デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403974

ヒト胚性幹細胞 - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測

Human Embryonic Stem Cells - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ヒト胚性幹細胞 - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヒト胚性幹細胞市場は予測期間中にCAGR 9.29%が見込まれる。

Human Embryonic Stem Cells-Market-IMG1

主なハイライト

  • COVID-19のパンデミックは市場の成長に大きな影響を与えたが、これは臨床試験件数の増加や、COVID-19感染の効果的な管理を目的とした幹細胞治療に関する調査の活発化が主な原因でした。COVID-19をめぐっては、各国の政府機関、研究機関、多くのバイオテクノロジー企業や製薬企業が、COVID-19の迅速な診断と治療のための効果的で迅速な技術に注目していました。
  • 例えば、2020年4月に発表されたPubMedの調査論文によると、間葉系幹細胞がCOVID-19の治療に安全かつ有効であることが判明しました。間葉系幹細胞(MSCs)に基づく免疫調節治療は、適切な治療アプローチとして提案されています。このような研究から得られた良好な結果は、COVID-19に対する新たな治療法の開拓につながり、市場の成長を促進しました。現在、市場は大流行前の状態に達しており、今後数年間は力強い成長が見込まれます。
  • 市場の成長は、心疾患や悪性疾患の有病率の高さ、再生医療に対する需要の高まり、政府機関や民間機関からの支援の増加に起因しています。
  • ほとんどの先進国では、臓器移植、組織工学、その他さまざまな用途への応用により、再生医療開発のための政府資金が増加しています。例えば、オーストラリア政府は2021年6月、重篤な疾患や傷害に対する革新的で安全かつ効果的な治療法の発見と開発を支援するため、2,500万米ドルの助成金を通じて幹細胞研究を後押ししました。
  • ヒト胚性幹細胞を用いた治療の分野では、多額の投資が行われており、多額の支出を必要とする様々な臨床試験が現在進行中です。企業は多くの疾病に対処するため、幹細胞を用いた治療法の開発に資金を集めています。例えば、2022年1月、細胞治療製造会社であるCellino Biotech社は、シリーズA資金調達ラウンドで8,000万米ドルを調達しました。セリーノ社は、2025年に初の自律型ヒト細胞ファウンドリーを建設することで、幹細胞を使った治療法へのアクセスを拡大する計画です。
  • さらに、心疾患や悪性疾患の有病率の高さ、再生医療に対する需要の高まりなど、その他の要因も市場を牽引すると予想されます。欧州心臓ネットワークが2021年に発表したデータによると、欧州連合(EU)では6,000万人以上が心血管系疾患を抱えて生活しており、毎年1,300万人近くが新たに心血管系疾患と診断されています。このような心疾患の発生は、胚性幹細胞治療のような効果的な治療法の需要を促進し、市場の成長に貢献すると予想されています。
  • このように、上記の要因から、市場は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。しかし、施術にかかるコストの高さと厳しい規制シナリオが、予測期間中の市場の成長を抑制すると予想されます。

ヒト胚性幹細胞市場の動向

幹細胞生物学研究セグメントは予測年により良い成長を示す見込み

  • 幹細胞は、他の種類の細胞に分化することができる生物学的細胞です。さらに、様々な種類の幹細胞が治療目的で使用されています。がんや神経疾患など様々な疾患に対する臨床段階での複数の応用により、幹細胞は近年、多くのバイオ医薬品企業によって幅広く研究されています。幹細胞生物学研究は、パーキンソン病、がん、その他の疾患の高い有病率のおかげで、より良い成長を示すと思われます。
  • 2022年6月に発表されたParkinson's Foundationのデータによると、米国では毎年約9万人がパーキンソン病と診断されています。2022年8月に発表されたDVC Stem社の記事によると、パーキンソン病に対する幹細胞治療の目標は、破壊された脳細胞を健康な未分化の幹細胞と置き換えることであることが確認されました。
  • さらに2021年9月、ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの医師科学者であるタバールは、パーキンソン病患者の脳に幹細胞を注入し、ドーパミンレベルを回復させる臨床試験を主導しました。さらに、幹細胞研究を加速させるために、政府は研究者に資金提供の機会を提供しています。
  • 例えば、2022年2月に発表されたPubMedのデータでは、インド医学研究評議会(ICMR)が2021年に幹細胞研究の研究員として発表した資金総額は300万米ドルであったと言及されています。したがって、幹細胞分野の研究の増加は、その採用を後押しし、セグメントの成長に寄与しています。
  • このような要因から、この研究市場は予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。
Human Embryonic Stem Cells-Market-IMG2

予測期間中、北米がヒト胚性幹細胞市場で主要シェアを占める

  • 北米地域は、広範な研究活動と慢性疾患や遺伝性疾患の負担が大きいことから、調査市場において大きなシェアを占めると予想されます。米国は糖尿病、心臓病、腎不全、骨粗鬆症の罹患率も高いです。ヒト胚性幹細胞は治療に利用できる可能性が高く、これらの疾患の標準治療になるかもしれないです。例えば、研究者たちは、心臓病、パーキンソン病、脊髄損傷、糖尿病などの様々な病気や傷害に対して、HESCを使って健康な代替組織や細胞を作ろうとしています。
  • 2021年4月、バーテックス・ファーマシューティカルズ・インコーポレイテッドは、VX-880の米国食品医薬品局(FDA)ファスト・トラック指定を受け、重度の低血糖と低血糖自覚障害を伴う1型糖尿病(T1D)患者を対象とした臨床試験を開始しました。VX-880は、1型糖尿病の治療薬として、完全に分化したインスリン産生膵島細胞を利用する、最初の幹細胞由来の治験薬の1つです。このような承認の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。
  • また、様々な治療法の開発のための研究資金が増加していることも、この地域の市場成長を促進すると予想されます。例えば、2022年5月、UBC Medicineの研究者は、6つの再生医療研究プロジェクトと臨床試験を進めるために、カナダのStem Cell Networkから250万米ドル以上を獲得しました。
  • したがって、これらの要因は、予測期間にわたってヒト胚性幹細胞市場の成長に影響を与えると予想されます。

ヒト胚性幹細胞産業の概要

ヒト胚性幹細胞市場は、世界的および地域的に事業を展開する複数の企業の存在により、中程度の競争状態にあります。競合情勢には、市場シェアを持ち、知名度の高い国際企業や地域企業の分析が含まれます。ヒト胚性幹細胞市場の世界的企業は、アステラス製薬、ペプロテック、リネージ・セル・セラピューティクス、メルクKGaA、プロモセルGmbH、STEMCELL Technologies Inc.、サーモフィッシャーサイエンティフィック、ViaCyte, Inc.です。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 心疾患および悪性疾患の高い有病率
    • 再生医療に対する需要の高まり
    • 政府および民間機関からの支援の増加
  • 市場抑制要因
    • 手術にかかるコストの高さ
    • 厳しい規制ガイドライン
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模-米ドル)

  • 用途別
    • 再生医療
    • 幹細胞生物学研究
    • 組織工学
    • 毒性試験
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Astellas Pharma Inc.
    • PeproTech Inc.
    • Lineage Cell Therapeutics Inc.
    • Merck KGaA
    • PromoCell GmbH
    • STEMCELL Technologies Inc
    • Thermo Fisher Scientific
    • ViaCyte, Inc.
    • Takara Bio Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 54446
Human Embryonic Stem Cells - Market - IMG1

The human embryonic stem cell market is expected to witness a CAGR of 9.29% over the forecast period.

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic had a significant impact on the growth of the market, which was majorly due to the rising number of clinical trials and the growing research on stem cell therapies for effective management of COVID-19 infection. In the context of COVID-19, government organizations in various countries, research institutes, and many biotech and pharmaceutical firms were focusing on effective and rapid technologies for the fast diagnosis and treatment of COVID-19.
  • For instance, according to a research article from PubMed published in April 2020, it was found that mesenchymal stem cells are safe and effective for the treatment of COVID-19. Mesenchymal Stem Cells (MSCs)-based immunomodulation treatment has been proposed as a suitable therapeutic approach. The positive results from such studies led to the development of new therapies for COVID-19 and thus propelled the growth of the market. Currently, the market has reached its pre-pandemic nature and is expected to witness strong growth in the coming years.
  • The growth of the market is attributed to the high prevalence of cardiac and malignant diseases, rising demand for regenerative medicines, and increasing support from government and private institutions.
  • Government funding for the development of regenerative medicine has been increasing in most developed countries, owing to its applications in organ transplantation, tissue engineering, and various other applications. For instance, in June 2021, The Australian Government boosted stem cell research through USD 25 million in grants to help find and develop innovative, safe, and effective treatments for serious diseases and injuries.
  • The area of human embryonic stem cell-based therapies garners significant investments, and various clinical trials that require considerable support for expenditure are currently underway. Companies are fundraising to develop stem cell-based therapies to tackle many diseases. For instance, in January 2022, Cellino Biotech, a cell therapy manufacturing company, raised USD 80 million in a Series A financing round. Cellino plans to expand access to stem cell-based therapies by building the first autonomous human cell foundry in 2025.
  • Additionally, other factors, such as the high prevalence of cardiac and malignant diseases and the rising demand for regenerative medicines, are expected to drive the market. According to the data published by the European Heart Network in 2021, in the European Union, more than 60 million people live with Cardiovascular disease, and close to 13 million new cases of cardiovascular diseases are diagnosed every year. Such incidences of cardiac diseases are expected to drive the demand for effective therapeutics, such as embryonic stem cell therapies, thereby contributing to the growth of the market.
  • Thus, owing to the abovementioned factors, the market is expected to project significant growth over the forecast period. However, the high cost of the procedure and stringent regulatory scenario are expected to restrain the growth of the market over the forecast period.

Human Embryonic Stem Cells Market Trends

Stem Cell Biology Research Segment is Expected to Show Better Growth in the Forecast Year

  • Stem cells are biological cells that can differentiate into other types of cells. Additionally, various types of stem cells are used for therapeutic purposes. With multiple applications at the clinical stage for various diseases such as cancer and neurological conditions, these have been explored extensively by many biopharmaceutical companies in recent times. Stem cell biology research will show better growth, owing to the high prevalence of diseases such as Parkinson's disease, cancer, and Others.
  • The data from Parkinson's Foundation published in June 2022 stated that every year, around 90,000 people in the United States are diagnosed with Parkinson's Disease. According to the article from DVC Stem published in August 2022, it was observed that the goal of stem cell therapy for Parkinson's disease is to replace destroyed brain cells with healthy, undifferentiated stem cells.
  • Furthermore, in September 2021, Tabar, a physician-scientist at Memorial Sloan Kettering Cancer Center in New York City, led a clinical trial to inject stem cells into the brains of people with Parkinson's disease to restore dopamine levels. Additionally, to accelerate stem cell research, the government is providing funding opportunities to researchers.
  • For instance, the PubMed data published in February 2022 mentioned that the total funds released by the Indian Council of Medical Research (ICMR) under stem cell research in fellowships in 2021 were USD 3 million. Therefore, increasing research in the field of stem cells is boosting its adoption, which is contributing to the segment growth.
  • Thus, owing to these factors, the market studied is expected to witness a high growth rate over the forecast period.
Human Embryonic Stem Cells - Market - IMG2

North America to Hold a Major Share in the Human Embryonic Stem Cells Market Over The Forecast Period

  • North American region is expected to hold a significant share of the market studied owing to extensive research activities and the region's high burden of chronic diseases and genetic disorders. The United States also shows a high incidence of diabetes, heart disease, renal failure, and osteoporosis. Human embryonic stem cells have a high potential for use in treatment and may become a standard of care for these diseases. For instance, researchers are trying to use HESC to generate healthy replacement tissues and cells for various diseases and injuries such as heart disease, Parkinson's disease, spinal cord injuries, and diabetes.
  • In April 2021, Vertex Pharmaceuticals Incorporated received the United States Food and Drug Administration (FDA) Fast Track Designation for VX-880, and the company initiated a clinical trial for VX-880 in patients who have type 1 diabetes (T1D) with severe hypoglycemia and impaired hypoglycemic awareness. VX-880 is one of the first investigational stem cell-derived therapies utilizing fully differentiated, insulin-producing pancreatic islet cells for the treatment of type 1 diabetes. Such increasing approvals are expected to drive the growth of the market.
  • Also, the increasing research funding for the development of various therapies is expected to drive the growth of the market in this region. For instance, in May 2022, UBC Medicine researchers were awarded over USD 2.5 million from Canada's Stem Cell Network to advance six regenerative medicine research projects and clinical trials.
  • Hence, these factors are expected to influence the growth of the human embryonic stem cells market over the forecast period.

Human Embryonic Stem Cells Industry Overview

The human embryonic stem cells market is moderately competitive due to the presence of several companies operating globally and regionally. The competitive landscape includes an analysis of a few international and local companies that hold market shares and are well known. The global players in the human embryonic stem cells market are Astellas Pharma Inc., PeproTech Inc., Lineage Cell Therapeutics Inc., Merck KGaA, PromoCell GmbH, STEMCELL Technologies Inc., Thermo Fisher Scientific, ViaCyte, Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Prevalence of Cardiac and Malignant Diseases
    • 4.2.2 Rising Demand for Regenerative Medicines
    • 4.2.3 Increasing Support from Governments and Private Institutions
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of the Procedure
    • 4.3.2 Stringent Regulatory Guidelines
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Regenerative Medicine
    • 5.1.2 Stem Cell Biology Research
    • 5.1.3 Tissue Engineering
    • 5.1.4 Toxicology Testing
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle East and Africa
      • 5.2.4.1 GCC
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Astellas Pharma Inc.
    • 6.1.2 PeproTech Inc.
    • 6.1.3 Lineage Cell Therapeutics Inc.
    • 6.1.4 Merck KGaA
    • 6.1.5 PromoCell GmbH
    • 6.1.6 STEMCELL Technologies Inc
    • 6.1.7 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.8 ViaCyte, Inc.
    • 6.1.9 Takara Bio Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS