デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404385

軍事用バイオメトリクスの市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Military Biometrics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 85 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
軍事用バイオメトリクスの市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 85 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

軍事用バイオメトリクス市場は、2024年に528億3,000万米ドルと評価され、2029年には745億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは7.13%を記録します。

Military Biometrics-Market-IMG1

軍事用バイオメトリクス市場は、COVID-19パンデミックによってかつてない課題を目の当たりにしました。パンデミックの出現により、世界中の様々な政府が国境閉鎖と同様に封鎖を開始しました。これは、軍事用バイオメトリック・システムの生産に必要な様々な原材料の供給だけでなく、ロジスティクスにも影響を及ぼしました。さらに、国防予算の減少に起因する国防軍からの発注の減少と、様々な国防企業によるレイオフが、最終的に軍向けの高度なバイオメトリック技術の生産と開発に影響を与えました。COVID後は、国境が開放され、閉鎖が解除されたため、主要原材料がメーカーに届くようになり、市場は力強い回復を見せた。また、さまざまな防衛関連企業が新技術の研究に投資を増やし始めたことも、近い将来の市場成長につながると予想されます。

世界の対テロ戦争は、テロリスト容疑者を特定し追跡するためのセキュリティ・ソリューションとして、バイオメトリック技術への注目の高まりをもたらしました。これは今後数年間、バイオメトリクス市場の成長を促進する可能性があります。虹彩認証用の双眼型バイオメトリクス・カメラの開発などの技術的進歩は、迅速な個人識別のために軍にとってチャンスとなる可能性があります。コンピュータと関連技術の進歩により、バイオメトリクスは高度に自動化されたプロセスとなり、今後の市場成長を牽引します。

軍事用バイオメトリクス市場の動向

指紋認証セグメントは予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測される

指紋認証セグメントは予測期間中に大きな成長を示すと予測されています。この成長の背景には、世界各国の国防予算の増加と、世界各国の国防軍による新しいバイオメトリクス技術の採用ニーズの増加があります。これは、複雑な戦場での任務中に人物の身元を正確に認証するためです。

世界中の軍隊は、施設、設備、ITシステムへの安全なアクセス制御にバイオメトリクスを使用しています。また、戦場で敵を識別するためでもあります。さらに、高度なバイオメトリクス技術は、防衛・情報分野で最も頻繁に利用されています。これは主に、人物の身元を認識し、軍隊の限られた区域内の物理的空間への無許可の個人のアクセスを制限するためです。

現在、指紋は、防衛軍で最も使用されているバイオメトリクス指標です。現在の技術では、いくつかの異なる方法で指紋を取得しています。最も一般的な方法は光学スキャンで、プリズムを利用して指紋画像を形成する小さな隆起と谷の間の距離を測定します。もうひとつの方法は薄膜トランジスタ(TFT)技術を利用するもので、微小な電流を流して同じ稜線と谷間を測定します。第三の方法は、音波を使って皮膚の表面下の指紋をとらえるものです。指紋スキャナーはこれらの画像をデジタル化し、固有のデジタル・テンプレートとします。そして、既存の記録との照合に使用することで、許可された人員だけがあらゆる軍事施設にアクセスできるようにし、また機密データが敵に漏れるのを防ぐ。

さらに、タレスが現在開発中の自動指紋識別システム(AFIS)として知られる指紋に関する技術の成長は、バイオメトリクス識別システムです。デジタル画像技術を利用して指紋データを取得、保存、分析するもので、法執行機関や国防関係者にとって不可欠なツールとなっています。指紋固有のパターンに基づき、個人を迅速かつ正確に識別するのに役立ちます。

このように、世界各国の国防費の伸びは、技術の進歩による高度な指紋センサーの市場開拓の増加と相まって、予測期間中、指紋認識セグメントは前向きな展望と著しい市場成長を示すことになります。

Military Biometrics-Market-IMG2

北米は予測期間中に著しい成長を示す

北米は予測期間中に最も高い成長を示すと予測されています。北米の様々な市場プレイヤによる研究投資への支出の増加、北米地域の防衛関係者による高度なバイオメトリクスの採用ニーズの高まり、セキュリティ能力のアップグレードの必要性は、軍事用バイオメトリクスが近い将来北米で大きな成長を示すことにつながる主要要因です。

バイオメトリクスは軍事作戦中に様々な方法で使用できます。許可された個人のみにアクセスが許可されることを確認することによって、軍事施設へのアクセスを制御するためにも使用できます。また、友軍に脅威をもたらすと思われる人物を識別することもできます。バイオメトリクス技術は、アフガニスタンとイラクで実施された軍事作戦の間、米国陸軍によってこのように使用されました。他の用途の中でも、検問所やパトロール中の部隊が遭遇した人物をスキャンするために、バイオメトリクスで人物を識別できる装置が採用されました。

顔認証システムなどのバイオメトリクス技術の新興国市場開拓は、北米の軍事用バイオメトリクス市場の成長を牽引すると予想されます。さらに、米国のいくつかの機関も、認識できないアクセスを保護し禁止するために、高度なバイオメトリクス技術の開発に期待しています。例えば、2022年10月、米国陸軍長官は、バイオメトリクスに関連する最初の陸軍指令である「米国陸軍バイオメトリクスプログラム」に署名しました。

このように、技術開発の増加と相まって、防衛・安全保障能力を拡大する必要性が高まっていることから、軍事用バイオメトリクスは、予測期間中、北米地域で前向きな展望と市場シェアの大幅な成長を示すことになります。

軍事用バイオメトリクス産業概要

軍事用バイオメトリクス市場は細分化されており、様々な参入企業が市場で大きなシェアを占めています。著名な市場参入企業としては、Aware, Inc.、Leidos, Inc.、Fulcrum Biometrics, Inc.、M2SYS、IDEMIAなどが挙げられます。市場の主要参入企業は、複雑な戦場での任務を遂行するために世界中の様々な防衛要員に使用される、高度なバイオメトリクスシステムの開発に注力しています。軍事用高度バイオメトリックシステムの製造に向けた研究開発費の伸びは、近い将来、より良い機会を生み出すことにつながると思われます。

さらに、さまざまなメーカーが現在、軍が効果的に関心のある人物を識別するために、バイオメトリクスシステムに虹彩認証や顔認証などの技術を統合しており、これが予測期間中の軍事用バイオメトリクス市場の成長をサポートすると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 軍事分野におけるバイオメトリクスシステムの採用拡大
  • 市場抑制要因
    • 世界のサイバー攻撃の増加は、長期的には市場の妨げとなる
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 認識タイプ
    • 指紋認識
    • 顔認証
    • 虹彩認証
    • その他
      • DNA認識
      • 指の形状認識
      • キーストローク認識
      • 署名認識
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • カタール
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Cross Match Technologies, Inc.(HID Global Corporation)
    • M2SYS Technology
    • IDEMIA
    • Aware, Inc.
    • Fulcrum Biometrics
    • ZKTECO CO., LTD.
    • Leidos Holdings, Inc.
    • Corvus Integration, Inc.
    • HID Global Corporation
    • NEC Corporation
    • BIO-key International
    • THALES

第7章 市場機会と今後の動向

  • 軍事用途での虹彩認証バイオメトリクスシステムの採用拡大
目次
Product Code: 61992
Military Biometrics - Market - IMG1

The military biometrics market is valued at USD 52.83 billion in 2024 and is anticipated to reach USD 74.55 billion by 2029, registering a CAGR of 7.13% during the forecast period (2024-2029).

The military biometrics market witnessed unprecedented challenges due to the COVID-19 pandemic. The advent of the pandemic led to various governments worldwide initiating lockdowns as well as closing down of borders. It led to an effect on the logistics as well as the supply of various raw materials that are required for the production of biometric systems for the military. In addition, the decline in the orders from defense forces owing to a fall in the defense budget coupled with layoffs by various defense companies ultimately affected the production and development of advanced biometric technologies for the military. The market showcased a strong recovery post-COVID due to the opening up of borders and removing lockdowns, thereby enabling key raw materials to reach the manufacturers. Also, various defense companies started increasing their investments in researching new technologies, and this is expected to lead to market growth in the near future.

The global war on terrorism brought an increased focus on biometric technology as a security solution for identifying and tracking suspected terrorists. It may drive the growth of the biometrics market in the coming years. Technological advancements, such as the development of binocular-shaped biometric cameras for iris recognition, may prove to be opportunities for the military for quick individual identification. Advancements in computer and related technologies led to biometric recognition being a highly automated process that drives market growth in coming years.

Military Biometrics Market Trends

Fingerprint Recognition Segment is Anticipated to Grow with the Highest CAGR During the Forecast Period

The fingerprint recognition segment is expected to show significant growth during the forecast period. The growth is attributed to the increased defense budget of various countries around the world and the increasing need for the adoption of new biometric technologies by the worldwide defense forces. It is in order to precisely authenticate the identity of the person during complex battlefield missions.

Militaries around the world use biometrics for secure access control to facilities, equipment, and IT systems. It is also to identify adversaries in the field. Moreover, advanced biometric technology is utilized most frequently in defense & intelligence. It is mainly for recognizing the identity of a person and restricting the access of an unauthorized individual to the physical spaces within the confined area of military forces.

Currently, fingerprints are the most used biometric indicator, which is being used by the defense forces. Current technologies capture fingerprints in several different ways. The most common method is optical scanning, which makes use of prisms to measure the distance between the tiny ridges and valleys that form a fingerprint image. Another method uses thin film transistor (TFT) technology, which employs a small electrical current to measure those same ridges and valleys. A third method uses sound waves to capture fingerprints below the surface of the skin. Fingerprint scanners digitize these images into unique digital templates. It can then be used to match against existing records, thereby only allowing authorized personnel to gain access to any military facility and also to protect confidential data from leaking to the enemy.

Furthermore, growth in technologies regarding fingerprints known as Automated Fingerprint Identification System (AFIS), which Thales is currently developing, is a biometric identification system. It uses digital imaging technology to obtain, store, and analyze fingerprint data, thereby making it an essential tool for law enforcement agencies and defense personnel. It helps in the rapid and accurate identification of individuals based on their unique fingerprint patterns.

Thus, the growth in terms of defense expenditure of various countries globally, coupled with the increase in the development of advanced fingerprint sensors due to advancement in technology, will lead to the fingerprint recognition segment witnessing a positive outlook and significant market growth during the forecast period.

Military Biometrics - Market - IMG2

North America Will Showcase Remarkable Growth During the Forecast Period

North America is projected to show the highest growth during the forecast period. The increasing expenditure by various market players in North America in terms of investments in research, the growing need for the adoption of advanced biometrics by the defense personnel in the North American region, and the need for upgrading security capabilities are the major factors that will lead to military biometrics witnessing significant growth in North America in the near future.

Biometrics can be used in a variety of ways during military operations. It can also be employed to control access to a military installation by verifying that only authorized individuals are granted such access. Another use includes identifying individuals considered to pose a threat to friendly forces. Biometric technology was used in this manner by the US Army during the military operations which were conducted in Afghanistan and Iraq. Among other uses, devices that were capable of biometrically identifying persons were employed at checkpoints and by units on patrol to scan persons whom they encountered.

Advanced developments of biometric technologies, such as face authentication systems, among others, are expected to lead the market growth for biometrics for the military in North America. In addition, some of the agencies in the US are also looking forward to developing advanced biometric technologies in order to safeguard and prohibit unrecognized access. For instance, in October 2022, the Secretary of the Army signed the US Army Biometric Program, the first Army directive related to biometrics.

Thus, the growing need for expanding defense and security capabilities coupled with increasing technological developments will lead to military biometrics witnessing a positive outlook and significant growth in market share in the North American region during the forecast period.

Military Biometrics Industry Overview

The military biometrics market is fragmented in nature, with various players holding significant shares in the market. Some prominent market players are Aware, Inc., Leidos, Inc., Fulcrum Biometrics, Inc., M2SYS, and IDEMIA, amongst others. The key players in the market are focusing on the development of advanced biometric systems, which will be used by various defense personnel worldwide in order to carry out complex battlefield missions. The growth in terms of expenditure on research and development towards manufacturing advanced biometric systems for the military will lead to creating better opportunities in the near future.

Moreover, various manufacturers are now integrating technologies such as iris and facial recognition in the biometric systems in order for the military to effectively identify persons of interest, and this is expected to support the growth of the military biometrics market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing adoption of biometric system in the military
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Growth in cyber attacks worldwide will hamper the market in the long run
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Recognition Type
    • 5.1.1 Fingerprint Recognition
    • 5.1.2 Facial Recognition
    • 5.1.3 Iris Recognition
    • 5.1.4 Others
      • 5.1.4.1 DNA Recognition
      • 5.1.4.2 Finger Geometry Recognition
      • 5.1.4.3 Keystroke Recognition
      • 5.1.4.4 Signature Recognition
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Russia
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Mexico
      • 5.2.4.3 Rest of Latin America
    • 5.2.5 Middle East and Africa
      • 5.2.5.1 United Arab Emirates
      • 5.2.5.2 Saudi Arabia
      • 5.2.5.3 Qatar
      • 5.2.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Cross Match Technologies, Inc. (HID Global Corporation)
    • 6.2.2 M2SYS Technology
    • 6.2.3 IDEMIA
    • 6.2.4 Aware, Inc.
    • 6.2.5 Fulcrum Biometrics
    • 6.2.6 ZKTECO CO., LTD.
    • 6.2.7 Leidos Holdings, Inc.
    • 6.2.8 Corvus Integration, Inc.
    • 6.2.9 HID Global Corporation
    • 6.2.10 NEC Corporation
    • 6.2.11 BIO-key International
    • 6.2.12 THALES

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 The growing adoption of iris recognition biometric systems for military applications