デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406013

骨盤内炎症性疾患治療薬:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 116 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
骨盤内炎症性疾患治療薬:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 116 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

骨盤内炎症性疾患治療薬市場は予測期間中5.6%のCAGRが見込まれます。

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics-Market-IMG1

調査対象市場はパンデミックの悪影響を受けました。パンデミックが市場に与えた影響については、さまざまな調査研究が洞察を示しています。COVID-19流行時の性感染症:衛生緊急時に性感染症サービスに照会した患者と一般診療時に照会した患者の比較』と題された論文によると、2020年6月にイタリアを拠点とする研究者によって発表されました。それによると、イタリアの全国的な封鎖の前に、ボローニャの皮膚科の性病サービスによって合計1,081件の医療措置が提供されました。ロックダウン中とロックダウン後では、予防のための受診の割合が減少し、梅毒、淋菌性咽頭炎、炎症性生殖器疾患の受診が大幅に増加しました。2020年8月に発表された「Measuring the Impact of the COVID-19 Pandemic on the Sexually Transmitted Diseases Public Health Surveillance and Program Operations in the State of California(カリフォルニア州における性感染症公衆衛生サーベイランスとプログラム運営へのCOVID-19パンデミックの影響の測定)」というタイトルの論文の通りである、2020年1月~6月と2019年1月~6月のデータを比較調査したところ、COVID-19パンデミック期間中に報告されたクラミジア(31%)、後期梅毒(19%)、一次/二次梅毒(15%)、初期非一次非二次梅毒(14%)、淋病(13%)の症例が減少していました。このように、市場はパンデミックの悪影響を受けました。

市場成長の主な要因は、尿路感染症、性感染症(STD)、骨盤内炎症性疾患(PID)に伴う重篤な合併症(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の増加、不妊症など)の増加です。2021年2月に米国国立衛生研究所から発表されたAyan SabihとStephen W. Leslieの論文によると、合併性尿路結石症の発生率は特定の危険因子と高い関連があった。例えば、膀胱留置カテーテルで細菌尿を発症するリスクは1日推定10%であり、細菌尿が尿路感染症に進展するリスクは最大25%です。2022年6月、米国疾病予防管理センターは、STD検診プログラムに対する意識向上と、世界中で増加するSTDの負担を軽減するため、性感染症検診のガイドラインを推奨・発行しました。同センターは、女性、妊婦、女性と性交渉を持つ男性、男性と性交渉を持つ男性、トランスジェンダーや性別に多様性のある人、HIV感染者など、集団ごとに個別の性病検診ガイドラインを発表しています。しかし、2022年3月、ニュージャージー州保健省は、パートナーサービス、教育、技術支援、サーベイランス、地域の保健・地域団体との連携を通じて、ニュージャージー州における性感染症の影響を軽減・予防するため、性感染症(STD)プログラムを組織しました。このようなプログラムは、病気とその治療に関する認識を高め、PID治療薬の需要を増加させると予想されます。したがって、こうしたプログラムは予測期間中、市場にプラスの影響を与えると予想されます。

しかし、製品の承認を遅らせる厳しい規制の枠組み、高価な特許製品、薬物療法に伴う重篤な合併症は、市場の成長を妨げると予想されます。

骨盤内炎症性疾患治療薬の市場動向

骨盤内炎症性疾患治療薬市場ではテトラサイクリン系薬セグメントが主要シェアを占める見込み

予測期間中、テトラサイクリン系薬剤が業界を支配すると予想されます。このセグメントの有利な成長は、治療における効率性が実証され、CDC(Centers for Disease Control and Prevention:米国疾病管理予防センター)が骨盤内炎症性疾患の第一選択薬としてテトラサイクリン系薬剤であるドキシサイクリンとともにセファロスポリンを推奨しているため、これらの製品の採用が増加していることに起因しています。副作用を軽減した新製品開発の急速な進歩と、幅広い市販品の入手可能性が相まって、市場の活性化が期待されています。世界保健機関(WHO)が2021年11月に発表した報告書では、世界全体で100万人以上の性感染症が発症しており、そのほとんどが無症状であると報告されています。また、毎年、推定3億7,400万人が新たに感染しており、4つの性感染症のうち1つは淋病、クラミジア、トリコモナス、梅毒であると報告しています。"テトラサイクリン"というタイトルで2022年7月に発表された調査報告書によると、テトラサイクリン系薬剤(テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、タイゲサイクリン)は、多数の細菌感染症の管理と治療に使用される薬剤クラス別です。テトラサイクリンはタンパク質合成を抑制する広域抗生物質に分類されます。テトラサイクリン系抗菌薬は細菌感染症の効果的な治療薬であり、その適応症、作用機序、禁忌があります。このような調査研究は、これらの病気や感染患者の治療に携わるヘルスケアチームのメンバーにとって重要な作用機序、有害事象のプロファイル、適切な相互作用を強調するものです。したがって、調査研究で提供されるこのような利点は、薬剤の採用を増加させ、市場成長を増加させると予想されます。

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics-Market-IMG2

北米が市場を独占し、予測期間中も同様と予想される

北米は、予測期間を通じて研究市場を独占すると予想されます。この優位性は主に、ライフスタイルの変化や米国における女性のストレス増加により、更年期障害、多嚢胞性卵巣症候群、子宮筋腫、子宮内膜症、トリコモナス症、HIV/AIDSなどの罹患率が上昇していることに起因しており、同地域で最も高い収益を記録しています。例えば、2023年4月に米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した報告書によると、同国では依然として性病が公衆衛生上の重大な懸念事項となっています。同出典によると、クラミジア・トラコマティス感染症は2021年に米国で最も流行した届出可能な性感染症であり、CDCに報告された症例数は合計1,644,416件でした。CDCは2021年に710,151種類の淋菌感染の報告を受けました。梅毒は2021年に全段階を通じて合計176,713件の症例が登録され、そのうち最も感染力の強い一次および二次(P&S)段階の症例は53,767件でした。このような疾患の治療プロセスに対する需要を高めることにより、同国の市場成長は性病の流行とともに拡大すると予想されます。このように、STIの有病率の増加は、治療薬に対する需要を増加させ、市場成長を増加させると予想されます。

骨盤内炎症性疾患治療薬産業の概要

骨盤内炎症性疾患治療薬市場の競争は中程度で、複数の大手企業が参入しています。同市場の有力企業は、新製品の発売や買収など様々な戦略を実施し、世界中で市場での地位を固めています。さらに、こうした医薬品の市場開拓のための公的資金が急増していることも、市場の活性化につながると予想されます。現在市場を独占している企業には、BristolMyers Squibb Company、Pfizer Inc.、Mayne Pharma、Perrigo Company PLC、Viatrisなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界のSTDおよび感染症の流行増加
    • 女性の高齢化に伴うヘルスケア意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • 製品の承認を遅らせる厳しい規制枠組み
    • 高価な特許製品と薬に伴う重篤な合併症
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • 薬剤クラス別
    • マクロライド
    • テトラサイクリン
    • ベータラクタム
    • ニトロイミダゾール
    • その他の薬剤クラス別
  • 投与経路別
    • 経口
    • 非経口
    • その他の投与経路
  • 流通経路別
    • 病院薬局
    • 小売薬局
    • オンライン薬局
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AstraZeneca
    • Bristol-Myers Squibb Company
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Galderma Laboratories LP
    • Janssen Pharmaceuticals, Inc.(Johnson and Johnson)
    • Mayne Pharma
    • Perrigo Company PLC
    • Pfizer Inc.
    • Sanofi SA
    • Teligent Inc.
    • Viatris

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68264
Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics - Market - IMG1

The pelvic inflammatory disease therapeutics market studied was anticipated to witness a CAGR of 5.6% during the forecast period.

The studied market was adversely impacted by the pandemic. Various research studies provide insight into the impact of the pandemic on the market. According to the article titled, 'Sexually transmitted infections during the COVID-19 outbreak: comparison of patients referring to the service of sexually transmitted diseases during the sanitary emergency with those referring during the common practice' was published by researchers based in Italy in June 2020. It stated that before the national lockdown in Italy, a total of 1,081 medical provisions were delivered by the STDs Service of Dermatology, Bologna. The percentage of visits for prophylaxis declined during and after the lockdown, while visits for syphilis, gonococcal pharyngitis, and inflammatory genital diseases increased significantly. As per the article titled, 'Measuring the Impact of the COVID-19 Pandemic on Sexually Transmitted Diseases Public Health Surveillance and Program Operations in the State of California', published in August 2020, a comparative study for January-June 2020 to January-June of 2019 data found that there were decreases in reported cases of chlamydia (31%), late syphilis (19%), primary/secondary syphilis (15%), early nonprimary non-secondary syphilis (14%), and gonorrhea (13%) during the COVID-19 pandemic. Thus, the market was adversely impacted by the pandemic.

The major factors attributing to the growth of the market are a rise in urinary tract infections, sexually transmitted diseases (STDs), and severe complications associated with pelvic inflammatory diseases (PID), such as increased rate of Polycystic ovary syndrome (PCOS) cases, and infertility. According to the article by Ayan Sabih and Stephen W. Leslie, published by the National Institute of Health in February 2021, complicated UTI incidence was highly associated with specific risk factors. For instance, there is a 10% estimated daily risk of developing bacteriuria with indwelling bladder catheters, and there is up to a 25% risk that bacteriuria will progress to a urinary tract infection. In June 2022, the Centers for Disease Control and Prevention recommended and issued guidelines for screening sexually transmitted diseases to create awareness toward screening programs for STDs and the increasing burden of STDs across the world. It has issued separate STD screening guidelines for every group of the population, such as women, pregnant women, men who have sex with women, men who have sex with men, transgender and gender-diverse persons, and persons with HIV. However, in March 2022, the Department of Health of the State of New Jersey organized the Sexually Transmitted Disease (STD) Program to reduce and prevent the effects of sexually transmitted diseases in New Jersey through partner services, education, technical assistance, surveillance, and partnerships with local health and community organizations. Such programs would increase awareness regarding the disease and its treatment, which is expected to increase the demand for PID therapeutics. Therefore, such programs are anticipated to positively impact the market over the forecast period.

However, the stringent regulatory framework that delays the approval of products, expensive patented products, and severe complications associated with the medication are expected to hinder market growth.

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics Market Trends

The Tetracyclines Segment is Expected to Hold the Major Share in the Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics Market

Tetracycline drugs are expected to dominate the industry over the forecast period. The lucrative growth of the segment can be attributed to the rise in the adoption of these products due to proven efficiency in the treatment and recommendations of cephalosporin along with doxycycline, a tetracycline drug by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) as the first-line treatment of pelvic inflammatory disease. Rapid advancements in new product development with reduced side effects, coupled with the availability of a wide range of marketed products, are expected to fuel the market. The report published by the World Health Organization in November 2021 reported that more than 1.0 million sexually transmitted infections are acquired globally, and most of them are asymptomatic. It also reported that every year, there are an estimated 374.0 million new infections, with 1 out of 4 sexually transmitted infections: gonorrhea, chlamydia, trichomoniasis, and syphilis. Tetracyclines (tetracycline, doxycycline, minocycline, and tigecycline) are a class of drugs used to manage and cure numerous bacterial infections, according to a research report released in July 2022 under the title "Tetracycline." Tetracyclines are categorized as broad-spectrum antibiotics that suppress protein synthesis. Tetracyclines are an effective treatment for bacterial infections and their indications, mode of action, and contraindications. Such research studies will emphasize the mechanism of action, adverse event profile, and pertinent interactions important for healthcare team members involved in treating these illnesses and infected patients. Thus, such advantages provided in research studies are expected to increase the adoption of drugs, which is expected to increase the market growth.

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics - Market - IMG2

North America Dominates the Market and it is Expected to do the Same in the Forecast Period

North America is expected to dominate the studied market throughout the forecast period. This dominance is mainly owing to rising incidences of menopausal disorders, polycystic ovary syndrome, uterine fibroids, endometriosis, trichomoniasis, HIV/AIDS, etc., due to changes in lifestyles and a rise in stress among women in the United States, which registers the highest revenue in the region. For instance, in April 2023, a report published by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) stated that STDs remain a significant public health concern in the country. According to the same source, Chlamydia trachomatis infection was the most prevalent notifiable sexually transmitted infection in the United States in 2021, with a total of 1,644,416 cases reported to the CDC. The CDC received reports of 710,151 different gonorrhea infections in 2021. A total of 176,713 cases of syphilis were registered in 2021 throughout all phases, including 53,767 cases of the disease's primary and secondary (P&S) stages, which are the most contagious. By raising the demand for such diseases' therapeutic processes, the country's market growth is thus anticipated to expand with the prevalence of STDs. Thus, the increasing prevalence of STIs is expected to increase the demand for therapeutics and will increase market growth.

Pelvic Inflammatory Disease Therapeutics Industry Overview

The pelvic inflammatory disease therapeutics market is moderately competitive and consists of several major players. Some prominent players in the market are implementing various strategies, such as launching new products and making acquisitions to consolidate their market positions across the world. Furthermore, a steep rise in the availability of public funding for the development of these drugs is also expected to fuel the market. Some of the companies that are currently dominating the market are BristolMyers Squibb Company, Pfizer Inc., Mayne Pharma, Perrigo Company PLC, and Viatris, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of STD and Infectious Diseases Across the World
    • 4.2.2 Rise in Healthcare Awareness along with the Increasing Aging Female Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Framework that Delays the Approval of Products
    • 4.3.2 Expensive Patented Products and Severe Complications Associated with the Medication
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Drug Class
    • 5.1.1 Macrolides
    • 5.1.2 Tetracycline
    • 5.1.3 Beta-lactam
    • 5.1.4 Nitroimidazoles
    • 5.1.5 Other Drug Classes
  • 5.2 By Route of Administration
    • 5.2.1 Oral
    • 5.2.2 Parenteral
    • 5.2.3 Other Routes of Administration
  • 5.3 By Distribution Channel
    • 5.3.1 Hospital Pharmacies
    • 5.3.2 Retail Pharmacies
    • 5.3.3 Online Pharmacies
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 AstraZeneca
    • 6.1.2 Bristol-Myers Squibb Company
    • 6.1.3 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.4 Galderma Laboratories LP
    • 6.1.5 Janssen Pharmaceuticals, Inc. (Johnson and Johnson)
    • 6.1.6 Mayne Pharma
    • 6.1.7 Perrigo Company PLC
    • 6.1.8 Pfizer Inc.
    • 6.1.9 Sanofi SA
    • 6.1.10 Teligent Inc.
    • 6.1.11 Viatris

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS