デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406249

ドロマイト:市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Dolomite - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
ドロマイト:市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ドロマイト市場規模は2024年に1億8,398万トンと推定され、2029年には2億2,406万トンに達すると予測され、予測期間中(2024年~2029年)のCAGRは4.02%で成長する見込みです。

Dolomite-Market-IMG1

市場は、2020年のCOVID-19パンデミックによって生産と移動に減速が生じ、セメント、セラミックなどの業界が封じ込め対策と経済的混乱によって生産の延期を余儀なくされるなど、マイナスの影響を受けました。現在、市場はパンデミックから回復しています。市場は2022年にはパンデミック以前の水準に達し、今後も安定した成長が見込まれます。

主なハイライト

  • アジア太平洋地域における建設産業での用途拡大と鉄鋼生産の拡大が市場成長を牽引しています。
  • しかし、原料ドロマイトをカンラン石鉱物を含む火成岩で代替することは、調査市場の需要を妨げる可能性があります。
  • さらに、カルシウムとマグネシウムのサプリメントとしてのドロマイトの使用は、製薬業界における市場機会を生み出すと予測されています。
  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本のような国が最大の消費者である、世界中の市場需要を支配しました。

ドロマイト市場動向

建設業界からの需要の増加

  • ドロマイトは、道路、建物、その他の構造物に使用されるポルトランドセメントコンクリートの骨材として使用されます。ドロマイトはまた、道路や同様の建設のために瀝青材料と組み合わせて使用されます。ドロマイトの地盤は、その強度と鉄鋼を精製する過程での適合性から、鉄鋼産業で大きな用途を見出しています。
  • セメントの製造では、ドロマイトを焼成し、特定の大きさのブロックに切断します。建設業界は、セメントの最大消費者のひとつです。商業・工業建設が世界の活況を呈しているからです。
  • 米国国勢調査局によると、2023年1~9月の建設支出は、前年同期比約4.6%増の1兆4,600億米ドルとなった。
  • アジア太平洋地域の建設部門は世界最大の規模を誇っており、中国とインドにおける住宅建設市場の拡大により、アジア太平洋地域で最も高い成長が見込まれています。
  • 中国国家統計局によると、国内の建設生産高は2022年に約4兆1,100億米ドルでピークに達しました。
  • さらに、インドは商業セクターを拡大しています。国内ではいくつかのプロジェクトが進行しています。例えば、2022年第1四半期に9億米ドル相当のCommerzIII商業オフィス複合施設の建設が始まった。このプロジェクトでは、ムンバイのゴレガオンに43階建て、延床面積2,60,128平方メートルの商業オフィスビルを建設します。このプロジェクトは2027年第4四半期に完成する予定で、予測期間中、調査対象市場に同時に利益をもたらすことになります。
  • 上記の要因により、ドロマイトの消費量は予測期間中、建設業界から健全な割合で増加すると予想されます。
Dolomite-Market-IMG2

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本などの主要国における建設やヘルスケアなどの産業部門の拡大により、予測期間中に世界のドロマイト市場で最大のシェアを占めると予想されています。
  • 中国は広大な建設セクターを擁しており、過去2年間のインフラと住宅セクターの発展が、量と金額の両面で建設セクター全体の成長を支えています。
  • 中国は世界最大のセメント生産国であり、急成長する建設業界に支えられてセメント需要は絶えず増加しています。例えば、中国国家統計局(NBS)によると、2023年上半期のセメント生産量は、2022年同期の9億7,900万トンから9億8,000万トンに増加し、市場の成長を支えています。
  • また、中国国家統計局によると、2022年に中国の建設産業が生み出した付加価値は約8兆3,000億人民元(~1兆2,300億米ドル)で、前年比3%以上の増加を反映しています。
  • また、ヘルスケア分野の拡大も市場の成長を後押しすると予想されます。IBEFによると、インドの製薬産業は数量で世界第3位、金額で世界第14位です。インドの製薬セクターは国内総生産(GDP)の1.72%近くを占めています。
  • したがって、上記のような動向により、予測期間中、アジア太平洋地域がドロマイト市場を独占すると予想されます。

ドロマイト産業の概要

ドロマイト市場は、その性質上、部分的に断片化されています。調査された市場の主要企業(順不同)には、Sibelco、Calcinor、RHI Magnesita、JFE Mineral &Alloy Company, Ltd.、Dillonなどが含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • アジア太平洋地域における建設活動の拡大
    • 鉄鋼生産の拡大
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 原料ドロマイトの火成岩への代替
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • 鉱物タイプ
    • 凝集
    • 焼成
    • 焼結
  • エンドユーザー産業
    • 農業
    • セラミックス・ガラス
    • セメント
    • 鉱業・冶金
    • 医薬品
    • 水処理
    • その他エンドユーザー産業(飼料など)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Calcinor
    • Carmeuse
    • Dillon
    • Imerys
    • JFE Mineral & Alloy Company,Ltd.
    • Lhoist
    • Omya AG
    • Raw Edge Industrial Solutions Limited
    • RHI Magnesita
    • Sibelco

第7章 市場機会と今後の動向

  • カルシウムとマグネシウムのサプリメント需要の増加
  • その他の機会
目次
Product Code: 71109
Dolomite - Market - IMG1

The Dolomite Market size is estimated at 183.98 Million tons in 2024, and is expected to reach 224.06 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 4.02% during the forecast period (2024-2029).

The market was negatively impacted by the COVID-19 pandemic in 2020 as there was a slowdown in production and mobility, wherein industries such as cement, ceramics, etc., were forced to delay their production due to containment measures and economic disruptions. Currently, the market has recovered from the pandemic. The market reached pre-pandemic levels in 2022 and is expected to grow steadily in the future.

Key Highlights

  • The increasing applications in construction industries and expanding steel production in the Asia-Pacific region have been driving the market growth.
  • However, the substitution of raw dolomites with igneous rock containing olivine minerals may hamper the demand for the studied market.
  • Furthermore, the use of dolomite as a calcium and magnesium supplement is predicted to generate a market opportunity in the pharmaceutical industry.
  • Asia-Pacific region dominated the market demand around the world, with countries like China, India, and Japan, being the biggest consumers.

Dolomite Market Trends

Increasing Demand from Construction Industry

  • Dolomite is used as aggregate in Portland cement concrete, which is used for roads, buildings, and other structures. Dolomite is also used in combination with bituminous materials for roads and similar construction. Dolomite ground finds a huge application in the iron and steel industry due to its strength and compatibility in the process of purifying iron and steel.
  • In the production of cement, dolomite is calcined, and then it is cut into blocks of a specific size. The construction industry is one of the largest consumers of cement. The growing commercial and industrial construction activities are experiencing a boom globally.
  • According to the U.S. Census Bureau, the construction spending over the first 9 months of 2023 increased by about 4.6% to USD 1.46 trillion, compared to the same period in 2022.
  • The construction sector in the Asia-Pacific region is the largest in the world, and the highest growth for housing is expected to be registered in the Asia-Pacific region, owing to the expanding housing construction markets in China and India.
  • According to the National Bureau of Statistics of China, the domestic construction output peaked in 2022 at a value of about USD 4.11 trillion.
  • Furthermore, India is expanding its commercial sector. Several projects have been going on in the country. For instance, the CommerzIII Commercial Office Complex construction worth USD 900 million started in Q1 2022. The project involves the construction of a 43-story commercial office complex with a permissible floor area of 2,60,128 square meters in Goregaon, Mumbai. The project is expected to be completed in Q4 2027, thus benefitting the studied market simultaneously during the forecast period.
  • Owing to the factors mentioned above, the consumption of dolomite is expected to rise at a healthy rate from the construction industry over the forecast period.
Dolomite - Market - IMG2

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to account for the largest share of the global dolomite market during the forecast period owing to expanding industrial sectors, such as construction and healthcare, in major countries such as China, India, Japan, etc.
  • China hosts a vast construction sector, and the developments in the infrastructure and residential sectors in the past two years have supported the growth of the construction sector at large, both in terms of volume and value.
  • China is the largest cement producer globally, and the demand for cement is constantly increasing, supported by the rapidly growing construction industry. For instance, according to the National Bureau of Statistics (NBS) of China, cement output in the first half of 2023 increased to 980 million metric tons from 979 million metric tons in the same period in 2022, thus supporting the growth of the market.
  • Also, according to the National Bureau of Statistics of China, the construction industry in China generated an added value of approximately CNY 8.3 trillion (~ USD 1.23 trillion) in 2022, reflecting an increase of more than 3% compared to the previous year.
  • Also, the expanding healthcare sector is expected to fuel the market's growth. For instance, India is a global pharmaceutical hub, according to IBEF, the Indian Pharmaceutical industry is the third largest in the world in terms of volume and 14th largest in terms of value. The Indian Pharma sector contributes to nearly 1.72% of the country's GDP.
  • Therefore, owing to such trends mentioned above, the Asia-Pacific region is expected to dominate the dolomite market during the forecast period.

Dolomite Industry Overview

The dolomite market is partially fragmented in nature. The major players in the studied market (not in any particular order) include Sibelco, Calcinor, RHI Magnesita, JFE Mineral & Alloy Company, Ltd., and Dillon, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Construction Activities in Asia-Pacific
    • 4.1.2 Expanding Steel Production
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Substitution of Raw Dolomite With Igneous Rock
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Mineral Type
    • 5.1.1 Agglomerated
    • 5.1.2 Calcined
    • 5.1.3 Sintered
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Agricuture
    • 5.2.2 Ceramics and Glass
    • 5.2.3 Cement
    • 5.2.4 Mining and Metellurgy
    • 5.2.5 Pharmaceuticals
    • 5.2.6 Water Treatment
    • 5.2.7 Other End-user Industries (Animal Feed, etc.)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers & Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Calcinor
    • 6.4.2 Carmeuse
    • 6.4.3 Dillon
    • 6.4.4 Imerys
    • 6.4.5 JFE Mineral & Alloy Company,Ltd.
    • 6.4.6 Lhoist
    • 6.4.7 Omya AG
    • 6.4.8 Raw Edge Industrial Solutions Limited
    • 6.4.9 RHI Magnesita
    • 6.4.10 Sibelco

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increase in Demand for Calcium And Magnesium Supplements
  • 7.2 Other Opportunities