市場調査レポート
商品コード
1404461

顔認識:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年

Facial Recognition - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
顔認識:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

顔認識の市場規模は2024年に66億1,000万米ドルと推定され、2029年には140億米ドルに達すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは16.20%で成長する見込みです。

Facial Recognition-Market-IMG1

顔認識とは、顔を使用して個人の身元を識別または確認する方法を指します。顔認識システムは、写真、ビデオ、またはリアルタイムの人物を識別するために利用できます。

主なハイライト

  • 世界の犯罪活動の増加により、あらゆる業種において監視システムの設置が増加しています。例えば、Council on Criminal Justiceによると、米国内の主要都市における窃盗や強盗は、2022年上半期に約20%増加しました。セキュリティシステムに顔認識を組み込むことで、あらゆる分野のセキュリティと監視の効果を大幅に高め、全体的なコストを削減することができます。
  • 市場は、民間および公的機関によるさまざまな開拓を目の当たりにしており、市場の成長をさらに後押ししています。例えば、2022年8月、DRDO(国防研究開発機構)は、監視を強化するために先進的な顔認識技術(FRT)を開発しました。DRDOは、低解像度カメラのような広範な問題がある野生の顔認識の問題を解決するためにFRSDを開発しました。
  • 政府のイニシアチブは、このような技術の大幅な成長に貢献すると予想されます。例えば、2022年7月の時点で、CBPは米国を出国する旅行者用の32の空港と、米国に入国する旅行者用のすべての空港に顔認識技術を配備しました。
  • パンデミックの発生により、顔認識システムは自宅待機が必要なCOVID陽性者を追跡するために使用され、より広く採用されるようになった。さらに、COVID-19の発生以降、顔認識ソフトウェアのベンダーは、マスクをした顔を認識するなどの新機能を追加してアルゴリズムをアップグレードしています。
  • しかし、パスワードやクレジットカード情報とは異なり、顔は簡単に変更できないため、顔認識データに関わるデータ漏洩は、なりすまし、ストーカー行為、嫌がらせの可能性を高めます。こうした要因が市場成長の妨げになる可能性があります。

顔認識市場の動向

小売・eコマースが大きなシェアを占めると予想される

  • 顔認識技術は当初、小売業界からの大規模な需要を吸収することはありませんでしたが、過去数年においてこの技術に十分な可能性を提供してきました。ニューラルネットワーク、ビッグデータ、グラフィカル・プロセッシング・ユニット(GPU)という3つの技術分野の進歩が、この分野での顔認識技術の普及に大きな役割を果たしています。例えば、アパレル小売業者は、店舗を訪れる顧客にカスタマイズされた商品を提供するために技術を活用しています。
  • 顔認識技術は、小売業者がさまざまなSKUで気分や表情を分析し、買い物体験をさらに向上させ、店舗レベルでのセキュリティ強化に役立つため、盗難や万引きを防止するのに役立つと期待されています。
  • 店舗における顔認識技術を搭載したカメラの需要は、予測期間中に急増すると予想されます。セキュリティや監視に加え、より良い顧客体験を提供するために消費者インサイトを強化する用途が拡大していることも、この業界における技術需要を後押ししています。
  • 顔認識によって、小売業者は顧客のショッピング体験をパーソナライズすることもできます。例えば、このテクノロジーを使って入店した顧客を識別し、店内のデジタルディスプレイにパーソナライズされたおすすめ商品やオファーを表示することができます。
  • さらに、任意の時点で来店する顧客の実際の属性に関する最新情報を受け取ることは、小売店の経営にとって大きな課題となり得る。顔認識技術を導入することで、店舗当局は1時間ごとに入店者の人口統計にアクセスし、それに基づいてビジネス上の意思決定を行うことができます。
Facial Recognition-Market-IMG2

アジア太平洋地域が最速の成長を記録する見込み

  • アジア太平洋地域は、技術開発、インフラの成長、多くの分野でのアプリケーションの増加により、顔認識を採用する最も顕著な地域の1つです。同地域の大規模な工業化と家電産業の成長は、市場のプレーヤーにエキサイティングな機会と大きな成長の可能性を示しています。
  • 現在、インドは小売分野における世界最大級の進出先です。近年、インドの小売業界は、新規参入企業の増加により、ますますダイナミックでテンポの速いものとなっています。同産業は、国内総生産(GDP)の10%以上、雇用の約8%を占めている(IBEFによる)。このように、この地域の小売セクターの拡大は、市場に大きな成長機会をもたらしています。
  • さらに、2022年8月、ハイデラバード国際空港は、シームレスで手間のかからない旅行を可能にするため、顔認識の利用を発表しました。DigiYatraプログラムに沿って、ハイデラバード国際空港はDigiYatraプラットフォームを通じて概念実証として乗客のデジタル処理を展開しました。
  • 中国は長い間、顔認識技術を使用してきました。さらに、同国では、市民や観光客を発見し、主に祝典中の犯罪と戦うためにリアルタイムのID認証を使用するために、同国の警察部隊に顔認識メガネを配備しています。
  • 同国は顔認識による決済も取り入れています。中国最大の決済アプリであるアリペイは、中国南部のKFCの支店でスマイル・トゥ・ペイ機能のトライアルを開始しました。

顔認識業界の概要

顔認識市場は、NEC、ジェムアルトNV、パナソニックなどの大手企業が参入しており、競争は緩やかです。新興企業の数が大幅に増加しているため、市場競争はまもなく激しくなると予想されます。

2023年6月には、日立製作所とパナソニックコネクトが協業し、日立の生体情報漏洩防止技術とパナソニックコネクトの顔認識技術を組み合わせた新サービスを開発しました。

2022年11月、NECは、NECの顔認識技術と、顔を背けていたり、体が隠れていたりしても照合できる人物再認証技術を組み合わせ、ゲートレスで迅速・確実な入退室管理を実現する「生体認証によるゲートレス入退室管理システム」を開発しました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価
  • 技術スナップショット

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 安全・セキュリティ強化のための監視システム需要の増加
    • コンシューマーエレクトロニクスにおける顔認識の採用増加
  • 市場抑制要因
    • プライバシーに関する懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • 3D顔認識
    • 2D顔認識
    • 顔アナリティクス
  • アプリケーション別
    • アクセスコントロール
    • セキュリティ・監視
    • その他
  • エンドユーザー別
    • セキュリティ・法執行機関
    • ヘルスケア
    • 小売・eコマース
    • BFSI
    • 自動車・輸送
    • 通信・IT
    • メディア・エンターテインメント
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Panasonic Corporation
    • Thales Group
    • NEC Corporation
    • Cognitec Systems GmbH
    • Aware Inc.
    • FacePhi Biometria SA
    • Animetrics Inc.
    • Ayonix Corporation
    • Face First Inc.
    • Idemia France SAS
    • Daon Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 64785
Facial Recognition - Market - IMG1

The Facial Recognition Market size is estimated at USD 6.61 billion in 2024, and is expected to reach USD 14 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.20% during the forecast period (2024-2029).

Facial recognition refers to the way of identifying or confirming an individual's identity using their face. Facial recognition systems can be utilized to identify people in photos, videos, or in real-time.

Key Highlights

  • Rising criminal activities worldwide have resulted in the increasing installation of surveillance systems across all verticals. For instance, according to the Council on Criminal Justice, thefts and robberies in major cities across the United States increased by around 20% in the first half of 2022. Integrating facial recognition in security systems can significantly enhance the effectiveness of security and surveillance across sectors and reduce overall costs.
  • The market is witnessing various developments from private and public organizations, further boosting market growth. For instance, in August 2022, DRDO (Defence Research and Development Organization) developed an advanced Facial Recognition Technology (FRT) to increase surveillance. The DRDO has developed FRSD to solve the issue of facial recognition in the wild, where there are wide-ranging issues like low-resolution cameras.
  • Government initiatives are expected to contribute to the significant growth of such technologies. For instance, As of July 2022, the CBP had deployed facial recognition technology to 32 airports for travelers leaving the U.S. and all airports for travelers entering the country.
  • With the outbreak of the pandemic, facial recognition systems were adopted for wider use as they were used to track COVID-positive people who needed to stay home. Moreover, since the outbreak of COVID-19, facial recognition software vendors have upgraded their algorithms with new features, such as recognizing faces with a mask on.
  • However, data breaches involving facial recognition data increase the potential for identity theft, stalking, and harassment as, unlike passwords and credit card information, faces cannot easily be changed. Such factors may hinder the market growth.

Facial Recognition Market Trends

Retail and E-commerce is Expected to Hold Significant Share

  • While facial recognition technology did not initially absorb a massive demand from the retail industry, it provided adequate potential for the technology over the past few years. The advancement in three technical fields, neural networks, big data, and graphical processing units (GPU), has played a significant role in the widespread use of facial recognition technology in the sector. For instance, apparel retailers leverage technology to deliver customized products to customers visiting their stores.
  • Facial recognition technology is expected to help retailers analyze mood and facial expressions at different SKUs and further enhance their shopping experience, preventing theft and shoplifting, as the technology helps increase security at the store level.
  • The demand for cameras equipped with facial recognition technology among the stores is expected to surge over the forecast period. In addition to security and surveillance, the demand for technology in the industry is fueled by the growing application of enhancing consumer insights to offer a better customer experience.
  • Facial recognition also allows retailers to personalize the shopping experience for customers. For instance, the technology could be used to identify a customer as they enter the store and then display personalized recommendations or offers on digital displays throughout the store.
  • Moreover, receiving updates about the actual demographics of customers visiting the store at any given point can be a major challenge for any retail store management. Implementing facial recognition technology can help store authorities access the demographics of the footfall entering the store hourly and create business decisions based on that.
Facial Recognition - Market - IMG2

Asia-Pacific is Expected to Register Fastest Growth

  • The Asia-Pacific is one of the most prominent regions for adopting facial recognition, owing to technological development, rising infrastructure growth, and increasing application in numerous areas. Massive industrialization and the growing consumer electronics industry in the region showcase exciting opportunities for the players in the market and the scope for significant growth.
  • Currently, India is one of the largest global destinations in the retail space. In recent years, the retail industry in India has been becoming increasingly more dynamic and fast-paced, owing to the entry of many new players. The industry accounts for over 10% of the country's gross domestic product (GDP) and about 8% of the employment (as per IBEF). Thus, the expanding retail sector in the region offers considerable growth opportunities for the market.
  • Further, in August 2022, Hyderabad International Airport announced using facial recognition to enable seamless and hassle-free travel. In line with the DigiYatra program, the Hyderabad International Airport rolled out the digital processing of passengers as a proof of concept through the DigiYatra platform.
  • China has used facial recognition technology for a long time. Moreover, the country has deployed facial recognition glasses for the country's police force to spot citizens and tourists and use real-time ID authentication to primarily fight crimes during celebrations.
  • The country is also embracing facial authenticated payments. Alipay, China's biggest payment app, started a trial for the smile-to-pay feature at a branch of KFC in Southern China, which uses facial recognition to identify customers and automatically charges them through the app.

Facial Recognition Industry Overview

The facial recognition market is moderately competitive, with significant players operating in the market, such as NEC Corporation, Gemalto NV, Panasonic Corporation, etc. With the number of startups growing substantially, the market studied is expected to witness a highly competitive scenario shortly.

In June 2023, Hitachi, Ltd. and Panasonic Connect Co., Ltd. collaborated to develop a new service that combines Hitachi's technology for preventing biometric data leakage with Panasonic Connect's facial recognition technology.

In November 2022, NEC Corporation developed a Gateless Access Control System using Biometric Recognition that combines NEC's face recognition technology with person re-identification technology, which matches people even if they are facing away or their bodies are occluded, to provide fast and reliable entry control that is free from gates.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry
  • 4.5 Technology Snapshot

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Surveillance Systems to Enhance Safety and Security
    • 5.1.2 Increasing Adoption of Facial Recognition in Consumer Electronics
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Privacy Concerns

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 3D Facial Recognition
    • 6.1.2 2D Facial Recognition
    • 6.1.3 Facial Analytics
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Access Control
    • 6.2.2 Security and Surveillance
    • 6.2.3 Other Applications
  • 6.3 By End User
    • 6.3.1 Security and Law Enforcement
    • 6.3.2 Healthcare
    • 6.3.3 Retail and E-commerce
    • 6.3.4 BFSI
    • 6.3.5 Automobile and Transportation
    • 6.3.6 Telecom and IT
    • 6.3.7 Media and Entertainment
    • 6.3.8 Other End Users
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Panasonic Corporation
    • 7.1.2 Thales Group
    • 7.1.3 NEC Corporation
    • 7.1.4 Cognitec Systems GmbH
    • 7.1.5 Aware Inc.
    • 7.1.6 FacePhi Biometria SA
    • 7.1.7 Animetrics Inc.
    • 7.1.8 Ayonix Corporation
    • 7.1.9 Face First Inc.
    • 7.1.10 Idemia France SAS
    • 7.1.11 Daon Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET