デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404332

衛星トランスポンダー:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Satellite Transponder - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
衛星トランスポンダー:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

衛星トランスポンダー市場は、前年度に141億4,000万米ドルと評価され、予測期間中に3.87%のCAGRを記録し、今後5年間で187億6,000万米ドルになると予想されています。

衛星トランスポンダーは、アップリンクのデータや情報をダウンリンクに送信したり、逆にダウンリンクに送信したりするために、衛星に組み込まれた小さなチップサイズの回路です。費用対効果の高い新しい衛星技術の開拓、通信サービスの需要拡大、効率的で実用的な技術ソリューションの利用可能性とKuバンドとKaバンドの需要拡大が、予測期間中の衛星トランスポンダー市場を牽引すると思われます。

Satellite Transponder-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 世界のインターネットの普及に伴い、ブロードバンド接続は重要な情報源となっています。このことは、高速インターネットへの需要の高まりと相まって、今後数年間、衛星トランスポンダーの需要を大きく押し上げると思われます。例えば、ITUのデータによると、世界のインターネット利用者は2018年の37億2,900万人から2021年には49億100万人に増加します。
  • 世界の商業セクターによるCバンド(広大な地理的領域でより低い送信出力を提供し、通常、受信のために大型の地上設備が必要)とKuバンド(より狭い地理的領域でより高い送信出力を提供し、より小型の地上設備で受信可能)トランスポンダーの需要の増加は、将来の衛星トランスポンダー市場の成長を増強すると予想されます。
  • さらに、衛星通信事業者は現在、KuバンドとKaバンドの周波数帯域を利用した用途を開発しており、小型の地上装置を使用することで伝送速度の向上と重要な情報伝達を促進する可能性があります。KaバンドとKuバンドの帯域幅/トランスポンダーリースは、衛星トランスポンダー市場の成長の大半を占めると予想されます。このリースのうち、Kaバンドは予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されます。
  • さらに、Kuバンドサービス需要の成長は、予測期間中に衛星トランスポンダーの大きな牽引力を生み出すと予想されています。Kuバンド衛星通信システムは、自然災害時のさまざまな緊急通信や、光ファイバーやケーブルネットワークが利用できない遠隔地や地方でのテレビ放送局による衛星ニュース収集(SNG)のために導入されるケースが増えています。
  • さらに、世界中でモノのインターネット(IoT)やインダストリー4.0が台頭する中、ブロードバンド接続は個人への情報提供に重要な役割を果たしています。通信業界の参入企業は、衛星トランスポンダーをリースして、孤立した場所だけでなく、世界中にブロードバンド設備を提供しようとしています。Singtelのような様々な市場ベンダーは、この機会を利用し、ビジネス・ニーズを満たすために、広範なカバレッジ、無数のトランスポンダー容量帯域幅、柔軟な衛星トランスポンダーリース・サービスを提供しています。
  • COVID-19パンデミックの際、衛星通信は遠隔医療へのアクセスを可能にし、病気の診断や隔離された患者の治療を行い、医療担当者と患者が直接対面する必要性を減少させました。衛星トランスポンダーの用途は主にこのような事例をサポートし、市場の成長にプラスの影響を与えました。しかし、COVID-19パンデミックの世界経済への影響により、いくつかの衛星通信プロジェクトが延期、遅延、キャンセルされ、衛星トランスポンダーリース事業に大きな影響を与えました。

衛星トランスポンダー市場の動向

サービスとしてのトランスポンダーリースが大きな牽引力を獲得する見込み

  • トランスポンダーリースは、世界中のトランスポンダーのコストを煽るため、衛星トランスポンダー市場で大きな牽引力を獲得すると予想されます。加えて、帯域幅集約型用途を信頼性高くサポートしたいという要求の高まりが、さまざまな用途におけるトランスポンダーリースの必要性を高めています。
  • 衛星トランスポンダーリースサービスは、企業やコミュニティを世界に接続するのに役立ちます。安全で信頼性の高い衛星接続を利用することで、企業はどこにいてもつながることができます。新市場への迅速なポイント・ツー・ポイントアクセス、柔軟なトランスポンダーリース、安定した地上制御設備により、ビジネスはより容易になります。
  • ThaicomやSingtelなどの様々な著名な市場ベンダーは、Kuバンドなどの高度な周波数帯に対する需要の高まりに対応するため、衛星トランスポンダーサービスを継続的に革新しており、世界中のデータ、放送、モバイルバックホール接続用の効果的なトランスポンダーリースサービスを提供しています。さらに、市場ベンダーは柔軟なトランスポンダーリースも提供しており、これが今後数年間のトランスポンダーリースセグメントの成長に影響を与えると予想されます。
  • 通信衛星トランスポンダーリースは、HDビデオ放送の採用やハイダイナミックレンジ(HDR)用途の普及に大きく依存しています。さらに、OTTプラットフォームの加入者ベースの増加と相まって、新しいTVプラットフォームの進歩もトランスポンダーリースの需要を増大させており、市場成長にプラスの影響を与えています。
  • 加えて、映像配信、ブロードバンド、DTHにおいて信頼性の高い衛星ベースの通信に対するニーズが高まっていることも、市場成長に有望な将来をもたらしています。Netflix、Amazon Primeなどの大手OTTとストリーミングプラットフォーム・参入企業の存在と加入者数の増加も、市場の成長を後押ししています。例えば、Netflixの2022年第4四半期レポートのデータによると、Netflixの有料加入者数は2019年第1四半期の1億4,886万人から2022年第4四半期には2億3,075万人に増加しました。
Satellite Transponder-Market-IMG2

北米が市場で大きなシェアを占める

  • 北米は非常に反応の良い市場であり、長期にわたって様々な技術的変化を目の当たりにしてきました。多くの点で、北米のCバンド動画サービスセグメントが商業衛星トランスポンダーリースサービスの成長に大きく貢献しています。全体として、衛星業界と衛星通信事業者は、4K-UHD(超高精細度)とOTT TVサービスの提供におけるKaバンドの可能性に気づいています。Kaバンドトランスポンダーは雨による減衰を大幅に解消するため、こうした市場の進化は北米地域のKaバンドトランスポンダー需要を促進すると思われます。
  • 北米地域は、予測期間中、衛星トランスポンダー市場で最大のシェアを占めると予想されています。主要な衛星トランスポンダープロバイダの広範なプレゼンスと、安全で信頼性の高い衛星ベースの通信の必要性が広く浸透していることが、この市場における北米地域の優位性に寄与しています。
  • さらに、衛星通信技術の開発と進歩が続き、衛星通信能力が向上し続けているため、衛星通信の利用はますます広まりつつあり、この地域におけるサービスの質は継続的に向上しています。加えて、通信、エレクトロニクス、航空宇宙などの技術進歩の増大による急速な発展もあります。このような要因が、同地域の市場成長をさらに加速させています。
  • さらに、米国では、位置情報/ナビゲーション衛星信号の商用用途の数が増加しています。衛星から発信される正確で正確なタイミングの信号は、自動化された農機具の制御、無線電話業界の緊急位置情報サービスの信号タイミング、米国国家航空管制システムの基盤など、多くの目的に使用されています。
  • 例えば、2023年4月、SpaceXはインテルサットのIS-40e通信衛星を打ち上げると発表しました。この衛星は、NASA向けの初のホスト型ペイロードを搭載すると同時に、航空機内での接続に対する需要の高まりに対応するためのものです。この衛星はKu帯とKa帯の通信能力を備えており、打ち上げ時の重量は約6トン、出力は約8キロワットに設計されています。
  • 同様に、2023年5月、米国の防衛請負業者であるSAICは、欧州の製造業者であるGomSpaceと戦略的パートナーシップを結び、米国政府機関、大学、民間企業向けに小型衛星を開発すると発表しました。この提携を通じて、SAICはレガシー宇宙システム開発における伝統と深い技術的専門知識を活用し、新たな宇宙経済における地位を強化することを目指しています。
  • 防衛・安全保障行政、緊急サービス、国土安全保障のための高度な商用画像衛星の需要は増加傾向にあります。同地域の衛星産業は、製品開発への投資も増加すると予想されます。商業衛星に高度で革新的な機能が搭載されていることが、この地域の衛星トランスポンダー市場の成長を後押ししています。

衛星トランスポンダー産業概要

衛星トランスポンダー市場の競争は中程度で、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの面では、現在数社の大手企業が市場を独占しています。SES S.A.、Arabsat、Embratel Star One、Eutelsat Communications S.A.、Hispasat、Intelsat S.A.などが世界の衛星トランスポンダー市場における主要企業です。各社は競争上の優位性を得るため、いくつかの成長・拡大戦略に取り組んでいます。業界参加者は、複数のバリューチェーンステージで事業を展開するバリューチェーン統合に従っています。

2023年5月、インマルサットは、重要な安全サービスを提供し、緊急追跡の進歩をサポートするために、2026年に打ち上げられる新しいインマルサット-8小型衛星の導入を発表しました。3基のI-8衛星はネットワークの耐障害性を高め、インマルサットの世界のLバンド安全サービスの将来を確保します。

2022年9月、衛星を利用した世界有数のコンテンツ接続ソリューション・プロバイダーであるSESと、デジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業省の子会社である共和国宇宙通信センター(RCSC)は、カザフスタン全土の組織に高速接続サービスを共同で提供すると発表しました。このサービスは、SESの第2世代非静止型(NGSO)衛星システムであるO3b mPOWERを介して提供されます。このサービスは、陸上エネルギー、鉱業、海運、通信、RCSC経由の企業など、さまざまな業界で利用できるようになり、これらの企業が高性能ネットワーク機能を拡大して地域のデジタル化を推進する機会を提供します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 新しいTVプラットフォームと技術に対する需要の増加
    • KUバンドとKAバンドサービスの成長
  • 市場抑制要因
    • 光ファイバー伝送ケーブル網との競合
    • 高額な設備投資の必要性
  • 技術スナップショット
    • Cバンド
    • KUバンド
    • KAバンド
    • Sバンド、Lバンド、Xバンド

第6章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 商用通信
    • 政府通信
    • ナビゲーション
    • リモートセンシング
    • その他の用途
  • サービス別
    • リース
    • 保守・サポート
    • その他のサービス
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SES SA
    • Telesat
    • Intesat SA
    • Eutelsat Communications SA
    • Hispasat SA(Red Electrica)
    • Singapore Telecommunication Ltd(Singtel)
    • SKY Perfect JSAT Corporation
    • EchoStar Corporation
    • China Satellite Communications Co. Ltd.
    • Russian Satellite Communications Company

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 58992
Satellite Transponder - Market - IMG1

The Satellite Transponder Market was valued at USD 14.14 billion in the previous year and is expected to register a CAGR of 3.87 % during the forecast period to become USD 18.76 billion by the next five years. Satellite transponders are minor chip-size circuits integrated into satellites to transmit the uplink data or information to the downlink and vice-versa. The development of new cost-effective satellite technologies, growing demand for telecommunication services, and availability of efficient and practical technological solutions coupled with growth in demand for Ku-band and Ka-band are likely to drive the satellite transponder market over the forecast period.

Key Highlights

  • With the rise of internet penetration worldwide, broadband connectivity has become a critical source of information. This, coupled with the growing demand for high-speed internet, will significantly drive the demand for satellite transponders in the coming years. For instance, according to the ITU data, internet users worldwide increased from 3,729 million in 2018 to 4,901 million in 2021.
  • The increasing demand for C band (which provides lower transmission power over vast geographic areas and typically requires larger ground equipment for reception) and Ku band (which offers higher transmission power over smaller geographic regions and can be received with smaller ground equipment) transponder by the commercial sector worldwide, is expected to augment the growth of the satellite transponders market in the future.
  • In addition, satellite operators are now developing applications over the Ku-band and Ka-band frequency bands, which may facilitate increased transmission speeds and important information transfer with the usage of small ground equipment. Ka-band and Ku-band bandwidth/transponders' leasing is expected to account for the majority of the growth in the satellite transponder market. Of this leasing, Ka-band is expected to witness the highest growth rate in the forecast period.
  • Moreover, growth in Ku-band service demand is expected to generate significant traction for satellite transponders over the forecast period. Ku-band satellite communication systems are increasingly being deployed for various emergency communications during natural disasters and for satellite news gathering (SNG) by TV broadcasters in remote or rural areas where fiber and cable networks are unavailable.
  • Further, with the emergence of the Internet of Things (IoT) and Industry 4.0 across the globe, broadband connectivity plays a crucial role in providing information to individuals. The telecom industry players are looking to lease satellite transponders to deliver broadband facilities to isolated places as well as across the globe. Various market vendors, such as Singtel, are capitalizing on the opportunity and offering extensive coverage, myriad transponder capacity bandwidths, and flexible satellite transponder lease services to fulfill business needs.
  • During the COVID-19 pandemic, satellite communications enabled access to telemedicine to diagnose diseases or treat individuals who were quarantined, reducing the need for face-to-face interaction between healthcare personnel and patients. The applications of satellite transponders primarily supported such instances, thus positively impacting the market's growth. However, the impact of the COVID-19 pandemic on the global economy resulted in some satellite communication projects being postponed, delayed, and canceled, significantly impacting the satellite transponder leasing business.

Satellite Transponder Market Trends

Transponders Leasing as Service is Expected to Gain Significant Traction

  • Transponder leasing is expected to gain significant traction in the satellite transponder market owing to fuelling the cost of transponders throughout the globe. In addition, the increasing demand to support bandwidth-intensive applications with reliability drives the need for transponder leasing in various applications.
  • Satellite transponder lease service helps to connect businesses and communities globally. With the help of secure and reliable satellite connectivity, organizations can be connected wherever they are. The faster point-to-point access to new markets, flexible transponder leases, and stable on-ground control facilities help businesses get easier.
  • Various prominent market vendors such as Thaicom and Singtel are continuously innovating their satellite transponder services to cater to the growing demand for advanced spectrum such as Ku-band to provide effective transponder leasing services for data, broadcast, and mobile backhaul connectivity across the world. In addition, market vendors are also providing flexible transponder leases, which is expected to influence the transponder leasing segment growth in the coming years.
  • The leasing of communication satellite transponders is extremely dependent upon the adoption of HD video broadcasting and the widespread of High Dynamic Range (HDR) applications. Moreover, the advancement in new TV platforms coupled with an increase in subscriber base in OTT platforms is also augmenting the demand for transponder leasing, thus positively impacting the market growth.
  • In addition, the growing need for reliable satellite-based communication in video distribution, broadband, and DTH is providing a promising future for the market's growth. The presence of major OTT and streaming platform players such as Netflix, Amazon Prime, etc., and its increasing subscriber base also aid the market's growth. For instance, according to the data from Netflix's Q4 2022 report, the number of Netflix paid subscribers rose to 230.75 million in Q4 2022 from 148.86 million in Q1 2019.
Satellite Transponder - Market - IMG2

North America to Occupy Significant Share in the Market

  • North America has been an extremely responsive market and has witnessed various technological changes over a long period. In many ways, the North American C-band video services segment is the major contributor to the growth of commercial satellite transponder leasing services. Overall, the satellite industry and satellite operators have realized the potential of Ka-band in delivering 4K-UHD (Ultra-high-definition) and OTT TV services. These evolving markets would drive demand for Ka-band transponders in the North American region as the Ka-band transponders eliminate rain attenuation to a great extent.
  • North American region is expected to amount to the largest share of the satellite transponder market over the forecast period. The extensive presence of key satellite transponder providers and the widespread necessity for secure and reliable satellite-based communication are contributing to the dominance of the North American region in this market.
  • Moreover, as satellite communication technology continues to develop and advance, and the satellite communication capability continues to improve, the utilization of satellite communication is becoming increasingly widespread, and the quality of service in the area is continuously improving. In addition, there is a swift development owing to the augmented technology advancement of communications, electronics, aerospace, etc. Such factors are further augmenting the growth of the market in the region.
  • Moreover, the number of commercial applications for location/navigation satellite signals is growing in the United States. The accurately and precisely timed signals emitted by the satellites are used for many purposes, including the control of automated farm equipment, the timing of signals for the wireless telephone industry emergency location services, and as the basis for a U.S. national air traffic control system.
  • For instance, in April 2023, SpaceX announced the launch of Intelsat's IS-40e communications satellite to help the operator meet the growing demand for connectivity on planes while also carrying its first hosted payload for NASA. The satellite is equipped with Ku- and Ka-band capacity; the satellite weighed around six metric tons at launch and is designed to have roughly eight kilowatts of power.
  • Similarly, in May 2023, SAIC, a U.S. defense contractor, announced a strategic partnership with GomSpace, a European manufacturer, to develop small satellites for U.S. government agencies, universities, and commercial firms. Through this partnership, SAIC aims to leverage its heritage and deep technical expertise in legacy space systems development and strengthen its position in the new space economy.
  • The demand for advanced commercial imaging satellites for defense and security administration, emergency services, and homeland security is on the rise. The satellite industry in the region is also expected to witness increased investments in product development. The availability of advanced and innovative features in commercial satellites propels the growth of the satellite transponder market in the region.

Satellite Transponder Industry Overview

The satellite transponder market is moderately competitive and consists of several major players. In terms of market share, few major players currently dominate the market. SES S.A., Arabsat, Embratel Star One, Eutelsat Communications S.A., Hispasat, Intelsat S.A., and others are among the major players in the global Satellite Transponder market. The companies are involved in several growth and expansion strategies to gain a competitive advantage. Industry participants follow value chain integration with business operations in multiple value chain stages.

In May 2023, Inmarsat announced the introduction of its new Inmarsat-8 small satellites, which will be launched in 2026 to provide crucial safety services and support advances in emergency tracking. The three I-8 satellites will provide additional network resilience, securing the future of Inmarsat's global L-band safety services.

In September 2022, SES, one of the leading global content connectivity solutions providers via satellite and Republican Centre for Space Communications (RCSC), a subsidiary of the Ministry of Digital Development, Innovations, and Aerospace Industry, announced to offer high-speed connectivity services to organizations across Kazakhstan jointly. The services will be provided via O3b mPOWER, SES's second-generation non-geostationary (NGSO) satellite system. They will be made available to various industries, including onshore energy, mining, maritime, telecommunications, and enterprises via RCSC, offering these companies the opportunity to drive digitalization in the region with expanded high-performance network capabilities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increase in Demand for New TV Platforms and Technologies
    • 5.1.2 Growth in KU-Band and KA-Band Services
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Competition From Fiber-Optic Transmission Cable Networks
    • 5.2.2 Requirement of High Capital Investment
  • 5.3 Technolgy Snapshot
    • 5.3.1 C-Band
    • 5.3.2 KU-Band
    • 5.3.3 KA-Band
    • 5.3.4 S-band and L-band and X-band

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Commercial Communications
    • 6.1.2 Government Communications
    • 6.1.3 Navigation
    • 6.1.4 Remote Sensing
    • 6.1.5 Other Applications
  • 6.2 By Service
    • 6.2.1 Leasing
    • 6.2.2 Maintenance and Support
    • 6.2.3 Other Services
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 SES SA
    • 7.1.2 Telesat
    • 7.1.3 Intesat SA
    • 7.1.4 Eutelsat Communications SA
    • 7.1.5 Hispasat SA (Red Electrica)
    • 7.1.6 Singapore Telecommunication Ltd (Singtel)
    • 7.1.7 SKY Perfect JSAT Corporation
    • 7.1.8 EchoStar Corporation
    • 7.1.9 China Satellite Communications Co. Ltd.
    • 7.1.10 Russian Satellite Communications Company

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS