デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404071

美容・パーソナルケア製品 - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測

Beauty and Personal Care Products - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
美容・パーソナルケア製品 - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

美容・パーソナルケア製品市場規模は2024年に5,500億米ドルと推定され、今後5年間のCAGRは4.64%を記録し、2029年には6,899億1,000万米ドルに達すると予測されます。

ミレニアル世代は、通常の身だしなみの一環として、カラー化粧品のような美容製品を使用することが増えています。例えば、金融比較サービスを提供するMozoによると、2021年時点で、平均的なオーストラリア人女性は美容・パーソナルケア製品に年間約3,600米ドルを費やしています。身だしなみを重視するようになったことで、こうした化粧品がさまざまな販売チャネルを通じて簡単に手に入るようになったことが、販売額を押し上げました。さらに、天然成分、無害成分、オーガニック成分を含む化粧品の出現も、市場拡大を後押ししました。化学物質や合成製品の有害性に対する意識が高まるにつれ、消費者はオーガニック・パーソナルケア製品に傾倒しています。これは、調査期間中の市場成長を促進すると予想されます。このほか、企業は消費者の需要を利用し、市場でのシェアと消費者基盤を拡大しています。例えば、2022年2月、英国を拠点とするファッション企業Boohooは、50以上の製品からなるビーガンビューティーシリーズを発売しました。Boohoo Beautyの化粧品ラインには、ハイライトスティック、チーク、セッティングスプレー、コスメパレットなどがあり、独占販売されています。

美容・パーソナルケア製品市場の動向

ナチュラル/オーガニック処方への傾斜

パーソナルケア製品に含まれる化学物質の副作用による肌荒れ、アレルギー、くすみへの懸念が高まり、ナチュラル・オーガニックスキンケア製品への需要が高まっています。合成化粧品の長期使用は、刺激、ホルモンバランスの乱れ、毒性など、さまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。しかし、植物エキスや天然オイルなどのオーガニック成分で作られた化粧品は、肌に害を与えないです。化学物質を一切使用せず、内容物の透明性が高いナチュラルなスキンケアや化粧品は、消費者に好まれています。このような要因から、消費者の間で合成スキンケア製品からオーガニック製品への嗜好のシフトが起こっています。

この関心の高まりに乗じて、メーカー各社は幅広いオーガニックスキンケア製品を投入することで、製品ラインナップの刷新と拡大を図っています。これらの製品には、オーガニック、ヴィーガン、ナチュラル、ケミカルフリー、無農薬といった謳い文句の、植物由来のクリーンラベル成分が含まれています。例えば、資生堂は2022年4月に新しいスキンケアブランド「Ule」を発表しました。このブランドは、地元の垂直農園から無農薬の植物を調達しています。自然派スキンケアの利点に関する知識の普及により、消費者は環境にやさしく、持続可能で、成分の透明性が高い自然派スキンケア製品を求めるようになった。さらに、バイオ化粧品のオンラインショップを通じたオーガニック・コンセプトの動向の高まりが、ナチュラル・オーガニック美容・パーソナルケア製品市場の成長を後押しすると予想されます。

Beauty and Personal Care Products-Market-IMG2

アジア太平洋が急成長地域として浮上

アジア太平洋地域では、中国、インド、日本、インドネシア、ベトナムのような国々が市場プレーヤーにかなりの成長機会を提供しています。それは主に、多くの人々が毎日のメイクアップルーチンで化粧品の可能性を解き放つように、カラー化粧品に対する需要の増加によるものです。それゆえ、主要企業は市場を強化するための主要戦略として、製品革新やM&Aに激しく乗り出しています。例えば、2023年4月、パーソナルケアと美容ブランドのザ・ボディショップは、インド市場で「アクティヴィスト」製品シリーズを発売しました。この新ラインは、スキンケア製品とカラーコスメのセレクションで、同国におけるブランドの持続可能なコミットメントを強化するものです。

さらに、フェイシャルメーキャップ、ヘアスタイリング、カラーリング製品などの化粧品に関する意識の高まりと、クリーンラベルや天然成分への需要の高まりが、間もなく市場を牽引すると予想されます。価格に敏感な消費者が保湿と皮膚保護を提供する製品を選ぶようになり、多機能製品へのニーズが技術革新を促進しています。ソーシャルメディアのインフルエンサーが美容法を紹介する動向は、ここ数年で増加しました。そのため、国内外の美容企業はブランドの認知度を高め、潜在的な消費者にリーチするためにインフルエンサーに注目しています。例えば、2022年9月、世界展開の一環として、ジェシカ・アルバが設立したクリーン・ライフスタイル企業、オネスト・カンパニーが中国で事業を開始しました。衛生的な美容製品に対する比較的小規模ながら高まる需要を活用するため、このデジタルネイティブ企業はアリババ・グループの越境eコマース・プラットフォームであるTmall Globalに旗艦店を作った。中国の買い物客は、オネストのブランド「オネスト・ビューティー」のスキンケアやカラー化粧品を購入できます。Tmall Globalの買い物客は、エクストリームレングスマスカラ+つけまつげプライマーや、ヒアルロン酸を配合したフェイスクリームなど、様々なストックユニットから選ぶことができます。

美容・パーソナルケア製品産業の概要

世界の美容・パーソナルケア市場は競争が激しく、Procter &Gamble、Unilever、L'Oreal SA、Colgate-Palmolive Company、Estee Lauder Inc.需要は主に、スキンケア習慣への適応と、ブランド・ノウハウに関する消費者の意識向上が原動力となっています。各社は、成分、機能性、パッケージングに関する品質と製品革新を改善しました。主要企業は、統合を達成し、製品提供を最適化するための主要戦略として、合併、買収、製品革新に乗り出しています。さらに、これらのプレーヤーは、地元市場で優位に立つために地元プレーヤーと合併しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 天然/オーガニック処方への傾斜
    • ソーシャルメディアの影響とデジタル技術のインパクト
  • 市場抑制要因
    • 偽造品の存在
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • パーソナルケア製品
      • ヘアケア製品
      • シャンプー
      • コンディショナー
      • ヘアオイル
      • ヘアスタイリング&カラーリング製品
      • その他のヘアケア製品
      • スキンケア製品
      • フェイシャルケア
      • ボディケア製品
      • リップケア製品
      • バス&シャワー
      • シャワージェル
      • ソープ
      • バスソルト
      • その他のバス&シャワー用品
      • オーラルケア
      • 歯ブラシ
      • 歯磨き粉
      • マウスウォッシュ
      • その他オーラルケア用品
      • 男性用グルーミング製品
      • デオドラント・制汗剤
    • 化粧品
      • フェイシャル化粧品
      • アイメイク製品
      • リップ・ネイル化粧品
  • 流通チャネル
    • スーパー・ハイパーマーケット
    • コンビニエンスストア
    • 薬局・ドラッグストア
    • 専門店
    • オンライン小売チャネル
    • その他の流通チャネル
  • カテゴリー
    • プレミアム
    • マス
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他の北米
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他のアジア太平洋
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • L'Oreal SA
    • Procter & Gamble Co.
    • Unilever PLC
    • Colgate-Palmolive Company
    • The Estee Lauder Companies Inc.
    • Natura & Co
    • Johnson & Johnson Services Inc.
    • Beiersdorf Ag
    • Shiseido Company Limited
    • Oriflame Cosmetics Global SA

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55610
Beauty and Personal Care Products - Market - IMG1

The Beauty and Personal Care Products Market size is estimated at USD 550 billion in 2024 and is expected to reach USD 689.91 billion by 2029, registering a CAGR of 4.64% over the next five years.

Millennials are increasingly using beauty products like color cosmetics as part of their regular grooming routines. For instance, as of 2021, according to financial comparison service provider Mozo, the average Australian woman spent approximately USD 3,600 on beauty and personal care products yearly. The simple accessibility of these cosmetic items through various sales channels, with the increased emphasis on personal grooming, aided the sales value. Furthermore, the emergence of cosmetics with natural, non-toxic, and organic components helped the market expansion. With the rising awareness about the harmful effects of chemicals and synthetic products, consumers are inclined toward organic personal care products. It is expected to drive market growth during the study period. Besides this, companies are capitalizing on consumers' demands to expand their share and consumer base in the market. For instance, in February 2022, a United Kingdom-based fashion company, Boohoo, launched a vegan beauty range of more than 50 products. Boohoo Beauty's cosmetics line includes highlighter sticks, blush, setting sprays, cosmetic palettes, and others available exclusively.

Beauty and Personal Care Products Market Trends

Inclination toward Natural/Organic Formulations

The growing concerns regarding the side effects of chemicals in personal care products, leading to skin irritation, allergies, and dullness, fueled the demand for natural and organic skincare products. Prolonged use of synthetic cosmetics may cause various health issues, such as irritation, hormonal imbalance, and toxicity. However, cosmetic products made of organic ingredients, such as plant extracts and natural oils, do not harm the skin. Natural skincare and cosmetic products that are free from chemicals and transparent about the content are preferred by consumers. This factor resulted in a shift in preference from synthetic skincare products to organic products among consumers.

To capitalize on this growing interest, manufacturers are revamping and expanding their product offerings by introducing a wide range of organic skincare products. These products contain plant-based, clean-label ingredients with organic, vegan, natural, chemical-free, and cruelty-free claims. For instance, in April 2022, Shiseido revealed a new skincare brand, Ule. It sources pesticide-free botanicals from local vertical farms. The dissemination of knowledge related to the benefits of natural skincare led consumers to seek eco-friendly, sustainable, natural skincare products that offer greater product ingredient transparency. Furthermore, the growing trend of organic concepts through online stores for bio-cosmetic products is expected to boost the growth of the natural and organic beauty and personal care products market.

Beauty and Personal Care Products - Market - IMG2

Asia-Pacific Emerges as the Fastest-growing Region

In the Asia-Pacific region, countries like China, India, Japan, Indonesia, and Vietnam present considerable growth opportunities for the market players. It is primarily due to the growing demand for color cosmetics, as many people unleash the potential of cosmetics in their daily makeup routine. Hence, the significant players are intensely embarking on product innovation and mergers and acquisitions as their prime strategy to consolidate the market. For instance, in April 2023, Personal care and beauty brand The Body Shop launched its 'activist' product range in the Indian market. The new line strengthens the brand's sustainable commitment in the country with a selection of skin products and color cosmetics.

Furthermore, growing awareness regarding cosmetics products, such as facial makeup, hairstyling, and coloring products, with increasing demand for clean labels and natural ingredients, is expected to drive the market shortly. The need for multifunctional products is driving innovation as price-conscious consumers are opting for products that provide hydration and skin protection. The trend of social media influencers showcasing their beauty regimens increased over the past few years. Thus, both local and international beauty companies are turning to influencers to increase their brand awareness and reach potential consumers. For instance, in September 2022, as part of its global expansion, the Honest Company, a clean lifestyle company founded by Jessica Alba, launched its business in China. To capitalize on the relatively small but rising demand for sanitary beauty products, the digitally native company created a flagship store on Tmall Global, Alibaba Group's cross-border e-commerce platform. Chinese shoppers can purchase skin care and color cosmetics from Honest's brand, Honest Beauty. Shoppers on Tmall Global can select from various stock-keeping units, including its Extreme Length Mascara + Lash Primer and Hydrogel Cream, a face cream enriched with hyaluronic acid.

Beauty and Personal Care Products Industry Overview

The global beauty and personal care market is highly competitive, with a strong presence of regional and international players in the market like Procter & Gamble, Unilever, L'Oreal SA, Colgate-Palmolive Company, and Estee Lauder Inc. Demand is mainly driven by more adaptation toward skincare routines and consumer awareness about brand know-how. The companies improved the quality and product innovation regarding ingredients, functionality, and packaging. The key players are embarking on mergers, acquisitions, and product innovation as their key strategies to achieve consolidation and optimize offerings. Moreover, these players merge with local players to gain dominance in the local market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Inclination toward Natural/Organic Formulations
    • 4.1.2 Influence of social media and Impact of Digital Technology
  • 4.2 Market Restraints
    • 4.2.1 Presence Of Counterfeit Products
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Personal Care Products
      • 5.1.1.1 Hair Care Products
      • 5.1.1.1.1 Shampoo
      • 5.1.1.1.2 Conditioners
      • 5.1.1.1.3 Hair Oil
      • 5.1.1.1.4 Hair Styling And Coloring Products
      • 5.1.1.1.5 Other Hair Care Products
      • 5.1.1.2 Skin Care Products
      • 5.1.1.2.1 Facial Care Products
      • 5.1.1.2.2 Body Care Products
      • 5.1.1.2.3 Lip Care Products
      • 5.1.1.3 Bath And Shower
      • 5.1.1.3.1 Shower Gels
      • 5.1.1.3.2 Soaps
      • 5.1.1.3.3 Bath Salts
      • 5.1.1.3.4 Other Bath And Shower Products
      • 5.1.1.4 Oral Care
      • 5.1.1.4.1 Toothbrushes And Replacements
      • 5.1.1.4.2 Toothpaste
      • 5.1.1.4.3 Mouthwashes And Rinses
      • 5.1.1.4.4 Other Oral Care Products
      • 5.1.1.5 Men's Grooming Products
      • 5.1.1.6 Deodorants And Antiperspirants
    • 5.1.2 Cosmetics/Makeup Products
      • 5.1.2.1 Facial Cosmetics
      • 5.1.2.2 Eye Cosmetics Products
      • 5.1.2.3 Lip and Nail Makeup Products
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 Supermarkets/Hypermarkets
    • 5.2.2 Convenience Stores
    • 5.2.3 Pharmacies/Drug Stores
    • 5.2.4 Specialty Stores
    • 5.2.5 Online Retail Channels
    • 5.2.6 Other Distribution Channels
  • 5.3 Category
    • 5.3.1 Premium
    • 5.3.2 Mass
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 Spain
      • 5.4.2.4 France
      • 5.4.2.5 Italy
      • 5.4.2.6 Russia
      • 5.4.2.7 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 L'Oreal SA
    • 6.3.2 Procter & Gamble Co.
    • 6.3.3 Unilever PLC
    • 6.3.4 Colgate-Palmolive Company
    • 6.3.5 The Estee Lauder Companies Inc.
    • 6.3.6 Natura & Co
    • 6.3.7 Johnson & Johnson Services Inc.
    • 6.3.8 Beiersdorf Ag
    • 6.3.9 Shiseido Company Limited
    • 6.3.10 Oriflame Cosmetics Global SA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS