デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403753

クラウドセキュリティソフトウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測2024年~2029年

Cloud Security Software - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
クラウドセキュリティソフトウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドセキュリティソフトウェア市場規模は、2024年に457億米ドルと推定され、2029年には1,025億9,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは17.56%で成長すると予測されます。

Cloud Security Software-Market-IMG1

主なハイライト

  • データ生成量の増大と技術の複雑化により、企業は運用とデータ管理をクラウドサービスに大きく依存するようになっています。このようなクラウドサービスの導入拡大は、クラウド・セキュリティ・ソリューションの需要に直接影響を与えます。
  • クラウド技術とクラウドベースのリソースは、致命的なサイバーセキュリティの脅威の増加を緩和するのに役立ちます。クラウドセキュリティは、アプリケーション、インフラ、データのセキュリティに不可欠な一連のポリシーとコントロールを必要とします。データ損失、侵害、安全でないアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)などの脅威は、クラウド・コンピューティング・プラットフォーム上で頻繁に発生しています。サイバー環境と関連技術の進化は、新たな脅威への道を開いた。サイバー攻撃は高度に標的化され、持続的で、技術的に高度なものとなっています。
  • BFSI業界は、膨大な顧客ベースと金融情報が危機に瀕しているため、複数のデータ漏洩やサイバー攻撃に直面する重要なインフラセグメントの1つです。サイバー犯罪者は、金融業界は比較的リスクが低く、検出しやすいという利点があり、非常に有利な事業モデルであるため、金融業界を動けなくするために有害なサイバー攻撃を大量に活用しています。これらの攻撃の脅威は、トロイの木馬、マルウェア、ATMマルウェア、ランサムウェア、モバイルバンキングマルウェア、データ侵害、組織侵入、データ盗難、財政侵害など多岐にわたる。
  • セキュリティ・ソリューションを提供するベンダーは、他のマネージド・セキュリティ・サービス・プロバイダーとの連携に積極的に取り組んでいます。例えば、2022年10月、グーグル・クラウドは、信頼できるクラウド・エコシステムの大幅な拡張を宣言しました。より優れたデータ主権管理の実現、ゼロ・トラスト・モデルの支援、ID管理の統一、世界・ビジネス向けのエンドポイント・セキュリティの改善に焦点を当てた、20社以上のパートナーとの新たな統合と提供を強調しています。
  • しかし、レガシーインフラとの様々な複雑な統合などの要因が、予測期間を通じて市場全体の成長を制限する可能性があります。
  • COVID-19の発生により、クラウドセキュリティ市場は大きく成長しました。クラウドベースのサービスやツールは、さまざまな国でロックダウンが実施される中、企業がリモートワークアクセスを導入することにより、ますます適応されるようになったため、COVID-19後の期間には大きな成長が見込まれます。このパンデミックの間にクラウドベースのサービスの利用が増加したことで、数百万人が不慣れで安全性の低い環境で仕事をするようになり、サイバー攻撃のホットスポットとなった。そのため、クラウド・セキュリティ・ソリューションは、このパンデミック時に重要な役割を果たし、今後も急増が予想されます。

クラウドセキュリティソフトウェア市場の動向

ヘルスケア分野が大きな成長を遂げる

  • ヘルスケア組織は、遠隔地の臨床オフィス、治験施設、リハビリ施設、アウトソーシング、オフサイト・ワーカーなどのために分散化が進んでおり、各オフィスや個人は、さまざまなデバイスを介してアプリケーションやリソースにユニークかつシームレスにアクセスする必要があります。ヘルスケア組織は、システムやアプリケーションの柔軟性、拡張性、可用性の向上など、クラウド技術が提供するメリットを認識しています。
  • 電子カルテやその他の患者の詳細情報が各病院に登録されるなど、ヘルスケアの進歩に伴い、データの潜在的な脆弱性が増加しており、そのためネットワーク・セキュリティの実装が最重要課題となっています。
  • AI、データ主導型のセキュリティ監視、行動分析を活用することで、クラウドベースのセキュリティはより効果的になります。例えば、マイクロソフトの統合インテリジェント・セキュリティ・グラフは、毎日何十億ものデータポイントを収集し、機械学習とAIを使用して、進化するサイバーセキュリティ攻撃を分析・特定します。
  • 米国食品医薬品局は2022年4月、医療機器のサイバーセキュリティに関するガイダンス案「医療機器におけるサイバーセキュリティ、市販前申請の内容および品質システムに関する考慮事項」を公表しました。ガイダンス案は、製品のライフサイクル全体を通して医療機器を保護することを強調しています。これらの勧告は、効率的な市販前審査プロセスを可能にし、販売される医療機器がサイバーセキュリティの脅威に対して十分な耐性を持つことを保証するのに役立ちます。
  • 2023年5月のヘルスケアデータブリーチレポートによると、同月のデータブリーチの大半はハッキングによるITインシデントで、その多くはランサムウェア攻撃やデータ盗難、恐喝の試みでした。この月のデータ漏えいの約81.33%はハッキングとITインシデントで、これらのインシデントが漏えいした全記録の約99.54%を占めました。これらのインシデントにより、約18,956,101人分の保護されるべき健康情報が漏洩または盗難されました。データ漏洩の平均規模は310,756件、中央値は3,833件でした。
Cloud Security Software-Market-IMG2

アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる

  • アジア太平洋地域では、さまざまなIoTデバイスの利用が増加し、デジタルトランスフォーメーションの範囲とスピードが増しているため、現在のネットワークインフラはサイバー攻撃に広くさらされるようになっています。ソーシャルメディア、インターネット、モバイルの利用者はいずれも近年急激に増加しており、この地域のサイバーセキュリティの力強い成長に寄与しています。このことは、予測期間を通じて同地域の市場成長機会を促進すると予想されます。
  • さらに、この地域のさまざまな政府は、サイバーフィッシング、マルウェア、その他のサイバーセキュリティの脅威の影響を軽減するために、新しいサイバーセキュリティに関する法律を制定しています。例えば、韓国のICT省は、増大する新たなデジタル脅威に対応するため、2023年までに6,700億ウォン(6億700万米ドル)を投じて同国のサイバーセキュリティ能力を強化する計画を発表しました。同国は、クラウドやデータセンターの大手企業と協力し、脅威情報をリアルタイムで収集することで、サイバーセキュリティの脅威に迅速に対応できるインフラを整備する計画です。
  • 最近、中国によるインドの送電網への攻撃が複数回発生しています。2022年4月、インドの電力部門は長期的な作戦でハッカーの標的にされました。このグループは主に、中国国家安全保障省の請負業者が開発したとされるトロイの木馬「シャドウパッド」を利用していました。
  • また、技術の進歩により、中国では接続機器の数が増加しています。世界的にも重要なモノのインターネット(IoT)市場です。さらに、5Gおよび5G対応デバイスは、デバイスの相互接続性を飛躍的に高める。その結果、接続されたデバイスの全体的な適応性が高まるため、市場におけるセキュリティ製品のニーズが直接的に高まる。さらに、ウェブサイトは第三者によって操作されたり、なりすまされたりしやすくなり、ウェブサイトと通信するユーザーの機密データは、外国の諜報機関によってより簡単に傍受される可能性があります。
  • 2023年7月、クラウドコンピューティングとネットワークセキュリティに特化したITインフラソリューションのプロバイダーであるSangfor Technologiesと、タイのクラウドセキュリティとサイバーセキュリティサービスのプロバイダーであるCloudsec Asiaは、主にサイバー脅威検出のための包括的なマネージドサービスを提供するための戦略的パートナーシップを締結しました。Sangfor TechnologiesとCloudsec Asiaの提携は、企業組織における効果的なサイバー脅威管理に対する需要の高まりに対応することを目的としています。両社の専門知識を活用することで、サイバーセキュリティ管理に関連する時間的制約、限られたリソース、技術的複雑性などの課題を克服しながら、組織がサイバー脅威をプロアクティブに緩和・検出できるようにするマネージドサービスを提供します。

クラウドセキュリティソフトウェア業界の概要

クラウドセキュリティソフトウェアの市場は、長年にわたるサイバー攻撃の増加により断片化しています。企業は、クラウドに保存されたデータに対する認識と注意力を高めています。そのため、NortonLifeLock社(Broadcom Inc.)、CA Technologies社(Broadcom Inc.)、Microsoft Corporation社、Armor Defense Inc.等の製品が提供されています。

2023年4月、初の統合CNAPPおよびXDRプラットフォームを提供するUptycsは、GitHubの監査ログとOktaおよびAzure Active DirectoryのユーザーID情報を収集・分析し、開発者がリポジトリから本番環境にコードを出し入れする際の不審な行動を明らかにする機能を宣言しました。その結果、「早期警告システム」が実現し、セキュリティ・チームは、クラウドの至宝であるデータやサービスにアクセスされる前に、脅威の主体を特定し、阻止することができます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と成果
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19による業界への影響と回復の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • デジタルトランスフォーメーションの実践
    • モバイルやその他のデバイスを通じたデジタルサービスの利用拡大
  • 市場の課題
    • レガシーインフラとの複雑な統合
  • サイバーセキュリティ関連プラクティスにおける主要な革新と進歩の分析
  • 主要な業界標準とフレームワーク
  • 主な使用事例

第6章 市場セグメンテーション

  • ソフトウェア別
    • クラウドIAM
    • Web・メールセキュリティ
    • SIEM
    • CASB
    • 脆弱性・リスク管理
    • その他ソフトウェア
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー別
    • IT &テレコム
    • BFSI
    • 小売・消費財
    • ヘルスケア
    • 製造業
    • 政府機関
    • その他エンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ジェミニ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Symantec(Broadcom)
    • Palo Alto Networks
    • Cisco
    • McAfee
    • HPE
    • Checkpoint
    • Zscaler
    • Fortinet
    • Sophos

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50235
Cloud Security Software - Market - IMG1

The Cloud Security Software Market size is estimated at USD 45.70 billion in 2024, and is expected to reach USD 102.59 billion by 2029, growing at a CAGR of 17.56% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • The growing data generation and increasing complexity of technologies have resulted in a heavy dependence of organizations on cloud services for operations and data management. This growth in the adoption of cloud services directly impacts the demand for cloud security solutions.
  • Cloud technology and cloud-based resources help mitigate the rise in lethal cyber-security threats. Cloud security requires a set of policies and controls vital for the security of applications, infrastructure, and data. Threats, such as data loss, breaches, and insecure application programming interfaces (API), are frequent on the cloud computing platform. The evolution of the cyber environment and related technologies paved the way for new threats. Cyber-attacks are highly targeted, persistent, and technologically advanced.
  • The BFSI industry is one of the critical infrastructure segments that face multiple data breaches and cyber-attacks, owing to the massive customer base that the sector serves and the financial information that is at stake. Cybercriminals are leveraging an abundance of harmful cyberattacks to immobilize the financial industry since it is a highly lucrative operating model with the added benefit of relatively low risk and detectability. These attacks' threat landscape ranges from Trojans, malware, ATM malware, ransomware, mobile banking malware, data breaches, institutional invasion, data thefts, fiscal breaches, etc.
  • Vendors offering security solutions are actively involved in collaborating with other managed security service providers. For instance, in October 2022, Google Cloud declared a significant extension of its trusted cloud ecosystem. It highlighted new integrations and offerings with more than twenty partners focused on enabling more excellent data sovereignty controls, assisting Zero Trust models, unifying identity management, and improvising endpoint security for global businesses.
  • However, factors like integrating various complexities with legacy infrastructure could limit the market's overall growth throughout the forecast period.
  • Due to the outbreak of COVID-19, the cloud security market grew significantly. It was expected to witness massive growth during the post-COVID-19 period as cloud-based services and tools were increasingly adapted due to organizations deploying remote work access amid lockdowns in different countries. The rise in the usage of cloud-based services during this pandemic became a hotspot for cyberattacks as millions worked in unfamiliar, less secure circumstances. Thus, a cloud security solution played a vital role during this pandemic and is expected to witness a surge.

Cloud Security Software Market Trends

Healthcare Sector to Witness the Significant Growth

  • Healthcare organizations have become more distributed, owing to remote clinical offices, trial sites, rehab facilities, outsourcing, and off-site workers, leading each office and individual to require unique yet seamless access to applications and resources via various devices. Healthcare organizations recognize the benefits provided by cloud technology, such as greater flexibility, scalability, and availability of systems and applications.
  • With advancements in healthcare, such as electronic medical records and other patient details being registered with the respective hospitals, the potential vulnerability for the data has been increasing, owing to which the implementation of network security has been of primary importance.
  • Using AI, data-driven security monitoring, and behavioral analytics makes cloud-based security more effective. For instance, Microsoft's integrated intelligent security graph collects billions of data points daily and uses machine learning and AI to analyze and identify evolving cybersecurity attacks.
  • In April 2022, the U.S. Food and Drug Administration published a draft guidance, Cybersecurity in Medical Devices, Content of Premarket Submissions and Quality System Considerations, regarding medical device cybersecurity. The draft guidance emphasizes safeguarding medical devices throughout a product's life cycle. These recommendations can enable an efficient premarket review process and help assure that marketed medical devices are sufficiently resilient to cybersecurity threats.
  • According to May 2023 Healthcare Data Breach Report, most of the month's data breaches were hacking IT incidents, many of which were ransomware attacks and data theft or extortion attempts. Around 81.33% of the month's data breaches were hacking, and IT incidents, and those incidents accounted for approximately 99.54% of all breached records. The protected health information of about 18,956,101 individuals was exposed or stolen in those incidents. The average data breach size was 310,756 records, and the median breach size was 3,833.
Cloud Security Software - Market - IMG2

The Asia-Pacific to Witness the Highest Growth

  • Due to the rise in the usage of various IoT devices and the increasing scope and speed of digital transformation in the Asia-Pacific region, the current network infrastructure is becoming widely exposed to cyberattacks. Social media, internet, and mobile users have all seen a drastic rise in recent years, contributing to the region's strong growth in cybersecurity. This is expected to fuel the market growth opportunity within the region throughout the forecast period.
  • Moreover, the region's various governments are imposing new cybersecurity laws to reduce the impact of cyber phishing, malware, and other cybersecurity threats. For instance, South Korea's ICT ministry announced the plan to spend KRW 670 billion (USD 607 million) by 2023 to bolster the country's cybersecurity capabilities to respond to growing new digital threats. The country plans to develop infrastructure to quickly respond to cybersecurity threats by collaborating with major cloud and data center companies to collect threat information in real time, compared to the current system that relies on individual reports.
  • Recently, there have been multiple attacks on Indian power grids by China. In April 2022, India's power sector was targeted by hackers in a long-term operation. The group primarily utilized the trojan ShadowPad, which is believed to have been developed by the contractors for China's Ministry of State Security.
  • Also, due to the rise in technological advancements, there is an increase in the number of connected devices in China. It is a significant Internet of Things (IoT) market globally. Furthermore, 5G and 5G-enabled devices exponentially increase the devices' interconnectivity. As a result, it increases the overall adaptability of the connected devices, thereby directly augmenting the need for security products in the market. Moreover, the websites are thereby prone to be manipulated and impersonated by third parties, and sensitive user data communicated with the website can be intercepted more easily by foreign intelligence agencies.
  • In July 2023, Sangfor Technologies Co., Ltd., a provider of IT infrastructure solutions specializing in Cloud Computing & Network Security, and Cloudsec Asia Co., Ltd., a provider of cloud security and cyber security services in Thailand, formed a strategic partnership primarily to deliver comprehensive managed services for cyber threat detection. The collaboration between Sangfor Technologies and Cloudsec Asia targets to address the rising demand for effective cyber threat management within business organizations. By leveraging their expertise, the companies would deliver a managed service that empowers organizations to proactively mitigate and detect cyber threats while overcoming challenges like time constraints, limited resources, and technological complexities associated with cybersecurity management.

Cloud Security Software Industry Overview

The market for cloud security software is fragmented due to the rise in cyber-attacks over the years. Enterprises have become more aware and careful regarding their data stored in the cloud. Thus, they offer offerings from NortonLifeLock Inc. (Broadcom Inc.), CA Technologies (Broadcom Inc.), Microsoft Corporation, Armor Defense Inc., etc.

In April 2023, Uptycs, the provider of the first unified CNAPP and XDR platform, declared the ability to collect and analyze GitHub audit logs and user identity information from Okta and Azure Active Directory to reveal suspicious behavior as the developer moves code in and out of repositories and into production. The result is an "early warning system" that enables the security teams to identify and stop threat actors before they can access the cloud's crown jewel data and services.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 An Assessment of the Impact and Recovery from COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Adoption of Digital Transformation Practices
    • 5.1.2 Growing Use of Digital Services Through Mobile and Other Devices
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Integration Complexities with Legacy Infrastructure
  • 5.3 Analysis of Key Innovations and Advancements in Cybersecurity Related Practices
  • 5.4 Key Industry Standards & Frameworks
  • 5.5 Key Use Cases

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Software
    • 6.1.1 Cloud IAM
    • 6.1.2 Web and Email Security
    • 6.1.3 SIEM
    • 6.1.4 CASB
    • 6.1.5 Vulnerability and Risk Management
    • 6.1.6 Other Software
  • 6.2 By Organization Size
    • 6.2.1 SME
    • 6.2.2 Large Enterprises
  • 6.3 By End User
    • 6.3.1 IT & Telecom
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 Retail & Consumer Goods
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Manufacturing
    • 6.3.6 Government
    • 6.3.7 Other end-users
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Gemany
      • 6.4.2.2 United Kingdom
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 India
      • 6.4.3.2 China
      • 6.4.3.3 Japan
      • 6.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Symantec (Broadcom)
    • 7.1.3 Palo Alto Networks
    • 7.1.4 Cisco
    • 7.1.5 McAfee
    • 7.1.6 HPE
    • 7.1.7 Checkpoint
    • 7.1.8 Zscaler
    • 7.1.9 Fortinet
    • 7.1.10 Sophos

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS