デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404402

ライブセルイメージング-市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測

Live Cell Imaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 135 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
ライブセルイメージング-市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 135 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ライブセルイメージング市場規模は2024年に22億5,000万米ドルと推定され、2029年には31億6,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは7.06%で成長する見込みです。

Live Cell Imaging-Market-IMG1

COVID-19パンデミックは、封鎖によるサプライチェーンの混乱があったため、市場に深刻な影響を与えました。しかし、効果的なワクチン接種を開発するために、COVID-19感染の早期診断に対する需要の高まりは、ライブセルイメージングプロセスの使用増加につながり、市場の成長を推進しました。2021年11月にAntiviral Research Journalに掲載された調査研究によると、CoV2の標的である重要かつ高度に保存されているメイン3C様プロテアーゼ(Mpro)の細胞内機能を評価するためのライブセルベースの試験が作成され、この方法はハイスループットのCOVID-19メインプロテアーゼ(Mpro)スクリーニングシステムを提供しました。COVID-19の細胞内機能の同定におけるライブセルイメージングの用途の高まりは、ライブセルイメージングの採用の増加につながり、パンデミック中に調査された市場にかなりの影響を与えました。したがって、COVID-19ウイルスの分子生物学的研究のためのライブセルイメージング装置の使用の増加は、予測期間にわたって市場の成長を促進すると予想されます。

ライブセルイメージング市場の成長は、創薬におけるハイコンテントスクリーニング技術の採用、より高度で迅速な診断施設を必要とする慢性疾患の有病率の上昇、細胞ベースの研究に対する政府の資金援助に起因しています。

ライブセルイメージングは、細胞ベースのアッセイや創薬におけるハイコンテントスクリーニング技術の検出モードであり、細胞内コンパートメント、多細胞構造、モデル生物など、細胞生理学の複数の尺度の同定に役立ちます。2021年1月にFrontiers in Cell and Developmental Biology誌に発表された研究によると、ハイコンテントスクリーニングは、がん細胞に対する複数の治療法の様々な下流効果、特にオルガネラ対象の理解、新規候補分子に対する全体的な細胞反応の効率的な推定、シグナル伝達の不均一性の評価に役立っています。新規薬剤に対するがん細胞の反応を理解する上でハイコンテンツスクリーニングの利点が高まっていることから、新規がん治療法の開発にライブセルイメージングに使用される装置の採用が促進され、市場全体の成長に拍車がかかると予想されます。

そのほか、革新的な製品の開拓も市場成長に寄与しています。例えば、ライカマイクロシステムズは2021年6月、実験の成功率を高め、再現性を向上させ、光・電子顕微鏡(EM)の統合を簡素化するように設計された新しいライブセル相関光・電子顕微鏡(CLEM)ワークフローソリューションであるLeica Nanoワークフローを発表しました。さらに、ツァイスグループは2021年1月、マイクロミラーアレイレンズシステム(MALS)によりリアルタイムでオールインワンフォーカスを実現するライブセルイメージング用の革新的なデジタル顕微鏡、ZEISS Visioner 1を発売しました。この取り組みは、イメージングプロセスを簡素化し、より高いスループットを実現することを目的としています。したがって、市場におけるこうした新興国市場の開拓は、予測期間中の市場の成長を牽引すると予測されます。

しかし、ハイコンテンツスクリーニングシステムの高コストや熟練した専門家の不足といった要因が、市場の成長を阻害する可能性があります。

ライブセルイメージング市場の動向

スタンドアロンシステムセグメントが予測期間中に大きな市場シェアを占める見込み

スタンドアロンシステムとは、他のハードウェアから独立して機能し、他の機器に統合されていない機器や装置を指します。このセグメントの成長を促進する主要要因は、ライブセルイメージングにおけるこれらのシステムの大きな使用と、技術の使用による研究開発(R&D)への注目の高まりです。例えば、2023年5月に発表されたJournal of Cell Biology誌によると、安定微小管を可視化するライブセルマーカーであるStableMARK(Stable Microtubule-Associated Rigor-Kinesin)は、細胞組織と輸送への寄与を理解するために、細胞周期を通して異なる微小管サブセットの探索を可能にしました。したがって、先進的で革新的なスタンドアロンシステムの出現により、この分野は予測期間中に成長すると予想されます。

さらに、2022年2月、TGenとDeepcellは、人工知能ベースの技術を採用して疾患細胞を分類・分離するために協力しました。Deepcellは、既存の分子ワークフローを補完する研究用として、また新規の単独手法として、細胞形態を定量的かつハイスループットなマーカーに変換するAI搭載技術を提供します。このような研究協力により、ライブセルイメージング用スタンドアロンシステムの開発が促進され、市場成長に寄与すると予想されます。

さらに、老舗の市場セグメンテーション企業もライブセルイメージング用スタンドアロンシステムを提供しており、同分野の成長に貢献しています。例えば、Becton Dickinson and CompanyはBDパスウェイ855スタンドアローンシステムを提供しており、生細胞や固定細胞のハイコンテントイメージングに究極の柔軟性を提供しています。したがって、このセグメントでは革新的な製品が利用できるため、競合が増加しており、予測期間にわたってセグメントの成長を促進すると予想されています。

Live Cell Imaging-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

北米はライブセルイメージング市場で大きなシェアを占めており、予測期間中も成長傾向が続くと見られています。同地域の市場成長の主要要因は、より多くの患者プールの存在と高齢者人口の増加です。

ライブセルイメージング研究への投資と資金提供の増加は、この地域の主要な促進要因です。北米では、米国が突出した市場シェアを占めています。これは、慢性疾患の負担が大きいこと、研究開発プログラムの数が増加していることなどが要因です。例えば、米国がん協会(American Cancer Society)によるCancer Facts and Figures 2023報告書によると、2023年に米国で新たに診断されるがん患者は推定190万人で、そのうち男性が101万310人近く、女性が94万8,000人と予想されています。がんに罹患する人の多さは、がん診断の需要を増加させ、同地域の市場成長を押し上げると予想されます。

加えて、大手市場参入企業の存在や、提携・協力などの主要戦略も北米のライブセルイメージング市場の成長に寄与すると期待されています。例えば、2022年3月、先進的なライブセルアッセイシステムに特化したライフサイエンスツールの主要企業の1つであるAxion BioSystemsは、キネティックライブセルイメージング分析のイノベーターであるCytoSMART Technologiesの買収を報告しました。これにより、米国における細胞イメージング装置の採用が増加し、同地域の市場全体の成長を牽引することになります。

ライブセルイメージング業界概要

ライブセルイメージング市場は、複数の参入企業による競争市場です。各社は、合併、新製品発売、買収、提携などの戦略的イニシアチブを実施し、市場での地位強化に役立てています。現在市場を独占している企業には、Becton, Dickinson and Company、Zeiss Group、Danaher Corporation、Olympus Corporation、Live Cell Instrument、Nikon Corporation Inc.、Perkin Elmer Inc.、Merck KGaA、Thermo Fisher Scientific Inc.などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 創薬におけるハイコンテントスクリーニング技術の採用
    • より高度で迅速な診断施設を求める慢性疾患の有病率の上昇
    • 細胞ベースの研究に対する政府の資金援助
  • 市場抑制要因
    • 高含量スクリーニングシステムの高コスト
    • 熟練専門家の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模-100万米ドル)

  • 製品別
    • 機器
      • スタンドアロンシステム
      • 顕微鏡
      • 細胞分析装置
      • 撮像装置
    • 消耗品
      • 試薬・キット
      • その他消耗品
    • ソフトウェアとサービス
  • 用途別
    • 細胞生物学
    • 発生生物学
    • 幹細胞生物学
    • 創薬
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Becton, Dickinson and Company
    • Zeiss Group
    • Axion BioSystems, Inc
    • Danaher(Leica Microsystems)
    • Olympus Corporation(EVIDENT)
    • LCI(Live Cell Instrument)
    • Nikon Corporation Inc
    • PerkinElmer Inc.
    • Merck KGaA(Sigma-Aldrich Corporation)
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Agilent Technologies. Inc.
    • Sartorius AG

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62771
Live Cell Imaging - Market - IMG1

The Live Cell Imaging Market size is estimated at USD 2.25 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.16 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.06% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 pandemic had a severe impact on the market as there were supply chain disruptions due to the lockdown. However, the increasing demand for the early diagnosis of COVID-19 infection in order to develop an effective vaccination propelled the growth of the market as it led to increasing usage of the live cell imaging process. According to a research study published in Antiviral Research Journal in November 2021, a live-cell-based test for assessing the intracellular function of the CoV2 target, the Main 3C-like protease, was created, which is important and highly conserved (Mpro) and this method provided a high-throughput COVID-19 Main Protease (Mpro) screening system. The rising application of live-cell imaging in the identification of intracellular functions in COVID-19 led to increased adoption of live cell imaging and considerably impacted the market studied during the pandemic. Therefore, the increasing usage of live cell imaging equipment for the study of the molecular biology of the COVID-19 virus is expected to drive the growth of the market over the forecast period.

The growth of the live cell imaging market is attributed to the adoption of high-content screening techniques in drug discovery, the rising prevalence of chronic disease demanding higher and quicker diagnostic facilities, and government funding for cell-based research.

Live-cell imaging is a detection mode for cell-based assays and high-content screening techniques in drug discovery that helps in the identification of multiple measures of cell physiology, whether from sub-cellular compartments, multicellular structures, or model organisms. According to a study published in Frontiers in Cell and Developmental Biology in January 2021, high-content screening has aided in the comprehension of varied downstream effects for multiple treatments on cancer cells, specifically organelle targets, estimating the overall cellular response efficiently for new candidate molecules, and evaluating signaling heterogeneity. The rising advantages of high-content screening in understanding cancer cell response to novel drugs are expected to drive the adoption of the devices used for live cell imaging for the development of novel cancer treatments and fuel the overall market growth.

Besides, the development of innovative products is also contributing to market growth. For instance, in June 2021, Leica Microsystems launched the Leica Nano workflow, a new live-cell correlative light, and electron microscopy (CLEM) workflow solution designed to increase experimental success rates, improve reproducibility, and simplify light and electron microscopy (EM) integration. In addition, in January 2021, Zeiss Group launched the ZEISS Visioner 1, an innovative digital microscope for live-cell imaging that facilitates all-in-one focus in real-time through its Micro-mirror Array Lens System (MALS). This initiative is aimed at simplifying the imaging process and delivering higher throughput. Therefore, these developments in the market are predicted to garner the market's growth over the forecast period.

However, factors such as the high cost of high-content screening systems and the shortage of skilled professionals may hinder the growth of the market.

Live Cell Imaging Market Trends

Standalone Systems Segment is Expected to Hold a Significant Market Share Over the Forecast Period

Standalone systems are referred to as equipment or devices that are able to function independently of other hardware and are not integrated into another device. The major factors fueling the growth of the segment are the significant use of these systems in live-cell imaging and the increasing focus on research and development (R&D) with the use of technology. For instance, as per the Journal of Cell Biology published in May 2023, StableMARK (Stable Microtubule-Associated Rigor-Kinesin), a live-cell marker to visualize stable microtubules, enabled the exploration of different microtubule subsets throughout the cell cycle to understand the contribution to cellular organization and transport. Therefore, due to the emergence of advanced and innovative standalone systems in the market, this segment is expected to grow over the forecast period.

Additionally, in February 2022, TGen and Deepcell collaborated to employ artificial intelligence-based technology to classify and isolate diseased cells. Deepcell provides AI-powered technology that transforms cell morphology into a quantitative and high throughput marker for use in research to complement existing molecular workflows as well as a novel standalone method. Such collaborations in research are anticipated to fuel the development of standalone systems for live-cell imaging, thereby contributing to market growth.

Moreover, well-established market players also offer standalone systems for live-cell imaging, thereby contributing to the growth of the segment. For instance, Becton Dickinson and Company offers BD Pathway 855 Stand-Alone System, which offers the ultimate flexibility for high-content imaging of live and fixed cells. Hence, due to the availability of innovative products in the segment, the competition is rising, and it is anticipated to drive the segment growth over the forecast period.

Live Cell Imaging - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share of the Market During the Forecast Period

North America holds a significant share of the live cell imaging market and is expected to continue its growth trend during the forecast period. The major factors attributed to the market growth in the region are the presence of a larger patient pool and an increasing geriatric population.

The increasing investment and funding available for research in live-cell imaging is the key driver in this region. In North America, the United States holds a prominent market share due to factors, such as the burden of chronic diseases, along with a growing number of R&D programs in the country. For instance, according to the Cancer Facts and Figures 2023 report by the American Cancer Society, an estimated 1.9 million new cancer cases are expected to be diagnosed in the United States in 2023, among which nearly 1010,310 cases will be men and 948,000 cases will be women. The high number of people getting affected by cancer is expected to increase the demand for the diagnosis of cancer and is expected to boost the market's growth in the region.

Additionally, the presence of major market players and key strategies implemented by them, such as partnerships and collaborations also expected to contribute to the growth of the live cell imaging market in North America. For instance, in March 2022, Axion BioSystems, one of the major life sciences tools companies focused on advanced live-cell assay systems, reported the acquisition of CytoSMART Technologies, an innovator in kinetic live-cell imaging analysis. This will lead to increased adoption of cell imaging devices in the United States, thereby driving the overall market growth in the region.

Live Cell Imaging Industry Overview

The live cell imaging market is competitive with several players. The companies are implementing certain strategic initiatives, such as mergers, new product launches, acquisitions, and partnerships, that help them strengthen their market positions. Some companies currently dominating the market are Becton, Dickinson and Company, Zeiss Group, Danaher Corporation, Olympus Corporation, Live Cell Instrument, Nikon Corporation Inc., Perkin Elmer Inc., Merck KGaA, Thermo Fisher Scientific Inc., and others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Adoption of High-content Screening Techniques in Drug Discovery
    • 4.2.2 Rising Prevalence of Chronic Disease Demanding Higher and Quicker Diagnostic Facilities
    • 4.2.3 Government Funding for Cell-based Research
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of High-content Screening Systems
    • 4.3.2 Shortage of Skilled Professionals
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products/Services
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Equipment
      • 5.1.1.1 Standalone Systems
      • 5.1.1.2 Microscopes
      • 5.1.1.3 Cell Analyzers
      • 5.1.1.4 Image Capturing Devices
    • 5.1.2 Consumables
      • 5.1.2.1 Reagents and Kits
      • 5.1.2.2 Other Consumables
    • 5.1.3 Software and Services
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Cell Biology
    • 5.2.2 Developmental Biology
    • 5.2.3 Stem Cell Biology
    • 5.2.4 Drug Discovery
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.2 Zeiss Group
    • 6.1.3 Axion BioSystems, Inc
    • 6.1.4 Danaher (Leica Microsystems)
    • 6.1.5 Olympus Corporation (EVIDENT)
    • 6.1.6 LCI (Live Cell Instrument)
    • 6.1.7 Nikon Corporation Inc
    • 6.1.8 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.9 Merck KGaA (Sigma- Aldrich Corporation)
    • 6.1.10 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.11 Agilent Technologies. Inc.
    • 6.1.12 Sartorius AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS