デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403058

クラウド暗号化ソフトウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年

Cloud Encryption Software - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
クラウド暗号化ソフトウェア:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウド暗号化ソフトウェア市場規模は、2024年に60億3,000万米ドルと推定され、2029年には272億9,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは35.23%で成長すると予測されます。

Cloud Encryption Software-Market-IMG1

クラウドの導入と仮想化の急速な拡大、クラウド暗号化ソリューションの採用を後押しする厳しい規制などが、世界市場の成長を後押しする要因となっています。

主なハイライト

  • 従来、データを保護するのは非常に簡単だった。データを保護しセキュアにするためのセキュリティ機能が市場に出回っていました。データはIT部門が承認し、企業が管理するデバイスやアプリケーションから取得され、サーバーに保管されていました。外部の人間を遮断し、内部の人間を信頼することでデータは守られていました。
  • しかし今の時代、物事の起こり方には劇的な変化が起きています。今や、これまで以上に多くのデータが、より多くのアプリケーション、ユーザー、デバイス、接続されたハードウェアから収集されています。新しいビジネスモデルは、外部からの容易なアクセスを要求しています。さらに、クラウドの出現により、企業のデータはもはや内部には存在しないかもしれないです。また、内部関係者には、組織の一部ですらないサードパーティのクラウドプロバイダーも含まれるようになり、これが暗号化ソリューションの採用の主な要因となって、市場を牽引しています。
  • クラウド暗号化とは、クラウドストレージプロバイダーが提供するサービスで、データはさまざまな暗号化アルゴリズムを使って変換され、ストレージクラウドに置かれます。暗号化の利用はここ数年で急激に増加しています。データベースやファイルシステム内のデータの暗号化から、公衆ネットワークや社内ネットワーク上でのデータ転送まで、暗号化はさまざまな方法で導入されています。
  • COVID-19により、急速なデジタルトランスフォーメーション戦略を採用することで、クラウドに保存されるデータ量が増加し、その結果、パフォーマンス、可用性、セキュリティなどの課題が発生し、暗号化ソフトウェアソリューションやサービスの使用が必要となりました。さらに、COVID-19期間中、組織はさまざまなクラウドリソースの一元管理にますます注力するようになっていました。その結果、データセキュリティの重要性がますます高まっていました。パンデミックの間、BYODの利用の増加と規制遵守が暗号化ソフトウェア市場の成長を促進しました。

クラウド暗号化ソフトウェア市場動向

IT・通信分野が高成長を遂げる

  • IT・通信業界は、クラウド暗号化ソフトウェア市場の主要な消費者の1つです。データセキュリティは通信・IT業界の主要な関心事の1つであり、これが市場を牽引しています。
  • クラウド技術はIT・通信業界の中核レベルに組み込まれています。通信業界は、プロセスの時間とコストを削減するためにクラウドサービスを利用しています。クラウド機能により、業界はより速いペースで成長することに注力しており、クラウド暗号化ソフトウェア市場を牽引しています。
  • IT業界もまた、非常に大規模にクラウドを導入しています。プロセスやコンピューティングがクラウド上で行われるようになったことで、企業はコスト削減や効率化が容易になったと感じています。さらに、これらの業界におけるクラウドシステムは、データ管理の懸念にも対処しています。オンデマンドサービスと運用コストの低さが、通信・IT業界がクラウド技術をコアレベルで活用する原動力となっています。
Cloud Encryption Software-Market-IMG2

北米が最大の市場シェアを占める

  • 北米地域は世界最大の経済圏の1つであり、世界のクラウド暗号化ソフトウェア市場で大きなシェアを占めています。同地域では、データプライバシーとセキュリティが企業の主要な関心事の1つとなっており、クラウド暗号化ソフトウェア市場の急速な成長が見込まれています。
  • この地域では、過去数年間にいくつかの有名なデータ漏洩事件が発生しており、ユーザーデータのプライバシーが侵害されたとして、クラウドサービスを提供する企業の間で怒りの声が上がっています。このため、さまざまな企業がクラウドのセキュリティを強化し、より優れた暗号化ソリューションを導入せざるを得なくなった。さらに、同様の情報漏えい事件により、多くの企業がより優れた暗号化ソフトウェアに多額の投資を余儀なくされています。このようなデータ損失の懸念は、暗号化ソリューションの市場を牽引すると予想されます。
  • 米国連邦政府を襲った大規模なサイバー攻撃により、ルイジアナ州とオレゴン州の数百万人がデータを漏洩しました。この侵害により、運転免許証や州のIDカードを持つオレゴン州の350万人が影響を受けました。600万件以上の記録が漏洩しているが、運転免許証や許可証を持っている人もいるため、この数字は重複しています。連邦政府当局は、同じ脆弱性を利用した広範なハッキング・キャンペーンはロシアのランサムウェア集団によるものだとしています。
  • この地域の政府も、ユーザーのデータにより良いクラウドセキュリティを提供するよう企業に厳しい規制を課すことで、セキュリティ規範を強化しています。

クラウド暗号化ソフトウェア産業の概要

クラウド暗号化ソフトウェア市場は、国内外に多数の大小プレーヤーが存在するため、競争は緩やかです。市場は穏やかに統合されているように見え、主要企業が採用する主な戦略は、製品の革新とM&Aです。同市場の主要プレイヤーとしては、Google LLC、Symantec Corporation、Hewlett Packard Enterprise、Trend Micro Inc.などが挙げられます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • データ転送とそのセキュリティに関する規制基準
    • サイバー攻撃とモバイル盗難の増加
  • 市場抑制要因
    • 組織の間接費の増加
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • サービス別
    • プロフェッショナルサービス
    • マネージドサービス
  • 業種別
    • IT・通信
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • エンターテインメント・メディア
    • 小売
    • 教育
    • その他
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Trend Micro
    • Ciphercloud
    • Symantec Corporation
    • Hewlett Packard Enterprise
    • Google LLC
    • Sophos
    • Voltage Security Inc.
    • CyberArk
    • Safenet
    • Hitachi Vantara
    • Boxcryptor

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 48018
Cloud Encryption Software - Market - IMG1

The Cloud Encryption Software Market size is estimated at USD 6.03 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.29 billion by 2029, growing at a CAGR of 35.23% during the forecast period (2024-2029).

The rapid increase of cloud adoption and virtualization and the stringent regulations helping to increase the adoption of cloud encryption solutions are some factors boosting the global market growth.

Key Highlights

  • Traditionally, it was a lot easier to protect the data. There were security features available in the market for protecting and securing the data. The data came from IT-approved, enterprise-controlled devices and applications and was stored in the servers. It was protected by walling off the outsiders and trusting the insiders.
  • But in today's times, there is a drastic change in how things happen. Now, more data than ever is collected from more applications, users, devices, and connected hardware. New business models demand easy access from the outside. Moreover, with the emergence of the cloud, a firm's data may not even be on the inside anymore. Also, the insiders now include third-party cloud providers who are not even part of your organization, which is the primary factor for the adoption of encryption solutions, thus driving the market.
  • Cloud encryption is a service offered by cloud storage providers whereby data is transformed using different encryption algorithms and is then placed in a storage cloud. Encryption use has risen sharply in the past few years. It is deployed in a multitude of ways, from encrypting data in databases and file systems to data being transferred over public and internal networks.
  • Due to COVID-19, adopting rapid digital transformation strategies has increased the volume of data stored in the cloud, which resulted in other challenges, such as performance, availability, and security, necessitating the use of encryption software solutions and services. Moreover, Organizations were increasingly concentrating on centrally managing different cloud resources during COVID-19. As a result, data security was becoming increasingly important. During the pandemic, the increasing usage of BYOD and regulatory compliances fueled the growth of the encryption software market.

Cloud Encryption Software Market Trends

IT & Telecommunication Segment to Witness High Growth

  • The IT & telecommunication industry is one of the major consumers of the cloud encryption software market. Data security is one of the primary concerns of the telecom and IT industry, which is driving the market.
  • Cloud technologies are integrated into the core levels of the IT and telecom industry. The telecom industry is using cloud services to reduce the time and cost of the processes. With cloud capabilities, the industry is focused on growing at a faster pace, driving the market for cloud encryption software.
  • The IT industry is also implementing the cloud on a very large scale. With processes and computing now sourced on clouds, companies are finding it easier to reduce costs and improve efficiency. Additionally, the cloud system in these industries is also addressing the concern of data management. On-demand services and the low cost of operations are driving the telecom and IT industry to utilize cloud technology at the core level.
  • February 2023, Gmail client-side encryption (CSE) is public for Google Workspace Enterprise Plus, Education Standard customers, and Education Plus. Last year, the part was first introduced in Gmail on the web as a beta test after being available in Google Docs, Google Drive, Slides, Sheets, Google Meet, and Google Calendar (in beta). Once enabled, Gmail CSE provides that any sensitive data sent as part of the email's attachments (including inline images) and body will be encrypted and unreadable before reaching Google's servers.
  • With the increasing number of data breaches and cyber thefts, the cloud encryption software market is expected to grow further.
Cloud Encryption Software - Market - IMG2

North America Occupies the Largest Market Share

  • North American region is one of the largest economies of the world and holds a major share of the global cloud encryption software market. The cloud encryption software market is expected to witness rapid growth in this region as data privacy and security are becoming one of the major concerns for companies in this region, thus driving the market.
  • This region has witnessed some high-profile data breaches in the past few years, which have resulted in outrage among companies providing cloud services as the privacy of user data was compromised. This compelled various firms to tighten their cloud security and implement better encryption solutions. Moreover, similar breaches have forced many companies to invest highly in better encryption software. This data loss concern is expected to drive the market for these encryption solutions.
  • Millions of people in Louisiana and Oregon have compromised their data in the sprawling cyberattack that has hit the US federal government. The breach has affected 3.5 million Oregonians with driver's licenses or state ID cards. More than 6 million records were compromised, noting that number is duplicative because some people have driver registrations and permits. Federal officials have attributed a broader hacking campaign using the same vulnerability to a Russian ransomware gang.
  • The governments in this region have also tightened the security norms by passing strict regulations for firms to provide better cloud security for user's data. data.

Cloud Encryption Software Industry Overview

The cloud encryption software market is moderately competitive due to many small and large players in the domestic and international markets. The market appears to be mildly Consolidated, and the key strategies adopted by the major players are product innovation and mergers and acquisitions. Some of the major players in the market are Google LLC, Symantec Corporation, Hewlett Packard Enterprise, and Trend Micro Inc., among others.

In December 2022, Apple launched Advanced Data Protection, an end-to-end encryption system, iCloud. This would keep most of the iCloud account's data secure even when Apple is hacked and would prevent Apple from accessing iCloud phone backups in response to law enforcement requests.

In October 2022, Valuetree announced the release of its data-in-use encryption for Google's AlloyDB. The offering pairs the world's first fully functional encryption-in-use solution powered by Vaultree with Google's AlloyDB for PostgreSQL.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Regulatory Standards Related to Data Transfer and its Security
    • 4.3.2 Growing Volume of Strength of Cyber Attacks and Mobile Theft
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Rise in Organizational Overhead Expenses
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Organization Size
    • 5.1.1 SMEs
    • 5.1.2 Large Enterprises
  • 5.2 By Service
    • 5.2.1 Professional Services
    • 5.2.2 Managed Services
  • 5.3 By Industry Vertical
    • 5.3.1 IT & Telecommunication
    • 5.3.2 BFSI
    • 5.3.3 Healthcare
    • 5.3.4 Entertainment and Media
    • 5.3.5 Retail
    • 5.3.6 Education
    • 5.3.7 Other Industry Verticals
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Trend Micro
    • 6.1.2 Ciphercloud
    • 6.1.3 Symantec Corporation
    • 6.1.4 Hewlett Packard Enterprise
    • 6.1.5 Google LLC
    • 6.1.6 Sophos
    • 6.1.7 Voltage Security Inc.
    • 6.1.8 CyberArk
    • 6.1.9 Safenet
    • 6.1.10 Hitachi Vantara
    • 6.1.11 Boxcryptor

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS