デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408556

5Kディスプレイ解像度:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年

5k Display Resolution - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
5Kディスプレイ解像度:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5Kディスプレイ解像度市場の現在の市場規模は31億4,000万米ドルです。

予測期間中にCAGR 16.2%を記録し、今後5年間で66億1,000万米ドルに達すると予想されます。

5k Display Resolution-Market-IMG1

主なハイライト

  • 4K市場の増加に伴い、5Kディスプレイ解像度の需要も間もなく増加すると予測されます。この急速に変化する技術の世界において、5Kディスプレイ解像度市場は予測期間中に大きな成長見通しを示すと予測されます。
  • 新興国における高解像度ディスプレイを搭載したプレミアム製品への需要の高まりは、テレビ分野の充実した市場や、市場プレーヤーによるターゲット層向けの販促キャンペーンなどの要因によって促進されると予想されます。スマートホームやスマートビルディングの動向の高まりとコネクテッド・テクノロジーへの需要の高まりは、コンシューマー・エレクトロニクス分野全体でコネクテッドで革新的なソリューションの採用を促進する主な要因であり、これも調査対象市場を牽引しています。例えば、Samsung はコネクテッド冷蔵庫SpaceMax Family Hubを発売しました。この冷蔵庫は自動食事プランニング機能を備えており、消費者はどこからでも冷蔵庫の中を見ることができ、キッチンで作業しながら冷蔵庫の巨大なエンターテインメント・スクリーンで好きなテレビ番組を見ることができます。
  • デジタルサイネージは今後、より柔軟なビジネスと思い出に残る体験を提供していくと思われます。テクノロジーによってより専門的な導入が可能になったとはいえ、コンテンツがプロセスの中心にあることに変わりはないです。スクリーンの量が増えただけでなく、技術の進歩も著しいです。技術の進歩は、オペレーターにまったく新しいコンテンツの選択肢を生み出しました。例えば、ディスプレイの機能が飛躍的に向上しました。高解像度の5Kディスプレイが人気を集めており、新しく明るい画面は効果的に人々の注目を集める。その一方で、よりシャープなディスプレイは、提示可能なコンテンツの水準を引き上げました。より質の高い画像や動画が求められています。
  • 市場のプレーヤーは、市場シェアを獲得するために新製品を開発しています。例えば、多くのカメラが高解像度のビデオや画像をより高いフレームレートで取り込み、鮮明でシャープな画像や動画を提供しています。5Kディスプレイ解像度は、コンパクトで頑丈なボディで高解像度ビデオを提供するデジタルカメラの新しい動向であるデジタルカメラやアドベンチャーカメラで有効になっています。GoProアドベンチャーカメラでは、5K解像度で30-240fpsの撮影が可能であり、これはアドベンチャーカメラとしては大規模な出力です。
  • スマートフォンに新しい洗練された技術が急速に組み込まれたことで、組織はモバイルワークフォース用のコンシューマーグレードのデバイスに依存するようになった。もう1つの一般的な慣行は、中小企業が最小限のコスト、運用レベル、従業員の満足度を考慮してコンシューマーグレードのデバイスを採用することです。対照的に、大企業は標準的な堅牢なエンタープライズ・デバイスへの投資を選択します。コンシューマーグレードのデバイスのコストは、発売当初に比べ低下する傾向にあり、コンシューマーグレードのデバイスの価格はかなり手頃です。各機関が手抜きをしてコストだけでデバイスを選ぼうとする場合、各業界はコンシューマーグレードのデバイスを選ぶ。
  • さらに、COVID-19の流行期間中、テレビ視聴率は急上昇を続けた。テレビ視聴率測定機関BARC India(Broadcast Audience Research Council of India)が報告しています。それによると、第12週(2020年3月21日から27日)の視聴率はCOVID-19以前の期間(2020年1月11日から31日)と比べて11%急増しました。1日の平均視聴者数は5億6,000万人から6億2,200万人へと2つの期間で6,200万人増加しました。このような動向はさらに、調査対象のマーケット成長のカタリストとして作用すると予想されます。

5Kディスプレイ解像度の市場動向

テレビ分野が市場を牽引する見込み

  • テレビ業界は、さまざまな技術の進歩や世界のスマートホーム技術の採用拡大により、成長の伸びを目の当たりにしています。世界中のベンダーは、顧客のニーズや市場の要求に応えるため、製品に効果的なイノベーションを施しています。
  • デジタル化は、ケーブルネットワークの品質を向上させるため、様々な地域で主流となっています。デジタル化は、HDチャンネル、チャンネルパック加入、インタラクティブビデオなどの付加価値サービスの利点により、ケーブルネットワークで採用されています。こうした動きは、5Kディスプレイ解像度の需要を促進すると予想されます。
  • 画面サイズが32インチ以下のテレビは、消費者が大画面テレビに傾倒しているため、需要が減少しています。需要減少のもう一つの主な要因は、5K技術の出現です。これは、需要によるところもあるが、小さな画面の限界によるところもあります。小さな画面では5Kの高解像度を映し出すことができないため、5K技術を搭載した32インチテレビは存在しないです。メーカーは過去10年間、ほとんど5Kセットに注力してきました。従って、5Kを映すことができないテレビが淘汰されるのは必然でした。
  • このセグメントのテレビは、サイズが小さく、機能が限られているため、価格もかなり安いです。これらのテレビは低価格であるため、従来のテレビからより新しくスマートなテレビに買い替えたいと考える低所得者層の選択肢に適しています。企業はこのサイズのテレビを発売する際、低所得者が多い地域をターゲットにすることがほとんどです。例えば、シャオミ・インディアは2022年8月、画面サイズ32インチの「Xiaomi Smart TV 5A PRO 32」の発売を発表しました。このテレビは、解像度1336768ピクセルのベゼルレススクリーンを特徴としています。また、テレビのオーディオ設定はDolby AtmosとDTS Virtual:Xをサポートしています。
  • さらに、戸締まりや在宅勤務のシーンでは、テレビを見る時間が増加しました。2021年米国労働統計局の米国時間使用調査によると、米国人は睡眠時間を除けば、ほとんどの時間をテレビ視聴に費やしており、1日平均約3.1時間と、労働時間よりわずかに長い程度でした。また、2022年3月、ドイツ発のオーディオ・ビジュアル・ブランドであるBlaupunktは、40インチのHD ReadyスマートTVを発売しました。このテレビは、1GB RAM、8GB ROM、3つのHDMIポート、2つのUSBポートをサポートし、2つのスピーカー、デジタル・ノイズ・フィルター、サラウンド技術に対応した40ワットのスピーカー出力を備えています。
  • NPAWによると、リニアTVタイトルの視聴数が最も多い地域は欧州と北米で、2022年には1日平均2.2コンテンツが消費され、チャンネル数も増加します。一方、アジアでは、1日に視聴されるリニアTVのタイトル数は、1ユーザー・1サービスあたり平均1.3タイトルです。このような高いテレビ消費は、予測期間中、調査対象市場の需要を牽引すると思われます。OSベースのデバイス展開が市場成長の原動力となります。セットトップボックスの設置を義務付ける政府規制、STBベンダーによるオープンOSベース機器の展開、新興国におけるアナログ停波がSTB市場の需要をさらに促進しており、調査対象市場の需要を高めると思われます。
5k Display Resolution-Market-IMG2

北米が市場で大きなシェアを占める見込み

  • 米国の5K市場は、予測される期間中に高い成長が見込まれます。スポーツ&エンターテイメント、医療、消費者産業による高解像度デバイスの使用増加が市場成長を後押しします。米国では継続的な技術進歩が5K技術の需要を押し上げています。5K UHDは、垂直方向と水平方向の画素数で4K UHDより優れています。この技術は、改善された角度と高品質で画像の視覚化を提供します。
  • カナダは5K技術にとって最も重要な市場のひとつです。高額の投資、技術の進歩、革新的なアプリケーションが市場を牽引する主な要因です。5K解像度の主な利点の1つは、低解像度フォーマットよりもはるかに詳細で鮮明な画像が得られることで、大画面ディスプレイや高画質が優先される用途向けのモデルとなっています。典型的なストリーミング・エンターテインメント製品としてスマートTVが好まれるようになったOTTサービスの採用増加は、調査された市場に有利な機会を生み出すと思われます。
  • さらに、超高速インターネットと高効率ネットワークインフラの普及が進んでいることも、5K解像度にプラスの影響を与えると予想されます。例えば、2022年10月、カナダ政府は、世界の通信企業であるノキアによる次世代無線技術への移行を支援する新プロジェクトを発表しました。この変革的な3億4,000万米ドルのプロジェクトは、ノキアのオタワの施設を拡張し、カナダの無線技術の研究開発を促進するために、その研究所をさらに活性化させる。この投資を通じて、政府はカナダのワイヤレス・インフラを成長させ、デジタル革新におけるカナダの地位を強化することを目指しています。
  • さらに、2022年5月から2023年4月までにイベント・プラットフォーム上で公表されたイベントが3万3,000件以上あるビジネス・イベント・プラットフォーム企業10 Timesによると、米国が最も多くの会議、商談会、展示会を予定しています。2位は英国で、全セクターで6,400件のイベントが開催されました。これは、調査された市場が成長する機会を生み出すかもしれないです。このようなイベント数の増加は、5kのフルドームを委託する機会を生み出すと思われます。
  • screenfluenceの統計によると、アメリカの消費者の76%が、看板がきっかけで行ったことのない店に入る。68%のアメリカ人は、看板に目を引かれてサービスや製品にお金を払ったことがあります。このような事例が、商業業界における先端技術への需要を高めています。デジタルのコンテンツは、静的な印刷ベースの看板よりも顧客の目に留まりやすく、記憶に残りやすいです。これにはいくつかの理由があるが、主なものは、人々が動き、色、新鮮さに惹かれることです。例えば、デジタル看板は多くの大都市圏で普及しており、不動産や食料品店から小児科、カーディーラー、ハンバーガー店まで、あらゆるものをマーケティングしています。

5Kディスプレイ解像度産業の概要

5Kディスプレイ解像度の世界市場は、Sony Corporation、LG Electronics、Samsung Electronics、Koninklijke Philips N.V.などの主要企業によって、適度なレベルで統合されています。これらの企業は、市場でのプレゼンスを拡大するため、戦略的パートナーシップや継続的な製品開発に積極的に取り組んでいます。この市場における最近の注目すべき動きは以下の通り:

2023年8月、Samsung Electronics Singaporeは、27インチViewFinity S9(S90PCモデル)のイントロダクションより、ViewFinityモニターラインナップの拡充を発表しました。2022年6月に発売されたViewFinity S8(S80PBモデル)に続く高解像度モニターのラインアップ強化であり、超高解像度(UHD)解像度が特徴です。新たに発売されたViewFinity S9は、5,120 x 2,880ピクセルという驚異的な5K解像度の27インチディスプレイを誇ります。この高解像度により、ユーザーは従来のUHDモニターよりも50%以上広いワークスペースを利用でき、画像と文字が非常に鮮明になります。

2023年6月、フィリップスは5K解像度を提供する最先端デバイス、40B1U6903CHをイントロダクションとして発表し、モニター製品群を拡大しました。このモニターは、IPSパネル、Thunderbolt 4接続、機能強化のための内蔵ウェブカメラを特徴としています。垂直解像度が1,440ピクセルだった従来モデルとは異なり、この40インチモデルは垂直解像度が2,160ピクセルとなり、アスペクト比が21:9となった。TPVテクノロジー・リミテッドの子会社であるフィリップス・モニター・ブランドのMMDやAOCが春先に発表した32:9フォーマットのモデルと比較すると、40B1U6903CHは優れた垂直方向の画素数で際立っています。さらに、このモデルは湾曲したVAパネルの代わりにフラットなIPSパネルを採用しており、コントラストは若干低下するもの、DCI-P3色空間を98%カバーする広い色スペクトルを提供します。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 家電市場におけるハイエンドディスプレイ需要の増加
    • カメラとデータ転送技術における技術進歩の増加
  • 市場の抑制要因
    • 5K製品の高価格とコスト高

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • カメラ
    • モニター
    • テレビ
  • 用途別
    • 商業
    • 住宅用
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競争環境

  • 企業プロファイル
    • Sony Corporation
    • LG Electronics
    • Samsung Electronics
    • Koninklijke Philips N.V.
    • Dell Technologies
    • Apple Inc
    • HP Development Company, L.P
    • RED Digital Cinema, LLC.
    • Viewsonic Corporation
    • Micro-Star INT'L CO., LTD

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 50001189
5k Display Resolution - Market - IMG1

The 5K display resolution market is valued at USD 3.14 billion in the current year. It is expected to register a CAGR of 16.2% during the forecast period to reach a value of USD 6.61 billion by the next five years.

Key Highlights

  • With the increase in the 4K market, the demand for 5K display resolution is predicted to increase shortly. In this rapidly changing world of technology, the 5K Display Resolution Market is projected to show a significant growth prospect during the forecast period.
  • The growing demand for premium products with high-resolution displays in developing countries is expected to be fueled by factors such as a substantial market in the TV segment and promotional campaigns by market players for their target audience. The growing trend of smart homes and buildings and increasing demand for connected technologies are major factors driving the adoption of connected and innovative solutions across the consumer electronics sector, which also drives the studied market. For instance, Samsung launched a connected refrigerator, SpaceMax Family Hub. It features automated meal planning, lets consumers see inside the refrigerator from anywhere, and allows users to watch their favorite TV show on the refrigerator's massive entertainment screen while working in the kitchen.
  • Digital signage will offer more flexible business and memorable experiences in the future. While technology allows for more specialized implementations, the content remains at the heart of the process. Not only has the quantity of screens increased, but so has technological progress. Technological advancements have created entirely new content options for operators. Leaps have been made, for example, in the display features. High-resolution 5K displays are gaining traction, and new, brighter screens effectively attract the public's attention. On the other hand, Sharper displays have raised the bar for the content that can be presented. Better-quality images and videos are required.
  • The players in the market are developing new products to capture the market share. For example, Numerous cameras include high-resolution video and image capture with higher frame rates, giving crisp and sharp images and videos. 5K display resolution is being enabled in digital and adventure cameras, which is the new trend in the digital camera to offer high-definition videos in a compact and sturdy body. GoPro Adventure camera allows 5k resolution with 30-240fps, which is a massive output for an adventure camera.
  • The fast incorporation of new sophisticated technologies into smartphones makes organizations rely on consumer-grade devices for their mobile workforce. Another common practice is that small- or medium-sized businesses adopt consumer-grade devices considering minimum cost, operations levels, and employee satisfaction. In contrast, large enterprises opt to invest in standard ruggedized enterprise devices. The cost of consumer-grade devices tends to decrease compared to their initial launch, and the price of a consumer-grade device is significantly affordable. When institutions look to cut corners and pick their device by cost alone, industries are opting for consumer-grade devices.
  • Further, during the COVID-19 pandemic, TV viewership continued to surge, as reported by the television viewership measurement agency Broadcast Audience Research Council of India (BARC India). It stated that week 12 (March 21 to 27, 2020) saw a viewership surge of 11% compared to the pre-COVID-19 period (January 11 to 31, 2020). The average daily reach grew by 62 million between the two time periods, from 560 million to 622 million. Such trends are further expected to act as catalysts for the growth of the studied market.

5k Display Resolution Market Trends

Television Segment is Expected to Drive the Market

  • The television industry is witnessing a growth in growth due to various technological advancements and the growing adoption of smart home technologies worldwide. Vendors across the globe are making effective innovations to their products to cater to customer needs and market requirements.
  • Digitalization has become predominant in various regions as it improves the quality of cable networks. Digitalization is being adopted in cable networks due to the benefits of value-added services, like HD channels, channel pack subscriptions, and interactive videos. Such developments are expected to drive the demand for the 5K display resolutions.
  • TVs with screen sizes less than or equal to 32 inches witness a reduced demand as consumers are inclined toward bigger-screen TV sets. Another major factor for the decreasing demand is the emergence of 5K technology. This is partly due to demand and partly to do with the limitations of the small screen. There are no 32-inch TVs with 5K technology, as their small screens cannot project the high resolutions of 5K. Manufacturers have focused on 5K sets for most of the past decade. Thus, it was inevitable that TVs incapable of showing it would fall by the wayside.
  • TVs falling in this segment are also significantly cheaper due to their small size and limited functionalities. The lower price of these TVs makes them a suitable option for lower-income people who want to switch from conventional TVs to newer and smarter TV sets. Companies mostly target regions with a high number of lower-income people for launching TVs in this size range. For instance, in August 2022, Xiaomi India announced the launch of the Xiaomi Smart TV 5A PRO 32, with a screen size of 32-inch. This TV features a bezel-less screen with a resolution of 1336768 pixels. Also, the tv audio setup supports Dolby Atmos and DTS Virtual: X.
  • In addition, lockdowns and work-from-home scenarios increased the time spent watching television. According to the 2021 US Bureau of Labor Statistics' American Time Use Survey, apart from sleeping, Americans spent most of their time watching television, averaging about 3.1 hours per day, just slightly more time than they spent working. Also, in March 2022, Blaupunkt, the German-rooted audio-visual brand, launched a 40-inch HD Ready smart TV. This TV Supports 1Gb RAM, 8GB ROM, 3 HDMI Ports, and 2 USB Ports and is equipped with two speakers, a digital noise filter, and a 40-watt speaker output that supports Surround technologies.
  • According to NPAW, the regions with the most linear TV titles watched are Europe and North America, with an average of 2.2 content titles consumed per day and channel in 2022. In contrast, the average daily number of linear TV titles watched in Asia amounted to 1.3 per user and service. Such high TV consumption would drive the demand for the studied market over the forecasted period. The deployment of OS-based devices drives the market growth. The government regulations mandating the installation of set-top boxes, deployment of open OS-based devices by STB vendors, and analog switch-off transition in emerging countries are further driving the demand of the STB market, which would enhance the demand for the market studied.
5k Display Resolution - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Share of the Market

  • The 5K market in the United States is expected to witness high growth during the projected timeline. The increasing usage of high-resolution devices by sports & entertainment, medical, and consumer industries will fuel the market growth. The continuous technological advancement in the United States is boosting the demand for 5K technology. The 5K UHD is superior to the 4K UHD in vertical and horizontal pixels. The technology provides image visualization with improved angles and high quality.
  • Canada is one of the most significant markets for 5K technology. High investments, technological advancements, and innovative applications are key factors driving the market. One of the main advantages of 5K resolution is that it provides much greater detail and clarity than lower resolution formats, making it a model for large screen displays or for use in applications where high image quality is a priority. Increasing adoption of OTT services leading to the preference of smart TVs as typical streaming entertainment products will create lucrative opportunities for the studied market.
  • Additionally, the increasing prevalence of ultra-fast internet and highly efficient network infrastructure is expected to impact 5K resolution positively. For instance, in October 2022, the government of Canada announced a new project from Nokia, a global telecommunications company, to help the country transition to the next generation of wireless technology. This transformative USD 340 million project will expand Nokia's Ottawa facility and revitalize its laboratories further to advance wireless technology research and development in Canada. Through this investment, the government aims to grow Canada's wireless infrastructure and strengthen its position in digital innovations.
  • Further, according to 10 Times, a business event platform firm with over 33 thousand events published on an event platform from May 2022 to April 2023, the United States has the most conferences, business meetings, and trade exhibitions scheduled. The United Kingdom was the second-place finisher, which hosted 6.4 thousand events across all sectors. This may create an opportunity for the market studied to grow. Such a rise in the number of events would create an opportunity for the commissioning of 5k full domes.
  • According to screenfluence statistics, 76% of American consumers enter stores they had never visited because of the signage. 68% of Americans have paid for a service or product because its signage drew their attention. Such instances are creating more demand for advanced technologies in the commercial industry. Digital content is more likely to be noticed and remembered by customers than static print-based signs. There are several reasons at work here, but the primary one is that people are drawn to movement, color, and freshness. For example, digital billboards are prevalent in many metropolitan areas, marketing everything from real estate and grocery stores to pediatricians, car dealerships, and burger eateries.

5k Display Resolution Industry Overview

The Global 5K display resolution market exhibits a moderate level of consolidation, with several key players, including Sony Corporation, LG Electronics, Samsung Electronics, and Koninklijke Philips N.V., among others. These companies are actively engaged in strategic partnerships and continuous product development efforts to expand their market presence. Notable recent developments in this market include:

In August 2023, Samsung Electronics Singapore announced the expansion of its ViewFinity monitor lineup with the introduction of the 27-inch ViewFinity S9 (S90PC model). This addition strengthens Samsung's portfolio of high-resolution monitors following the release of the ViewFinity S8 (S80PB model) in June 2022, featuring Ultra High Definition (UHD) resolution. The newly launched ViewFinity S9 boasts a 27-inch display with an impressive 5K resolution of 5,120 x 2,880 pixels. This higher resolution provides users with a workspace that is over 50% larger than traditional UHD monitors, delivering exceptional picture and text clarity.

In June 2023, Philips expanded its range of monitors with the introduction of the 40B1U6903CH, a cutting-edge device offering 5K resolution. This monitor features an IPS panel, Thunderbolt 4 connectivity, and an integrated webcam for enhanced functionality. Unlike previous models that offered a vertical resolution of 1,440 pixels, this 40-inch model offers an impressive 2,160 pixels vertically, resulting in a 21:9 aspect ratio. In comparison to the 32:9 format models introduced earlier in the spring by MMD under the Philips Monitors brand and AOC, both subsidiaries of TPV Technology Limited, the 40B1U6903CH stands out with its superior vertical pixel count. Additionally, this model utilizes a flat IPS panel instead of a curved VA panel, providing a wider color spectrum with 98 percent coverage of the DCI-P3 color space, albeit with slightly reduced contrast.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for High-end Displays in Consumer Electronics Market
    • 5.1.2 Increasing Technological Advancements in Camera and Data Transfer Technology
  • 5.2 Market Restrains
    • 5.2.1 High Price and Prime Costing of 5K Products

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Cameras
    • 6.1.2 Monitors
    • 6.1.3 Television
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Commercial
    • 6.2.2 Residential
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Rest of World

7 COMPETETIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Sony Corporation
    • 7.1.2 LG Electronics
    • 7.1.3 Samsung Electronics
    • 7.1.4 Koninklijke Philips N.V.
    • 7.1.5 Dell Technologies
    • 7.1.6 Apple Inc
    • 7.1.7 HP Development Company, L.P
    • 7.1.8 RED Digital Cinema, LLC.
    • 7.1.9 Viewsonic Corporation
    • 7.1.10 Micro-Star INT'L CO., LTD

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET