デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406214

ネットワーク暗号化:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Network Encryption - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
ネットワーク暗号化:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ネットワーク暗号化市場の今年度の市場規模は41億8,000万米ドルで、CAGRは8.74%を記録し、5年後には69億4,000万米ドルに達すると予測されています。

ネットワーク暗号化の成長は、主に組織におけるデータセキュリティとプライバシーへの関心の高まりに起因しています。

Network Encryption-Market-IMG1

主なハイライト

  • インターネットの成長、クラウドコンピューティング、サイバー攻撃の増加により、より安全なデータ通信とストレージの必要性が高まっています。さらに、一般データ保護規則(GDPR)やペイメントカード業界データセキュリティ基準(PCI DSS)などの政府規制の増加により、組織は安全なデータ伝送方法を導入する必要があり、ネットワーク暗号化の成長をさらに促進しています。
  • さらに、さまざまなエンドユーザー産業がモノのインターネット(IoT)ベースのソリューションを業務に採用するようになったことで、IoTネットワーク上で伝送されるデータを安全に保護するための暗号化のニーズが高まり、市場の成長を支えています。
  • ネットワーク暗号化産業が成長したのは、新しい暗号化アルゴリズムやより優れた暗号化ソフトウェアが作られたからです。例えば、量子コンピュータが従来の暗号化手法を破る可能性があるため、量子コンピュータが破れない暗号化アルゴリズムを使用することが重要になってきています。
  • 暗号化ソリューションの導入は、特にITリソースの少ない企業にとっては、困難で高価なものになる可能性があります。組織によっては、暗号化ソリューションの購入や設定、使用や保守のためのスタッフのトレーニングにかかるコストが、暗号化ソリューションを使用しない理由になることもあります。また、暗号化アルゴリズムによっては、技術的な問題があるため、企業のネットワークには適さないものもあります。このような課題が、予測期間中の市場成長の課題となることが予想されます。
  • 市場の成長に影響を与える最も重要な要因は、ネットワーク・セキュリティ侵害の増加、多くの組織によるクラウド技術の利用の増加、より良いデータ保護のために刻々と変化する規制基準を満たす必要性の高まりです。
  • COVID-19の流行はネットワーク暗号化市場に大きな影響を与えました。在宅勤務の傾向が強まるにつれ、安全なリモートワーク・ソリューションに対する需要が高まった。在宅勤務の増加に伴い、企業の機密データを保護するために、安全で信頼性の高い仮想プライベートネットワーク(VPN)やリモートデスクトップソリューションが必要とされました。このため、ネットワーク暗号化製品やサービスに対する需要が急増し、業界の成長を後押ししました。さらに、パンデミックに関連したサイバー攻撃やセキュリティ侵害の増加に対処するため、企業はサイバーセキュリティへの投資を増加させました。

ネットワーク暗号化市場の動向

通信・IT分野が市場で大きなシェアを占める見込み

  • 世界のIT・通信業界がネットワーク暗号化を推進する主な要因としては、クラウド利用の拡大、光通信への投資の増加、ネットワークデータ漏えいの増加、政府の厳しい規制などが挙げられます。
  • さらに、プライベート・ネットワークの採用拡大、ネットワーク自動化の動向、5Gネットワークの展開により、ネットワーク・トラフィックが増加し、より高度なセキュリティ対策が大幅に必要になると予想されます。ネットワークの暗号化は、これらのネットワーク上で機密データの安全を守り、新たなビジネスチャンスを開く。
  • スマート工場、インテリジェント交通システム、第5世代以降の携帯電話ネットワーク、モノのインターネット、分散型台帳技術、量子安全通信などの新たなICT技術には、さまざまな脅威やリスクに対処するための技術的・組織的対策が必要です。
  • 5G技術の導入により、ネットワークに接続されるモノのインターネット(IoT)デバイスはおそらく増加し、ハッカーがより広範で巧妙な攻撃を行う新たなチャンスが広がります。エリクソンによると、データ消費量は2019年の35エクサバイトから、今年は73エクサバイトに増加すると予測されています。これらすべての要因が、通信ベンダーの間でネットワーク自動化の範囲を拡大し、調査市場の需要を煽っています。
  • さらに、世界のセキュリティサービスの革新的な拡大開始と採用が、ネットワーク暗号化技術の需要をさらに押し上げています。例えば、2022年10月、インド政府の通信・電子情報技術・鉄道大臣は、Infinity Labs Ltd.が開発した固有の暗号化技術であるInfiBharatを発表しました。
  • 通信に対する脅威は、レガシー技術を持つ業界における典型的なIPベースの脅威の組み合わせから生じる。5G技術が進歩するにつれ、脅威の表面は拡大し、攻撃者はより多くの機会を得ることになります。このため、通信会社のサイバーセキュリティ・チームは、新たな脅威やトリアージすべきアラートの増加に直面しながらも、攻撃者の一歩先を行くために、新しいテクノロジーや自動化を活用してワークフローを合理化する方法を模索しています。
  • Entrust 2022 Global Encryption Trends Studyによると、同社は17カ国・地域のさまざまな業種から6,264人を対象に世論調査を実施しました。組織は、顧客の個人情報を保護するため(回答者の53%)、特定された脅威からデータを保護するため(回答者の50%)、企業の知的財産を保護するため(回答者の48%)に暗号化を使用しています。62%の組織が暗号化戦略を導入しており、この20年近くで最も導入が急増しています。
Network Encryption-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 北米は、技術的に設備の整った地域です。米国やカナダのような先進の経済諸国が大きな市場シェアを占めており、あらゆる規模の企業が政府の規則や規制に従うための適切なプラットフォームが整っています。
  • 北米政府は、機密データを転送中に保護することを求める規則を設けています。このため、こうした規制要件を満たすネットワーク暗号化ソリューションの必要性が高まっています。2022年7月、米国立標準技術研究所(NIST)は、量子コンピュータによる攻撃に耐えられるよう設計された新たな暗号化標準を策定しました。
  • この地域のハイテク産業が成長を続けるにつれて、ネットワーク暗号化ソリューションに対する需要も高まっています。クラウド・コンピューティングが普及し、クラウドとの間で機密データを送受信する際、企業はそのデータを保護したいと考えるからです。企業はまた、ネットワークを暗号化するためのより高度な方法を開発するための研究開発にも資金を費やしています。こうした投資が業界の成長に寄与しています。
  • 最近改正されたEARN IT法が成立すれば、強力な暗号化は不安定な状態に置かれることになるが、暗号化データへの合法的アクセス法(LAEDA)は、何百万人もの人々が個人的および国家的セキュリティのために毎日利用しているツールを直接攻撃するものです。
  • さらに、この地域でのネットワーク侵害の増加に伴い、暗号化の需要が高まっています。米国政府のデータによると、2022年1~5月のヘルスケア侵害件数は昨年の約2倍に増加しています。例えば、ニュース報道によると、2022年8月、インディアナ州は医療データ漏えいで全米トップになり、8000万件以上の記録が影響を受け、2022年6月までの13年間に漏えいした全記録の25%近くを占めました。

ネットワーク暗号化産業の概要

ネットワーク暗号化市場は細分化されており、複数のプレーヤーが活動しています。同市場で大きなシェアを持つ大手企業は、市場シェアと収益性を高めるため、戦略的な協業イニシアティブを活用し、海外における顧客基盤の拡大に注力しています。Thales Trusted Cyber Technologies、Atos SE、Juniper Networks, Inc.、Certes Networks, Inc.、Senetas Corporation Ltd.、Viasat Inc.、Raytheon Technologies Corporation、Securosys SA.、Packetlight Networksは、現在の市場に存在し、合併、買収、コラボレーション、製品革新などの戦略的イニシアチブを取っている主要企業の一部です。

2023年2月、Atosは、プライベート5Gネットワークの導入を検討している組織や、統合された自動化を実現しようとしている通信事業者向けに、新しい「5Guard」セキュリティの提供を開始すると発表しました。これらの企業は、資産と顧客を保護・防御するために、セキュリティのオーケストレーションを行っています。Atosの製品ポートフォリオには、Atosの暗号化ソリューション(Trustway)、ID・アクセス管理ソフトウェア、公共重要インフラソリューション(IDnomic)、Atos Managed Detection and Response(MDR)プラットフォームがあり、潜在的な脅威をほぼリアルタイムで検知・対応することで、5Gネットワーク要素、アプリケーション、ワークロードのセキュリティを向上させる。

2023年1月、デジタルインフラを製造するエクイニクスは、クラウドサービスを製造するアヴィアトリクスと協力し、企業環境向けの高性能暗号化を実現しました。この提携により、Aviatrix Edgeソフトウェアは、エクイニクスの世界25カ所以上のビジネス交流データセンターで利用できるようになります。エクイニクスのNetwork EdgeとEquinix Fabricを利用したこのソリューションの組み合わせにより、クラウドへの最も高速で安全な接続が実現し、複数のクラウドで何が起きているかを確認することができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ネットワークセキュリティ侵害の増加
    • 多数の組織によるクラウド技術の採用増加
  • 市場の課題
    • ネットワーク暗号化ソリューションの導入コストの高さ

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開タイプ別
    • クラウド
    • オンプレミス
  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソリューション・サービス
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー産業別
    • 通信・IT
    • BFSI
    • 政府機関
    • メディア・エンターテインメント
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Thales Trusted Cyber Technologies
    • ATMedia Gmbh
    • Atos SE
    • Juniper Networks Inc.
    • Certes Networks Inc.
    • Senetas Corporation Ltd.
    • Viasat Inc.
    • Raytheon Technologies Corporation
    • Securosys SA
    • Packetlight Networks
    • Rohde & Schwarz Cybersecurity GmbH
    • Colt Technology Services Group Ltd.
    • Ciena Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 70482
Network Encryption - Market - IMG1

The Network Encryption Market was valued at USD 4.18 billion in the current year and is expected to register a CAGR of 8.74%, reaching USD 6.94 billion in five years. The growth of network encryption is primarily attributed to the increasing concern for data security and privacy in organizations.

Key Highlights

  • The growth of the internet, cloud computing, and the increasing number of cyberattacks have led to the need for more secure data communication and storage. Additionally, increasing government regulations, such as the General Data Protection Regulation (GDPR) and the Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS), require organizations to implement secure data transmission methods, further driving the growth of network encryption.
  • Furthermore, the growth in adopting Internet of Things (IoT)-based solutions by the various end-user industries in their operations has increased the need for encryption to secure data transmitted over IoT networks, supporting market growth.
  • The network encryption industry has grown because new encryption algorithms and better encryption software have been made. For example, using encryption algorithms that quantum computers can't break is becoming more important because quantum computers could break traditional encryption methods.
  • Putting encryption solutions into place can be hard and expensive, especially for businesses with few IT resources. For some organizations, the cost of buying and setting up encryption solutions and training staff to use and maintain them can be a reason not to use them. Also, some encryption algorithms may have technical problems that make them unsuitable for s networks. Such factors are expected to challenge the market's growth during the forecast period.
  • The most important factors affecting the market's growth are the growing number of network security breaches, the increasing use of cloud technologies by many organizations, and the growing need to meet ever-changing regulatory standards for better data protection.
  • The COVID-19 pandemic significantly affected the network encryption market. As the trend toward working from home grew, there was more demand for secure remote work solutions. With more people working from home, there was a need for secure and reliable virtual private networks (VPNs) and remote desktop solutions to protect sensitive corporate data. This led to a surge in demand for network encryption products and services, boosting growth in the industry. Additionally, businesses increased their investment in cybersecurity to address the rise in cyber-attacks and security breaches related to the pandemic.

Network Encryption Market Trends

Telecom and IT Sector is Expected to Hold a Significant Share of the Market

  • Some of the main things pushing the IT and telecom industries worldwide to use network encryption are the growing use of the cloud, increasing investment in optical communication, growing network data breaches, and strict government regulations.
  • Furthermore, the growing adoption of a private network, trends in network automation, and the rollout of 5G networks are expected to increase network traffic, requiring more advanced security measures significantly. Network encryption will keep sensitive data safe on these networks, opening up new business opportunities.
  • Emerging ICT technologies such as smart factories, intelligent transportation systems, the 5th generation of cellular networks and beyond, the Internet of Things, distributed ledger technologies, and quantum-safe communication need technical and organizational measures to address various threats and risks.
  • The deployment of 5G technology will probably lead to increased Internet of Things (IoT) devices connected to networks, opening up new chances for hackers to conduct more extensive and sophisticated assaults. According to Ericsson, data consumption is projected to increase from 35 exabytes in 2019 to 73 exabytes in the current year. All these factors are expanding the scope of network automation among telecom vendors, fueling the demand in the studied market.
  • Furthermore, the innovation expansion launch and adoption of security services across the globe have further boosted the demand for network encryption techniques. For example, in October 2022, the Minister for Communications, Electronics & Information Technology and Railways, Government of India, launched InfiBharat, an indigenous encryption technique developed by Infinity Labs Ltd.
  • Threats against telecommunications result from a combination of typical IP-based threats in an industry with legacy technology. As 5G technology advances, the threat surface will only expand, giving attackers more opportunities. This leaves cybersecurity teams at telecom companies looking for ways to leverage new technology and automation to streamline workflows to stay ahead of attackers in the face of new threats and an increasing number of alerts to triage.
  • According to Entrust 2022 Global Encryption Trends Study, they polled 6,264 people from various industry sectors across 17 nations and regions. Organizations are using encryption to protect customers' personal information (53% of respondents), to protect data against specific, identified threats (50% of respondents), and to protect enterprise intellectual property (48% of respondents). 62% of organizations have an encryption strategy- the sharpest increase in adoption in nearly two decades.
Network Encryption - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • North America is a well-equipped region in terms of technology. It has a significant market share because of developed economies like the United States and Canada, and it has the right platforms for businesses of all sizes to follow government rules and regulations.
  • The government of North America has put in place rules that require sensitive data to be protected while in transit. This has driven the need for network encryption solutions to meet these regulatory requirements. In July 2022, the National Institute of Standards and Technology (NIST) prepared new encryption standards designed to withstand attacks by quantum computers.
  • As the tech industry in the region continues to grow, there is more demand for network encryption solutions. This is because cloud computing is becoming more popular, and organizations want to protect sensitive data while it is being sent to and from the cloud. The companies also spend money on research and development to develop more advanced ways to encrypt networks. This investment is contributing to the growth of the industry.
  • While the recently amended EARN IT Act would leave strong encryption on unstable ground if passed into law, The Lawful Access to Encrypted Data Act (LAEDA) is a direct assault on the tool millions of people rely on for personal and national security each day.
  • Further, with the increase in network breaches in the region, the demand for encryption increased. United States government data shows that the number of healthcare breaches in the first five months of 2022 has nearly doubled from last year. For instance, according to news reports, in August 2022, Indiana led the nation in medical data breaches, with more than 80 million records affected, which accounted for nearly 25% of all breached records during the 13 years until June 2022.

Network Encryption Industry Overview

The network encryption market is fragmented, with several players operating. The major players with a prominent share in the market are focusing on expanding their customer base across foreign countries by leveraging strategic collaborative initiatives to increase their market share and profitability. Thales Trusted Cyber Technologies, Atos SE, Juniper Networks, Inc., Certes Networks, Inc., Senetas Corporation Ltd., Viasat Inc., Raytheon Technologies Corporation, Securosys SA., and Packetlight Networks are some of the major players present in the current market and undergoing strategic initiatives such as mergers, acquisitions, collaboration, product innovation, and others.

In February 2023, Atos announced the launch of its new '5Guard' security offering for organizations looking to deploy private 5G networks and for telecom operators looking to enable integrated, automated. They orchestrated security to protect and defend their assets and customers. Atos'product portfolio is Atos'encryption solutions (Trustway), identity and access management software; public critical infrastructure solutions (IDnomic); and Atos Managed Detection and Response (MDR) platform that elevates the security of 5G network elements, applications, and workloads by detecting and responding to potential threats in near real-time.

In January 2023, Equinix, a company that makes digital infrastructure, worked with Aviatrix, which makes cloud services, to make high-performance encryption for enterprise environments. This partnership will make the Aviatrix Edge software available in over 25 of Equinix's global business exchange data centers. The combined solution, which uses Equinix's Network Edge and Equinix Fabric, gives you the fastest, most secure connection to the cloud to see what's happening in multiple clouds.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Number of Network Security Breaches
    • 5.1.2 Increasing Adoption of Cloud Technologies by Numerous Organizations
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Implementation Cost of Network Encryption Solutions

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment Type
    • 6.1.1 Cloud
    • 6.1.2 On-premise
  • 6.2 By Component
    • 6.2.1 Hardware
    • 6.2.2 Solutions & Services
  • 6.3 By Organization Size
    • 6.3.1 Small and Medium-sized Enterprises
    • 6.3.2 Large-sized Enterprises
  • 6.4 By End-user Industry
    • 6.4.1 Telecom & IT
    • 6.4.2 BFSI
    • 6.4.3 Government
    • 6.4.4 Media & Entertainment
    • 6.4.5 Other End-user Industries
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Thales Trusted Cyber Technologies
    • 7.1.2 ATMedia Gmbh
    • 7.1.3 Atos SE
    • 7.1.4 Juniper Networks Inc.
    • 7.1.5 Certes Networks Inc.
    • 7.1.6 Senetas Corporation Ltd.
    • 7.1.7 Viasat Inc.
    • 7.1.8 Raytheon Technologies Corporation
    • 7.1.9 Securosys SA
    • 7.1.10 Packetlight Networks
    • 7.1.11 Rohde & Schwarz Cybersecurity GmbH
    • 7.1.12 Colt Technology Services Group Ltd.
    • 7.1.13 Ciena Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET