デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1405341

テレラジオロジー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測

Teleradiology - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 113 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
テレラジオロジー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 113 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

テレラジオロジー市場規模は2024年に399億米ドルと推定・予測され、2029年には779億5,000万米ドルに達し、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは14.33%で成長すると予測されています。

Teleradiology-Market-IMG1

COVID-19パンデミックは様々な市場の成長を変化させ続けており、発生直後の影響は様々でした。需要の落ち込みを記録した業界がいくつかある一方で、他の数多くの市場は無傷であり続け、有望な成長機会を示す可能性があります。パンデミックの間、COVID-19患者の治療中に収集された研究観察や詳細情報を共有するために、遠隔画像診断システムが広く採用されました。これにより、画像診断結果のハードコピーの交換を防ぎ、直接の接触を避けることができました。例えば、2021年3月にNCBIが発表した論文によると、特定の数の救急部門に対するロックダウンの影響を評価するためにteleradiologyを使用することは有益であると思われ、teleradiologyプラットフォームは地域全体の多数の救急部門(ER)を管理することができます。

さらに、当初は、ロックダウンと選択的画像診断サービスの保留により、Teleradiologyサービスの減少が観察されました。しかし、パンデミック後の遠隔画像診断サービスは、地方と非地方の画像診断サービスのギャップを埋めるものであるため、広く受け入れられています。地元に放射線科医がいない地域の患者は、遠隔画像診断のサービスを通じて、遠隔地で働く放射線科医による放射線診断サービスを受けることができます。したがって、上記の事実のとおり、COVID-19は遠隔画像診断市場に大きな影響を与え、予測期間中も同様の影響を与えると予想されます。

テレラジオロジー市場の成長の主要要因としては、画像処理件数の増加、ITインフラの市場開拓、医療支出の増加、変形性関節症や慢性疾患の有病率の増加などが挙げられます。例えば、2022年1月に米国がん学会誌が発表した記事によると、米国では2022年に約190万人のがん患者が報告されています。がんなどの慢性疾患の有病率の上昇は、画像診断の処置率を高めています。したがって、画像診断の件数の増加は、信頼性が高く効率的な遠隔画像診断ソリューションの需要を押し上げ、市場の高成長をもたらす可能性があります。

さらに、医療支出の増加が市場全体の成長にプラスの影響を与えています。例えば、National Health Expenditure Projections 2023~2024によると、米国の医療費の成長率は、患者のケアパターンがパンデミック以前のレベルに戻ると想定されるため、今年度は5%、来年度は5.1%と予測されています。テレラジオロジー・ソリューションは、医療成果を向上させ、コストを削減する能力を実証しています。遠隔医療は、慢性疾患の管理の改善、移動時間の短縮、入院期間の短縮と短縮を通じて効率を高めながら、医療のコストを削減してきました。

さらに、さまざまな遠隔画像診断プラットフォームの立ち上げに著名企業が積極的に参加していることも、市場成長を急成長させています。例えば、5C Networkは2022年8月、クラウドから直接放射線画像を解釈する人工知能搭載プラットフォームProdigiを発表しました。この最先端のプラットフォームは、大規模な遠隔画像診断を可能にし、診断センターや病院がスキャンを提出し、レポートにアクセスすることを可能にします。このように、有力企業によるこのような新興国市場の開拓は、予測期間中の市場成長を加速させると予測されます。

このように、上記の要因から、テレラジオロジー市場は予測期間中に成長すると予想されます。しかし、テレラジオロジーに関連する熟練した専門家の不足とセキュリティの懸念が市場の成長を抑制しています。

遠隔画像診断市場の動向

ソフトウェア分野が予測期間中に最速の成長を記録する見込み

ソフトウェア分野は、画像の伝送や解析に高度に使用されるため、遠隔画像診断の重要な構成要素です。技術的進歩、遠隔医療サービスに対する需要の増加、慢性疾患の蔓延、医療費の増加、さまざまなクラウドベースのソリューションの採用急増など、いくつかの要因が遠隔画像診断市場におけるソフトウェア分野の成長を促進しています。

遠隔画像診断で使用されるソフトウェアは常に進化し、改善されており、人工知能(AI)や機械学習(ML)などの新技術が診断の精度とスピードを高めるために取り入れられています。これらの技術が発展し続けるにつれて、遠隔画像診断ソフトウェア・セグメントの成長を促進すると予想されます。例えば、Lancet Journalが2023年4月に発表した論文によると、遠隔画像診断ソフトウェアは、AIやモバイルデジタルイメージングユニットと組み合わせることで、放射線科医不足に対処し、人口スクリーニングや救急医療を目的とした様々なプログラムを強化することができます。したがって、このような研究は、テレラジオロジー・ソフトウェアにおけるAIの重要性を反映しており、それによってセグメントの成長を促進しています。

遠隔画像診断は、遠隔地のモバイル画像診断システムから生成された画像を病院の医師に送信することができます。さらに、ほとんどの放射線科医は詳細で高解像度の画像を共有できる必要があるため、ソフトウェアのほとんどはデータ圧縮などの技術を使用しています。様々な有力参入企業の存在、合併、買収、製品の発売、政府の取り組みなどが、セグメントの成長を後押ししています。例えば、2022年11月、放射線技術企業のOpenRadは、北米放射線学会(RSNA)でエンタープライズ遠隔報告プラットフォームを発表しました。2021年2月には、Fujifilm India Pvt. Ltd.がモバイルデジタルラジオロジーシステムFDR nanoを発売しました。

したがって、技術的進歩の増加や政府の積極的な取り組みなどの要因により、ソフトウェアセグメントは予測期間中に大きく成長する可能性が高いです。

Teleradiology-Market-IMG2

北米が予測期間で大きなシェアを占める見込み

テレラジオロジー市場の地域分析によると、北米が世界市場で大きなシェアを占めています。これは、慢性疾患の有病率の上昇、整備された医療インフラ、著名な地域参入企業が採用するさまざまな戦略などの要因によるものです。例えば、CDCが2022年12月に更新したデータによると、米国では現在、成人の10人に6人が慢性疾患を患っています。また、成人の10人に4人は2つ以上の慢性疾患を抱えています。そのため、この地域ではさまざまな慢性疾患に苦しむ人々の割合が多く、X線、CT、超音波、MRI、核画像などの遠隔画像診断装置の需要が高まると予測されています。

また、同地域の政府組織による様々な健康分野への投資の増加も、予測期間中の市場成長を増加させると予測されています。例えば、米国国立衛生研究所(NIH)が更新したデータによると、2023年3月、米国のバイオメディカルイメージングにおける医療費は、前年度の27億7,400万米ドルから今年度は31億100万米ドルに増加しました。このように、同国における医療支出の増加は、同地域におけるテレラジオロジー関連の新規開拓を促進し、市場成長を急成長させると推定されます。さらに、同地域の有力企業による製品発売の増加も、予測期間中の市場成長を促進すると予測されています。例えば、2023年3月、United Imaging Healthcareは全身超高磁場5.0T MRIを発売しました。

このように、上記の要因を踏まえると、テレラジオロジー市場は予測期間中に北米で大きく成長すると予測されます。

テレラジオロジー業界概要

この市場は、様々な市場参入企業の存在により断片化された市場です。市場参入企業は、新製品の発売や製品ポートフォリオの拡充に取り組み、市場での地位を強化しています。市場参入企業には、Agfa-Gevaert Group、Everlight Radiology、GE Healthcare、Koninklijke Philips NV、Onrad Inc.、RamSoft Inc.、Teleradiology Solutions、Nanox Imaging LTD(USARAD.COM)などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 画像診断件数の増加
    • ITインフラの整備と医療支出の増加
    • 変形性関節症と慢性疾患の有病率の増加
  • 市場抑制要因
    • 熟練した専門家の不足
    • テレラジオロジーに関連するセキュリティ上の懸念
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模-米ドル)

  • イメージング技術別
    • X線
    • コンピュータ断層撮影(CT)
    • 超音波
    • 磁気共鳴画像法(MRI)
    • 核医学イメージング
    • その他の画像技術
  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 診断センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Agfa-Gevaert Group
    • Everlight Radiology
    • GE Healthcare
    • Koninklijke Philips NV
    • Onrad Inc.
    • RamSoft Inc.
    • Teleradiology Solutions
    • Nanox Imaging LTD(USARAD.COM)
    • 4ways Healthcare Ltd
    • HealthWatch TeleDiagnostics Private Limited
    • Carestream Health

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67146
Teleradiology - Market - IMG1

The Teleradiology Market size is estimated at USD 39.90 billion in 2024, and is expected to reach USD 77.95 billion by 2029, growing at a CAGR of 14.33% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 pandemic has continued to transform the growth of various markets, and the immediate impact of the outbreak had varied. While a few industries registered a drop in demand, numerous other markets may continue to remain unscathed and show promising growth opportunities. During the pandemic, teleradiology systems were widely adopted to share study observations and detailed information gathered during the treatment of COVID-19 patients. This has helped prevent exchanging hard copies of imaging results and avoid in-person contact. For instance, as per the article published by NCBI in March 2021, the use of teleradiology to evaluate the effects of lockdown on a particular number of emergency sectors appeared beneficial, and the teleradiology platform can manage numerous emergency departments (ER) across the territory.

Furthermore, initially, due to the lockdown and hold on elective imaging services, there was a decrease in teleradiology services being observed. However, post-pandemic teleradiology has been accepted widely since it bridges the gap in imaging services between rural and non-rural areas. Patients in regions that lack local radiologists can still get diagnostic radiology services through radiologists working remotely through the services provided by teleradiology. Thus, as per the facts mentioned above, COVID-19 significantly impacted the teleradiology market and is expected to do the same during the forecast period.

The major factors responsible for the growth of the teleradiology market include the rising number of imaging procedures, the development of IT infrastructure, the rise in healthcare expenditure, and the increasing prevalence of osteoarthritis and chronic diseases. For instance, as per the article published by the American Cancer Society Journal in January 2022, approximately 1.9 million cancer cases were reported in the United States in 2022. The rising prevalence of chronic conditions, such as cancer, is increasing the diagnostic imaging procedural rate. Hence, the rising number of imaging procedures may boost the demand for reliable and efficient teleradiology solutions, resulting in high growth in the market.

Additionally, the increasing healthcare expenditure is positively influencing the overall market growth. For instance, as per the National Health Expenditure Projections 2023-2024, growth rates in United States health expenditures are projected to be 5% in the current year and 5.1% in the next year. as patient care patterns are assumed to revert to pre-pandemic levels. Teleradiology solutions have demonstrated the ability to enhance health outcomes and reduce costs. Telemedicine has been decreasing the cost of healthcare while increasing efficiency through improved management of chronic diseases, reduced travel times, and fewer and shorter hospital stays.

Moreover, the active participation of prominent players in the launch of various teleradiology platforms is also burgeoning the market growth. For instance, in August 2022, 5C Network launched its artificial intelligence-powered platform Prodigi to interpret radiology images directly from the cloud. This state-of-the-art platform enables teleradiology at a massive scale and makes it possible for diagnostic centers and hospitals to submit scans and access reports. Thus, such developments made by prominent players are projected to burgeon market growth during the forecast period.

Thus, as per the abovementioned factors, the teleradiology market is anticipated to grow over the forecast period. However, the lack of skilled professionals and security concerns associated with teleradiology restrain the market growth.

Teleradiology Market Trends

Software Segment is Expected to Register Fastest Growth Over the Forecast Period

The software segment is an important component of teleradiology, as they are highly used to transmit and analyze these images. Several factors are driving the growth of the software segment in the teleradiology market, including technological advancements, increasing demand for remote healthcare services, growing prevalence of chronic diseases, rising healthcare expenditure, and surging adoption of various cloud-based solutions.

The software used in teleradiology is constantly evolving and improving, with new technologies such as artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) being incorporated to enhance the accuracy and speed of diagnoses. As these technologies continue to develop, they are expected to drive the growth of the teleradiology software segment. For instance, as per the article published by the Lancet Journal in April 2023, teleradiology software, combined with AI and mobile digital imaging units, can address radiologist shortages and strengthen various programs aimed at population screening and emergency care. Therefore, such studies reflect the significance of AI in teleradiology software, thereby driving segment growth.

Teleradiology can send the images generated from mobile imaging systems in remote areas to doctors in hospitals. Furthermore, most of the software uses technologies like data compression, as most radiologists need to be able to share detailed, high-resolution images. The presence of various prominent players, mergers, acquisitions, product launches, and government initiatives are boosting segment growth. For instance, in November 2022, the radiology tech firm OpenRad launched an enterprise remote reporting platform at the Radiological Society of North America (RSNA). In February 2021, Fujifilm India Pvt. Ltd. launched a mobile digital radiology system - FDR nano.

Hence, due to the factors such as increasing technological advancements and active government initiatives, the software segment is likely to grow significantly over the forecast period.

Teleradiology - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Share over the Forecast Period

The geographical analysis of the Teleradiology market shows that North America holds a significant share of the global market, owing to factors such as the rising prevalence of chronic diseases, well-developed healthcare infrastructure, and various strategies adopted by prominent regional players. For instance, as per the data updated by the CDC in December 2022, 6 in 10 adults in the United States currently have a chronic disease. And 4 in 10 adults have two or more chronic diseases. Therefore, such a large proportion of people suffering from various chronic diseases in the region is projected to create a demand for teleradiology devices such as X-rays, CT, ultrasound, MRI, and nuclear imaging, among others.

In addition, the increasing investments by government organizations in the region in various health sectors are also projected to increase market growth during the forecast period. For instance, as per the data updated by the National Institutes of Health (NIH), in March 2023, the United States healthcare expenditure in biomedical imaging rose from USD 2,774 million in the past year to USD 3,101 million in the current year. Thus, increasing healthcare expenditure in the country is estimated to drive new developments related to teleradiology in the region, thereby burgeoning market growth. Moreover, the rising number of product launches by the prominent players in the region is also projected to drive market growth during the forecast period. For instance, in March 2023, United Imaging Healthcare launched a whole-body ultra-high field 5.0T MRI.

Thus, given the abovementioned factors, the teleradiology market is expected to grow significantly in North America over the forecast period.

Teleradiology Industry Overview

The market studied is a fragmented market owing to the presence of various market players. The market players are involved in launching new products and expanding their product portfolio to strengthen their market position. Some market players are Agfa-Gevaert Group, Everlight Radiology, GE Healthcare, Koninklijke Philips NV, Onrad Inc., RamSoft Inc., Teleradiology Solutions, and Nanox Imaging LTD (USARAD.COM).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Number of Imaging Procedures
    • 4.2.2 Development of IT Infrastructure and Rise in Healthcare Expenditure
    • 4.2.3 Increasing Prevalence of Osteoarthritis and Chronic Diseases
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Skilled Professionals
    • 4.3.2 Security Concerns Associated with Teleradiology
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Imaging Technique
    • 5.1.1 X-rays
    • 5.1.2 Computed Tomography (CT)
    • 5.1.3 Ultrasound
    • 5.1.4 Magnetic Resonance Imaging (MRI)
    • 5.1.5 Nuclear Imaging
    • 5.1.6 Other Imaging Techniques
  • 5.2 By Component
    • 5.2.1 Hardware
    • 5.2.2 Software
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Diagnostic Centers
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Agfa-Gevaert Group
    • 6.1.2 Everlight Radiology
    • 6.1.3 GE Healthcare
    • 6.1.4 Koninklijke Philips NV
    • 6.1.5 Onrad Inc.
    • 6.1.6 RamSoft Inc.
    • 6.1.7 Teleradiology Solutions
    • 6.1.8 Nanox Imaging LTD (USARAD.COM)
    • 6.1.9 4ways Healthcare Ltd
    • 6.1.10 HealthWatch TeleDiagnostics Private Limited
    • 6.1.11 Carestream Health

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS