デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404430

非オピオイド鎮痛パッチ:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Non-opioid Pain Patch - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
非オピオイド鎮痛パッチ:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

非オピオイド鎮痛パッチ市場は予測期間中にCAGR 3.0%を記録する見込みです。

Non-opioid Pain Patch-Market-IMG1

COVID-19パンデミックは非オピオイド鎮痛パッチ市場に影響を与えました。輸送、移転、医療センターの閉鎖に関する重大な問題があった。2022年6月に発表されたPubMedの論文によると、このパンデミックではほとんどの疼痛管理施設が閉鎖を余儀なくされ、患者を苦しめ、苦しみを増大させました。また、パンデミックの間、米国、欧州連合、英国、インド、その他の中東・アフリカの政府保健当局は、パンデミックのために日常的な慢性疼痛サービスはすべて閉鎖されたと述べています。その結果、非オピオイド鎮痛剤の使用が増加しました。さらに、パンデミック時には輸出入が制限されたもの、COVID-19後の状況では医療用品(非オピオイドパッチも含む)の売上が増加する可能性が高いです。疼痛用非オピオイドパッチの研究開発が活発化していることから、市場は今後大きく成長すると推定されます。

疼痛関連疾患の負担の増加、非オピオイドパッチの研究開発の増加、従来の薬剤と比較した非オピオイド疼痛パッチに関連する利点などの要因が、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

同様に、心血管疾患(CVD)は世界的に成人人口の主要死因の1つです。慢性の痛みは、例えば事故や重いものを持ち上げたことによる背中の歪みなどの外傷からなど、様々な形で発生します。膵炎、脊椎疾患、関節炎、自己免疫疾患などの基礎疾患であったり、線維筋痛症や持続性片頭痛で起こることもあります。例えば、全米脊髄損傷統計センター(NSCISC)の2021年データシートでは、脊髄損傷の年間発生率は100万人当たり60件と計上されています。慢性疼痛の危険因子は数多くあります。

さらに、国際糖尿病連合2022年最新版によると、5億3,700万人の成人(20~79歳)が糖尿病を患っており、2021年には10人に1人が糖尿病と診断されます。この数は、2030年には6億4,300万人、2045年には7億8,300万人に増加すると予測されています。糖尿病の有病率の増加は、糖尿病性神経障害の可能性を高めると考えられます。非オピオイド鎮痛パッチを使用することで、疼痛とQOLの評価が大幅に改善し、糖尿病患者における鎮痛剤の併用療法を漸減できる可能性があります。

さらに、関節リウマチに伴う慢性的な痛みは、人の日常生活に継続的に影響を与えるため、市場の成長を後押しする大きな要因の1つであり、人々は迅速な鎮痛のために信頼性が高く、手軽なパッチを採用する傾向があります。例えば、CDCの2021年の報告書によると、医師が診断する関節炎の有病率は今後数十年で増加すると予想されています。2040年までに、18歳以上の推定7,840万人の成人(予測される成人人口の25.9%)が、医師が診断した関節炎に苦しむ可能性が高いです。したがって、関節炎に罹患する人口が増加するにつれて、非オピオイドパッチを採用する可能性が高まり、市場の成長を後押しします。

一方、非麻薬性の新しい鎮痛パッチを導入するために、教育機関と協力して大規模な研究開発を行っている企業もあります。例えば、2022年5月、久光製薬アメリカはサロンパスの日を記念して、医師が推奨するOTC鎮痛パッチブランドから無料パッチを提供しました。サロンパスは2021年、米国で医師が推奨する鎮痛パッチのナンバーワン・ブランドに選ばれました。しかし、代替治療が利用可能であることや、無認識のために非オピオイド鎮痛パッチの採用率が低いことが、非オピオイド鎮痛パッチ市場の成長を阻害すると予想されます。

そのため、疼痛関連疾患の有病率の上昇と主要参入企業の戦略的活動により、調査対象市場は予測期間中に大きな成長を遂げると予測されます。しかし、代替治療が利用可能であることや、無自覚のために痛みに対する非オピオイドパッチの採用率が低いことが、市場成長の妨げになると予想されます。

非オピオイド性疼痛パッチ市場動向

リドカインパッチセグメントは予測期間中に大幅な市場成長が見込まれる

リドカインパッチは、慢性と急性の痛みを治療するために最も一般的に使用されています。痛みの有病率の上昇や主要市場参入企業による製品発売などの要因が、このセグメントの成長を後押ししています。

さらに、術後の疼痛管理におけるリドカインパッチの有効性を実証するため、様々な臨床研究が行われており、予測期間中の市場成長を後押しすると期待されています。例えば、2022年9月にPubMedに掲載された論文によると、研究者は5%リドカインパッチが片側鼠径ヘルニア修復後の急性術後痛に有効であることを実証しました。このように、リドカインパッチが提供するこのような利点は、需要を増加させ、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

さらに、主要市場参入企業による製品発売の増加が市場を押し上げると予想されています。例えば、2022年6月、久光製薬株式会社の子会社であるHisamitsu Americaと疼痛緩和製品のSalonpasラインのメーカーは、薄く、柔軟で、粘着性の高いパッチ技術を特徴とするSalonpas Pain Relieving FLEX Patch Lidocaine 4%の利用可能性を確立しました。同様に、2022年8月には、急性・慢性疼痛患者向けの非オピオイド治療薬の開発・商業化に特化した商業バイオ医薬品会社であるサイレックス・ホールディング・カンパニーが設立されました。同社は、治験薬とデバイス製品候補であるSP-103のファスト・トラック指定を受けました。Scilex社はSP-103を、急性腰痛症治療用の非オピオイド性3倍強非水性リドカイン外用システムとして開発しています。承認されれば、SP-103は急性腰痛症治療用として初めてFDAに承認されたリドカイン外用剤となる可能性があります。また、リドカインパッチに関連する安全性プロファイルと有効性とともに、疾病負担の増加が、予測期間中の非オピオイド性疼痛パッチ市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、リドカインパッチの高い有効性と主要参入企業の戦略的活動により、調査対象セグメントは予測期間中に大きな成長を示すと予測されます。

Non-opioid Pain Patch-Market-IMG2

北米は予測期間中に非オピオイド鎮痛パッチ市場で健全な成長を遂げる見込み

北米は、同地域における疼痛関連疾患の有病率が上昇していることから、同市場において大きな成長が期待されています。慢性疼痛は市場成長の主要要因の一つです。2022年2月にJAMA Networkに掲載された研究によると、米国では成人の5人に1人が慢性疼痛に苦しんでいると推定されています。成人の14人に1人が重度の慢性疼痛を経験しています。また、北米諸国では、政府当局によるオピオイド危機問題への監視の目が厳しくなっており、オピオイド以外の代替薬の台頭による恩恵が期待されています。このように、疾病負担の増加は、効果的で迅速な治療オプションの必要性をさらに押し上げ、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。

同様に、神経痛、慢性骨盤痛、子宮内膜症に関連する痛み、手根管症候群、痛風に関連する痛み、がん性疼痛などの慢性疼痛は、様々な補完療法を用いて研究されています。北米で最も多い症例のひとつは、がんに関連した痛みです。このように、進行したがんは痛みが強くなります。したがって、がん患者の増加は予測期間中の市場成長を増大させると予想されます。例えば、米国がん協会2023年がん統計によると、2023年の米国における新規がん症例は195万8,310例と推定されています。この推定には、男性の101万310例、女性の94万8,000例が含まれます。がんの罹患率が高いことから、がんの痛みを軽減するための非オピオイド鎮痛パッチの需要が高まり、予測期間中の市場成長が促進される可能性が高いです。

さらに、主要な市場参入企業による製品の発売が、予測期間中の市場を押し上げると予想されます。例えば、2021年9月、Vizuri Health Sciences Consumer Healthcare, Inc.は、PainBloc24 ProWomen Pain Relief Patchの発売に向けて、世界的に有名なサーファーであり、ライフスタイルコーチであり、母親でもあるBethany Hamilton氏とパートナーシップを締結しました。また、2022年2月、医療と消費者用途に超優しい高含水率ハイドロゲル製品を提供するNEXGELは、メダゲル虫刺され緩和パッチの発売を報告しました。この冷却パッチは、NEXGELの鎮静ハイドロゲル技術を用いて米国で製造され、虫刺されによる皮膚の炎症を即座に緩和します。

このように、疼痛関連疾患の高い有病率と主要企業の戦略的活動により、調査対象地域は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されています。

非オピオイド鎮痛パッチ産業概要

慢性疼痛に苦しむ多くの世界人口の救済に多数の企業が取り組んでいるため、市場は非常に細分化されています。様々な市場参入企業が、消費者ベースと製品浸透率を高めるために、効果的で長時間の薬物放出を促進する製品を開発するために様々な技術を使用しています。さらに、市場競争は激しく、既存企業と新規参入企業の間で熾烈な競争が繰り広げられています。世界の非オピオイド鎮痛パッチ市場の参入企業は、Endo Pharmaceuticals、Hisamitsu Pharmaceutical、Sanofi、Sorrento Therapeutics(SCILEX Pharmaceuticals)、Teikoku Seiyaku、Teva Pharmaceuticals、Veridian Healthcareです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 疼痛関連疾患の負担増
    • 疼痛管理治療における研究開発の増加
    • 非オピオイド鎮痛パッチが従来の薬よりももたらすメリット
  • 市場抑制要因
    • 代替治療薬の入手可能性
    • 認知度の低さによる非オピオイド鎮痛パッチの採用率の低さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模-米ドル)

  • パッチタイプ別
    • リドカインパッチ
    • ジクロフェナクパッチ
    • カプサイシンパッチ
    • ケトプロフェンパッチ
    • その他
  • 流通チャネル別
    • 病院薬局
    • 小売薬局
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Endo Pharmaceuticals Inc.
    • Hisamitsu Pharmaceutical Co. Inc.
    • Sanofi
    • Sorrento Therapeutics(SCILEX Pharmaceuticals)
    • TEH SENG Pharmaceutical Mfg. Co., Ltd
    • Teikoku Seiyaku Co. Ltd.
    • Teva Pharmaceuticals Industries Ltd.
    • Averitas Pharma
    • Sparsha Pharma International Pvt Ltd
    • Veridian Healthcare

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64062
Non-opioid Pain Patch - Market - IMG1

The non-opioid pain patch market is expected to register a CAGR of 3.0% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic impacted the non-opioid pain patch market since pain management during COVID-19 was challenging. There were critical issues related to transport, relocation, and closing down of healthcare centers. According to the PubMed article published in June 2022, most pain management facilities in this pandemic were compelled to close, leaving patients distressed and adding to their suffering. Also, during the pandemic, the government health authorities of the United States, European Union, United Kingdom, India, and the rest of the world stated that all routine chronic pain services went shut because of the pandemic. As a result, the use of non-opioid pain relievers increased. Furthermore, even though import and export activities were restricted during the pandemic, sales of medical supplies (that includes non-opioid patches, too) are likely to increase in the post-COVID-19 situation. The market is estimated to witness significant growth in the future owing to the rise in research and development in non-opioid patches for pain.

Factors such as an increase in the burden of pain-related diseases, a rise in research and development of non-opioid patches, and benefits associated with non-opioid pain patches over conventional medications are expected to drive market growth over the forecast period.

Similarly, cardiovascular disease (CVD) is one of the main causes of death among the adult population globally. Chronic pain occurs in numerous ways, for instance, from trauma, which could include an accident or back strain due to heavy lifting. It is an underlying disease like pancreatitis, spine disease, arthritis, or autoimmune diseases, or it can occur with fibromyalgia or persistent migraines. For instance, the National Spinal Cord Injury Statistical Center (NSCISC) 2021 datasheet accounted for the annual incidence of spinal cord injuries at 60 cases per million. There are numerous risk factors for chronic pain.

Additionally, as per the International Diabetes Federation 2022 update, 537 million adults (20-79 years) are living with diabetes, and 1 in 10 people will be diagnosed with diabetes in 2021. This number is predicted to rise to 643 million by 2030 and 783 million by 2045. The increasing prevalence of diabetes is likely to increase the chance of diabetic neuropathy. Using non-opioid pain patches significantly improves pain and quality-of-life ratings and may allow the tapering of concomitant analgesic therapy in diabetes patients.

Furthermore, the chronic pain associated with rheumatoid arthritis is one of the major factors boosting the market growth since it continuously impacts a person's day-to-day life, and people tend to adopt reliable, easy-going patches for quick pain relief. For instance, as per the 2021 report from the CDC, the prevalence of doctor-diagnosed arthritis is expected to increase in the coming decades. By 2040, an estimated 78.4 million adults aged 18 years and older (25.9% of the projected adult population) will likely suffer from doctor-diagnosed arthritis. Hence, as the arthritis-affected population increases, the chance of adopting non-opioid patches increases, boosting market growth.

Meanwhile, a few other players are conducting extensive R&D by collaborating with educational institutions to introduce new non-narcotic pain patches. For instance, in May 2022, Hisamitsu America Celebrated Salonpas Day with a Free Patch offer from a doctor-recommended OTC Pain Relief Patch Brand. Salonpas was named the number-one doctor-recommended brand of pain relief patches in the United States in 2021. However, the availability of alternative treatments and the low adoption rate of non-opioid pain patch due to unawareness is expected to impede the growth of the non-opioid pain patch market.

Therefore, due to the rise in the prevalence of pain-related diseases coupled with the strategic activities of the key players, the studied market is anticipated to witness significant growth over the forecast period. However, the availability of alternative treatments and low adoption of non-opioid patches for pain due to unawareness are expected to hamper the market growth.

Non-opioid Pain Patch Market Trends

Lidocaine Patches Segment is Expected to Show Significant Market Growth Over the Forecast Years

Lidocaine patches are the most commonly available for treating chronic and acute pain. The factors such as the rise in the prevalence of pain and product launches by the key market players boost the segment growth.

Furthermore, various clinical studies are being conducted to demonstrate the efficacy of lidocaine patches in postoperative pain management, which is expected to bolster the market growth over the forecast period. For instance, as per the article published in September 2022 in PubMed, the researchers demonstrated that the 5% lidocaine patch is efficacious in acute postoperative pain after unilateral inguinal hernia repair. Thus, such advantages offered by the lidocaine patches are expected to increase demand and fuel market growth over the forecast period.

Moreover, increasing product launches by key market players are anticipated to boost the market. For instance, in June 2022, Hisamitsu America, a subsidiary of Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc., and the manufacturers of the Salonpas line of pain relief products established the availability of the Salonpas Pain Relieving FLEX Patch Lidocaine 4% featuring thin, flexible, and highly adhesive patch technology. Similarly, in August 2022, Scilex Holding Company, a commercial biopharmaceutical company, focused on developing and commercializing non-opioid therapies for acute and chronic pain patients. It received the fast-track designation for its investigational drug and device product candidate, SP-103. Scilex is developing SP-103 as a non-opioid triple-strength, non-aqueous lidocaine topical system for treating acute LBP. If approved, SP-103 could become the first FDA-approved lidocaine topical product for treating acute LBP. In addition, the increasing burden of diseases, along with the safety profile and efficacy associated with lidocaine patches, are expected to drive the growth of the Non-opioid Pain Patch market during the forecast period.

Therefore, due to the high efficacy of lidocaine patches and the key players' strategic activities, the studied segment is anticipated to witness significant growth over the forecast period.

Non-opioid Pain Patch - Market - IMG2

North America is Expected to Witness a Healthy Growth in the Non-opioid Pain Patch Market Over the Forecast Period

North America is expected to witness significant growth in the studied market owing to the rising prevalence of pain-related diseases in the region, as product launches by the key market players in the region are expected to boost the market growth over the forecast period. Chronic pain is one of the primary factors responsible for the market's growth. According to the study published in the JAMA Network in February 2022, it was estimated that one in every five adults in the United States suffers from chronic pain. 1 in 14 adults experienced severe chronic pain. In addition, the countries in North America are increasingly facing scrutiny on the opioid crisis issue from the government authorities, which in turn are expected to benefit from the rise of non-opioid alternatives. Thus, the rising disease burden further pushes the need for effective and quick treatment options, which is expected to propel the market's growth over the forecast period.

Similarly, Chronic pain, such as nerve pain, chronic pelvic pain, pain related to endometriosis, carpal tunnel syndrome, pain related to gout, and cancer pain, were studied using a variety of complementary therapies. One of the most common cases in North America is cancer-related pain. Thus, advanced stages of cancer can be more painful. Thus, the rise in cancer cases is expected to augment the market growth over the forecast period. For instance, according to the American Cancer Society 2023 Cancer Statistics, the new cancer cases are estimated to be 1,958,310 in the United States in 2023. This estimation includes 1,010,310 number of males and 948,000 cases of females. The high burden of cancer will likely augment the demand for non-opioid pain patches for reducing cancer pain, thereby boosting the market growth over the forecast period.

In addition, product launches by the key market players are anticipated to boost the market over the forecast period. For instance, in September 2021, Vizuri Health Sciences Consumer Healthcare, Inc. entered into a partnership with a world-renowned surfer, lifestyle coach, and mother, Bethany Hamilton, a partner with the company for the launch of its PainBloc24 ProWomen Pain Relief Patch. Also, in February 2022, NEXGEL, Inc., a provider of ultra-gentle, high-water-content hydrogel products for healthcare and consumer applications, reported the launch of its MEDAGEL Bug Bite Relief Patch. These cooling patches, made in the USA using NEXGEL's soothing hydrogel technology, provide instant relief to irritated skin caused by insect bites.

Thus, due to the high prevalence of pain-related diseases and strategic activities by the key players, the studied region is anticipated to witness significant growth over the forecast period.

Non-opioid Pain Patch Industry Overview

The market is highly fragmented because numerous companies are working to help a large global population suffering from chronic pain. Various market players use different technologies to develop products that facilitate effective and prolonged drug release to increase consumer base and product penetration. Furthermore, the market is highly competitive, with fierce competition between existing players and new entrants. The global non-opioid pain patch market players are Endo Pharmaceuticals, Hisamitsu Pharmaceutical, Sanofi, Sorrento Therapeutics (SCILEX Pharmaceuticals), and TEH SENG Pharmaceutical Mfg. Co., Ltd, Teikoku Seiyaku Co. Ltd, Teva Pharmaceuticals, and Veridian Healthcare.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Burden of Pain-Related Disorders
    • 4.2.2 Rising R&D in Pain Management Treatments
    • 4.2.3 Benefits Associated with Non-opioid Pain Patches Over Conventional Medications
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Availability of Alternative Treatments
    • 4.3.2 Low Adoption Rate of Non-opioid Pain Patch due to Unawareness
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Patch Type
    • 5.1.1 Lidocaine Patches
    • 5.1.2 Diclofenac Patches
    • 5.1.3 Capsaicin Patches
    • 5.1.4 Ketoprofen Patches
    • 5.1.5 Others
  • 5.2 By Distribution Channel
    • 5.2.1 Hospital Pharmacies
    • 5.2.2 Retail Pharmacies
    • 5.2.3 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Endo Pharmaceuticals Inc.
    • 6.1.2 Hisamitsu Pharmaceutical Co. Inc.
    • 6.1.3 Sanofi
    • 6.1.4 Sorrento Therapeutics (SCILEX Pharmaceuticals)
    • 6.1.5 TEH SENG Pharmaceutical Mfg. Co., Ltd
    • 6.1.6 Teikoku Seiyaku Co. Ltd.
    • 6.1.7 Teva Pharmaceuticals Industries Ltd.
    • 6.1.8 Averitas Pharma
    • 6.1.9 Sparsha Pharma International Pvt Ltd
    • 6.1.10 Veridian Healthcare

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS