デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1402987

バイオベースプラットフォーム化学品-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Bio-based Platform Chemicals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
バイオベースプラットフォーム化学品-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオベースプラットフォーム化学品市場規模は2024年に154億1,000万米ドルと推定され、2029年には212億2,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは6.61%で成長します。

Bio-based Platform Chemicals-Market-IMG1

主要ハイライト

  • COVID-19パンデミックはバイオベースのプラットフォーム化学品セクターに悪影響を与えました。世界の封鎖と政府による厳しい規則により、ほとんどの生産拠点が閉鎖され、壊滅的な打撃を受けました。それにもかかわらず、事業は2021年以降回復しており、今後数年で大幅に上昇すると予想されています。
  • この市場の成長を促す主要要因は、政府の規制が良好であることと、消費者が環境に優しく持続可能な製品を使用する傾向にあることです。
  • その反面、バイオベースプラットフォーム化学品に関連する製品コストの高さが、調査対象市場の成長を妨げる可能性が高いです。
  • 新規バイオベースプラットフォーム化学品の出現と幅広い産業用途からの需要の急増は、予測期間中に調査市場に機会を提供すると思われます。
  • 北米は、製薬産業への巨額の投資と、環境に優しい製品の使用を促進する厳しい規制により、世界市場を独占しています。

バイオベースのプラットフォーム化学品市場動向

バイオイタコン酸(IA)セグメントが力強い成長を遂げる

  • イタコン酸(IA)は、メチレン・コハク酸やメチレン・ブタンジオ酸としても知られています。発酵プロセスを通じて製造される有機化合物です。さらに、様々な化学物質の生産において、主に石油化学由来の製品(アクリル酸を含む)の代替品として使用されています。
  • イタコン酸の採用を妨げる主要要因のひとつは、代替品と比較してコストが高いことです。そのため、IAは主に必要量が少ない分野で使用されています。
  • IAは、メタノール、エタノール、2-プロパノールなど多くのアルコールに溶解し、生分解性もあります。さらに、イタコン酸モノメチルなどのモノエステルの製造にも使用されます。また、置換ピロリドンと反応し、シャンプー、洗剤、医薬品などの用途に使用されます。イタコン酸とその誘導体は、化学、繊維、製薬産業において主要な用途を持つ。
  • パーソナルケア協会であるCosmetics Europeによると、欧州の5億人の消費者は毎日、健康を守り、幸福感を高め、自尊心を高めるために化粧品やパーソナルケア製品を使用しています。制汗剤、香料、メイクアップ、シャンプーから、石鹸、日焼け止め、歯磨き粉、化粧品に至るまで、多岐にわたる。
  • Cosmetics Europeによると、欧州は化粧品とパーソナル製品の主要市場のひとつであり、2022年の小売売上高は約880億ユーロ(856億4,000万米ドル)でした。欧州における化粧品とパーソナルケアの主要市場は、2022年にドイツ(139億2,000万米ドル)、フランス(125億5,000万米ドル)、イタリア(111億9,000万米ドル)です。
  • バイオベースのイタコン酸は、主に高吸水性ポリマーの製造において、アクリル酸の代わりに使用されています。化石燃料の枯渇と持続可能な開発の必要性により、予測期間中、高吸水性ポリマーの生産にバイオベースのイタコン酸の需要が増大するとみられます。
  • いくつかのエンドユーザー産業で高吸水性ポリマーの用途が増加していることは、バイオベースのイタコン酸の需要を促進する要因の1つです。高吸水性ポリマー(SAP)は、大量の液体や水溶液を吸収・保持する能力を持つ材料です。そのため、赤ちゃん用おむつ、大人用失禁パッド、吸収性医療用ドレッシング、徐放性薬剤などの吸水用途に最適です。
  • 世界保健機関(WHO)、世界銀行グループ、ユニセフなどの組織は、衛生、特に女性や思春期の少女たちの月経衛生管理(MHM)の重要性に対する認識を高めています。
  • インドでは、世界銀行グループが「スワチ・バラート・ミッション」の下で旗艦衛生事業を開始しました。この活動により、月経にまつわるタブーを打破しようと、少年や男性を含む地域社会の意識が高まっています。政府機関によるこうした取り組みは、バイオ・イタコン酸の需要を増加させ、バイオベースのプラットフォーム化学品市場の成長を後押ししています。
  • したがって、化粧品やパーソナルケア製品からの需要の急増は、バイオベースのプラットフォーム化学品市場の需要をさらに押し上げると予想されます。
Bio-based Platform Chemicals-Market-IMG2

市場を独占する北米地域

  • 北米地域は、バイオベース製品の使用を促進する政府規制や、技術改良分野における継続的な研究・技術革新により、世界市場シェアを独占しており、予測期間中もバイオベースプラットフォーム化学品市場で主要なシェアを維持し続ける可能性が高いです。
  • さらに、石油ベースのプラットフォーム化学製品に関連する厳しい規制や化石燃料の埋蔵量の枯渇が、同地域のバイオベースのプラットフォーム化学製品市場にさらなる成長機会をもたらしています。
  • さらに、この地域の飲食品、化粧品、医薬品、肥料などのエンドユーザー産業は、市民の健康への悪影響を避けるために厳しく規制されています。この点で、これらの産業は、石油ベースの原料と比較して、バイオベースの原料にシフトする可能性が高いです。
  • 米国の医療セクターは、国内で最も進んだセクターのひとつです。メディケア&メディケイド・サービスセンターによると、2028年までに国民医療費は平均5.4%増加し、総額6兆2,000億米ドルに達すると予想されています。さらに、米国における1人当たりの医療費は、ドイツの約2倍、韓国の約4倍です。
  • 米国国勢調査局によると、米国における2022年の医療介護用品の店舗売上高は3,993億7,000万米ドル近くに達し、2021年には3,870億米ドルになります。
  • 欧州製薬団体連合会(European Federation of Pharmaceutical Industries and Association)によると、2022年の世界の医薬品市場は1兆2,877億3,600万米ドルで、そのうち北米が52.3%と大きなシェアを占めています。
  • このように、この地域の医薬品・パーソナルケア分野の著しい成長が、バイオベースプラットフォーム化学品の需要を押し上げています。
  • さらに、バイオベースプラットフォーム化学品の研究開発と、そのような産業における有益な用途の探求は、この地域におけるそのようなバイオベースプラットフォーム化学品の使用の義務化につながる可能性があります。
  • したがって、このような要因のすべてが、予測期間中、同地域におけるバイオベースプラットフォーム化学品の需要を促進すると考えられます。

バイオベースプラットフォーム化学品産業概要

バイオベースプラットフォーム化学品市場は統合市場であり、少数の参入企業が市場需要のかなりの部分を占めています。同市場の主要企業には、BASF SE、Cargill, Incorporated、DSM、PTT Global Chemical Public Company Limited、Champlor(Valtris Specialty Chemicals)などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • バイオベースプラットフォーム化学品に対する政府の有利な規制
    • 環境に優しく持続可能な製品の使用に対する消費者の傾向
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 生産コストの高さ
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • 製品タイプ
    • バイオグリセリン
    • バイオグルタミン酸
    • バイオイタコン酸
    • バイオ3-ヒドロキシプロピオン酸
    • バイオコハク酸
    • その他の製品タイプ
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア分析(%)**/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Aktin Chemicals, Inc.
    • BASF SE
    • Braskem
    • Cargill, Incorporated
    • Champlor(Valtris Specialty Chemicals)
    • DSM
    • DuPont
    • Evonik Industries AG
    • GFBiochemicals Ltd.
    • LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • NIPPON SHOKUBAI CO., LTD.
    • Novozymes
    • PTT Global Chemical Public Company Limited
    • Tokyo Chemical Industry Co., Ltd.

第7章 市場機会と今後の動向

  • 新規バイオベースプラットフォーム化学品の出現
  • 幅広い産業用途からの需要急増
目次
Product Code: 46710
Bio-based Platform Chemicals - Market - IMG1

The Bio-based Platform Chemicals Market size is estimated at USD 15.41 billion in 2024, and is expected to reach USD 21.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.61% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic had a negative impact on the bio-based platform chemicals sector. Global lockdowns and severe rules enforced by governments resulted in a catastrophic setback as most production hubs were shut down. Nonetheless, the business has been recovering since 2021 and is expected to rise significantly in the coming years.
  • The major factors driving the growth of the market studied are favorable government regulations and consumer inclination towards the use of environmentally friendly and sustainable products.
  • On the flip side, the high product cost associated with bio-based platform chemicals is likely to hinder the growth of the studied market.
  • The emergence of novel bio-based platform chemicals and the surge in demand from a wide range of industrial applications are likely to provide opportunities for the studied market during the forecast period.
  • North America dominated the global market, which is fueled by huge investments in its pharmaceutical industry and stringent regulations promoting the use of environmentally friendly products.

Bio-based Platform Chemicals Market Trends

Bio-Itaconic acid (IA) Segment to Witness Strong Growth

  • Itaconic acid (IA) is also known as methylene succinic acid or methylene butanedioic acid. It is an organic compound manufactured through the fermentation process. Furthermore, it is primarily used as an alternative to petrochemical-derived products (including acrylic acid) during the production of various other chemicals.
  • One of the major factors hindering the adoption of itaconic acid is the high cost, as compared to its substitutes. Thus, IA is primarily used in areas where less volume of it is required.
  • IA can dissolve in many alcohols, including methanol, ethanol, and 2-propanol, as well as biodegradable in nature. Moreover, it is used to produce monoesters, including monomethyl itaconate. It reacts with substituted pyrrolidones, which are used in applications such as shampoos, detergents, pharmaceuticals, etc. Itaconic acid and its derivatives have major applications in the chemical, textile, and pharmaceutical industries.
  • According to Cosmetics Europe, the personal care association, Europe's 500 million consumers use cosmetic and personal care products every day to protect their health, enhance their well-being and boost their self-esteem. Ranging from antiperspirants, fragrances, make-up, and shampoos, to soaps, sunscreens and toothpaste, and cosmetics.
  • According to Cosmetics Europe, Europe is amongst the major markets for cosmetics and personal products, and retail sales of these products were valued at around Euro 88 billion (USD 85.64 billion) in 2022. The major market in Europe for cosmetics and personal care are Germany (USD 13.92 billion), France (USD 12.55 billion), and Italy (USD 11.19 billion) in 2022.
  • Bio-based itaconic acid is used instead of acrylic acid, primarily in the production of superabsorbent polymers. The depletion of fossil fuels and the need for sustainable development is likely to augment the demand for bio-based itaconic acid for the production of superabsorbent polymers during the forecast period.
  • The increasing application of superabsorbent polymers in several end-user industries is one of the factors driving the demand for bio-based itaconic acid. Superabsorbent polymers (SAPs) are materials that possess the ability to absorb and retain large volumes of liquid or aqueous solutions. This makes them ideal for use in water-absorbing applications, such as baby nappies, adult incontinence pads, absorbent medical dressings, and controlled-release drugs.
  • Organizations, such as the World Health Organization, World Bank Group, and UNICEF, are raising awareness about the importance of hygiene, especially menstrual hygiene management (MHM) for women and adolescent girls.
  • In India, the World Bank Group initiated a flagship sanitation operation under the Swachh Bharath Mission. With this operation, awareness is increasing among the community, including boys and men, to break the taboo around menstruation. Such initiatives by government bodies are increasing the demand for bio-itaconic acid, in turn fueling the growth of the bio-based platform chemicals market.
  • Thus, the surge in demand from cosmetics and personal care products is further expected to boost the demand for bio-based platform chemicals market.
Bio-based Platform Chemicals - Market - IMG2

North America Region to Dominate the Market

  • North America region dominated the global market share and is likely to continue holding the major share in the bio-based platform chemicals market during the forecast period, owing to government regulations promoting the use of bio-based products and continuous research and innovations in the field of technological modification.
  • Moreover, stringent regulations related to petroleum-based platform chemicals and depletion of fossil fuel reserves further provide a growth opportunity for the bio-based platform chemicals market in the region.
  • In addition, end-user industries such as food and beverage, cosmetics, pharmaceuticals, and fertilizer in the region are strictly regulated in order to avoid negative effects on the health of citizens. In this regard, these industries are more likely to shift to bio-based raw materials when compared to petroleum-based raw materials.
  • The healthcare sector in the United States is by far one of the most advanced sectors in the country. According to the Centers for Medicare & Medicaid Services, by 2028, it is anticipated that national health spending will have increased by an average of 5.4%, totaling USD 6.2 trillion. Moreover, Health spending per person in the United States was roughly double that of Germany and four times that of South Korea.
  • According to US Census Bureau, the health and personal care store sales in the United States in 2022 accounted for nearly USD 399.37 billion, which will be USD 387.0 billion in 2021.
  • According to the European Federation of Pharmaceutical Industries and Association, the world pharmaceutical market was valued at USD 1,287,736 million in 2022, in which North America accounted for a significant share of 52.3%.
  • Thus, the significant growth in the pharmaceutical and personal care sector in this region is boosting the demand for biobased platform chemicals.
  • Further, research and development of bio-based platform chemicals and exploration of their beneficial applications in such industries can lead to the mandate of the use of such bio-based platform chemicals in the region.
  • Hence, all such factors are likely to drive the demand for bio-based platform chemicals in the region during the forecast period.

Bio-based Platform Chemicals Industry Overview

The bio-based platform chemicals market is a consolidated market, where few players account for a significant portion of the market demand. Some of the major players in the market include BASF SE, Cargill, Incorporated, DSM, PTT Global Chemical Public Company Limited, and Champlor (Valtris Specialty Chemicals), amongst others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Favorable Government Regulations for Bio-Based Platform Chemicals
    • 4.1.2 Consumer Inclination Towards the Use of Environmental Friendly and Sustainable Products
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Cost of Production
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Bio Glycerol
    • 5.1.2 Bio Glutamic Acid
    • 5.1.3 Bio Itaconic Acid
    • 5.1.4 Bio-3-Hydroxypropionic Acid
    • 5.1.5 Bio Succinic Acid
    • 5.1.6 Other Product Types
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 South Africa
      • 5.2.5.2 Saudi Arabia
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Aktin Chemicals, Inc.
    • 6.4.2 BASF SE
    • 6.4.3 Braskem
    • 6.4.4 Cargill, Incorporated
    • 6.4.5 Champlor (Valtris Specialty Chemicals)
    • 6.4.6 DSM
    • 6.4.7 DuPont
    • 6.4.8 Evonik Industries AG
    • 6.4.9 GFBiochemicals Ltd.
    • 6.4.10 LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • 6.4.11 NIPPON SHOKUBAI CO., LTD.
    • 6.4.12 Novozymes
    • 6.4.13 PTT Global Chemical Public Company Limited
    • 6.4.14 Tokyo Chemical Industry Co., Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Emergence of Novel Bio-Based Platform Chemicals
  • 7.2 Surge in Demand from Wide Range of Industrial Applications