デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406084

抗菌性添加剤:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Antimicrobial Additive - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
抗菌性添加剤:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

抗菌性添加剤市場規模は2024年に48億8,000万米ドルと推定され、2029年には66億2,000万米ドルに達し、予測期間(2024-2029年)のCAGRで6.31%の成長が予測されています。

Antimicrobial Additive-Market-IMG1

抗菌性添加剤は、製品の耐用年数を通じて微生物の増殖を抑制し、製品の寿命と衛生を高め、最終製品に付加価値を与えます。これらの添加剤は、製造工程で製品に注入されます。プラスチックや医療分野での製品用途の拡大が、市場成長の原動力となっています。

しかし、安全な廃棄の問題や、これらの添加物が生態系に及ぼす有害な影響が、調査対象市場の拡大を妨げる可能性が高いです。さらに、COVID-19の発生に起因する好ましくない状況も、市場成長の妨げになる可能性が高いです。

柔軟なポリ塩化ビニルを保存するための抗真菌性保護剤の使用などの進歩は、今後5年間、抗菌性添加剤市場に機会をもたらす可能性が高いです。

アジア太平洋地域は、プラスチックや医療分野での抗菌性添加剤の消費量が増加しており、世界の市場を独占しています。

抗菌性添加剤市場の動向

市場を独占するプラスチックセグメント

  • 包装、自動車、建築など様々なエンドユーザー産業でプラスチックが大量に消費されているため、プラスチックセグメントが市場を独占することになります。
  • プラスチックは細菌やカビなどの微生物が繁殖しやすいです。そのため、抗菌性添加剤はプラスチックの製造工程で組み込まれ、さまざまな微生物に対する耐性を提供し、プラスチック製品の長期的な耐久性をもたらします。
  • プラスチックは、石鹸ディスペンサー、食品容器、手術用製品、呼吸装置などに広く利用されており、予測期間における抗菌性添加剤の需要を増大させています。
  • 中国、インドなどのアジア太平洋諸国は、食品・飲料や医療産業における抗菌性添加剤の利用で力強い成長を記録しており、予測期間にわたって市場を牽引すると期待されています。
Antimicrobial Additive-Market-IMG2

市場を独占するアジア太平洋地域

  • アジア太平洋地域は、抗菌性添加剤の最大市場です。食品・飲料や医療産業における広範な用途などの要因が市場成長を促進すると予想されます。
  • 紫外線や不衛生な環境、湿気にさらされる素材に対する細菌、藻類、真菌の増殖抑制など、抗菌性添加剤の有益な特性が市場成長を促進すると考えられます。
  • 医療家具や医療機器に抗菌性添加剤を組み込むことは、医療環境における細菌攻撃のリスクを最小限に抑えるための一歩です。
  • 繊維製品、塗料、ポリマー、コーティングなど幅広い用途で無機添加剤の需要が高まっており、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。
  • 食品・飲料最終用途分野では、食品・飲料業界における棚、床材、食品加工機器、製氷機、貯蔵容器、ウォータークーラー、水分補給システムなどで添加剤が継続的に利用されるため、抗菌性添加剤の需要が増加すると予想されます。
  • したがって、このような市場動向はすべて、予測期間中に同地域の抗菌性添加剤市場の需要を促進すると予想されます。

抗菌性添加剤産業の概要

世界の抗菌性添加剤市場は断片化されており、少数の大手企業と多数の小規模企業が存在します。大手企業には、BASF SE、BioCote Limited、RTP Company、Clariant、Microbanなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 食品包装セグメントの増加
    • プラスチック用途における抗菌性添加剤の使用拡大
  • 抑制要因
    • 抗菌性添加剤の毒性
    • COVID-19の発生による好ましくない状況
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 有機
    • 無機
  • 用途
    • プラスチック
    • 塗料
    • パルプ・紙
    • その他
  • エンドユーザー産業
    • 建設
    • 自動車
    • 医療
    • 食品・飲料
    • その他
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • BioCote Limited
    • Clariant
    • LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • Milliken Chemical
    • Momentive
    • NanoBioMatters
    • PolyOne
    • RTP Company
    • SANITIZED AG
    • The DOW Chemical Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69308
Antimicrobial Additive - Market - IMG1

The Antimicrobial Additive Market size is estimated at USD 4.88 billion in 2024, and is expected to reach USD 6.62 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.31% during the forecast period (2024-2029).

Antimicrobial additives restrain the growth of microorganisms throughout the useful life of the product, enhance product life & hygiene, and provide value addition to an end product. These additives are infused into a product during the manufacturing process. The growing product application in plastic and healthcare segment has been driving the market growth.

However, the issue of safe disposal and harmful effects of these additives on the eco-system are likely to hinder the expansion of the studied market. Moreover, unfavorable conditions arising due to the COVID-19 outbreak is also likely to hamper market growth.

The advancements such as the use of antifungal protection to preserve flexible polyvinyl chloride are likely to deliver opportunities for the antimicrobial additive market over the next five years.

Asia-Pacific region dominates the market across the world with the escalating consumption of antimicrobial additive in plastic and healthcare sector.

Antimicrobial Additives Market Trends

Plastic Segment to Dominate the Market

  • Plastic segment stands to be the dominating segment owing to the extensive consumption of plastic in various end-user industries like packaging, automotive and construction amongst others.
  • Plastic is susceptible to microbial growth including bacteria and mold. Therefore antimicrobial additives are incorporated during the production process of plastics and offer resistance against various microbes, thus, resulting in the long-term durability of plastic products.
  • Plastics are extensively utilized in soap dispensers, food containers, surgical products, and breathing devices, etc. which augment the demand for antimicrobial additive in the forecast period.
  • Asia-Pacific countries like China, India, etc have been registering strong growth in the utilization of antimicrobial additive in food and beverage and healthcare industry, which is expected to drive the market over the forecast period.
Antimicrobial Additive - Market - IMG2

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific region stands to be the largest market for antimicrobial additive. Factors, such as extensive application in food and beverage and healthcare industry are expected to propel the market growth.
  • Beneficial attributes of antimicrobial additives like inhibition of bacterial, algal, and fungal growth for those materials exposed to ultraviolet radiation, unsanitary conditions and moisture are likely to drive the market growth.
  • Incorporation of antimicrobial additives in healthcare furnishings and medical equipment is a step toward minimizing the risk of bacteria attack in the healthcare environment.
  • Rising demand for inorganic additives in a wide range of applications, including textiles, paints, polymers, and coatings is anticipated to propel the market growth during the forecast period.
  • The food and beverage end-use segment is expected to increase the demand of antimicrobial additive owing to continuous utilization of additives in shelving, flooring, and food processing equipment, ice making machines, storage containers, water coolers, and water hydration systems in the food and beverage industry.
  • Hence, all such market trends are expected to drive the demand for antimicrobial additive market in the region during the forecast period.

Antimicrobial Additives Industry Overview

The global antimicrobial additive market is fragmented with the presence of a few large-sized players and a large number of small players operating. Some of the major companies are BASF SE, BioCote Limited, RTP Company, Clariant and Microban amongst others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Food Packaging Segment
    • 4.1.2 Growing Use of Antimicrobial Additive in Plastic Application
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Toxic Nature of Antimicrobial Additive
    • 4.2.2 Unfavorable Conditions Arising Due to COVID-19 Outbreak
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Organic
    • 5.1.2 Inorganic
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Plastic
    • 5.2.2 Paints
    • 5.2.3 Pulp and Paper
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Construction
    • 5.3.2 Automotive
    • 5.3.3 Healthcare
    • 5.3.4 Food and Beverage
    • 5.3.5 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 BioCote Limited
    • 6.4.3 Clariant
    • 6.4.4 LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • 6.4.5 Milliken Chemical
    • 6.4.6 Momentive
    • 6.4.7 NanoBioMatters
    • 6.4.8 PolyOne
    • 6.4.9 RTP Company
    • 6.4.10 SANITIZED AG
    • 6.4.11 The DOW Chemical Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Advancement in Antifungal Additive for PVC
  • 7.2 Other Opportunities