デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1407049

リポソームドラッグデリバリー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Liposome Drug Delivery - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
リポソームドラッグデリバリー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

リポソームドラッグデリバリー市場は、本調査の予測期間中にCAGR 8.5%を記録すると予測されています。

Liposome Drug Delivery-Market-IMG1

COVID-19はリポソームドラッグデリバリーに関わる様々な研究開発活動が各国政府によって世界中で延期されたため、リポソームドラッグデリバリー市場に影響を与えました。しかし、ドラッグデリバリーにおけるリポソームの重要性はすぐに認識され、COVID-19の治療のためのリポソームドラッグデリバリーシステムに関する集中的な調査が開始され、パンデミックの後期における市場の成長を促進しました。例えば、2021年11月にAsian Journal of Pharmaceutical Sciencesに掲載された研究によると、研究者は凍結乾燥レムデシビルリポソーム(Rdv-lips)を開発した、リポソームのカプセル化により、レムデシビルの溶解度が大幅に向上し、生体親和性が向上したため、ドラッグデリバリーの有効性が高まりました。リポソームをベースとした薬剤やワクチンが重要な役割を果たすCOVID-19に対する治療薬の開発に企業が現在も取り組んでいるため、市場は現在のシナリオで成長しています。

リポソーム薬物デリバリー市場の成長を促す主な要因は、リポソームベースの薬物デリバリー方法が他のデリバリーシステムよりも一定の利点を提供するため、効果的かつ効率的な治療薬に対する需要が増加していることです。例えば、2022年2月にMolecules Journal誌に掲載された調査によると、リポソームは標準的なドラッグデリバリー法よりも優れた特性を有しており、例えば、部位標的化、放出の延長または制御、分解やクリアランスからの薬物の保護、高い治療効果、毒性の副作用の軽減などが挙げられます。

また、ドラッグデリバリーを補助するリポソームの応用は、治療用化合物の安定化、細胞や組織への取り込みの障害の克服、生体内での標的部位への化合物の生体内分布の改善に有益であることが示されています。これにより、全身毒性を最小限に抑えながら、標的部位へのカプセル化化合物の効果的な送達が可能となります。リポソームは、その適応性の高い物理化学的および生物物理学的特性により、様々な送達上の懸念に対処するための容易な操作を可能にする魅力的な送達システムです。それゆえ、リポソームは医薬品メーカーにとって好ましい選択肢となっています。

さらに、がん、糖尿病、真菌感染症などの慢性疾患の世界の蔓延に伴い、効果的な治療薬に対する需要が増加しており、リポソーム薬物デリバリー市場の成長を促進すると期待されています。例えば、国際糖尿病連合(IDF)の2021年12月更新によると、2021年には世界中で20~79歳の成人が約5億3,700万人糖尿病を患っており、この数は2030年には6億4,300万人、2045年には7億8,300万人に達すると推定されています。世界の糖尿病患者数の増加が予測されることから、有効性を高め毒性を軽減するリポソーム糖尿病治療薬の需要が高まり、研究対象市場の成長が促進されると期待されます。

さらに、リポソームドラッグデリバリー法の進歩が進み、この分野への新たな投資や市場参入企業による製品の発売、買収、提携がリポソームドラッグデリバリー市場の成長をさらに押し上げると予想されます。例えば、2021年10月、賦形剤、製剤技術、臨床・商業製造を提供する総合開発製造受託機関(CDMO)であるエボニック・ヘルスケアは、定評あるLIPEXリポソーム押出機の新バージョンを発売しました。LIPEX Flowは、より効率的な次世代高圧エクストルーダーの市場ニーズに対応し、癌治療薬、ワクチン、その他の用途を含む、従来のリポソームドラッグデリバリーを必要とする医薬品を製造します。

したがって、上記の要因により、調査対象市場は調査期間中に大きな成長を遂げると予想されます。しかし、ドラッグデリバリーに関連する厳しい規制政策や副作用が、調査予測期間中のリポソーム薬物デリバリー市場の成長を抑制すると予想されます。

リポソーム薬物デリバリー市場の動向

予測期間中、癌治療薬が最大の市場シェアを占める見込み

癌治療薬は、世界的にがんの有病率が高く、先進的な治療薬に対する需要が高まっていることから、大きなシェアを占めると予想されています。例えば、オーストラリア保健福祉研究所(AIHW)の2022年報告書によると、オーストラリアでは2022年に合計162,000人の新規がん患者が診断されました。また、Canadian Medical Association Journalの2022年5月の報告書によると、カナダでは2022年に28,600人の乳がん患者が新たに診断されました。世界的にがんの負担が大きいため、予測期間中にこのセグメントの成長を促進すると予想されます。

さらに、2021年5月にNanoscale Research Lettersに掲載された調査研究によると、リポソームの高い柔軟性と多様なポリマー、リガンド、分子を結合させることによる化学修飾能力は、がん治療におけるリポソームにとって大きなプラスであり、薬理学的メリットを増大させ、抗がん治療効果を高める。さらに、同じ情報源によれば、リポソームは抗悪性腫瘍剤の感度、特異性、体内での持続性を向上させることができるため、リポソームは癌治療薬として広く使用されています。そのため、リポソームはがん治療において広く使用されています。したがって、がん治療におけるリポソームが提供する研究および利点の増加に伴い、その需要は予測期間中に成長すると予想されています。

したがって、がんの高い有病率、他のものよりもリポソームドラッグデリバリー方法の利点により、がん治療セグメントは、調査の予測期間中にリポソームドラッグデリバリー市場で主要なシェアを保持すると予想されます。

Liposome Drug Delivery-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

北米は、同地域における慢性疾患の高い有病率、高齢者人口の増加、市場参入企業による革新的な製品の発売により、リポソームドラッグデリバリー市場を独占すると予測されます。

同地域では慢性疾患の負担が大きいため、治療薬に対する需要が促進され、北米地域の成長が見込まれます。例えば、CDCの2022年最新情報によると、米国の18歳以上の成人の冠動脈性心疾患の割合は、前年の4.6%から2021年には4.9%に増加しています。さらに、2023年の米国がん協会の統計によると、米国では2023年に約190万人のがん患者が新たに診断されると予測されています。リポソームは、抗原提示細胞やT細胞への抗原やその他の刺激分子の送達を改善します。そのため、リポソームによるドラッグデリバリーの需要は、CVDや癌治療薬向けに高まっています。

さらに、米国ではさまざまな疾患の調査に対する政府資金が増加していることも、同地域の市場成長に重要な役割を果たしています。例えば、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)の2022年度予算は69億米ドルで、2021年度に比べて3億5,300万米ドルの純増となっています。このように、米国では研究開発への支出が多いため、予測期間中、同地域の市場を大きく促進すると予想されます。

リポソームドラッグデリバリー業界の概要

リポソーム・ドラッグデリバリー市場は、医薬品開発に携わるプレーヤーが複数存在し、競争が激しいです。また、この分野の企業は、新発売、提携、パートナーシップ、合併、買収を通じて製品の提供を継続的に強化しており、市場競争のさらなる激化が予想されます。リポソームドラッグデリバリー市場の主要企業としては、Gilead Sciences, Inc.、Pacira BioSciences, Inc.、Luye Pharma Group、Johnson and Johnson、Ipsen Biopharmaceuticals, Inc.などが挙げられます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 癌のような慢性疾患有病率の上昇
    • リポソームドラッグデリバリーシステムの利点
  • 市場抑制要因
    • ドラッグデリバリーに関連する厳しい規制政策と副作用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • 製品別
    • パクリタキセルリポソーム
    • リポソーマルドキソルビシン
    • リポソーマル アムホテリシンB
    • その他
  • 技術別
    • ステルスリポソーム技術
    • 非PEG化リポソーム技術
    • デポフォームリポソーム技術
  • 適応症別
    • 真菌感染症/疾患
    • 癌治療薬
    • 疼痛管理
    • ウイルスワクチン
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Gilead Sciences, Inc.
    • Pacira BioSciences, Inc.
    • Spectrum Pharmaceuticals, Inc.
    • Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • Luye Pharma Group
    • Johnson and Johnson
    • Ipsen Pharma
    • Celsion Corporation
    • Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
    • Novartis AG
    • Sun Pharmaceutical
    • Acrotech Biopharma, Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90868
Liposome Drug Delivery - Market - IMG1

The liposome drug delivery market is expected to register a CAGR of 8.5% during the forecast period of the study.

COVID-19 impacted the liposome drug delivery market as various R&D activities involving liposome drug delivery were postponed around the world by the respective government of the countries. However, the importance of liposomes in drug delivery was realized soon and intensive research started on the liposome drug delivery system for the treatment of COVID-19 which propelled the market growth in the later phase of the pandemic. For instance, according to the research study published in the Asian Journal of Pharmaceutical Sciences in November 2021, the researchers developed lyophilized remdesivir liposomes (Rdv-lips), which could be reconstituted as a liposomal aerosol for pulmonary delivery to improve the in vivo behavior of existing remdesivir cyclodextrin conclusion compound (Rdv-cyc) injections and liposome encapsulation endowed remdesivir with much higher solubility and better biocompatibility, and thus, increased the efficacy of the drug. The market is growing in the current scenario because the companies are still engaged in the development of therapeutics against COVID-19, in which liposome-based drugs or vaccines can play a vital role.

The major factor driving the growth of the liposome drug delivery market is the increasing demand for effective and efficient therapeutics since liposome-based drug delivery method offers certain advantages over other delivery systems. For instance, according to the research study published in Molecules Journal in February 2022, liposomes have better properties than standard drug delivery methods, such as site-targeting, prolonged or controlled release, drug protection from degradation and clearance, higher therapeutic effects, and lesser toxic side effects.

Also, the application of liposomes to assist drug delivery has shown to be beneficial for stabilizing therapeutic compounds, overcoming obstacles to cellular and tissue uptake, and improving the biodistribution of compounds to target sites in vivo. This enables the effective delivery of encapsulated compounds to target sites while minimizing systemic toxicity. Liposomes are an appealing delivery system due to their adaptable physicochemical and biophysical properties, which allow for easy manipulation to address various delivery concerns. Hence, they are the preferred choice of drug manufacturers.

Furthermore, with the increasing prevalence of chronic diseases such as cancer, diabetes, fungal infections, and others around the world, the demand for effective therapeutics is increasing, which is expected to fuel the growth of the liposome drug delivery market. For instance, according to the December 2021 update of the International Diabetes Federation (IDF), about 537 million adults of age 20 to 79 years were living with diabetes around the world in 2021, and this number is estimated to reach 643 million by 2030 and 783 million by 2045. The projected rise in the number of diabetes cases globally is expected to boost demand for liposomal diabetes therapeutics to increase its efficacy and reduce the toxicity and hence, drive growth of the studied market.

In addition, the increasing advancement in the liposomal drug delivery method with the new investments in the area along with product launches, acquisitions, and collaborations by the market players is further expected to boost the growth of the liposome drug delivery market. For instance, in October 2021, Evonik Health Care, an integrated contract development and manufacturing organization (CDMO) that offers excipients, formulation technologies, and clinical and commercial manufacturing, launched a new version of its established LIPEX liposome extruder. LIPEX Flow meets the market need for more efficient, next-generation high-pressure extruders to produce drug products requiring conventional liposomal drug delivery, including drugs for oncology, vaccines, and other applications.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, the studied market is expected to experience significant growth during the study period. However, stringent regulatory policies and adverse effects associated with drug delivery are expected to restrain the growth of the liposome drug delivery market during the forecast period of the study.

Liposome Drug Delivery Market Trends

Cancer Therapeutics are Expected to Account for the Largest Market Share During the Forecast Period

Cancer therapeutics are expected to hold a significant share due to the high prevalence of cancer globally and the rising demand for advanced therapeutics. For instance, as per the Australian Institute of Health and Welfare (AIHW) 2022 report, a total of 162,000 new cancer cases were diagnosed in Australia in 2022. Also, as per Canadian Medical Association Journal, May 2022 report, 28,600 new breast cancer were diagnosed in Canada in 2022. The high burden of cancer globally is expected to propel the segment's growth during the forecast period.

Furthermore, according to the research study published in Nanoscale Research Letters in May 2021, liposomes' high flexibility and capacity for chemical modification by conjugating diverse polymers, ligands, and molecules are a big positive for liposomes in cancer therapeutics, and it increases their pharmacological merits and boosts anticancer treatment effectiveness. Further, as per the same source, liposomes can improve the sensitivity, specificity, and persistence of anti-malignant cell agents in the body, and thus, liposomes are used widely in cancer therapeutics. Therefore, with the rising research studies and advantages offered by liposomes in cancer therapeutics, its demand is expected to witness growth during the forecast period.

Therefore, due to the high prevalence of cancer, the advantages of liposome drug delivery methods over others, the cancer therapeutics segment is expected to hold a major share in the liposome drug delivery market during the forecast period of the study.

Liposome Drug Delivery - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market over the Forecast Period

North America is expected to dominate the liposome drug delivery market due to the high prevalence of chronic diseases in the region, the increasing geriatric population, and the launches of innovative products by the market players.

The high burden of chronic diseases in the region is expected to propel the demand for therapeutics, which is expected to drive growth in the North American region. For instance, according to the CDC's 2022 update, the percentage of coronary heart disease for adults aged 18 and over in the United States increased to 4.9% in 2021 as compared to 4.6% in the previous years. Additionally, according to the American Cancer Society statistics of 2023, around 1.9 million new cancer cases are predicted to be diagnosed in the United States in 2023. Liposomes improve the delivery of antigens and other stimulatory molecules to antigen-presenting cells or T cells. Therefore, the demand for liposome drug delivery is rising for CVD and cancer therapeutics.

Furthermore, the rising government funding for research of various diseases in the United States also plays a crucial role in the growth of the market in the region. For instance, the allocated budget for the National Cancer Institute (United States) for FY 2022 was USD 6.9 billion, which was USD 353 million net increase over FY 2021. Thus, the high spending for R&D in the United States is expected to significantly propel the market in the region during the forecast period.

Liposome Drug Delivery Industry Overview

The liposome drug delivery market is highly competitive with the presence of several players in the market who are engaged in the development of drugs. Also, the companies in the area are continuously enhancing their product offering through new launches, collaborations, partnerships, mergers, and acquisitions which are further expected to increase the competition in the studied market. Some of the key players in the liposome drug delivery market are Gilead Sciences, Inc., Pacira BioSciences, Inc., Luye Pharma Group, Johnson and Johnson, and Ipsen Biopharmaceuticals, Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Prevalence of Cronic Diseases Like Cancer
    • 4.2.2 Advantages Associated With The Liposome Drug Delivery System
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Policies and Adverse Effects Associated with the Drug Delivery
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - in USD Million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Liposomal Paclitaxel
    • 5.1.2 Liposomal Doxorubicin
    • 5.1.3 Liposomal Amphotericin B
    • 5.1.4 Others
  • 5.2 By Technique
    • 5.2.1 Stealth Liposome Technology
    • 5.2.2 Non-PEGylated Liposome Technology
    • 5.2.3 DepoFoam Liposome Technology
  • 5.3 By Indication
    • 5.3.1 Fungal Infections/Diseases
    • 5.3.2 Cancer Therapeutics
    • 5.3.3 Pain Management
    • 5.3.4 Viral Vaccines
    • 5.3.5 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Gilead Sciences, Inc.
    • 6.1.2 Pacira BioSciences, Inc.
    • 6.1.3 Spectrum Pharmaceuticals, Inc.
    • 6.1.4 Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • 6.1.5 Luye Pharma Group
    • 6.1.6 Johnson and Johnson
    • 6.1.7 Ipsen Pharma
    • 6.1.8 Celsion Corporation
    • 6.1.9 Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
    • 6.1.10 Novartis AG
    • 6.1.11 Sun Pharmaceutical
    • 6.1.12 Acrotech Biopharma, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS