市場調査レポート
商品コード
1403075

ガスセンサー:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Gas Sensors - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
ガスセンサー:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ガスセンサの市場規模は2024年に15億3,000万米ドルと推定され、2029年には25億2,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは10.40%で成長します。

Gas Sensors-Market-IMG1

主要ハイライト

  • ワイヤレス機能の進化と小型化に加え、安全な距離で有毒ガスや可燃性ガスの検出能力を最小限に抑えることなく、さまざまな機器や機械への統合を容易にする通信機能の向上が、ガスセンサー市場を後押ししています。これに加えて、COVID-19の大流行は、空気の質、特にオフィス、家庭、その他の公共スペースのいずれにおいても屋内の空気の質を維持することの重要な役割をさらに強調しました。
  • 注目すべきは、工業生産プロセスではさまざまなガスが使用されるだけでなく、環境排出物全体でもかなりの割合を占めていることです。政府はこのようなガスの漏れを規制しており、そこでガスセンサーの需要が高まっています。例えば、EUは指令2010/75/EUを制定し、工業施設による大気への汚染物質排出を規制しています。さらに最近、EUの政策立案者は、石油・ガス会社に国内のメタン排出量を報告させ、この強力な温室効果ガスの漏れを修正するための法案を提案しました。これは、メタンガスが二酸化炭素に次ぐ気候変動の原因であり、著しく大きな温暖化効果をもたらしているためで、悲惨な気候変動を回避するためには、この10年間で世界のメタン排出量を大幅に削減する必要があります。
  • 世界中の政府や政治機関は、温室効果ガスの排出を削減するための目標を設定しています。例えば、EUは2050年までに温室効果ガスの排出を正味ゼロにするという目標を掲げています。また、中国、米国、インド、ロシアなどの国々は、排出率に取り組むために厳しい規制を採用するようになってきています。
  • 最近、2022年8月、インド連邦内閣は、2030年までにGDPの排出原単位を2005年比で約45%削減し、2030年までに非化石燃料ベースのエネルギー資源による総電力設備容量の約50%を達成することを約束する、インドの最新の国家決定貢献(NDC)を承認しました。
  • さらに、職場や労働の安全に関する政府の規制はますます厳しくなっており、こうした規則を遵守することは組織の事業継続に不可欠です。例えば欧州では、EU-OSHAが欧州の事業場を結びつけ、リスク予防の文化を促進するための情報や知識を共有することでこれを実現しています。また、欧州社会権の柱行動計画5で発表されたOSHの枠組みは、パンデミック後の世界を背景に、労働者の安全衛生を強化するために今後数年間に必要な重要な優先事項と行動を定めています。
  • このような規制は、有害ガスへの暴露など職場における危険から労働者を保護するための対策を雇用者に義務付けることで、ガスセンサの需要を高めています。
  • 従来の発電所に存在するガスセンサーは、硫黄酸化物、水銀、窒素、二酸化炭素などの汚染物質の排出を制限するために急増しています。これらの規制は、資源を有効に利用することで、温室効果ガスの排出やその他の汚染を最小限に抑えようとするものです。センサーは、タービン効率の向上、プラントの安全性向上、送電ロスの低減、環境への影響の低減に貢献します。
  • さらに、新興国市場は急速な変化を遂げており、一酸化炭素や二酸化炭素のような主要ガス用のさまざまなタイプのセンサーが利用可能になっています。さらに、技術革新や製品の差別化の低さとともに、コストの増加も変化し続ける市場の課題となっています。

ガスセンサー市場の動向

安全性と規制が産業導入の主要原動力

  • 近年、さまざまな産業でさまざまな種類のガスが原料として利用されています。ガス漏れが発生した場合、人命だけでなく物的損害のリスクも大きいため、これらのガスを制御・監視することが極めて重要になっています。したがって、排出されるガスを継続的に監視・制御する必要性が、産業界におけるガスセンサーの必要性を生みました。
  • さらに、政府の厳しい規制は、産業をより安全にするためにガスセンサの応用をさらに義務付けた。これにより、産業界はガス漏れに関連する事故を防ぐことに自信を持つようになった。例えば、疾病管理予防センターの調査によると、カナダでは年間約50人がCO中毒で死亡しています。その結果、一酸化炭素(CO)ガスセンサーを採用することは有益です。これらの製品は、知らず知らずのうちに家庭内に危険なレベルのCOガスが蓄積してしまう可能性があるからです。
  • さらに、ガスセンサーは、効率的なエネルギー使用と居住者の安全性により、インテリジェント住宅での採用が増加しています。さらに、こうした装置の設置や設置に関する政府の基準や規制が実施されています。例えば、全米防火協会(National Fire Protection Association)は、NFPA720と呼ばれる規格を発行しており、その5.1.1.1項と5.1.1.2項では、すべてのCOセンサーは、すべての寝室のすぐ近くの各寝室の外に設置する必要があり、すべての検知器は、天井、壁、またはユニットに付属する設置説明書に記載されているその他の場所に設置する必要があるとしています。
  • さらに、急速な工業化と、精製と製薬産業からの廃水処理に対する要求の増加が、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、世界中で飲料水の需要が高まっていることも、ガスセンサー需要に好影響を与えています。ガスセンサーは水処理施設で主に使用され、塩素などさまざまな化学物質の存在を監視し、水漏れやその他の問題が発生した場合に作業員に警告を発します。このような背景には、中央公害管理委員会が、下水処理場(STP)を含む17のカテゴリーに分類される主要な汚染産業に対して指示を出すため、州公害管理委員会と公害管理委員会に対し、水・大気法第18条1項bに基づく指示を出すなど、政府の規範があります。
  • 処理された清潔な水に対する差し迫った要求は、世界の人口の増加と製造業の拡大によって加速しています。そのため、ガスセンサーは、硫化水素、メタン、二酸化炭素などのさまざまなガスを監視するために、廃水処理施設でよく使用されています。
Gas Sensors-Market-IMG2

アジア太平洋が急成長市場になる見込み

  • アジア太平洋は、ガスセンサ市場において最も急成長している地域のひとつと考えられており、予測期間中も市場をリードしていくと予想されています。インドや中国などの国々で、大気汚染物質が人体に与える影響に関する意識が高まっていることが、大気質モニタリング用ガスセンサの需要を促進しています。
  • 例えば、2022年9月、Figaro Engineering Inc.は、安全、環境ガスモニタリング、食品、教育用途向けの無鉛ガルバニックセル酸素センサKE-LFシリーズの投入を発表しました。マクセル株式会社が日本で開発した製品タイプで、鉛フリーのガルバニックセル式酸素センサーKE-25LFとKE-25F3LFで構成されています。化学的耐久性に優れ、常温、H2S、CO2、SO2の影響を受けず、約5年の長寿命を実現しました。また、既存のKEシリーズ酸素センサと同寸法のため、現場での交換が容易です。
  • 乗客の快適性と安全性のために自動車でのガスセンサの使用が増加しており、製造ガスセンサ・アプリケーションの成長をさらに促進しています。IBEFによると、インドは内需と輸出の両面で強力な市場となっており、22年度の乗用車総販売台数は約307万台、輸出台数は561万7,246台でした。
  • さらに、インドは世界最大のジェネリック医薬品供給国でもあります。さらに、インドの医薬品部門は世界需要の50%を供給しています。これらの医薬品製造施設では、製造工程で様々な溶剤やガスが使用され、継続的な監視が必要とされるため、ガスセンサの需要が急増し、市場成長率を高めています。

ガスセンサー産業概要

ガスセンサー市場は、多くの企業が参入しているため細分化されています。さらに、様々なタイプのガスセンサーを提供する企業は、技術的な製品差別化を図っています。そのため、市場シェアを獲得するために競合他社との価格競争戦略を採用しています。

2023年6月、サイオセンスは新製品ENS161の発売を発表しました。ENS161は低消費電力のマルチガスセンサーで、小容量の電池のみで駆動するウェアラブル機器やポータブル機器を実現します。このデバイスは継続的な空気品質モニタリングが可能です。

2023年2月、H2scanは、爆発的な水素の蓄積からバッテリールームを保護し、10年以上メンテナンスフリーのHY-ALERTA 5021 Solid-State Area Hydrogen Monitor製品の発売を発表しました。HY-ALERTA 5021は、他のセンサー技術では誤報を引き起こす可能性のある他のガスが存在する場合でも、低レベルの水素を検出する機能を備えています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 政府規制対応のための自動車用ガスセンサー需要の増加
    • 主要産業における労働災害に対する意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • コスト上昇と製品差別化の欠如
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 酸素
    • 一酸化炭素(CO)
    • 二酸化炭素(CO2)
    • 窒素酸化物
    • 炭化水素
    • その他のタイプ
  • 技術別
    • 電気化学式
    • 光イオン化検出器(PID)
    • 固体/金属酸化物半導体
    • 触媒式
    • 赤外線
    • 半導体
  • 用途別
    • 医療用
    • ビルオートメーション
    • 産業用
    • 飲食品
    • 自動車
    • 輸送・物流
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Figaro Engineering Inc.
    • Membrapor AG
    • AlphaSense Inc.
    • Nemoto & Co. Ltd
    • Robert Bosch GmbH
    • Amphenol Advanced Sensors
    • AMS AG
    • Trolex Ltd.
    • ABB Ltd
    • Siemens AG
    • City Technology Ltd.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 48435
Gas Sensors - Market - IMG1

The Gas Sensors Market size is estimated at USD 1.53 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.52 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.40% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • The evolution of wireless capabilities and miniaturization, along with improved communication capabilities that facilitate their integration into different devices and machines without minimizing the detection capabilities of toxic or flammable gases at safe distances, propels the gas sensors market. In addition to this, the COVID-19 pandemic further stressed the crucial role of maintaining air quality, especially indoor air quality, whether at the office, home, or other public spaces.
  • Notably, the industrial production process not only involves the use of various gases but also shares a considerable share of the overall environmental emissions. The government regulates the leakage of such gases, and this is where the demand for gas sensors is increasing. For instance, the EU incorporated Directive 2010/75/EU, an instrumental regulation in controlling pollutant emissions into the atmosphere by industrial installations. Moreover, recently, the EU policymakers proposed legislation for making oil and gas companies report their domestic methane emissions and fix leaks of the potent greenhouse gas. This is because Methane is the second biggest reason for climate change after carbon dioxide and has led to a significantly large warming effect, meaning deep cuts in global methane emissions are required this decade to avert disastrous climate change.
  • Governments all over the world and political bodies are largely setting targets to decrease the emission of greenhouse gases. For example, the EU has set itself a goal of net-zero greenhouse gas emissions by 2050. Also, countries such as China, the United States, India, and Russia are increasingly adopting stringent regulations to tackle emission rates.
  • Recently, in August 2022, the Union Cabinet of India approved India's updated Nationally Determined Contribution (NDC) for commitment towards the reduction of emissions intensity of its GDP by about 45 percent by 2030, compared to the 2005 level and attain about 50 percent integrated electric power installed capacity from non-fossil fuel-based energy resources by 2030.
  • Moreover, government regulations for workplace and labor safety are increasingly becoming stringent, and adherence to such rules is vital in business continuity for organizations. For instance, in Europe, EU-OSHA does this by bringing together European workplaces to share information and knowledge for promoting a culture of risk prevention, and the OSH framework, announced in the European Pillar of Social Rights action plan 5, sets out the crucial priorities and actions necessary for enhancing workers' health and safety in the upcoming years in the context of the post-pandemic world.
  • Such regulations have increased the demand for gas sensors by requiring employers to take measures to protect workers from hazards in the workplace, such as exposure to hazardous gases.
  • Gas sensors present in conventional power plants have been surging to limit emissions of pollutants, such as sulfur oxides, mercury, nitrogen, and carbon dioxide, owing to the stringent government regulations for attaining sustainability goals. These try to minimize greenhouse emissions and other types of pollution by using resources effectively. Sensors contribute to surged turbine efficiency, more plant safety, low transmission losses, and low environmental impact.
  • Furthermore, the developing nature of the market is resulting in rapid changes and the availability of different types of sensors for major gases like carbon monoxide and carbon dioxide. Additionally, increasing costs are also an issue in the ever-changing market, along with innovations and low product differentiation.

Gas Sensors Market Trends

Safety and Regulations are the Primary Drivers for Industrial Implementation

  • Various sorts of gases have been utilized as raw materials in different industries in recent years. It becomes significantly crucial to control and monitor these gases, as there is a large risk of damage to property as well as human lives if a leak occurs. Therefore, the necessity to continually monitor and control the gases emitted sprouted a requirement for gas sensors in industries.
  • Moreover, the stringent government regulations further mandated the gas sensors' applications in order to make the industries safer. This turned industries more confident about preventing accidents related to gas leaks. For instance, as per the Center for Disease Control and Prevention study, approximately 50 people in Canada die per year from CO poisoning. Resultantly, adopting carbon monoxide (CO) gas sensors is beneficial, as these products can unknowingly lead to dangerous levels of CO gas building up within the homes.
  • Furthermore, gas sensors have witnessed increased adoption in intelligent homes due to efficient energy usage and the safety of inhabitants. Furthermore, the implementation of government standards and regulations for following and installing these devices. For instance, the National Fire Protection Association published a standard that is referred to as NFPA 720 includes sections 5.1.1.1 and 5.1.1.2, as per which all CO sensors should be located outside of each sleeping area in the immediate vicinity of all the bedrooms, and every detector should be located on the ceiling, walls, or other locations as mentioned in the installation instructions that accompany the unit.
  • Moreover, rapid industrialization, coupled with the increasing requirement for wastewater treatment from the refining and pharmaceutical industries, are among the important factors driving the growth of the market. Also, the rising demand for potable water across the world is having a positive impact on the demand for gas sensors as they are largely used in water treatment facilities to monitor for the presence of various chemicals such as chlorine and alert workers if there is a leak or other problem. This is because of government norms such as the Central Pollution Control Board issued directions under section 18(1) b of the Water and Air Acts to the State Pollution Control Boards and Pollution Control Committees for directing the 17 categories of largely polluting industries that include Sewage Treatment Plants (STP).
  • The pressing requirement for treated, clean water is being accelerated by the increasing global population and expanding manufacturing sector. Thus, gas sensors are commonly used in wastewater treatment facilities to monitor a variety of gases, such as hydrogen sulfide, methane, and carbon dioxide, that are often used in wastewater facilities.
Gas Sensors - Market - IMG2

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • The Asia-Pacific region has been considered one of the most rapidly rising regions for the gas sensors market, and it is expected to be the market leader during the forecast period. The rising awareness regarding the impact of air pollutants on human health in countries such as India and China is propelling demand for gas sensors for air quality monitoring.
  • For instance, in September 2022, Figaro Engineering Inc. announced the introduction of the KE-LF series of lead-free galvanic cell oxygen sensors for safety, environmental gas monitoring, food, and educational applications. Maxell Ltd. develops this product in Japan and consists of the KE-25LF and KE-25F3LF, lead-free galvanic cell-type oxygen sensors. They incorporate a long life expectancy of around five years in excellent chemical durability, ambient air, and no influence from H2S, CO2, or SO2. Moreover, these new sensors have the same dimensions as existing KE series oxygen sensors, facilitating onsite quick and easy replacement of current KE series oxygen sensors.
  • The rising use of gas sensors in automobiles for passenger comfort and safety has been further driving the growth of manufacturing gas sensing applications. As per the IBEF, India has turned out to be a strong market in terms of both domestic demand and exports, and the total passenger vehicle sales in FY22 approximated 3.07 million, with India exporting 5,617,246 vehicles.
  • Furthermore, India is also the largest provider of generic drugs globally. Furthermore, the Indian pharmaceutical sector supplies 50 percent of the global demand. These pharmaceutical production facilities utilize various solvents and gases in the manufacturing process and are required to be continuously monitored, which surges the demand for gas sensors, thereby increasing the market growth.

Gas Sensors Industry Overview

The gas sensors market is fragmented due to many players operating in the market. Further, the companies providing various types of gas sensors have technological product differentiation. Hence, they are adopting competitive pricing strategies to gain market share.

In June 2023, ScioSense announced the launch of its new product, ENS161, a low-power multi-gas sensor that enables wearable and portable devices powered only by small-capacity batteries. The device is capable of continuous air quality monitoring.

In February 2023, H2scan announced the launch of its HY-ALERTA 5021 Solid-State Area Hydrogen Monitor product, which protects battery rooms from explosive hydrogen build-up and is maintenance-free for more than 10 years. The HY-ALERTA 5021 has the capability of detecting low levels of hydrogen even in the presence of other gases that can cause false alarms with other sensor technologies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definitions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increased Demand for Gas Sensors in Automobiles for Compliance with Governmental Regulations
    • 4.2.2 Growing Awareness on Occupational Hazards across Major Industries
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Rising Costs and Lack of Product Differentiation
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Oxygen
    • 5.1.2 Carbon Monoxide (CO)
    • 5.1.3 Carbon Dioxide (CO2)
    • 5.1.4 Nitrogen Oxide
    • 5.1.5 Hydrocarbon
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 Electrochemical
    • 5.2.2 Photoionization Detectors (PID)
    • 5.2.3 Solid State/Metal Oxide Semiconductor
    • 5.2.4 Catalytic
    • 5.2.5 Infrared
    • 5.2.6 Semiconductor
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Medical
    • 5.3.2 Building Automation
    • 5.3.3 Industrial
    • 5.3.4 Food and Beverages
    • 5.3.5 Automotive
    • 5.3.6 Transportation and Logistics
    • 5.3.7 Other Applications
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of the Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Rest of the Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Mexico
      • 5.4.4.4 Rest of the Latin America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 Rest of the Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Figaro Engineering Inc.
    • 6.1.2 Membrapor AG
    • 6.1.3 AlphaSense Inc.
    • 6.1.4 Nemoto & Co. Ltd
    • 6.1.5 Robert Bosch GmbH
    • 6.1.6 Amphenol Advanced Sensors
    • 6.1.7 AMS AG
    • 6.1.8 Trolex Ltd.
    • 6.1.9 ABB Ltd
    • 6.1.10 Siemens AG
    • 6.1.11 City Technology Ltd.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET