デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406024

大腸内視鏡検査機器:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年

Colonoscopy Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
大腸内視鏡検査機器:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の大腸内視鏡検査機器市場は2024年に22億4,000万米ドルと評価され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは5.20%で2029年には28億8,000万米ドルに達すると予測されています。

Colonoscopy Devices - Market - IMG1

パンデミックは当初、市場に悪影響を与えました。パンデミックによる大腸がん治療の中断や遅延は、初期には市場に若干の悪影響を及ぼしました。例えば、カナダ保健省が2021年 6月に発表した論文によると、カナダではパンデミック対応の初期段階において、他のヘルスケアサービスとともに大腸がん検診が一時中断されました。この一時停止は、ヘルスケア施設がCOVID-19のアウトブレイクを防ぐための適切な感染制御対策を確立し、COVID-19患者のための医療システムの能力を確保するために必要でした。しかし、パンデミックの後期になると、がん検診に関連するいくつかの啓発プログラムが実施され、検診サービスの再開とともに、市場は徐々に牽引力を持ち始めました。例えば、2021年4月にCommunity Oncology Alliance(COA)とCancer Careが協力して、"Time to Screen"と名付けられた新たな啓発キャンペーンを開始したことが注目すべき例です。このキャンペーンは、さまざまな種類のがん検診に関する教育的情報を公開し、検診の予約を支援することで、がん検診への関心を高めることを目的としていました。このため、当初、市場は不利な影響を受けたが、がん治療の再開に伴い、市場は牽引力を持ち始め、予測期間中も上昇傾向を維持すると予想されます。

大腸内視鏡検査機器市場は、低侵襲技術への嗜好の高まり、技術の進歩、大腸がんの有病率の上昇によって牽引されています。大腸がんの原因は特定されていないです。さらに、いくつかの遺伝的・環境的要因が発症リスクを高める可能性があります。例えば、米国がん協会が2023年3月に発表した調査論文によると、約1,53,020人が大腸がんと診断されると予想されています。米国では2023年に約52,550人が大腸がんで死亡すると予想されています。さらに、同じ情報源は、2023年に米国で約106,970例の結腸がんと46,050例の直腸がんが新たに発生すると予想されるとも述べています。さらに、有望なパイプライン候補の今後の上市、より多くの最前線の治療法の出現、有利な政府のイニシアチブなどの要因が、市場拡大を促進すると思われます。

さらに、調査対象市場でさまざまな戦略を採用することも、市場成長を後押しすると予想されます。例えば、2022年7月、トップクラスの胃腸(GI)診療所のネットワークである米国消化器健康(「USDH」)は、GIジーニアスのインテリジェント内視鏡モジュールを国内最大規模で設置し、AI支援による大腸内視鏡検査を患者に提供すると発表しました。大腸内視鏡検査は、最終的に大腸がんにつながる可能性のあるポリープを発見するためのゴールドスタンダードと長い間考えられてきました。現在、USDHの患者は、医師がポリープを検出するのに役立つAIを採用した食品医薬品局(FDA)認可機器であるGIジーニアスによるスクリーニングのAI支援オプションの強みを享受しています。さらに2022年8月、India Medtronic Pvt Limited はインドのGI Geniusインテリジェント内視鏡モジュールを発売しました。GI Geniusモジュールは高度なAIソフトウェアを使用し、様々なサイズ、形状、形態の疑わしいポリープをリアルタイムの視覚マーカーで強調表示します。病変の感度99.7%、偽陽性1%未満で、常に注意深い第二の観察者として消化器内科医に役立ちます。このように、製品の発売と技術の進歩が予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

しかし、直腸疾患に対する代替治療法の利用可能性や大腸内視鏡検査処置に伴うリスクは、予測期間中の市場成長を妨げる可能性があります。

大腸内視鏡検査機器市場動向

大腸内視鏡セグメントは予測期間中にかなりの成長が見込まれる

大腸内視鏡検査機器は、管腔の逆行性ビューを提供するか、引き抜き時に腸襞を直線化することにより、大腸襞の近位側面の病変を検出します。これにより、検査結果に関連する品質指標やその他の指標が改善されます。精度の向上、正確さ、治療の安全性など、他の治療法に対する大腸内視鏡検査の利点は、外科センターでの需要を増加させると予想されます。

憂慮すべき大腸がんの増加も、予測期間中に大腸内視鏡検査の需要を押し上げると予想されています。例えば、2021年7月に発表されたNCBIの調査によると、世界全体で525万人以上が大腸がんに罹患しています。2040年には世界の新規大腸がん患者数は320万人に達すると予測されています。したがって、このような事例から、毎年の大腸内視鏡検査も成長する可能性が高く、それによってセグメントの成長が促進されます。さらに、複数の企業が市場での存在感を高めるために様々な戦略を採用しています。例えば、富士フイルムは2021年4月に大腸内視鏡G-EYE 700シリーズを発売しました。G-EYEはスマートメディカルが開発した技術で、ルーチン検査時の可視化、安定化、制御を支援します。

同様に、2021年11月、コスモファーマシューティカルズN.V.は、大腸内視鏡検査と組み合わせた大腸ポリープの検出補助としての人工知能(A.I.)デバイスG.I. Geniusの安全性と有効性を評価する無作為化国際多施設試験のトップライン結果を発表しました。この研究は、臨床現場でのデバイスの幅広い使用経験を提供するもので、その結果、G.I. Geniusが、白色光大腸内視鏡検査で検出されない腺腫やポリープの割合を減少させるのに、いかに効果的であるかが示されました。さらに、各社は既存の製品ラインに先進技術を取り入れる取り組みも行っており、これもセグメントの成長を促進する可能性があります。例えば、2022年12月、Bharti AirtelとApollo Hospitalsは、インド初の人工知能(A.I.)制御5G大腸内視鏡検査試験を実施したと発表しました。この試験では、Airtelの5G技術が、A.I.アプリケーションを使ってより速く、より正確に大腸がんを検出するために使われました。この技術は超低遅延で高い処理能力を持っています。このように、大腸がんの負担の増加、製品の発売、戦略的イニシアティブ、技術の進歩により、予測期間中にかなりのセグメント成長が見込まれます。

Colonoscopy Devices-Market-IMG2

北米は予測期間中に大幅な成長が見込まれる

北米は予測期間中にかなりの成長が見込まれます。この成長は、大腸がん患者の増加、製品の発売、戦略的イニシアティブなどの要因によるものです。例えば、カナダがん協会が2022年5月に発表した報告書によると、2022年には男性13,500人が大腸がんと診断され、5,200人が死亡、女性10,800人が大腸がんと診断され、4,200人が死亡しています。また同じ情報源によれば、平均して毎日67人のカナダ人が大腸がんと診断されているといわれています。さらに、北米地域における大腸内視鏡検査分野での調査作業の増加も市場成長を促進すると予想されています。例えば、2023年2月、カナダの研究者は、レーザーベースのサイズ測定機能を備えた新しい仮想スケール内視鏡(VSE)を使用して、ライブ大腸内視鏡検査中に大腸ポリープサイズを測定する臨床パイロット研究を開始しました。このように、大腸がんの負担増とこの地域での研究活動の増加により、かなりの市場成長が見込まれます。

米国では、大腸がんの負担が増加しており、高齢者人口が増加していることが、同国の市場成長を促進する主な要因となっています。その他、治療率の上昇、同国における大腸がんの罹患率の高さ、他の主要地域と比較した薬価の高騰も、同市場優位の主な要因となっています。例えば、米国がん協会の2022年の最新情報によると、大腸がんは米国で3番目に多く診断されるがんです。米国で新たに診断される結腸がんは106,180例、直腸がんは44,850例と推定されます。さらに、がんを発症する主な危険因子の一つは年齢です。例えば、2022年5月に更新された米国臨床腫瘍学会の論文では、結腸直腸がんの多くは50歳以上で発症すると報告されています。大腸がんの診断時の平均年齢は男性で68歳、女性で72歳、直腸がんでは米国では男女とも63歳です。

さらに、米国における製品の承認や上市も、米国市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2022年4月、SMART Medical Systems Ltdは、オリンパス510(k)洗浄済み製品PCFシリーズの大腸内視鏡をベースとしたG-EYE大腸内視鏡のFDAクリアランスを発表しました。このFDAの追加認可により、G-EYEは米国市場で発売されることになった。このように、大腸がんの罹患率の高さは、その診断と治療を促進し、調査された市場を牽引します。

大腸内視鏡検査機器産業の概要

大腸内視鏡検査機器市場は競争が激しく、複数の世界企業で構成されています。市場の進展に伴い、各企業は用途に応じた大腸内視鏡システムの明確な差別化を図ろうとしています。高画質画像と手術能力への要求から、様々な顧客グループが大腸内視鏡とカメラを統合した最適化された可視化システムにシフトしています。現在市場に参入している企業には、Boston Scientific Corporation、富士フイルム株式会社、オリンパス株式会社、PENTAX Medical、Medtronicなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 大腸がんの増加
    • 大腸内視鏡機器の技術進歩
  • 市場抑制要因
    • 直腸疾患の代替治療の利用可能性
    • 大腸内視鏡検査に伴うリスク
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模、金額ベース)

  • 製品タイプ別
    • 大腸内視鏡
    • 可視化システム
    • その他の製品タイプ
  • 用途別
    • 大腸がん
    • リンチ症候群
    • 潰瘍性大腸炎
    • クローン病
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 外来手術センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Boston Scientific Corporation
    • Fujifilm Corporation
    • Olympus Corporation
    • PENTAX Medical
    • Karl Storz SE & Co. KG
    • Medtronic
    • Steris PLC
    • Hoya Corporation
    • Endomed Systems
    • Getinge AB
    • Avantis Medical Systems

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68412
Colonoscopy Devices - Market - IMG1

The global colonoscopy devices market is valued at USD 2.24 billion in 2024 and is expected to reach USD 2.88 billion by 2029 with a CAGR of 5.20% over the forecast period (2024-2029).

The pandemic imposed an adverse impact on the market during the initial days. The suspension or delay of colorectal cancer treatment during the pandemic posed a slight adverse impact on the market to some extent in the initial days. For instance, according to the article published by Health Canada published in June 2021, colorectal cancer screening, along with other healthcare services, was suspended in Canada in the initial phase of the COVID-19 pandemic response. This pause was necessary to allow healthcare facilities to establish appropriate infection-control measures to prevent COVID-19 outbreaks and reserve health system capacity for COVID-19 patients. However, in the later times of the pandemic, several awareness programs related to cancer screening and, with the resumption of screening services, the market gradually started to gain traction. For instance, a notable example is the Community Oncology Alliance (COA) and Cancer Care collaboration in April 2021 to launch a new public awareness campaign dubbed "Time to Screen." The campaign was aimed at increasing focus on cancer screening by publishing educational information regarding screening for various types of cancer and assistance for screening appointments. Thus, initially, the market witnessed an adverse impact; however, with the resumption of cancer treatment, the market started to gain traction and is expected to maintain an upward trend over the forecast period.

The colonoscopy device market is driven by the increasing preference for minimally invasive techniques, technological advancements, and the rising prevalence of colorectal cancer. The causes of colorectal cancer are unspecified. Moreover, several genetic and environmental factors may increase the risk of developing the disease. For instance, according to the research article published by the American Cancer Society in March 2023, around 1,53,020 individuals are expected to be diagnosed with colorectal cancer. Around 52,550 individuals in the United States are expected to die from colorectal cancer in 2023. In addition, the same source also stated that around 106,970 new cases of colon cancer and 46,050 new cases of rectal cancer are expected to occur in the United States in 2023. Moreover, factors such as upcoming launches of promising pipeline candidates, the emergence of more front-line therapies, and favorable government initiatives are likely to fuel market expansion.

Furthermore, adopting various strategies in the studied market is also expected to boost market growth. For instance, in July 2022, US Digestive Health ('USDH'), a network of top-rated gastrointestinal (GI) practices, announced that it offered patients AI-assisted colonoscopy screenings with the country's largest installation of GI Genius intelligent endoscopy modules. Colonoscopy has long been considered the gold standard for detecting polyps that can eventually lead to colorectal cancer. Now, patients at USDH have the strength of an AI-assisted option for screening with GI Genius, the Food and Drug Administration (FDA) cleared device that employs AI to help physicians detect polyps. Furthermore, in August 2022, India Medtronic Pvt Limited launched India's GI Genius intelligent endoscopy module. The GI Genius module uses advanced AI software to highlight suspicious polyps of various sizes, shapes, and morphologies with a real-time visual marker. It serves gastroenterologists as an ever-vigilant second observer with a lesion sensitivity rate of 99.7% and less than 1% false-positive results. Thus, product launches and technological advancements are expected to propel the market growth over the forecast period.

However, the availability of alternative treatments for rectal disease and the risk associated with colonoscopy procedures may hamper the market growth over the forecast period.

Colonoscopy Devices Market Trends

Colonoscope Segment is Expected to Witness Considerable Growth Over the Forecast Period

Colonoscopy devices detect lesions in the proximal aspect of colonic folds either by offering a retrograde view of the lumen or straightening the haustral folds during withdrawal. It improves quality indicators and other metrics associated with the examination's outcomes. Associated advantages of colonoscopy over other treatment alternatives, such as improved precision, accuracy, and treatment safety, are anticipated to increase its demand in surgical centers.

The alarming rise of colorectal cancer is also expected to boost the demand for colonoscopy devices over the forecast period. For instance, according to the NCBI study published in July 2021, more than 5.25 million people globally were living with colorectal cancer. The global number of new colorectal cancer cases is predicted to reach 3.2 million in 2040. Thus, such instances indicate that annual colonoscopy procedures are also likely to grow, thereby boosting segment growth. Furthermore, several companies are adopting various strategies to grow their presence in the market. For instance, In April 2021, FUJIFILM launched the G-EYE 700 Series Colonoscope. G-EYE is a technology developed by Smart Medical to assist with visualization, stabilization, and control during routine examinations.

Similarly, in November 2021, Cosmo Pharmaceuticals N.V. announced topline results from a randomized, international, multi-center study evaluating the safety and efficacy of the artificial intelligence (A.I.) device G.I. Genius as an aid for the detection of colorectal polyps in combination with colonoscopy. This study provides a wide experience of using the device in clinical settings, and the results show how effective G.I. Genius is in reducing the percentage of adenomas and polyps that go undetected during white light colonoscopy. In addition, companies are also efforts to incorporate advanced technologies in the existing product lines, which may also drive segment growth. For instance, in December 2022, Bharti Airtel and Apollo Hospitals announced that they had conducted India's first artificial intelligence (A.I.) controlled 5G colonoscopy trial. In this study, Airtel's 5G technology was used to detect colon cancer faster and more accurately with A.I. applications. This technology has ultra-low latency and high processing capabilities. Thus, considerable segment growth is expected over the forecast period due to the rising burden of colorectal cancer, product launches, strategic initiatives, and technological advancements.

Colonoscopy Devices - Market - IMG2

North America is Expected Witness Significant Growth Over the Forecast Period

North America is expected to witness considerable growth over the forecast period. The growth is due to factors such as the rising cases of colorectal cancer, product launches, and strategic initiatives. For instance, according to the report published by the Canadian Cancer Society in May 2022, 13,500 men were diagnosed with colorectal cancer, 5,200 died from it, 10,800 women were diagnosed with colorectal cancer, and 4,200 died in 2022. The same source also stated that, on average, 67 Canadians were diagnosed with colorectal cancer daily. Furthermore, increasing research work in the colonoscopy space in the North American region is also expected to propel market growth. For instance, in February 2023, researchers in Canada launched a clinical pilot study to measure colorectal polyp size during live colonoscopies using a new virtual scale endoscope (VSE) with a laser-based size measurement function. Thus, considerable market growth is expected to be seen owing to the rising burden of colorectal cancer and increasing research work in the region.

The increasing burden of colorectal cancer and the rising geriatric population in the United States are the major factors propelling the market growth in the country. Other key factors responsible for its dominance are increased treatment rates, a high incidence of colorectal cancer in the country, and inflated medicine prices compared to other major regions. For instance, per the American Cancer Society 2022 updates, colorectal cancer is the third most common cancer diagnosed in the United States. There will be an estimated 106,180 new colon cancer and 44,850 cases of rectal cancer diagnosed in the United States. Furthermore, one of the major risk factors for developing cancer is age. For instance, the American Society of Clinical Oncology article updated in May 2022 reported that most colorectal cancers occur in people older than 50. The average age at the time of diagnosis for colon cancer in men is 68 years, and that for women is 72 years, while for rectal cancer, it is age 63 years for both men and women in the United States.

Furthermore, product approvals and launches in the United States are also expected to propel the market growth in the United States. For instance, in April 2022, SMART Medical Systems Ltd announced its FDA clearance for its G-EYE colonoscope, based on the PCF series of colonoscopes with Olympus 510(k) cleaned products. With this additional FDA clearance, G-EYE is now available in the United States market. Thus, the high incidence of colorectal cancer will drive its diagnosis and treatment, driving the studied market.

Colonoscopy Devices Industry Overview

The colonoscopy devices market is highly competitive and consists of several global players. As the market progresses, the firms try to achieve clear differentiation in colonoscopy systems based on their application. Due to the requirements for high-quality imaging and operative capabilities, various customer groups are shifting toward optimized visualization systems that integrate colonoscopes and cameras. Some companies currently in the market are Boston Scientific Corporation, Fujifilm Corporation, Olympus Corporation, PENTAX Medical, and Medtronic.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Number of Colorectal Cancer
    • 4.2.2 Technological Advancements In Colonoscope Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Availability of Alternative Treatment for Rectal Disease
    • 4.3.2 Risk Associated with Colonoscopy Procedures
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Colonoscope
    • 5.1.2 Visualization Systems
    • 5.1.3 Other Product Types
  • 5.2 By Applications
    • 5.2.1 Colorectal Cancer
    • 5.2.2 Lynch Syndrome
    • 5.2.3 Ulcerative Colitis
    • 5.2.4 Crohn's Disease
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 By End-User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ambulatory Surgery Center
    • 5.3.3 Other End-Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.2 Fujifilm Corporation
    • 6.1.3 Olympus Corporation
    • 6.1.4 PENTAX Medical
    • 6.1.5 Karl Storz SE & Co. KG
    • 6.1.6 Medtronic
    • 6.1.7 Steris PLC
    • 6.1.8 Hoya Corporation
    • 6.1.9 Endomed Systems
    • 6.1.10 Getinge AB
    • 6.1.11 Avantis Medical Systems

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS