デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1405676

エラストグラフィ・イメージング:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Elastography Imaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
エラストグラフィ・イメージング:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エラストグラフィ・イメージング市場は予測期間中にCAGR 9.5%を記録する見込み

Elastography Imaging-Market-IMG1

主なハイライト

  • COVID-19パンデミックはヘルスケアシステムに影響を及ぼし、多くの医療施設で通常の治療を中断する結果となり、脆弱ながん患者を重大なリスクにさらすこととなりました。この市場の影響については、さまざまな調査研究が発表されています。例えば、2021年6月に発表された「COVID-19 mRNAワクチンに関連した腋窩、鎖骨上および鎖骨下リンパ節腫脹の超音波およびせん断波エラストグラフィーパターン」と題する調査研究では、COVID-19 Pfizer-BioNTechワクチンに関連したリンパ節異常の超音波外観が、基礎疾患を有する患者において診断上の課題を提示する可能性があることが観察されています。一般的に、リンパ節異常は脂肪丘の消失を伴う低エコー性の腫大リンパ節として現れ、カラー・ドップラーでは肺門および皮質血管の増加が認められますが、せん断波エラストグラフィでは皮質粘稠度は低~中程度です。これらの所見は、腋窩痛、発熱、疲労などの臨床症状のない患者にも、ある患者にも観察されます。その結果、これらの所見は不正確な診断につながる可能性があるため、市場の拡大を制限する可能性があります。しかし、長期的には市場の成長は拡大すると思われます。
  • 慢性疾患や乳がんの罹患率の上昇、低侵襲手術に対する需要の高まりなどの要因が、市場成長を拡大すると予想されます。
  • 乳がんや、心血管疾患、産科/婦人科、泌尿器科などの慢性疾患の有病率が人口間で上昇していることが、予測期間中の市場成長を促進する主な要因です。例えば、Cancer Australiaによると、2021年にオーストラリアで新たに乳がんと診断された症例は20,030例(男性164例、女性19,866例)と推定されています。さらに、2022年2月に更新された米国疾病管理予防センターの統計によると、米国では36秒に1人が心血管疾患で死亡しており、米国では毎年約65万9000人が心臓病で死亡しています。米国のような先進国市場では心血管疾患の有病率が高いため、エラストグラフィ・イメージングに対する需要が増加し、市場の成長をさらに押し上げると予想されます。同様に米国では、ここ数年で出生数が増加しています。例えば、米国保健社会福祉省が2023年1月に発表した全国人口動態統計報告(National Vital Statistics Reports)のデータによると、米国では2021年に3,664,292人以上の出生が登録され、前年比1%の増加を示しています。高い妊娠率に伴い、超音波画像処置の需要が増加することが予想され、これが調査対象市場の成長を促進します。
  • 加えて、低侵襲手術の需要は、ビデオ支援機器による高精度化、手術対象の臓器や身体部位の拡大画像の生成、大出血の減少、術後感染症の減少、合併症の減少、入院期間の短縮、通常の活動への早期復帰、傷跡の減少、従来の外科手術に匹敵する/低いコストなど、いくつかの利点があるため、人口の間で増加しており、予測期間中の市場成長の増加が期待されます。
  • さらに、乳がんとその健康への影響に関する住民の意識を高めるためのキャンペーンやプログラムの立ち上げが増加していることも、スクリーニング検査の需要を増加させ、市場成長を促進すると予想されます。例えば、COVID-19の流行により、多くの女性がマンモグラフィ検診の受診を遅らせているため、企業は検査を受けるよう促すキャンペーンを開始しています。2022年5月、マウントサイナイ・ヘルスシステムは、米国で乳がんの早期診断のためのマンモグラフィー検査を促進するキャンペーン「マンモグラム・メイ」を開始しました。また、2021年2月には、ワシントンのリバティ・レイク・ヘルス&ウェルネス・センター内にKvinna Care LLCが開設されました。同センターでは、ここを訪れる患者に乳がん専門の検診を提供します。このような取り組みが、予測期間中の市場成長を後押しすると期待されています。
  • しかし、エラストグラフィ用画像機器の償還や価格の高騰は、市場成長の妨げになると予想されます。

エラストグラフィ・イメージング市場の動向

超音波モダリティは予測期間に高いCAGRで推移する見込み

  • 手ごろな価格、短時間での検査、アクセスのしやすさなどの要因から、超音波部門が市場を独占すると予測されます。
  • 超音波エラストグラフィは、臓器検査や生検に使用される従来の超音波システムに徐々に取って代わるものです。超音波エラストグラフィは、臓器検査や生検に使用される従来の超音波システムに徐々に取って代わるものであり、このような画像診断装置による苦痛のない精密な画像診断が、予測期間中の市場成長を刺激すると期待されています。
  • 女性人口における乳がんの有病率の増加は、乳房病変に関する情報を提供する超音波画像診断の需要を高め、超音波エラストグラフィ画像診断装置の需要を増加させ、市場成長を後押しすると予想されています。例えば、Cancer Australiaによると、2021年には85歳までに乳がんと診断されるリスクは15人に1人(または6.7%)と推定されてます。(女性は8人に1人または13%、男性は829人に1人または0.12%)。このように、女性における乳がん患者の負担増は、早期診断と効果的な治療に対する需要を増加させると予想され、エラストグラフィ・イメージング機器の需要を増加させ、市場成長を後押しすると考えられます。米国ではここ数年、出生数が増加しています。例えば、米国保健社会福祉省が2023年1月に発表した全国人口動態統計報告のデータによると、米国では2021年に3,664,292人以上の出生が登録され、前年比1%の増加を示しました。このように、同地域における乳がん患者数の増加は、早期発見に対する需要を増加させ、エラストグラフィ・イメージング装置に対する需要を増加させ、予測期間における市場成長を促進すると考えられます。
  • さらに、超音波エラストグラフィの洞察に関するさまざまな調査研究が発表されています。例えば、2021年9月に「Ultrasound Elastography in the Assessment of the Intestinal Changes in Inflammatory Bowel Disease-Systematic Review」と題して発表された調査研究では、エラストグラフィはクローン病患者の腸管狭窄を評価する有望な新規イメージング技術であると述べられています。したがって、このような研究は技術の可能性を高め、市場の成長を増加させると思われます。
  • さらに、先進的な超音波画像診断装置の開発に注力する企業の増加や、製品発売の増加も、予測期間における調査市場の成長に寄与しています。例えば、2021年5月、Mindray社は、一般イメージング、女性ヘルスケア、心臓病学向けの新しい超音波ソリューションを発売しました。この新しいソリューションは先進技術と統合されており、Smart Scene 3D、Smart Planes CNS、Smart ICV、Smart Pelvic、Smart ERAを含む多様なエキスパートツールを提供します。また、2022年9月、サムスンのデジタルX線撮影と超音波診断の会社であるボストン・イメージングは、さまざまな臨床用途に活用できる最先端の超音波診断システムV7を発売しました。このシステムは、臨床用途向けに組織の硬さを定量的に非侵襲的に評価・記録するS-Shearwave Imagingの機能を備えています。このシステムはまた、心血管疾患の潜在的リスクを分析するスクリーニングツールであるAutoIMTも装備しています。
  • したがって、前述の要因により、調査された市場は予測期間中に成長すると予想されます。
Elastography Imaging-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場を独占する見込み

  • 北米は、乳がん、肝疾患、心血管疾患、筋骨格系障害などの慢性疾患の有病率の増加などの要因により、予測期間にわたってエラストグラフィ・イメージング市場を独占すると予測されます。加えて、ヘルスケア支出の増加、確立されたヘルスケアインフラの存在、企業活動の活発化も、予測期間における調査対象市場の成長に寄与しています。また、慢性疾患の検出のための非侵襲的または低侵襲的技術に対する需要の高まりは、予測期間にわたってエラストグラフィ・イメージングに対する需要を増加させる可能性が高いです。
  • 慢性疾患の負担増が市場成長を高めると予想されています。例えば、Breastcancer.orgによると、2022年には米国の女性で約28万7500件の浸潤性乳がんが新たに診断されると予測されています。また、同出典によると、米国では2022年に約5万1,400例の非浸潤性(in situ)乳がんが新たに診断されると推定されています。このように、乳がん症例の増加は、市場プレーヤーが研究市場向けに新規かつ先進的なスクリーニング装置を開発・発売する機会を生み出しています。さらに、2021年10月に米国疾病予防管理センターが発表したデータによると、米国では成人の4人に1人(23.7%)、約5,850万人が医師から関節炎と診断されています。このように、変形性関節症の有病率が高いことから、エラストグラフィ・イメージングに対する需要は、ひずみを誘発する機械的負荷を計算するだけでなく、あらゆる組織損傷を検出し、患者の筋肉や軟骨変性の病理学的変化を観察するために増加すると予想され、それによって市場の成長を後押しします。さらに、2Dまたは3Dエラストグラフィは、機械的応答と軟骨の変形に応じて行われます。
  • さらに、心疾患に対する国民の意識を高めるための政府やヘルスケア機関の取り組みが活発化していることも、市場の成長に寄与しています。例えば、2022年6月、エコセンスは、「プライマリケアおよび内分泌の臨床現場における非アルコール性脂肪性肝疾患の診断と管理のための米国臨床内分泌学会臨床診療ガイドライン」によると、リスク層別化のために肝脂肪(CAP)と線維症の振動制御一過性エラストグラフィ(VCTE)を定量化するには一過性エラストグラフィ(TE)が好ましいと述べています。同様に、2021年11月、Women's Heart AllianceとWomenHeartは、COVID-19感染は女性の心臓病リスクを高めることから、COVID-19感染後の女性の心血管疾患リスクに対する認識を高めるため、全国啓発キャンペーンを開始しました。このようなプログラムは、心臓病の早期診断や適時管理を可能にします。このような取り組みやプログラムは、一般市民の意識を高めるのに役立ち、モニタリングや診断目的で使用されるエラストグラフィ・イメージング機器の需要を高めると思われます。
  • さらに、効果的な診断技術の開拓に注力し、契約、買収、提携、製品投入の増加などさまざまな事業戦略を採用する国内の主な市場プレイヤーの存在は、市場の成長を後押しするとみられます。例えば、2021年12月、キヤノンはResoundant, Inc.とライセンス契約を締結し、同社の磁気共鳴エラストグラフィ(MRE)技術をキヤノンの最新MRIスキャナーに搭載しました。
  • したがって、上記の要因により、同地域の市場成長が期待されます。

エラストグラフィ業界の概要

エラストグラフィ市場競争は緩やかで、複数の大手企業が参入しています。市場シェアの面では、現在数社の大手企業が市場を独占しています。一部の大手企業は、世界中で市場での地位を固めるため、他社との買収や新製品の発売を精力的に行っています。現在市場を独占している企業には、キヤノンメディカルシステムズ株式会社、富士フイルムホールディングス株式会社、GEヘルスケア、Koninklijke Philips N.V.、Mindray Medical International Limitedなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 慢性疾患と乳がんの罹患率の上昇
    • 低侵襲手術に対する需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 償還に関する不利なシナリオ
    • エラストグラフィ用イメージングデバイスの高価格化
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • モダリティ別
    • 超音波エラストグラフィ
    • 磁気共鳴エラストグラフィ
  • アプリケーション別
    • 循環器
    • 放射線科
    • 泌尿器科
    • 血管
    • 産科/婦人科
    • その他の用途(整形外科、筋骨格系、リウマチ、理学療法およびリハビリテーション)
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 外来手術センター
    • 外科・診断センター
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Canon Medical Systems Corporation
    • Esaote SpA
    • Fujifilm Holdings Corporation
    • GE Healthcare
    • Supersonic Imagine
    • Hologic, Inc.
    • Koninklijke Philips N.V.
    • Mindray Medical International Limited
    • Resoundant, Inc.
    • Samsung Medison
    • Siemens AG

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67513
Elastography Imaging - Market - IMG1

The elastography imaging market is anticipated to register a CAGR of 9.5% during the forecast period.

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic affected healthcare systems and resulted in the interruption of usual care in many healthcare facilities, exposing vulnerable patients with cancer to significant risks. Various research studies have been published on the impact of the market. For instance, a research study published in June 2021, titled "Ultrasound and shear-wave elastography patterns of COVID-19 mRNA vaccine-related axillary, supra and sub clavicular lymphadenopathy," has observed that the ultrasound appearance of COVID-19 Pfizer-BioNTech vaccine-related lymph node abnormalities may present a diagnostic challenge in patients with underlying conditions. Typically, they appear as enlarged hypoechoic nodes with loss of fat hilum, increased hilar and cortical vascularization at color-Doppler, but low to intermediate cortical consistency at shear-wave elastography. These can be observed in patients without and with clinical symptoms, such as armpit pain, fever, and fatigue. As a result, these findings can limit market expansion because they may result in inaccurate diagnoses. However, in the long term, market growth is likely to increase.
  • Factors such as the rising incidence of chronic ailments and breast cancer coupled with the growing demand for minimally invasive surgeries are expected to increase the market growth.
  • The rising prevalence of breast cancer and chronic ailments such as cardiovascular diseases, obstetrics/gynecology, urology, and others among the population is the major factor driving the market growth over the forecast period. For instance, as per Cancer Australia, in 2021, it was estimated that 20,030 new cases of breast cancer were diagnosed in Australia (164 males and 19,866 females). Additionally, according to the Center for Disease Control and Prevention statistics updated in February 2022, One person dies every 36 seconds in the United States from cardiovascular disease, and about 659,000 people in the United States die from heart disease each year. Such a high prevalence of cardiovascular diseases in developed nations such as the United States is expected to increase the demand for elastography imaging, which would boost the growth of the market further. Similarly, in the United States, the number of births has increased in the past few years. For instance, as per the data published in the National Vital Statistics Reports by the United States Department of Health and Human Services in January 2023, over 3,664,292 births were registered in 2021 in the United States, which showed an increase of 1% as compared to the previous year. With the high pregnancy rate, it is expected that there will be a rise in demand for ultrasound imaging procedures, which will drive the growth of the studied market.
  • In addition, the demand for minimally invasive surgeries is increasing among the population due to its several advantages, including higher precision because of video-assisted equipment, which produces a better and magnified image of the organs or body parts being operated on, less major bleeding, fewer post-op infections, fewer complications, shorter length of stay, quicker return to normal activities, less scarring, and comparable/lower cost, over traditional surgical procedures, which is expected to increase the market growth over the forecast period.
  • Furthermore, the increasing campaigning and launching of programs to raise awareness among the population regarding breast cancer and its health effects are also expected to increase the demand for screening tests, thereby propelling the market growth. For instance, due to the COVID-19 pandemic, as many women have delayed their mammogram screenings, companies have started campaigns to encourage them to get their tests done. In May 2022, Mount Sinai Health System launched the campaign, 'Mammogram May, ' to promote the mammography examination for the early diagnosis of breast cancer in the United States. Also, in February 2021, Kvinna Care LLC was opened in the Liberty Lake Health & Wellness Center in Washington. The center will provide specialized breast cancer detection to patients visiting the place. Such initiatives are expected to boost market growth during the forecast period.
  • However, the adverse scenario of reimbursement and the high price of imaging devices for elastography is expected to hinder the market growth.

Elastography Imaging Market Trends

Ultrasound Modality Segment Expects to Register a High CAGR in the Forecast Period

  • The ultrasound segment is expected to dominate the market owing to factors such as easy affordability, quick turnaround time, and easy accessibility.
  • Ultrasound elastography is a gradual substitution for traditional ultrasound systems used for organ examination and biopsy. It is expected that painless, precise diagnostic imaging of such imaging devices can stimulate market growth during the forecast period.
  • The increasing prevalence of breast cancer among the female population is expected to raise the demand for sonographic imaging, which provides information on breast lesions, and is expected to increase the demand for ultrasound elastography imaging devices, thereby boosting the market growth. For instance, as per Cancer Australia, in 2021, it is estimated that a person has a 1 in 15 (or 6.7%) risk of being diagnosed with breast cancer by the age of 85 (1 in 8 or 13% for females and 1 in 829 or 0.12% for males). Thus, the increasing burden of breast cancer cases among women is expected to increase the demand for early diagnosis and effective treatment, which is likely to increase the demand for elastography imaging devices, thereby boosting the market growth. In the United States, the number of births has increased in the past few years. For instance, as per the data published in the National Vital Statistics Reports by the United States Department of Health and Human Services in January 2023, over 3,664,292 births were registered in 2021 in the United States, which showed an increase of 1% as compared to the previous year. Thus, the increasing number of breast cancer cases in the region is likely to increase the demand for early detection, thus increasing the demand for elastography imaging devices, propelling the market growth over the forecast period.
  • Furthermore, various research studies have been published on the insight of ultrasound elastography. For instance, in September 2021, a research study published titled "Ultrasound Elastography in the Assessment of the Intestinal Changes in Inflammatory Bowel Disease-Systematic Review" stated that elastography is a promising novel imaging technique to evaluate intestinal strictures in Crohn's patients. Hence, such studies would increase the potential of the technology, which would increase the market growth.
  • Moreover, the rising company focus on developing advanced ultrasound imaging devices and increasing product launches are also contributing to the growth of the studied market over the forecast period. For instance, in May 2021, Mindray launched new ultrasound solutions for General Imaging, Women's Healthcare, and Cardiology. The new solutions are integrated with advanced technologies and offer a diversified range of expert tools that include Smart Scene 3D, Smart Planes CNS, Smart ICV, Smart Pelvic, and Smart ERA. Also, in September 2022, Boston Imaging, the Samsung digital radiography and ultrasound company, launched a cutting-edge ultrasound system, V7, which can be utilized in a range of clinical applications and is equipped with the features of S-Shearwave Imaging, which provides quantitative non-invasive assessment and documentation of tissue stiffness for clinical applications. The system is also equipped with AutoIMT, which is a screening tool to analyze the potential risk for cardiovascular disease.
  • Therefore, due to the aforementioned factors, the studied market is expected to grow over the forecast period.
Elastography Imaging - Market - IMG2

North America is Expected to Dominate the Market Over the Forecast Period

  • North America is expected to dominate the elastography imaging market over the forecast period owing to factors such as the increasing prevalence of chronic diseases such as breast cancer, liver disease, cardiovascular diseases, musculoskeletal disorders, and others. In addition, the increasing healthcare spending, the presence of well-established healthcare infrastructure, and rising company activities are also contributing to the growth of the studied market over the forecast period. Also, the growing demand for non-invasive or minimally-invasive techniques for the detection of chronic diseases is likely to increase the demand for elastography imaging over the forecast period.
  • The rising burden of chronic diseases is expected to increase the market growth. For instance, according to Breastcancer.org, 2022, about 287,500 new cases of invasive breast cancer are expected to be diagnosed in women in the United States in 2022. In addition, as per the same source, approximately 51,400 new cases of non-invasive (in situ) breast cancer were estimated to be diagnosed in 2022 in the United States. Thus, the increasing number of breast cancer cases is creating opportunities for the market players to develop and launch novel and advanced screening devices for the studied market. Additionally, As per the data published by the Centers for Disease Control and Prevention in October 2021, 1 in 4 adults (23.7%), or about 58.5 million people in the United States, have been diagnosed with arthritis by doctors. Thus, with the high prevalence of osteoarthritis, the demand for elastography imaging is expected to increase to calculate the mechanical load that induces strain as well as detect any tissue injury and observe the pathological changes of muscles or cartilage degeneration in patients, thereby boosting the market growth. In addition, 2D or 3D elastography is done depending on the mechanical response and cartilage deformation.
  • Furthermore, the rising government and healthcare organizations' initiatives to raise public awareness of cardiac illnesses are also contributing to the market's growth. For instance, in June 2022, Echosens stated that according to the "American Association of Clinical Endocrinology Clinical Practice Guideline for the Diagnosis and Management of Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Primary Care and Endocrinology Clinical Settings,' transient elastography (TE) is preferred to quantify liver fat (CAP) and fibrosis vibration-controlled transient elastography (VCTE) for risk stratification. Similarly, in November 2021, the Women's Heart Alliance and WomenHeart launched the National Awareness Campaign to raise awareness for the risk of cardiovascular diseases in women after COVID-19 infection since the infection increases the risk of heart disease in women. Such programs would enable the early or timely diagnosis and management of heart diseases. Such initiatives/programs would aid in raising public awareness, which would enhance the demand for elastography imaging instruments used for monitoring and diagnostic purposes.
  • Moreover, the presence of key market players in the country focusing on the development of effective diagnostic technologies, adopting various business strategies such as agreements, acquisitions, partnerships, and increasing product launches are likely to boost the growth of the market. For instance, in December 2021, Canon signed a licensing agreement with Resoundant, Inc. to incorporate the company's Magnetic Resonance Elastography (MRE) technology on Canon's newest line of MRI scanners.
  • Hence, the abovementioned factors are expected to increase market growth in the region.

Elastography Imaging Industry Overview

The elastography imaging market is moderately competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players are currently dominating the market. Some prominent players are vigorously making acquisitions and new product launches with other companies to consolidate their market positions across the globe. Some of the companies that are currently dominating the market are Canon Medical Systems Corporation, Fujifilm Holdings Corporation, GE Healthcare, Koninklijke Philips N.V., and Mindray Medical International Limited, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Incidence of Chronic Ailments and Breast Cancer
    • 4.2.2 Growing Demand for Minimally Invasive Surgeries
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Adverse Scenario of Reimbursement
    • 4.3.2 High Price of Imaging Devices for Elastography
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value in USD)

  • 5.1 By Modality
    • 5.1.1 Utrasound Elastography
    • 5.1.2 Magnetic Resonance Elastography
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Cardiology
    • 5.2.2 Radiology
    • 5.2.3 Urology
    • 5.2.4 Vascular
    • 5.2.5 Obstetrics/Gynecology
    • 5.2.6 Other Applications (Orthopedic, Musculoskeletal, Rheumatology, Physical Medicine and Rehabilitation)
  • 5.3 By End-User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ambulatory Surgical Centers
    • 5.3.3 Surgical & Diagnostic centers
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Canon Medical Systems Corporation
    • 6.1.2 Esaote SpA
    • 6.1.3 Fujifilm Holdings Corporation
    • 6.1.4 GE Healthcare
    • 6.1.5 Supersonic Imagine
    • 6.1.6 Hologic, Inc.
    • 6.1.7 Koninklijke Philips N.V.
    • 6.1.8 Mindray Medical International Limited
    • 6.1.9 Resoundant, Inc.
    • 6.1.10 Samsung Medison
    • 6.1.11 Siemens AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS