デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403841

スマートシティ-市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測

Smart Cities - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 171 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
スマートシティ-市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 171 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートシティ市場規模は2024年に1兆3,600億米ドルと推定され、2029年には3兆8,400億米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは23.21%で成長すると予測されます。

Smart Cities-Market-IMG1

本調査における市場規模は、スマートモビリティ管理、スマート公共安全、スマート医療、スマートビルディング、スマート公益事業、スマートセキュリティ、スマート教育など、さまざまな種類のソリューションから得られる収益を示しています。

主要ハイライト

  • スマートシティとは、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、クラウドストレージ、ビッグデータ、データ分析などの最先端技術を活用して利用データを収集・分析し、そこから得られた洞察を資源、サービス、資産の効果的な管理に活用する都市部のことです。都市化と過疎化に対処するための政府の施策の高まりと、持続可能な開発のための資源管理の必要性の高まりが、スマートシティ産業の成長を促進しています。
  • インターネットとモノのインターネットの普及が進んでいることも、世界のスマートシティとプラットフォームの成長を後押ししています。今後3年間で、北米と欧州を中心に26以上のスマートシティが誕生すると予想されており、スマートシティに採用されるAIやIoTセンサーの大きな原動力となっています。
  • 最初の電報式火災報知器から無線機やダッシュ・カムに至るまで、公共安全機関は法執行機関、消防、救急、緊急管理など、常に最新技術をいち早く採用してきました。増加するスマートデバイスネットワークと人工知能の開発により、今日の公共安全技術は、必要なツールキットから、市民の安全を守るために行動を起こすことができる独立したパートナーへと変わりつつあります。
  • 調査対象市場のさまざまな組織が、各国がスマートソリューションを採用できるよう、戦略的パートナーシップ、投資、拡大に注力しています。例えば、ノキアは2022年10月、ドバイ政府のセキュリティ・ネットワーク・プロバイダーであるNedaaとの戦略的パートナーシップを発表し、公共安全利用とスマートシティ向けの革新的な5Gネットワーク・スライシングを模索しています。同様に、シーメンスAGは2022年10月、インドの急速な都市化とエネルギー転換を支援するため、インドに50億ユーロ(54億1,000万米ドル)を投資すると発表しました。
  • さらに、2023年2月には、シンガポールとアジア太平洋の企業(Daily Life Renewable Energy、Mdesigns Solutions、Biodsg、Graymaticsなど)が、アラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)の企業と協力して、アブダビでスマートシティのパイロットプロジェクトを開発します。これらの企業はAdnocなどの地元企業と協力し、街灯の転換やアル・ダンナ市の建物のエネルギー効率を高めることで、レジリエントな都市を開発します。
  • データの機密性が高いため、BFSI、小売、医療などの業界では不可欠です。スマートシティに使用されるIoTプラットフォームは、IoT需要により高い採用率を記録しています。このように、さまざまな業種でスマートシティ向けのプラットフォーム利用が増加しているため、これらのシステムのデータ侵害に対する脆弱性が高まっています。統一されたセキュリティ・プラットフォームへのニーズが高まっており、多くのプロバイダーが複数のソリューションを提供しています。
  • COVID-19はスマートシティの発展を推進しました。スマートシティのインフラは、政府機関が危険なCOVID-19ウイルスを回避するのに役立った。COVID-19以降、政府は、危機発生時の都市の回復力を高めるために、いくつかのスマートシティ技術を導入する可能性も調査しています。シンガポール政府は、産業全体のデジタル化を加速させることの重要性を認識しています。

