市場調査レポート
商品コード
1404076

自動車用リレーの市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Automotive Relay - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 70 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
自動車用リレーの市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 70 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用リレー市場規模は、2024年の102億3,000万米ドルから2029年には131億8,000万米ドルに成長し、予測期間(2024年~2029年)のCAGRは5.2%を記録すると予測されます。

Automotive Relay-Market-IMG1

ハイブリッド車や電気自動車など、自動車の電動化が進むにつれて、さまざまな電気システムを制御・管理するリレーの需要が高まっています。また、アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線逸脱警報システムなどのADAS機能の成長は、センサーやアクチュエーターを制御するリレーに依存しています。

軽量で高性能な特性を持つ先進的なリレーへの需要により、メーカー各社は従来の重い電気機械式リレーに比べ、より多くのソリッドステートリレーの生産に投資せざるを得なくなっています。これは、同地域でハイブリッド車や電気自動車の需要が伸びているためです。

地域別では、アジア太平洋地域が自動車用リレー市場を独占すると予測されています。アジア太平洋地域のリレー市場は、主に自動車生産と販売の増加、自動車の急速な電動化、排ガス規制の厳格化、消費者の可処分所得の増加によって牽引されています。その結果、安全性と快適性を求める傾向が強まり、自動車需要が増加しています。

自動車用リレーの市場動向

自動化システムの普及が電子機器の採用を促進。

自動車産業はハードウェアからソフトウェア対応自動車へと移行しつつあり、自動車1台当たりのソフトウェアとエレクトロニクスの平均搭載量は急速に増加しています。エレクトロニクスは多くの場合、新しい機能や特徴を自動車に統合することを可能にします。そのため、パワートレイン、安全管理、ボディ、利便性やインフォテインメントなど、主要な応用分野へのエレクトロニクスの浸透が進んでいます。

政府の関与と、システムの自動制御を強化したいという消費者の要求の両方が、自動車におけるエレクトロニクスの使用の増加につながった。エレクトロニクスは、エネルギー効率と排出ガス削減を改善する新たな機会を提供しています。すべての車両クラスにおける自動車用エレクトロニクスの高い普及率は、生産性、品質、技術革新という3つの主要な側面から影響を受けています。

自動車業界では、消費者の運転体験を変革するための取り組みが展開されています。自動車はより賢くなり、自己診断ができるようになっています。今後数年間で、自動車は効率的に接続できるようになります。

加えて、乗員の安全性も自動車の自動運転システム採用を促進する要因のひとつです。自動車への安全機能・システムの搭載は、過去数十年にわたり路上での事故や死亡者数の減少に大きく貢献してきました。

消費者の安全性と利便性を確保できる自律走行車やスマートカー(車車間(V2V)通信や車車間インフラ(V2I)通信で接続する機能を持つ)への注目が高まる中、新車に搭載される電子システムの需要が急速に高まっています。

促進要因体験を向上させる新世代のカーエレクトロニクスは、中級車やエントリーレベルの自動車セグメントで大量に採用され、アフターマーケットを通じて容易に入手できるようになっています。

現在および今後発売される自動車では、電気部品の使用が急速に増加しており、電気負荷を効率的、安全、確実に切り替えるための信頼性の高い標準化された部品の製造ニーズが一貫して高まっています。このような要因が現在の市場成長を牽引しています。

Automotive Relay-Market-IMG2

アジア太平洋が自動車用リレー市場を独占

アジア太平洋地域は世界最大の自動車生産拠点であり、この地域には中国、日本、韓国、インドなどの主要自動車メーカーがあります。また、所得水準の上昇、都市化、生活水準の向上により、アジア太平洋全域で自動車保有台数が増加しています。この自動車保有台数の急増は、さまざまな車両システムに使用される自動車用リレーの需要に直接影響を与えます。

アジア太平洋地域の多くの国では、公害や温室効果ガスの排出を削減するために厳しい排ガス規制を実施しています。こうした規制は、効率的な運用のためにリレーを使用する高度なエンジン管理システムや排ガス制御システムの採用を後押ししています。

EVやハイブリッド車へのシフトは、自動車産業における重要な動向です。EVやハイブリッド車は、従来の内燃エンジン車と比べてリレーを多く使用しており、市場の成長に寄与しています。リレーはよりコンパクトに統合されつつあり、車内の省スペース化と軽量化を実現しています。この動向は、軽量化とスペースの最適化を重視する自動車業界の動きと一致しています。

アジア太平洋地域は、自動車生産の主要拠点としての位置づけ、自動車保有台数の増加、自動車の電動化、厳しい規制、先進自動車技術の採用などにより、自動車用リレー市場をリードしています。

自動車用リレー産業の概要

自動車用リレー市場は、株式会社デンソー(ANDEN)、パナソニック株式会社、TE Connectivity、日本電産株式会社などの企業が独占しています。

この地域には国際的なリレーメーカーと国内的なリレーメーカーが存在するため、自動車用リレー市場の競争は激しいです。各社は研究開発プロジェクトに多額の投資を行い、新製品を発表しています。例えば

  • 2022年4月、LGマグナe-パワートレインはメキシコのラモス・アリスペにある最新の製造施設を発表しました。この新設工場は、ゼネラルモーターズの電気自動車(EV)製造事業を強化することを主な目的として、インバーター、モーター、車載充電器の生産に特化しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 自動車の電動化の進展
  • 市場抑制要因
    • 精密な試験と検証
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場金額単位:米ドル)

  • タイプ別
    • PCBリレー
    • プラグインリレー
  • 用途タイプ別
    • ロックシステム
    • エンジン管理モジュール
    • ランプ/ライト
    • その他の用途タイプ(パワーウィンドウ、サンルーフ、ABS制御など)
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他の北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 世界のその他の地域
      • ブラジル
      • 南アフリカ
      • その他の国

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Robert Bosch GmbH
    • DENSO Corporation
    • Fujitsu Ltd
    • Panasonic Corporation
    • MITSUBA Corporation
    • TE Connectivity
    • Omron Corporation
    • Hella KGaA Hueck & Co.
    • Nidec Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55793
Automotive Relay - Market - IMG1

The Automotive Relay Market size is expected to grow from USD 10.23 billion in 2024 to USD 13.18 billion by 2029, registering a CAGR of 5.2% during the forecast period (2024-2029).

The increasing electrification of vehicles, including hybrid and electric vehicles, drives the demand for relays to control and manage various electrical systems. Also, the growth of ADAS features such as adaptive cruise control and lane departure warning systems relies on relays to control sensors and actuators.

The demand for advanced relays with lightweight and high-performance characteristics is compelling manufacturers to invest in producing more solid-state relays compared to traditional heavy electromechanical relays. It is owing to the growing demand for hybrid and electric vehicles in the region.

Among regions, Asia-Pacific is anticipated to dominate the automotive relay market. The Asia-Pacific relay market is primarily driven by growing vehicle production and sales, rapid electrification of vehicles, rising stringency of emission norms, and increasing disposable income of consumers. It, in turn, is increasing the demand for vehicles, owing to the growing preference for safety and comfort.

Automotive Relay Market Trends

Increasing Penetration of Automated Systems Driving the Adoption of Electronics.

The automotive industry is transitioning from hardware to software-enabled vehicles, and the average software and electronics content per vehicle is increasing rapidly. Electronics often enable the integration of new functions and features into the car. Thus, there is increasing penetration of electronics into major application fields, including powertrain, safety management, body, and convenience or infotainment.

Both government involvement and consumers' demand for greater automatic control of systems resulted in the increased usage of electronics in vehicles. Electronics are offering new opportunities to improve energy efficiency and emission reduction as several functions can be consolidated into fewer and smaller electronic control super units, thereby reducing the weight. The high penetration rate of automobile electronics across all vehicle classes is being influenced by three major aspects, namely, productivity, quality, and innovation.

Efforts are being deployed in the automobile industry to transform consumers driving experience. Cars are becoming smarter and capable of conducting self-diagnostics. In the coming years, cars can connect effectively.

In addition, passenger safety is another factor driving the adoption of automated systems in automobiles. The installation of safety features and systems in vehicles greatly aided in reducing the number of accidents and fatalities on the road over the past few decades.

With the increasing focus on autonomous vehicles and smart cars (with the ability to connect with vehicle-to-vehicle (V2V) and vehicle-to-infrastructure (V2I) communications) that can ensure safety and convenience to consumers, the demand for electronic systems in new cars is increasing rapidly.

Newer generation automotive electronics that enhance the driver experience are witnessing mass adoption in mid-range and entry-level car segments and ease of availability through the aftermarket.

The rapidly growing use of electric components in current and upcoming vehicles is consistently propelling the need for manufacturing reliable and standardized components for efficient, safe, and secure switching of electric loads. These factors are currently driving the market growth.

Automotive Relay - Market - IMG2

Asia-Pacific Dominating The Automotive Relay Market

Asia-Pacific is the world's largest automotive production hub, with several countries in the region, including China, Japan, South Korea, and India being major automobile manufacturers. Also, rising income levels, urbanization, and improved living standards led to an increase in vehicle ownership across Asia-Pacific. This surge in vehicle ownership directly impacts the demand for automotive relays used in various vehicle systems.

Many countries in Asia-Pacific implemented strict emission regulations to reduce pollution and greenhouse gas emissions. These regulations drive the adoption of advanced engine management and emission control systems that use relays for efficient operation.

The shift towards EVs and hybrid vehicles is a significant trend in the automotive industry. EVs and hybrids use more relays compared to traditional internal combustion engine vehicles, contributing to the market growth. Relays are becoming more compact and integrated, saving space in vehicles and reducing weight. This trend aligns with the automotive industry's focus on lightweighting and space optimization.

Asia-Pacific region leads in the automotive relay market due to its position as a major automotive production hub, growing vehicle ownership, the electrification of vehicles, stringent regulations, and the adoption of advanced automotive technologies.

Automotive Relay Industry Overview

The automotive relay market is dominated by companies such as DENSO Corporation (ANDEN Co. Ltd), Panasonic Corporation, TE Connectivity, and Nidec Corporation.

The market for automotive relays is highly competitive due to the presence of both international and domestic relay suppliers in the region. The companies are investing heavily in R&D projects and launching new products. For instance,

  • In April 2022, LG Magna e-Powertrain announced its latest manufacturing facility located in Ramos Arizpe, Mexico. This newly established plant is dedicated to the production of inverters, motors, and onboard chargers with the primary objective of bolstering General Motors Electric Vehicle (EV) manufacturing operations.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Increasing Electrification of Vehicles
  • 4.2 Market Restraints
    • 4.2.1 Precise Testing and Validation
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market value in (USD))

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 PCB Relay
    • 5.1.2 Plug-in Relay
  • 5.2 By Application Type
    • 5.2.1 Locking System
    • 5.2.2 Engine Management Module
    • 5.2.3 Lamps/Lights
    • 5.2.4 Other Application Types (Power Window, Sunroof, ABS Control, etc.)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 US
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 UK
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Other Countries

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Robert Bosch GmbH
    • 6.2.2 DENSO Corporation
    • 6.2.3 Fujitsu Ltd
    • 6.2.4 Panasonic Corporation
    • 6.2.5 MITSUBA Corporation
    • 6.2.6 TE Connectivity
    • 6.2.7 Omron Corporation
    • 6.2.8 Hella KGaA Hueck & Co.
    • 6.2.9 Nidec Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS