デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1407939

関節リウマチ診断検査:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 118 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
関節リウマチ診断検査:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 118 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

関節リウマチ診断検査市場は予測期間中にCAGR 5.1%を記録すると予測されます。

COVID-19パンデミックは、パンデミックの初期における選択的診断処置のキャンセルにより、関節リウマチ診断検査市場に大きな影響を与えました。例えば、2022年11月に発表された論文によると、キングス・カレッジ・ロンドンが実施した研究では、COVID-19パンデミックの最初の年に関節リウマチの診断を受けた患者数が20%減少したことが観察されています。COVID-19はまた、一部の患者において関節リウマチ(RA)の発症に関連することが報告されました。しかし、診断検査の制限の引き上げや、RAに対するCOVID-19の影響に関する調査の増加が、過去2年間の市場成長の回復に役立っています。COVID-19の新しい変異体が関節リウマチ診断検査に与える影響は、現在のシナリオではごくわずかです。予測期間中、市場は安定した成長が見込まれます。

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests-Market-IMG1

調査された市場は、関節リウマチの有病率の増加、有利な医療償還、認知度の向上によって牽引されています。例えば、2022年1月にJournal of Translational Autoimmunityに掲載された論文では、血清中のリウマトイド因子(RF)および抗シトルリン化蛋白抗体(ACPA)の測定がRAの診断をサポートすると言及されており、これは時間の経過とともに重要性を増しています。したがって、診断検査の使用は予測期間中に増加すると予想されます。

さらに、RA診断検査の提供を拡大するために、市場参入企業が採用する上市、承認、提携、買収などの戦略的イニシアチブは、市場成長に大きく寄与しています。例えば、2021年9月、米国のLaboratory Corporation(LabCorp LH)は、Vectra関節リウマチ(RA)アッセイを含むMyriad GeneticsのMYGN自己免疫事業部門を買収しました。Vectraは血液ベースの非侵襲的検査で、関節リウマチの重症度と既存の治療法の有効性を評価します。また、将来的に関節が悪化する可能性を予測することもできます。このような買収は、同社の関節リウマチ診断検査市場における地位を強化し、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

したがって、RAの高負担やRAの診断検査の提供を拡大するための買収などの前述の要因のおかげで、調査された市場は分析期間中に成長を示すと予想されます。しかし、関節リウマチ検査への非依存が市場の成長を抑制しています。

関節リウマチ診断検査市場動向

抗環状シトルリン化ペプチド(抗CCP)検査は予測期間中に健全な成長が見込まれる

抗環状シトルリン化ペプチド(抗CCP)検査は、関節リウマチを検出・診断します。人間の免疫システムは抗環状シトルリン化ペプチドと呼ばれる抗体を作ります。抗環状シトルリン化ペプチドが陽性の人は関節リウマチを発症しやすいです。抗環状シトルリン化ペプチドに対する需要の高まり、啓発活動の高まり、喫煙や肥満の有病率の高さから、このセグメントは成長すると予想されています。

2021年9月にJournal of International Medical Research Centralに掲載された論文によると、抗環状シトルリン化ペプチドとリウマトイド因子を組み合わせた検出は、関節リウマチの診断効率を向上させる。この研究により、抗CCP検査による関節リウマチの診断の幅が広がり、予測期間中の同分野の成長が期待されます。

さらに、同分野は、啓発活動の高まりと喫煙および肥満の高い有病率により、予測期間中に成長すると予想されます。例えば、2023年2月の世界関節リウマチ啓発デーでは、インドの医師が喫煙と肥満がRA発症の重大な要因であると述べた。この啓発月間には、世界中でウェビナーが開催され、病気についての啓蒙と早期診断検査が行われています。また、2021年3月にTobacco Prevention and Cessation誌に掲載された論文によると、インドにおける喫煙タバコの全有病率は10.38%です。このような取り組みとこのような疾病の高い負担が、予測期間中の同分野の成長を促進すると予想されます。

さらに、関節リウマチに対する研究支出が多いことから、早期診断のための革新的な抗CCP検査が開発され、それによって予測期間中にセグメントの成長が大幅に加速すると予想されます。このように、診断検査やその有効性に関する認知度の向上など、上記の要因が市場セグメントの成長を促進しています。

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests-Market-IMG2

予測期間中、北米が大きな市場シェアを占める見込み

北米は、関節リウマチ(RA)の負担が大きいこと、研究開発(R&D)支出が多いこと、同地域に市場プレーヤーが集中していることなどの要因により、大きな市場シェアを占めると予想されます。

加えて、政府や非政府組織による認識の高まりが、同地域におけるRAの診断を後押しすると予想されています。例えば、2023年2月には、関節リウマチ啓発デーが国内で祝われ、関節リウマチ財団(RAF)が主催しました。この一般的な疾患に対する認識を高めるため、RA啓発デーは毎年2月2日に開催されています。そのため、このような財団が主催する啓蒙活動やイベントは、この病気に関する人々を教育することが期待され、これがRA診断の後押しとなり、同地域の市場成長を促進することが期待されます。

さらに、National Institute of Health, Estimates of Funding for Various Research, Condition, and Disease Categories(RCDC), May 2022 updateによると、米国における関節リウマチの研究開発費は2021年に9,300万米ドルでした。また、2023年1月、カナダ関節炎学会は関節炎研究を促進するために8つの助成金と賞を授与し、その中には資金提供された関節リウマチプロジェクトも含まれていました。関節リウマチの研究のために政府によって提供された助成金は、市場プレーヤーが革新的な診断テストを開発する機会を創出することが期待され、さらに今後数年間の市場成長を促進することが期待されています。

従って、RAの高い負担や革新的なRA診断薬の開発のための研究開発費の増加などの上記の要因のために、調査された市場の成長は、北米地域で予想されます。

関節リウマチ診断検査産業の概要

関節リウマチ診断検査市場は、世界的および地域的に事業を展開する企業が複数存在するため、その競争は緩やかです。市場参入企業には、Abbott Laboratories、Augurex Life Sciences Corp.、Siemens Healthineers AG、Thermo Fisher Scientific Inc.、Danaher Corporation(Beckman Coulter)、Tulip Diagnostics(P)Ltd.、Boditech Med Inc.、Bio-Rad Laboratories, Inc.などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 関節リウマチの有病率の増加
    • 有利な医療費償還と認知度の向上
  • 市場抑制要因
    • 関節リウマチ検査手段の非依存性
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額)

  • 検査タイプ別
    • 血清検査
      • 赤血球沈降速度(ESR)
      • 抗環状シトルリン化ペプチド(抗CCP)
      • リウマトイド因子(RF)
      • その他
    • 関節リウマチ治療効率モニタリング検査
      • サリチル酸濃度測定
      • 筋酵素検査
      • クレアチニン検査
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • クリニック
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Siemens Healthineers AG
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Exagen Inc.
    • Svar Life Science
    • Augurex Life Sciences Corp.
    • Danaher Corporation(Beckman Coulter)
    • Biopanda Reagents Ltd.
    • Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • Tulip Diagnostics(P)Ltd
    • Boditech Med Inc.
    • Getein Biotech, Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 91327
Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests - Market - IMG1

The rheumatoid arthritis diagnosis tests market is expected to register a CAGR of 5.1% over the forecast period.

The COVID-19 pandemic had a significant impact on the rheumatoid arthritis diagnostic test market owing to the cancellations of elective diagnostic procedures during the early period of the pandemic. For instance, according to an article published in November 2022, a study conducted by Kings College London observed that the number of patients receiving their rheumatoid arthritis diagnosis fell by 20% in the first year of the COVID-19 pandemic. COVID-19 was also reported to be associated with developing rheumatoid arthritis (RA) in some patients. However, the upliftment of diagnostic test restrictions and rising research studies regarding the impact of COVID-19 on RA have helped in the recovery of market growth in the last two years. The impact of new variants of COVID-19 on the rheumatoid arthritis diagnostic test is negligible in the current scenario. The market is expected to grow stable during the forecast period.

The studied market is driven by the increasing prevalence of rheumatoid arthritis, favorable health reimbursement, and increased awareness. For instance, an article published in the Journal of Translational Autoimmunity in January 2022 mentioned that the measurement of rheumatoid factor (RF) and anti-citrullinated protein antibodies (ACPA) in serum supports the diagnosis of RA, which has gained significance over time. Therefore, the use of diagnostic tests is expected to increase during the forecast period.

Furthermore, strategic initiatives adopted by market players, such as launches, approvals, partnerships, and acquisitions to expand the RA diagnostic test offerings, significantly contribute to the market growth. For instance, in September 2021, Laboratory Corporation (LabCorp LH), United States, acquired Myriad Genetics' MYGN autoimmune business unit, including the Vectra rheumatoid arthritis (RA) assay. Vectra is a blood-based, non-invasive test to assess the severity of rheumatoid arthritis disease and the effectiveness of existing treatments. It can also predict the chance of joint deterioration in the future. Such acquisitions are expected to strengthen the company's RA diagnostic test market position and propel the market growth during the forecast period.

Therefore, owing to the aforementioned factors, such as the high burden of RA and acquisitions to expand the diagnostic test offerings for RA, the studied market is anticipated to witness growth over the analysis period. However, the non-reliance on rheumatoid arthritis testing measures restrains the market growth.

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests Market Trends

Anti-cyclic Citrullinated Peptide (anti-CCP) tests are Expected to Witness a Healthy Growth Over the Forecast Period

Anti-cyclic Citrullinated Peptide (anti-CCP) tests detect and diagnose rheumatoid arthritis. The human immune system creates antibodies called anti-cyclic Citrullinated Peptides. People who test positive for anti-cyclic Citrullinated Peptides are more prone to develop rheumatoid arthritis. The segment is expected to grow due to the rising demand for anti-CCP, rising awareness initiatives, and the high prevalence of smoking and obesity.

According to an article published in the Journal of International Medical Research Central in September 2021, anti-cyclic citrullinated peptide and rheumatoid factor combined detection improve the diagnostic efficiency of rheumatoid arthritis. The study gave more scope to the diagnosis of rheumatoid arthritis by anti-CCP test, which is expected to increase the segment's growth during the forecast period.

Furthermore, the segment is expected to grow during the forecast period owing to the rising awareness initiatives and the high prevalence of smoking and obesity. For instance, in February 2023, on the global rheumatoid arthritis awareness day, an Indian doctor stated that smoking and obesity are critical factors for developing RA. During the awareness month, webinars across the world are conducted to educate people about the disease and conduct early diagnostic tests. Also, as per an article published in the Tobacco Prevention and Cessation in March 2021, the overall prevalence of smoking tobacco use in India is 10.38%. Such initiatives and the high burden of such diseases are expected to propel the segment's growth during the forecast period.

In addition, the high research spending for rheumatoid arthritis is expected to develop innovative anti-CCP tests for early diagnosis, thereby accelerating the segment growth significantly over the forecast period. Thus, the abovementioned factors, such as increasing awareness about diagnostic tests and their efficacy, are driving the growth of the market segment.

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Market Share Over The Forecast Period

North America is expected to hold a significant market share owing to factors such as the high burden of rheumatoid arthritis (RA), high research and development (R&D) spending, and the high concentration of market players in the region.

In addition, the rising awareness by government and non-government organizations is expected to boost the diagnostics of RA in the region. For instance, in February 2023, rheumatoid arthritis awareness day was celebrated in the nation and was organized by the Rheumatoid Arthritis Foundation (RAF). To raise awareness of this common condition, RA Awareness Day is held annually on February 2nd. Therefore, the awareness initiatives and events organized by such foundations are expected to educate people regarding the disease, which is expected to boost RA diagnostics, thereby propelling market growth in the region.

Furthermore, according to the National Institute of Health, Estimates of Funding for Various Research, Condition, and Disease Categories (RCDC), May 2022 update, the spending on R&D in the United States for rheumatoid arthritis was USD 93 million in 2021. Also, in January 2023, Arthritis Society Canada awarded eight grants and awards to expedite arthritis research, which also included a funded rheumatoid arthritis project. The grant provided by the government for the research of rheumatoid arthritis is expected to create opportunities for market players to develop an innovative diagnostic test that is further expected to propel market growth in the upcoming years.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, such as the high burden of RA rising awareness initiatives and rising R&D spending for the development of innovative RA diagnostics, the growth of the studied market is anticipated in the North American Region.

Rheumatoid Arthritis Diagnostic Tests Industry Overview

The rheumatoid arthritis diagnosis tests market is moderately competitive in nature due to the presence of several companies operating globally as well as regionally. Some market players are Abbott Laboratories, Augurex Life Sciences Corp., Siemens Healthineers AG, Thermo Fisher Scientific Inc., Danaher Corporation (Beckman Coulter), Tulip Diagnostics (P) Ltd, Boditech Med Inc., and Bio-Rad Laboratories, Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Rheumatoid Arthritis
    • 4.2.2 Favorable health reimbursement and increased awareness
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Non-reliance of rheumatoid arthritis testing measures
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Test Type
    • 5.1.1 Serology Test
      • 5.1.1.1 Erythrocyte Sedimentation Rate (ESR)
      • 5.1.1.2 Anti-cyclic Citrullinated Peptide (anti-CCP)
      • 5.1.1.3 Rheumatoid Factor (RF)
      • 5.1.1.4 Others
    • 5.1.2 Monitoring Rheumatoid Arthritis Treatment Efficiency Tests
      • 5.1.2.1 Salicylate Level Count
      • 5.1.2.2 Muscle Enzyme Tests
      • 5.1.2.3 Creatinine Test
  • 5.2 By End-User
    • 5.2.1 Hospitals
    • 5.2.2 Clinics
    • 5.2.3 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Siemens Healthineers AG
    • 6.1.3 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.4 Exagen Inc.
    • 6.1.5 Svar Life Science
    • 6.1.6 Augurex Life Sciences Corp.
    • 6.1.7 Danaher Corporation (Beckman Coulter)
    • 6.1.8 Biopanda Reagents Ltd.
    • 6.1.9 Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • 6.1.10 Tulip Diagnostics (P) Ltd
    • 6.1.11 Boditech Med Inc.
    • 6.1.12 Getein Biotech, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS