市場調査レポート
商品コード
1404530

エッジAIハードウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年

Edge AI Hardware - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
エッジAIハードウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エッジAIハードウェア市場の前年の市場規模は26億2,000万米ドルであり、今後5年間でCAGR 19.85%で成長し、75億2,000万米ドルに達すると予測されています。

エッジコンピューティング製品・サービスの急成長とエッジデバイスのリアルタイム低遅延化が、エッジAIハードウェア市場成長の大きな要因となっています。特筆すべきは、IoTにおけるエッジコンピューティングの必要性と、オンデバイス画像解析のための専用AIプロセッサが、エッジAIデバイスの市場発展の有望分野であることです。

Edge AI Hardware-Market-IMG1

主なハイライト

  • エッジAlデバイスは、人工知能ベースのロボットやデバイスを処理し、パワーアップする高度なシステムです。この機器に人工知能を組み込んで性能を向上させることで、データ処理が可能になります。エッジAIハードウェア市場の大きなビジネスチャンスとしては、IoTベースのエッジコンピューティングソリューションの需要拡大、ITと通信を一体化させる5Gネットワークの採用増加、オンデバイス画像分析用の専用AIプロセッサなどが挙げられます。
  • エッジAIの需要は、インダストリー4.0があらゆる分野に広く展開されていることから高まっています。BFSI、政府、ホスピタリティ、小売、消費財など、さまざまな業界別で人工知能、IoT、5G技術が急速に浸透していることが、エッジAIハードウェア業界の成長を支えていると推測されます。データを転送することなくAI推論を実行できる可能性が、エッジAIハードウェア市場に大きな需要を生み出しています。企業は、エッジAIデバイスの増加により、精度とレイテンシが重要な重要な状況での運用コストを削減することができます。
  • エッジAIハードウェア市場の動向として、スマートホームやスマートシティの需要が高まっています。人々は現在、スマートデバイスを使用して世界中のどこからでも自宅を制御できます。スマートシティは、AI、機械学習、ビッグデータ、ブロックチェーンなどの最先端技術を用いて構築されています。こうした技術は幅広い産業で普及しつつあるため、世界のスマートシティでも採用が進んでいます。このパターンがエッジAIハードウェアの市場を活性化させています。
  • エッジAIデバイスに関連するセキュリティ上の懸念は、市場の成長を妨げる抑制要因となっています。リスクは、エッジAIが主に機能するローカルレベルで発生します。決意のある個人からのあらゆるオンライン侵害に対してオープンソースであるため、ローカルレベルでの人為的ミスはデータ損失につながりやすいです。また、エッジAIのプログラミングと互換性のあるマシンのタイプにはかなりのばらつきがあり、互換性のないものもあります。残念なことに、互換性のないマシンが一緒に動くと障害や故障が起こりやすく、それが市場を抑制しています。
  • COVID-19は、ほぼすべての国がすべての製造施設の閉鎖を選択したため、エッジ人工知能(AI)ハードウェア分野に大きな影響を与えました。政府はウイルスの蔓延を食い止めるため、非必需品の製造・販売の停止や国際貿易の妨害など、いくつかの厳しい措置を実施しました。しかし、現状では、すべての産業が再開され、エッジAI企業は最高の人工知能ソリューションを生産しており、将来的に市場を積極的に牽引することが期待されています。

エッジ人工知能(AI)ハードウェア市場動向

スマートホームとスマートシティの需要増加が市場成長を牽引する見込み

  • スマートシティは、人間のライフサイクルをサポートする様々なシステムを組み込んだ複雑な構造物です。スマートヘルスケア、スマート交通、スマート製造、スマートビルディング、スマートエネルギー、スマート農業などは、こうしたシステムの一部に過ぎないです。エコノミスト誌によると、2022年の指数ランキングで世界のデジタル都市をリードしたのはコペンハーゲンで、スコアは80.3だった。ソウル、北京、アムステルダム、シンガポールは、最高のデジタル都市としてトップ5にランクインしました。
  • こうしたAI技術がさまざまな産業で普及するにつれ、スマートシティも世界的に徐々にAI技術を採用するようになっています。スマートシティが一般的になるにつれ、スマートホームというアイデアに興味を持つ人が増えています。都市への転居者が増えるにつれ、人々の日常生活における自動化サービスのニーズは高まると予想されます。スマートホームは贅沢品からニーズへと進化しつつあります。スマートホームとスマートシティの需要増加により、エッジAIハードウェア市場は今後5年間を通じて拡大すると予想されます。
  • 世界的に、政府は住民の安全と保護という重要な問題に対処するために最先端技術を活用しています。都市化がもたらす機会を活用するため、多くの国が都市をスマートシティに変えるプログラムを開発しています。運営の効率化、環境の持続可能性、住民向けの新たなサービスの創出は、すべてスマートシティによって可能になります。例えば、アラブ首長国連邦(UAE)は、自国の都市をスマートシティ化するプログラムを開始しました。アラブ首長国連邦政府はまた、セキュリティ、不変性、回復力、透明性を向上させるため、一般的なブロックチェーン戦略を策定しました。ドローンと監視カメラは、この目的のために政府組織が導入した2つの最先端のAIハードウェアです。
  • エッジデバイスは、エッジコンピューティング能力の向上と、ディープラーニングや機械学習の惜しみない利用により、ますます革新的になっています。エッジAIは、遠隔地のクラウドサーバーにデータを送信することなく、デバイスがリアルタイムの洞察と予測分析を提供することを可能にします。現在、多くの企業が製造業にインテリジェントなソリューションを導入することで、これを活用しています。製造業者は、最新の工場に設置された多くの産業用IoTデバイスの助けを借りて、サプライチェーンにおける問題を通知され、計画外のダウンタイムを積極的に回避することができ、エッジAIハードウェア市場の需要を高めています。
Edge AI Hardware-Market-IMG2

アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占める見込み

  • アジア太平洋地域は、同地域における5Gの登場とIoT内蔵デバイスの増加により、世界のエッジAIハードウェア市場で最も高い成長率を記録すると予想されます。中国、日本、インド、韓国ではスマートフォンの普及が進んでおり、AIハードウェア市場の採用が進むと予想されます。
  • 同地域では中国が最大の市場であり、次いで日本が続く。AI技術に多額の投資を行っている自動車、エレクトロニクス、半導体の大手ベンダーが複数存在することが、同地域のエッジAIハードウェア市場の成長を後押ししています。中国のエッジAI産業は、昨年、特許出願件数を通じてエッジコンピューティングとハードウェアソリューションの技術革新が爆発的に伸びており、中国の産業が急速に革新していることを示しています。
  • 6月から7月にかけての1カ月間に、北京市経済情報化委員会は中国国内のAI企業を4040社ほど数えました。また、多くの製造業が存在することから、AI技術を導入した産業用ロボットにとって、この地域は魅力的な市場となっています。こうした動向は、エッジAIハードウェア市場の需要に貢献しています。
  • ウェアラブルデバイスもまた、AIタスクを加速させるビジョン処理ユニットとの統合需要の増加において重要な役割を果たしています。シスコシステムズは、接続されたウェアラブルデバイスの数は2022年末までに11億500万台に達すると予測しています。製造、通信、自動車などのエンドユーザー産業は、この地域で大きな可能性を秘めており、間もなくAIハードウェア市場に大きな需要を生み出します。

エッジ人工知能(AI)ハードウェア産業の概要

エッジAIハードウェア市場は非常に断片化されており、Intel Corporation、Huawei Technologies、Nvidia Corporation、Advanced Micro Devices Inc.、Samsung Groupなどの大手企業が存在します。市場参入企業は、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • エッジデバイスにおけるAIの普及拡大
    • スマートホーム・スマートシティ需要の増加
  • 市場抑制要因
    • エッジAIデバイスに関するセキュリティ上の懸念
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • プロセッサー別
    • CPU
    • GPU
    • FPGA
    • ASIC
  • デバイス別
    • スマートフォン
    • カメラ
    • ロボット
    • ウェアラブル
    • スマートスピーカー
    • その他
  • エンドユーザー産業別
    • 政府
    • 不動産
    • コンシューマーエレクトロニクス
    • 自動車
    • 輸送
    • ヘルスケア
    • 製造
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Intel Corporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Nvidia Corporation
    • Advanced Micro Devices Inc.
    • Baidu Inc.
    • Alphabet Inc.
    • Qualcomm Incorporated
    • Samsung Group
    • Apple Inc.
    • Amazon.com Inc.
    • Alibaba Group Holding Limited
    • Continental AG
    • Denso Corporation
    • Robert Bosch GmbH
    • KALRAY Corporation
    • MediaTek Inc.
    • Xilinx Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66635
Edge AI Hardware - Market - IMG1

The Edge AI Hardware Market was valued at USD 2.62 billion the previous year and is expected to grow at a CAGR of 19.85%, reaching USD 7.52 billion by the next five years. Rapid growth in edge computing products and services and increasing real-time low latency on edge devices are significant factors for the edge AI hardware market growth. Notably, the need for edge computing in IoT and dedicated AI processors for on-device image analytics are promising areas of market advancement in edge AI devices.

Key Highlights

  • An edge Al device is an advanced system that processes and powers artificial intelligence-based robots and devices. Data processing is possible with this equipment by integrating artificial intelligence into it and improving its performance. The significant opportunities for the edge AI hardware market include the growing demand for IoT-based edge computing solutions, the rising adoption of 5G networks to bring IT and telecom together, and dedicated AI processors for on-device image analytics.
  • The demand for edge AI is growing due to Industry 4.0's widespread deployment across all sectors. The burgeoning penetration of artificial intelligence, IoT & 5G technologies across varied industry verticals, including BFSI, government, hospitality, retail, and consumer goods, is speculated to support the growth of the edge AI Hardware industry. The possibility of performing AI inference without transferring data has generated huge demand for the edge AI Hardware market. Businesses can cut operating costs in critical situations when accuracy and latency are crucial due to the increase in edge AI devices.
  • A trend in the edge AI hardware market anticipated to have a beneficial effect in the following years is the rise in demand for smart homes and smart cities. People can now control their homes from anywhere in the world using smart devices. Smart cities are being built using cutting-edge technology like AI, machine learning, big data, and blockchain. Because these technologies are becoming more prevalent across a wide range of industries, smart cities worldwide are increasingly adopting them. This pattern fuels the market for edge AI hardware.
  • Security concerns related to edge AI devices are a restraining factor hindering the market's growth. The risk occurs at the local level, where edge AI functions primarily. Since it is open source to any online breaching from determined individuals, human error at the local level is prone to data loss. There is also a significant variation in machine types that are compatible with Edge AI programming, while some are incompatible. Unfortunately, it's likely for faults and failures to happen when incompatible machines work together, which restrains the market.
  • COVID-19 significantly impacted the edge artificial intelligence (AI) hardware sector as nearly every nation chose to shut down all manufacturing facilities. The government has implemented several stringent measures to stop the virus from spreading, including halting the manufacturing and sale of non-essential commodities and obstructing international trade. However, with the current situation, all the industries are reopened, and Edge AI companies are producing some of the best artificial intelligence solutions, which are expected to drive the market positively in the future.

Edge Artificial Intelligence (AI) Hardware Market Trends

Increase Demand for Smart Homes and Smart Cities is Expected to Drive the Market Growth

  • Smart cities are complex structures incorporating various systems to support a human life cycle. Smart healthcare, smart transportation, smart manufacturing, smart buildings, smart energy, and smart farming are just some of these systems. According to the Economist, In 2022, the leading global digital city on the index ranking was Copenhagen, with a score of 80.3. Seoul, Beijing, Amsterdam, and Singapore ranked in the top 5 for the best digital cities.
  • As these AI technologies become more prevalent across various industries, smart cities are gradually adopting them worldwide. More people are becoming intrigued by the idea of a smart home as smart cities become more common. The need for automated services in people's daily lives is expected to rise as more people relocate to cities. Smart homes are evolving from a luxury to a need. Due to the increasing demand for smart homes and smart cities, the edge AI hardware market is anticipated to expand throughout the next five years.
  • Globally, governments are utilizing cutting-edge technologies to handle the crucial issue of safeguarding the security and protection of residents. To take advantage of the opportunities presented by urbanization, many nations have developed programs to transform their cities into smart cities. Operational efficiencies, environmental sustainability, and the creation of new services for residents are all made possible by smart cities. For instance, the United Arab Emirates has started a program to make its cities smart cities. The UAE government has also developed a general blockchain strategy for improved security, immutability, resilience, and transparency. Drones and surveillance cameras are two leading-edge AI hardware deployed by government organizations for this purpose.
  • Edge devices have become increasingly innovative because of increased edge computing power and the sparing use of deep learning and machine learning. Edge AI enables devices to deliver real-time insights and predictive analytics without sending data to distant cloud servers. Now, many companies are utilizing this by putting intelligent solutions in manufacturing. Manufacturers may be informed of problems in their supply chain and proactively avoid unplanned downtime with the help of the many industrial IoT devices installed in modern factories, which increases demand for the edge AI hardware market.
Edge AI Hardware - Market - IMG2

Asia Pacific is Expected to Hold Significant Market Share

  • Asia Pacific region is expected to experience the highest growth rate in the global edge AI hardware market due to the advent of 5G in the region and the increasing number of IoT-incorporated devices. The growing penetration of smartphones in China, Japan, India, and South Korea is expected to increase the adoption of AI hardware market adoption.
  • China is the largest market in the region, followed by Japan. The presence of several significant vendors in the automobile, electronics, and semiconductor companies, who are investing significantly in AI technology, is driving the growth of the edge AI hardware market in the region. China's edge AI industry has seen explosive growth in innovation in the last year for edge computing and hardware solutions through the number of patents filed, which shows that China's industries are innovating rapidly.
  • During one month between June and July, the Beijing Municipal Commission of Economy and Information Technology counted around 4,040 AI companies in China. Besides, the presence of many manufacturing companies makes the region an attractive market for industrial robots that implement AI technology. Such trends strive for the demand for the edge AI hardware market.
  • Wearable devices also play a significant role in the increasing demand for integration with vision processing units to accelerate AI tasks. Cisco Systems estimates that the number of connected wearable devices could reach 1,105 million units by the end of 2022. End-user industries like manufacturing, telecommunications, and automotive have huge potential in the region, creating a huge demand for the AI hardware market shortly.

Edge Artificial Intelligence (AI) Hardware Industry Overview

Edge AI Hardware Market is highly fragmented, with the presence of major players like Intel Corporation, Huawei Technologies Co. Ltd, Nvidia Corporation, Advanced Micro Devices Inc., and Samsung Group. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • August 2023 - Intel and Synopsys announced their definitive agreement to expand the companies' long-standing IP (intellectual property) and EDA (electronic design automation) strategic partnership by developing a portfolio of IP on Intel 3 and Intel 18A for Intel's foundry customers. Synopsys would enable a range of its standardized interface IP portfolio on Intel's leading-edge process technologies as part of the transaction. As a result, Intel's foundry consumers would gain access to industry-leading IPs built on Intel's advanced process technologies and be able to accelerate design execution and project schedules for system-on-chips (SoCs).
  • November 2022: Israeli AI solutions firm Run:ai has launched an MLOps Compute Platform (MCP) with support from NVIDIA's DGX systems. The platform is a full-stack AI tool for enterprises that would help them avoid issues associated with AI model deployment.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Penetration of AI in Edge Devices
    • 4.2.2 Increasing Demand for Smart Homes and Smart Cities
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Security Concerns Related to Edge AI Devices
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Processor
    • 5.1.1 CPU
    • 5.1.2 GPU
    • 5.1.3 FPGA
    • 5.1.4 ASICs
  • 5.2 By Device
    • 5.2.1 Smartphones
    • 5.2.2 Cameras
    • 5.2.3 Robots
    • 5.2.4 Wearables
    • 5.2.5 Smart Speaker
    • 5.2.6 Other Devices
  • 5.3 By End-User Industry
    • 5.3.1 Government
    • 5.3.2 Real Estate
    • 5.3.3 Consumer Electronics
    • 5.3.4 Automotive
    • 5.3.5 Transportation
    • 5.3.6 Healthcare
    • 5.3.7 Manufacturing
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Intel Corporation
    • 6.1.2 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 6.1.3 Nvidia Corporation
    • 6.1.4 Advanced Micro Devices Inc.
    • 6.1.5 Baidu Inc.
    • 6.1.6 Alphabet Inc.
    • 6.1.7 Qualcomm Incorporated
    • 6.1.8 Samsung Group
    • 6.1.9 Apple Inc.
    • 6.1.10 Amazon.com Inc.
    • 6.1.11 Alibaba Group Holding Limited
    • 6.1.12 Continental AG
    • 6.1.13 Denso Corporation
    • 6.1.14 Robert Bosch GmbH
    • 6.1.15 KALRAY Corporation
    • 6.1.16 MediaTek Inc.
    • 6.1.17 Xilinx Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS