口、高いインターネット普及率、単一言語文化に後押しされ、世界で最も急成長している市場のひとつです。eコマース事業はここ数年力強く成長しており、炊飯器、電気ケトル、ミキサー、魚焼き器、トースター、卓上火鉢グリルなどの小型キッチン家電を含む、より多くのキッチン家電を顧客に提供しています。日本のeコマース産業は今後さらに成長します。日本は、新市場への進出を目指す新興企業やeコマース事業者に大きな機会を提供し、ロジスティクス分野でも機会を増やしています。

Japan Kitchen Appliances-Market-IMG3

日本のキッチン家電産業の概要

本レポートは、日本のキッチン家電市場で事業を展開する主要な国際企業をカバーしています。市場シェアの面では、現在、市場を独占している大手企業は少数です。しかし、技術進歩や製品革新に伴い、中堅・中小企業は新規契約の獲得や新市場の開拓によって市場での存在感を高めています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察と力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品
    • 食品調理機器
    • 小型調理家電
    • 大型キッチン家電
    • その他の製品タイプ
  • 流通チャネル
    • マルチブランド店
    • 専売店
    • オンライン
    • その他の流通チャネル

第6章 競合情勢

  • 市場集中度の概要
  • 企業プロファイル
    • Panasonic
    • Mitsubishi
    • Rinnai Corp.
    • Ariafina Co. Ltd
    • Iris Ohyama Inc.
    • Groupe SEB
    • Hitachi
    • Midea Group
    • Haier

第7章 市場の将来

第8章 免責事項

目次
Product Code: 47673

The Japan Kitchen Appliances Market size is estimated at USD 8.66 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.14 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.99% during the forecast period (2024-2029).

Japan Kitchen Appliances - Market - IMG1

Japan has been one of the leading markets for kitchen appliances in the world. The country has been offering the global market, with several innovations for many years. The Japanese kitchen appliances market is highly driven by product innovation. A company's ability to offer technologically advanced products has been proven to be one of the major factors which influence its market share in the country. Japanese people frequently upgrade their kitchens, including the appliances time to time to enjoy the latest features that are being introduced. The renovation or the replacement of an existing property or building, which is very common in Japan owing to the limited free and new open spaces available, is also driving the market growth. Owing to the space-saving feature, they offer built-in appliances that are more popular in the country. As the majority of Japanese households are smaller in size, which ultimately impacts the size of the kitchen, these built-in large kitchen appliances, including refrigerators and dishwashers, are gaining more traction in the country.

Japan efficiently avoided the situation of public health crises compared to other developed nations such as the United States, Germany, Italy, France, the United Kingdom, etc., even though the country has not gone into compulsory lockdown. However, the global outbreak caused disruptions in trade with other countries which largely affected the import-exports scenario. The trade disruptions resulted in a stressed economic situation in the country which made customers slow down their spending in 2020. Japan has one of the most developed e-commerce markets worldwide and is ranked second in the Asia-Pacific region preceded by China. During the year 2020, the market also registered sustainable growth over the study period, supported by high mobile and internet penetration rates. The end of the COVID-19 pandemic situation is expected to bring this industry significantly higher consumer traffic, most notably through the online channels, and the manufacturers will need to design their production plans and distribution networks in line with this changing business environment.

Japan Kitchen Appliances Market Trends

Growing Demand for Smart Home Appliances

Smart home appliances incorporating AI and internet of things (IoT) technology which promise to slash time spent on household chores are flying off the shelves in Japan, propelled by the needs of double-income families. In Japan, household penetration for smart home applications is estimated at around 12% in 2019 and it is expected to grow strongly in the upcoming years. With improvement in network infrastructure, broadband and internet penetration have increased, and consumers are increasingly opting for wireless and technologically advanced products to ensure more security for their families. Models with AI technology can also suggest dishes based on an analysis of the user's eating habits and the day's weather. There is no need to tend to the pot once it has been turned on, leaving time for other chores or activities while meals are being prepared. The machines are apparently especially popular among couples in their 20s and 30s.

Japan Kitchen Appliances - Market - IMG2

Growing E-Commerce Sector is Driving the Market

Japan has continuously ranked among the top five of the world's largest e-commerce markets. Moreover, the country's e-commerce market is among the fastest-growing markets globally, boosted by a very developed economy, a highly urbanized population, high internet penetration, and a single-language culture. The e-commerce business has grown strongly over the past few years, which is offering customers more kitchen appliances, including small kitchen appliances such as rice cookers, electric kettles, blenders, fish roasters, toasters, tabletop hibachi grills, etc. Japan's e-commerce industry is set for further growth in the future. The country offers a massive opportunity for startups and e-commerce businesses looking to expand into new markets, increasing opportunities in the logistics segment as well.

Japan Kitchen Appliances - Market - IMG3

Japan Kitchen Appliances Industry Overview

The report covers major international players operating in the Japan kitchen appliances market. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. However, with technological advancement and product innovation, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by securing new contracts and by tapping new markets.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Porters Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product
    • 5.1.1 Food Preparation Appliances
    • 5.1.2 Small Cooking Appliances
    • 5.1.3 Large Kitchen Appliances
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 Multi-brand Stores
    • 5.2.2 Exclusive Stores
    • 5.2.3 Online
    • 5.2.4 Other Distribution Channels

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Concentration Overview
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Panasonic
    • 6.2.2 Mitsubishi
    • 6.2.3 Rinnai Corp.
    • 6.2.4 Ariafina Co. Ltd
    • 6.2.5 Iris Ohyama Inc.
    • 6.2.6 Groupe SEB
    • 6.2.7 Hitachi
    • 6.2.8 Midea Group
    • 6.2.9 Haier

7 FUTURE OF THE MARKET

8 DISCLAIMER