スマートシティ市場の動向

AIとIoTの普及が市場を牽引

  • インターネットとモノのインターネットの普及が、世界中のスマートシティとプラットフォームの成長を後押ししています。2025年までに26以上のスマートシティが誕生すると予想されており、その大半は北米と欧州に存在します。
  • IoTの利用は、産業用途から救急サービス、公共輸送、公共安全、都市照明、スマートシティアプリケーションまで拡大しています。自治体は、低コスト、効率化、リソース削減のため、IoTが提供する無線通信に移行しています。シスコによると、IoT用途をサポートするマシン・ツー・マシン(M2M)接続は、2022年までに世界のコネクテッド・デバイス285億台の半分以上を占めるようになるといわれています。スマートスピーカー、器具、装置、関連機器からの接続は146億に達し、コネクテッドホーム分野がM2M接続全体の大部分を占めることになります。
  • さらに、他の地域の地方自治体は、エネルギー効率を改善するために、スマート街灯や適応型街灯に投資しています。例えば、シカゴは、4年間で27万個のLED照明の設置を目指すスマート照明プログラムを開始しました。プロジェクトの初年度、市は8万1,000個のLED照明を設置しました。シカゴ市は、年間約1,000万米ドルの光熱費を節約できると見積もっています。このプロジェクトには、停電が発生すると即座に市に警告を発する監視・制御システムが含まれています。また、作業員が街灯の性能を最適化することもできます。
  • デジタル・インディア構想の一環として、インド政府は国内でIoTを推進することを計画しています。政府は、交通の制御、水と電力の効率的な利用、医療やその他のサービスのためのIoTセンサーによるデータ収集など、IoTデバイスを活用した100のスマートシティの開発に700億インドルピー(845億2,000万米ドル)を割り当てた。
  • スマートシティへの取り組みに伴い、IoTやコネクテッドデバイスの増加傾向は予測期間中も続くと予想されます。スマートメーター、スマートホーム、スマート照明、スマート交通など、IoTを利用して接続するコネクテッドデバイスの普及が進むことで、スマートシティプラットフォームの成長が促進される可能性が高いです。
  • 2022年1月現在、インドのウッタル・プラデシュ州は、全国で最もスマートメーターが設置されており、その数は115万を超えます。ビハール州とラジャスタン州がこれに続く。同様に、エネルギー情報局によると、2021年に米国の電力会社によって設置された高度(スマート)計測インフラ(AMI)は約1億1,100万台で、全電気メーターの69%にあたる。AMI設置の約88%は住宅顧客向けであり、AMIメーターは全住宅用電気メーターの約69%を占める。
  • さらに、市場の大手企業は競争に打ち勝つためにIoTやAIベースのソリューションの導入に注力しており、市場の成長をさらに後押ししています。例えば、Hitachiは2022年3月、東南アジアとタイでスマートビルディング・ソリューション事業を本格的に開始すると発表しました。同社は、IoTプラットフォームであるLumadaを活用することで、新常態に対応した物理セキュリティシステムとデジタルサービスでビルに価値を提供することを目指しています。Lumadaは、データを価値ある知識に変え、デジタルイノベーションを推進するための日立の先進的なデジタルサービス、ソリューション、技術です。
Smart Cities-Market-IMG2

アジア太平洋が最も急成長する市場となる見込み

  • アジア太平洋は、革新的な都市技術において最も急成長している地域の一つであり、中国が市場成長において重要な役割を果たしています。中国は、都市のデジタル変革に多額の投資を行ってきました。都市開発に対するトップダウン・アプローチにより、同国は産業と資源を効果的に動員し、スマートシティ建設という国家目標を支援してきました。中国は、官民パートナーシップと集中的な技術革新の推進を通じて、すでに多くの主要都市やセクターに適用されているスマートシティ・インフラを構築しました。
  • 数十年にわたる研究開発の末に新技術が登場し、都市の変貌をリードしてきた企業も少なくないです。Alibaba、Baidu、Didi Chuxing、Huawei、Tencentなどは、杭州、蘇州、深セン、上海、北京などの都市に自社の技術を導入しています。これらの技術は、クラウド・コンピューティング、AI、IoTを駆使してスマートシティのインフラを構築する「デジタル・ブレイン」の基礎となります。
  • 日本政府は、インターネットと物理空間を緊密に結びつけ、人々に生活の質を提供するスマート社会を実現することで、持続可能な開発目標を達成するSociety 5.0構想を支援してきました。日本政府の戦略的イノベーション創造推進プログラム(SIP)は、農業や交通インフラなど各分野の連携基盤の整備や、それらをつなぐ分野間データ連携基盤の整備、スマートシティの基本設計指針であるスマートシティ・リファレンス・アーキテクチャの策定などに役立ってきました。
  • 都市の発展に向けた政府の政策や協力体制は、調査対象市場を牽引すると予想されます。例えば、ベンガルールのスマートシティミッションとインド科学研究所(IISc)の協力により、インド都市データ交換(The India Urban Data Exchange)が創設されました。IUDXは、ULBを含むデータ提供者と利用者が、都市、都市行政、都市サービス提供に関するデータセットを共有、リクエスト、アクセスできる統一インターフェースを提供します。IUDXはオープンソースのソフトウェアプラットフォームであり、異なるデータプラットフォーム、サードパーティの認証・認可を受けたアプリ、その他の情報源との間で、安全かつ認証・管理されたデータ交換を可能にします。IUDXに参加する都市が増えれば、インド都市部全体で、データ生産者と消費者の間で均一かつ摩擦のないデータ共有が可能になります。
  • オーストラリア・エコビルディング協会(GBCA)は、政府のスマートシティ計画を明らかにしました。この新計画は、既存の財政を大幅に調整するものです。手始めに、よりスマートな都市政策を調整し、推進します。これは、地方政府と国の両方が予測される変更に賛同することを確実にするために行われます。さらに、都市の範囲内で、インフラ、イノベーション、持続可能性のための明確なモデルを確立するよう努めると思われます。
  • さらに、この地域のスマートシティ開発を支援するために、いくつかの企業が投資や拡大を行っています。例えば、ハネウェルインターナショナルは2023年3月、バングロール安全都市プロジェクトの第1段階を開始すると発表しました。このプロジェクトを通じて、同社はスマートでコネクテッドな安全・セキュリティ技術を通じて、少女や女性にとって効率的で安全、かつエンパワーメントにつながる環境を確保することを目指しています。同社は、ベンガルール市内の戦略的な3,000以上の場所に7,000台以上のビデオカメラを設置する予定です。これらのカメラには人工知能(AI)対応システムが搭載されています。AIベースのビデオ分析プラットフォームにより、市内全域からのビデオフィードの分析が可能になります。
  • 同様に、2023年1月、Tech Mahindraと日本の田川市は、同市のデジタルトランスフォーメーションを加速するための戦略的協業を発表しました。Tech Mahindraは、田川市がスマートシティになるよう支援します。この協業を通じて、Tech MahindraはIoT、5G、仮想現実、拡大現実などの次世代技術に関する専門知識を強化します。

スマートシティ業界概要

予測期間中、スマートシティ市場は適度に細分化されています。市場の主要企業は、ABB Ltd.、Cisco Systems Inc.、Emerson Electric Co.、IBM Corporation、Ericsson Inc.です。同市場の参入企業は、パートナーシップ、イノベーション、投資、買収などの戦略を採用し、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得しています。

ABBは2023年6月、米国と欧州で事業を展開するミュンヘンのスマートホーム製品大手Eve Systemsの買収を発表し、スマートホーム技術のポートフォリオを強化しました。この買収を通じて、エネルギー価格や気候変動政策によって加速する、スマートで安全かつ持続可能な建物の改修需要に対応することを目指します。

2023年6月、Siemens AGはエジプト初のスマートシティ・エクスペリエンスセンターの開設を発表し、デジタルとリアルの世界を融合させた没入型の体験を顧客に提供します。このセンターでは、効率的で持続可能なスマートシティのインフラ、ビル、産業を構築するための最新技術が紹介されます。このコンセプトを通じて、来場者は現在のコミュニティをスマートシティに変えるメリットを理解することができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • AIとIoTの採用増加
    • 公共の安全とセキュリティに対するニーズの高まり
  • 市場の課題
    • IoTとスマートデバイスに関するセキュリティ上の懸念
  • スマートシティ市場へのCOVID-19の影響

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • スマートモビリティ管理
    • スマート公共安全
    • スマート医療
    • スマートビルディング
    • スマート公益事業
    • スマートセキュリティ
    • スマート教育
    • その他のソリューション
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • スウェーデン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd.
    • Cisco Systems Inc.
    • Emerson Electric Co.
    • IBM Corporation
    • Ericsson Inc.
    • Schneider Electric SE
    • General Electric Co.
    • Siemens AG
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • Honeywell International Inc.
    • Hitachi Ltd.
    • Nokia Corporation
    • Koninklijke Philips NV

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 51702
Smart Cities - Market - IMG1

The Smart Cities Market size is estimated at USD 1.36 trillion in 2024, and is expected to reach USD 3.84 trillion by 2029, growing at a CAGR of 23.21% during the forecast period (2024-2029).

The market numbers in the study indicate the revenue generated from various types of solutions such as smart mobility management, smart public safety, smart healthcare, smart building, smart utilities, smart security, smart education, and other solutions.

Key Highlights

  • A smart city is an urban area that makes use of cutting-edge technologies such as artificial intelligence (AI), the Internet of Things (IoT), cloud storage, big data, and data analytics to gather and analyze utilization data and use the insights gained from them to manage resources, services, and assets effectively. Growing government measures to address urbanization and overpopulation and the growing need for resource management for sustainable development are driving growth in the smart cities industry.
  • The increased adoption of the Internet and the Internet of Things propel the growth of smart cities and platforms worldwide. It is expected that by the next three years, there will be more than 26 smart cities, with the majority existing in North America and Europe, providing a major drive to the AI and IoT sensors for adoption in smart cities.
  • From the first telegraphic fire alarms to radios and dash cams, public safety agencies-law enforcement, fire, EMS, and emergency management-have always been early adopters of the newest technologies. Increasing smart device networks and the development of artificial intelligence are turning public safety technology today from a necessary toolkit into an independent partner that can take action to keep the public safe.
  • Various organizations in the studied market are focusing on strategic partnerships, investments, and expansion to help countries adopt smart solutions. For instance, in October 2022, Nokia announced a strategic partnership with Nedaa, the security network provider of the Dubai government, to explore innovative 5G network slicing for public safety use and smart cities. Similarly, in October 2022, Siemens AG announced to invest EUR 5 billion ( USD 5.41 billion) in India to support the country's rapid urbanization and energy transformation.
  • Moreover, in February 2023, Companies from Singapore and Asia Pacific, such as Daily Life Renewable Energy, Mdesigns Solutions, Biodsg, and Graymatics, among others, will collaborate with United Arab Emirates (UAE) firms to develop smart city pilot projects in Abu Dhabi. These companies will collaborate with local entities such as Adnoc and the rest to develop resilient cities by transforming street lighting and increasing the energy efficiency of Al Dannah City buildings.
  • Data security is the prime concern of every government incorporating the smart city plan, as it is vital in industries such as BFSI, retail, healthcare, and others, owing to the sensitive nature of the data. IoT platforms used for smart cities are experiencing high adoption rates due to IoT demand. This increasing use of these platforms for smart cities across various verticals has increased the vulnerabilities of these systems to data breaches. The need for a uniform security platform is increasing, with many providers offering multiple solutions.
  • COVID-19 propelled the development of smart cities. Smart city infrastructure helped government agencies avoid the dangerous COVID-19 virus. Post-COVID-19, the government has also been investigating the potential for implementing some smart city technologies to increase urban resilience in times of crisis. The government of Singapore has acknowledged the significance of accelerating the nation's degree of digitization across industries.

Smart Cities Market Trends

Rising Adoption of AI and IoT to Drive the Market

  • The increased adoption of the Internet and the Internet of Things propel the growth of smart cities and platforms worldwide. It is expected that by 2025, there will be more than 26 smart cities, with the majority existing in North America and Europe, providing a major drive to the AI and IoT sensors for adoption in smart cities.
  • The use of IoT has increased, from industrial applications to emergency services, public transportation, public safety, city lighting, and smart city applications. Municipalities are moving to wireless communications offered by IoT due to low cost, greater efficiency, and resource reduction. According to Cisco, machine-to-machine (M2M) connections supporting IoT applications will account for over half of the world's 28.5 billion connected devices by 2022. Connections from smart speakers, fixtures, devices, and associated devices will reach 14.6 billion, and the connected home vertical will account for the bulk of total M2M connections.
  • Furthermore, local governments in other parts are investing in smart and adaptive streetlights to improve energy efficiency. For instance, Chicago has launched a smart lighting program that aims to install 270,000 LED lights over four years. During the project's initial year, the city installed 81,000 LED lights. Chicago estimates it will save around USD 10 million yearly in utility costs. The project includes a monitoring and control system that immediately alerts the city of any outages. It also allows workers to optimize the performance of the streetlights.
  • As part of the Digital India initiative, the Indian government has planned to push IoT in the country. The government allocated INR 7,000 crore ( USD 84.52 billion) for the development of 100 smart cities powered by IoT devices to control traffic, efficiently use water and power, and collect data using IoT sensors for healthcare and other services.
  • With smart city initiatives, the trend of increasing IoT and connected devices is expected to continue over the forecast period. The growing adoption of connected devices that include smart meters, smart homes, smart lighting, and smart transportation, among others that use IoT to connect, is likely to propel the growth of smart city platforms.
  • As of January 2022, the state of Uttar Pradesh in India had the smartest meters installed nationwide, with over 1.15 million of them. Bihar and Rajasthan are ranked after this. Similarly, according to the Energy Information Administration, About 111 million advanced (smart) metering infrastructure (AMI) installations, or 69% of all electric meter installations, were made by U.S. electric utilities in 2021. About 88% of all AMI installations were for residential customers, and AMI meters made up about 69% of all residential electric meters.
  • Moreover, the leading players in the market are focusing on introducing IoT and AI-based solutions to stay ahead of the competition, further supporting the market growth. For instance, in March 2022, Hitachi announced the launch of a full-scale Smart Building Solution business for Southeast Asia and Thailand. The company aims to provide value to buildings with Physical Security Systems and Digital Services for the New Normal by utilizing Lumada, an IoT Platform. Lumada is Hitachi's advanced digital services, solutions, and technologies for turning data into valuable knowledge to drive digital innovation.
Smart Cities - Market - IMG2

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • Asia-Pacific is one of the fastest-growing regions for innovative city technologies, with China playing a significant role in the market growth. China has made significant investments in the digital transformation of its cities. With its top-down approach to urban development, the country has effectively mobilized its industries and resources to support its national aim of constructing smart cities. China has built smart city infrastructure that has already been applied to many of its main metropolises and sectors through public-private partnerships and the promotion of focused technical innovation.
  • A few firms have taken the lead in the transformation of cities as new technologies emerge after decades of research and development. Alibaba, Baidu, Didi Chuxing, Huawei, and Tencent are among those that have integrated their technology in cities such as Hangzhou, Suzhou, Shenzhen, Shanghai, and Beijing. These technologies then serve as the foundation for "digital brains," which use cloud computing, AI, and IoT to lay the groundwork for smart city infrastructure.
  • The Japanese government has been supporting the Society 5.0 concept to achieve Sustainable Development Goals by realizing a smart society that provides people with a better quality of life by tightly connecting the internet and physical space. The Japanese government's Strategic Innovation Promotion Program (SIP) has been instrumental in the development of collaboration infrastructure in each field, such as agriculture and transportation infrastructure, as well as the development of inter-field data collaboration infrastructure to connect them, and the formulation of the Smart City Reference Architecture as a basic design guideline for smart cities.
  • Government policies and collaborations towards the development of cities are expected to drive the studied market. For Instance, The India Urban Data Exchange was created in collaboration with the Smart Cities Mission and the Indian Institute of Science (IISc) in Bengaluru. IUDX provides a unified interface for data suppliers and users, including ULBs, to share, request, and access datasets relating to cities, urban government, and urban service delivery. IUDX is an open-source software platform that enables secure, authenticated, and managed data exchange between different data platforms, third-party certified and authorized apps, and other sources. As the number of cities on IUDX grows, this would lead to uniform and frictionless data sharing between data producers and consumers throughout urban India.
  • The Green Building Council of Australia (GBCA) has revealed the government's Smart Cities Plan, which should increase investment performance and seek to improve the country's sustainability factor. This new plan would make significant adjustments to the existing finances. To begin, it would coordinate and drive smarter city policies. This is done to ensure that both local and national governments are on board with the projected changes. Furthermore, it would endeavor to establish clear models for infrastructure, innovation, and sustainability inside city bounds.
  • Furthermore, Several companies are making investments and expansions to support the smart city development in the region. For instance, in March 2023, Honeywell International announced the launch of phase one of the Banglore Safe City Project. Through this project, the company aims to secure an efficient, safe, and empowering environment for girls and women through its smart and connected safety and security technology. The company will likely install more than 7,000 video cameras at more than 3,000 strategic locations within Bengaluru. These cameras are equipped with artificial intelligence (AI) enabled systems. The AI-based video analytics platform will allow for the analysis of video feeds from across the city.
  • Similarly, in January 2023, Tech Mahindra and Tagawa City in Japan announced a strategic collaboration to accelerate digital transformation in the city. Tech Mahindra will help Tagawa become a smart city. Through this collaboration, Tech Mahindra will enhance its expertise in next-generation technologies such as IoT, 5G, virtual reality, and augmented reality.

Smart Cities Industry Overview

The smart cities market is moderately fragmented during the forecast period. The major players in the market are ABB Ltd, Cisco Systems Inc., Emerson Electric Co., IBM Corporation, and Ericsson Inc. Players in the market are adopting strategies such as partnerships, innovations, investments, and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

In June 2023, ABB announced the acquisition of Eve Systems, a Munich-based leader in smart home products with operations in the United States and Europe, to strengthen its smart home technology portfolio. Through this acquisition, the company aims to meet the accelerating demand for smart, safe, and sustainable retrofitting of buildings driven by energy prices and climate policies.

In June 2023, Siemens AG announced the opening of Egypt's first Smart Cities Experience Centre to offer customers an immersive experience that combines the digital and real worlds. The center will showcase the latest technologies for creating efficient and sustainable smart city infrastructure, buildings, and industries. Through this concept, visitors can understand the benefits of transforming current communities into smart cities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising adoption of AI and IOT
    • 5.1.2 Growth in the need for public safety and security
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Security Concerns Related to IoT and Smart Devices
  • 5.3 Impact of COVID-19 on the Smart Cities Market

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 Smart Mobility Management
    • 6.1.2 Smart Public Safety
    • 6.1.3 Smart Healthcare
    • 6.1.4 Smart Building
    • 6.1.5 Smart Utilities
    • 6.1.6 Smart Security
    • 6.1.7 Smart Education
    • 6.1.8 Other Solutions
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 Germany
      • 6.2.2.3 France
      • 6.2.2.4 Sweden
      • 6.2.2.5 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 India
      • 6.2.3.4 Australia
      • 6.2.3.5 South Korea
      • 6.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
      • 6.2.4.1 Mexico
      • 6.2.4.2 Brazil
      • 6.2.4.3 Argentina
      • 6.2.4.4 Rest of Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa
      • 6.2.5.1 Saudi Arabia
      • 6.2.5.2 United Arab Emirates
      • 6.2.5.3 South Africa
      • 6.2.5.4 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ABB Ltd.
    • 7.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.3 Emerson Electric Co.
    • 7.1.4 IBM Corporation
    • 7.1.5 Ericsson Inc.
    • 7.1.6 Schneider Electric SE
    • 7.1.7 General Electric Co.
    • 7.1.8 Siemens AG
    • 7.1.9 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 7.1.10 Honeywell International Inc.
    • 7.1.11 Hitachi Ltd.
    • 7.1.12 Nokia Corporation
    • 7.1.13 Koninklijke Philips NV

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET