デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1402981

ホールスライドイメージング-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Whole Slide Imaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 112 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ホールスライドイメージング-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 112 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ホールスライドイメージング市場規模は、2024年に12億1,000万米ドルと推定され、2029年には16億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは6.39%で成長する見込みです。

Whole Slide Imaging-Market-IMG1

COVID-19は、ホールスライドイメージング(WSI)を使用してCOVID-19株を同定するために実施された調査研究の増加により、世界のホールスライドイメージング市場に大きな影響を与えました。例えば、2023年3月にPubMedに掲載された論文では、米国メディケア&メディケイドサービスセンターは、パンデミックの間、病理医がCLIA(Clinical Laboratory Improvement Amendments)認可施設で診断検査を実施する要件を免除したため、米国のすべての外科病理サブスペシャリティでWSIが急速に導入されました。このように、検査室におけるWSIの需要の増加と導入は、パンデミックの間、市場の成長に大きな影響を与えました。今後数年間は、ホールスライドイメージングの進歩やホールスライドイメージング技術を利用した研究開発の増加により、市場は健全な成長を遂げると予想されます。

ホールスライドイメージング(WSI)市場を推進している主要要因は、創薬プロセスにおける研究開発の増加、ホールスライドイメージングの技術的発展、物理的スライドと比較した仮想スライドの人気の高まりです。

また、高度な画像解析は、迅速ながん診断に不可欠な病理組織画像の自動検査につながるため、がん罹患率の増加が市場全体の成長を促進すると予想されています。例えば、American Cancer Society 2023 Cancer Statisticsによると、2023年に米国で新たに発生するがん患者数は190万人と推定されています。この推定には、男性101万人、女性94万8,000人の症例が含まれます。WSIスキャンは、特定の組織内の悪性細胞やその他の変異を検出するために、医師がより広い範囲を分析するのに役立つため、がん患者の大きな負担は、WSIの需要を増加させる可能性があります。

さらに、調査活動の増加、主要参入企業の存在とその戦略的活動が、調査期間中の市場成長を後押しすると予想されます。例えば、エンドツーエンドのデジタル病理ソリューションプロバイダーであるOptraSCANは、2023年3月、北米の病理検査室の完全なデジタル変革を提供するOnDemand Digital Pathologyソリューションを発表しました。同様に、様々な慢性疾患における全スライド画像の使用は、WSIの需要を高め、市場成長を促進すると予想されます。例えば、2022年6月にPubMedに掲載された論文によると、ホールスライドイメージングベースのシステムは、がんセンターでのデジタル凍結切片に役立っています。

このように、慢性疾患の多さに起因して、悪性組織の検出におけるWSIの採用の増加や、主要企業による戦略的な製品の発売が、調査期間中の市場成長を後押しすると予想されます。しかし、規制当局の承認が厳しく、ホールスライドイメージングシステムのコストが高いことが市場成長の妨げになると予想されます。

ホールスライドイメージング市場動向

テレパソロジー分野は予測期間中に大きく成長する見込み

テレパソロジーとは、デジタル病理画像の電子送信を可能にする通信回線を利用した遠隔病理診断のことです。テレパソロジーは、1次診断、セカンドオピニオン、品質保証、教育、調査などに活用されます。

テレパソロジー分野は、様々な診療科におけるテレパソロジーの採用の増加、製品発売の増加、その他の戦略的活動により、大きな成長が見込まれています。例えば、2022年8月、デジタル病理学用ソフトウェア開発における欧州のリーダーの1つであるTribun Health社は、病理学AIソフトウェアの世界的リーダーであるMindpeak社と戦略的パートナーシップを締結し、病理医が免疫組織化学的(IHC)に染色されたヒト乳がん組織の全スライド画像(WSI)を分析し、がん細胞を検出、分類、カウントし、それぞれの定量的スコアを提供することを支援します。同様に、2022年8月、Deciphex社のテレパソロジーを提供するDiagnexia社と、サウジアラビアで医療検査製品を提供するSaudi Ajal Medical Laboratories社は、サウジアラビアで専門家によるコンサルテーション・テレパソロジー・サービスを提供するための戦略的提携を結びました。

さらに、テレパソロジーは、病理医が常駐していない医療施設や専門外の医療施設に対して、専門家による解剖学的病理学的コンサルテーションを即座に提供するため、テレパソロジーの導入が進んでいます。例えば、2023年3月にPubMedに発表された論文によると、少数の病理医の間に矛盾した診断が集中していることから、彼らは皆、凍結切片やテレパソロジーを用いた診断に精通していることが示されました。このように、研究者によるテレパソロジーの採用が増加しているため、同サービスに対する需要が増加し、調査期間中の市場成長を促進すると予想されます。

Whole Slide Imaging-Market-IMG2

北米は予測期間中に大きく成長する見込み

北米は、創薬と市場開拓プロセスへの投資の増加と、主要企業による戦略的製品上市の増加により、調査市場において大きな市場成長が見込まれます。

また、医療支援のための米国政府からの資金提供の増加や、毒性学的研究におけるWSIに関する新たなガイドラインの発表は、調査期間中の市場成長を後押しすると予想されます。

例えば、2023年5月、FDAは、非臨床毒性学研究におけるホールスライドイメージングの使用に関する最終ガイダンスを発表しました。このガイダンスは質疑応答形式で、ホールスライドイメージングシステムの検証や画像の完全性の保護などの問題を取り上げています。医薬品の毒性を理解する上でスポンサーや規制当局を支援する非臨床試験では、多くの場合、ホールスライドイメージングを用いた組織サンプルの病理組織学的評価が行われます。従って、このようなガイドラインの発表は、研究者が実施するWSI処置の質を高めると予想され、予測期間中に北米で調査された市場の需要をさらに創出すると期待されます。

同様に、主要大学によるWSI機器の調達の増加も、同地域の市場成長を増加させると予想されます。例えば、2021年5月、シカゴ大学は、Olympus Corporationから真新しいオリンパスVS200スライドビュー調査スライドスキャナを購入しました。このスキャナーは、ドロップオフサービスの一環として利用され、フルカラーの組織学的スライドや蛍光スライドを幅広い倍率で画像化できるホールスライド、ワイドフィールドスキャニングシステムです。同様に2022年3月、ライカマイクロシステムズは最初のマイクロハブの一つであるMicaを発売しました。Microhubは、機械学習ソフトウェア、自動化ツール、独自の蛍光アンミキシング技術を活用し、顕微鏡の経験レベルに関係なく、研究者のイメージングワークフローを自動化する、新しいタイプの完全に統合されたイメージングソリューションです。

このように、政府の推奨と主要企業による製品発売により、北米は調査期間中に大きな成長を確認する見込みです。

ホールスライドイメージング産業概要

世界のホールスライドイメージング市場は中程度の競争であり、少数の主要企業で構成されています。市場参入企業は、先進的な製品開拓のためのコラボレーションなどの戦略的イニシアチブをとっています。現在市場を独占している企業には、Hamamatsu Photonics K.K.、3DHISTECH Ltd、Leica Microsystems GmbH、Olympus Corporation、Koninklijke Philips NVなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 物理的スライドと比較した仮想スライドの人気の高まり
    • ホールスライドイメージングの技術進歩
    • 創薬研究の増加
  • 市場抑制要因
    • 厳しい規制当局の承認
    • ホールスライドイメージングシステムの高コスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模-100万米ドル)

  • 技術別
    • スキャナー
    • ITインフラ
    • ビューアー
    • 画像管理システム
  • 用途別
    • テレパソロジー
    • 細胞病理学
    • 免疫組織化学
    • 血液病理学
  • エンドユーザー別
    • 学術機関
    • 調査
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Olympus Corporation
    • Koninklijke Philips N.V
    • Leica Microsystems GmbH
    • Nikon Corporation
    • Visiopharm
    • 3Dhistech
    • Hamamatsu Photonics KK
    • Indica Labs
    • Mikroscan Technologies Inc.
    • Akoya Biosciences
    • Molecular Machines & Industries
    • MBF Bioscience

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 46569
Whole Slide Imaging - Market - IMG1

The Whole Slide Imaging Market size is estimated at USD 1.21 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.65 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.39% during the forecast period (2024-2029).

COVID-19 significantly impacted the global whole slide imaging market due to the increased research studies conducted to identify COVID-19 strains using whole slide imaging (WSI). For instance, in an article published in March 2023 in PubMed, the Centers for Medicare & Medicaid Services waived the requirement for pathologists to perform diagnostic tests in Clinical Laboratory Improvement Amendments (CLIA)-licensed facilities during the pandemic, which led to the rapid implementation of WSI across all surgical pathology subspecialties in the United States. Thus, the increased demand and implementation of WSI in laboratories significantly impacted the market's growth during the pandemic. In the coming years, the market is expected to witness healthy growth owing to the advancements in whole slide imaging and the rise in research and development utilizing whole slide imaging techniques.

The key factors propelling the whole slide imaging (WSI) market are an increase in research and development in drug discovery processes, technological advancements in whole slide imaging, and the rising popularity of virtual slides compared to physical slides.

Also, the increasing incidence of cancer is expected to drive the growth of the overall market since advanced image analysis can lead to automated examination of histopathology images, which is essential for fast cancer diagnosis. For instance, according to the American Cancer Society 2023 Cancer Statistics, the estimated new number of cancer cases is 1.9 million in the United States in 2023. This estimation includes 1.01 million males and 948,000 cases of females. A significant burden of cancer cases can increase the demand for WSI since WSI scans assist doctors in analyzing larger areas to detect malignant cells or other mutations in a specific tissue, which is further expected to fuel the market growth over the study period.

Furthermore, an increase in research activities and the presence of key players and their strategic activities are expected to bolster the market growth over the study period. For instance, in March 2023, OptraSCAN, an end-to-end digital pathology solution provider, launched the OnDemand Digital Pathology solution that offers complete digital transformation of pathology laboratories in North America. Similarly, using whole slide imaging in various chronic diseases is expected to raise the demand for WSI and bolster market growth. For instance, according to an article published in June 2022 in PubMed, whole slide imaging-based systems were helpful in digitally frozen sections at cancer centers.

Thus, owing to the high number of chronic diseases, an increase in the adoption of WSI in malignant tissue detection and strategic product launches by the key players are expected to bolster the market growth over the study period. However, stringent regulatory approvals and the high cost of whole slide imaging systems are expected to hinder market growth.

Whole Slide Imaging Market Trends

Telepathology Segment is Expected to Grow Significantly Over the Forecast Period

Telepathology is the practice of remote pathology using telecommunication links to permit the electronic transmission of digital pathology images. Telepathology can be utilized for providing primary diagnoses, second opinion consultations, quality assurance, education, and research purposes.

The telepathology segment is expected to witness significant growth owing to the increase in the adoption of telepathology in various departments, the increase in product launches, and other strategic activities. For instance, in August 2022, Tribun Health, one of the European leaders in software development for digital pathology, entered a strategic partnership with Mindpeak, a global leader in pathology AI software, to help pathologists analyze whole-slide-images (WSI) of immunohistochemically (IHC) stained human breast cancer tissue to detect, classify, count cancer cells, and to provide the respective quantitative score. Similarly, in August 2022, Diagnexia, Deciphex's telepathology care provider, and Saudi Ajal Medical Laboratories, a company offering medical laboratory products in Saudi Arabia, entered a strategic collaboration to provide expert consultation telepathology services in Saudi Arabia.

Furthermore, telepathology provides immediate expert anatomic pathology consultation to sites without an in-house or subspecialized pathologist, which leads to the adoption of the same. For instance, according to the article published in March 2023 in PubMed, the concentration of contradictory diagnoses among a few pathologists showed that they were all familiar with diagnoses using frozen sections or telepathology. Thus, due to the increase in the adoption of telepathology services by the researchers, the demand for the same is expected to rise, fuelling the market growth over the study period.

Whole Slide Imaging - Market - IMG2

North America is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period

North America is expected to witness significant market growth in the studied market owing to the increasing investment in drug discovery and development processes and the rise in strategic product launches by the key players.

Also, the increasing funding from the United States government for supporting healthcare and publishing new guidelines for WSI in toxicological studies is expected to bolster the market growth over the study period.

For instance, in May 2023, the FDA issued final guidance on the use of whole slide imaging in nonclinical toxicology studies. The guidance is in a question-and-answer format and addresses issues such as validating the whole slide imaging system and protecting the images' integrity. Nonclinical laboratory investigations that can assist sponsors and regulators in understanding the toxicity of medicine often involve the histopathological evaluation of tissue samples utilizing whole-slide imaging. Thus, the release of such guidelines is expected to increase the quality of WSI procedures conducted by the researchers, which is further expected to create demand for the studied market in North America over the forecast period.

Similarly, an increase in procurement of WSI equipment by the major universities is expected to increase the market growth in the region. For instance, in May 2021, the University of Chicago purchased a brand-new Olympus VS200 Slideview Research Slide Scanner from Olympus Corporation. The scanner is utilized as a part of the drop-off service, and it is a whole slide, widefield scanning system capable of imaging full-color histology and fluorescent slides at a wide range of magnifications. Similarly, in March 2022, Leica Microsystems launched Mica, one of the first Microhub. A Microhub is a new type of wholly integrated imaging solution that leverages machine learning software, automation tools, and unique fluorescence unmixing techniques to automate the imaging workflow for researchers, regardless of their microscopy experience levels.

Thus, owing to the government's recommendations and product launches by the key players, North America is expected to witness significant growth over the study period.

Whole Slide Imaging Industry Overview

The global whole slide imaging market is moderately competitive and consists of a few major players. The market players are taking strategic initiatives such as collaboration for the development of advanced products. Some of the companies that are currently dominating the market are Hamamatsu Photonics K.K., 3DHISTECH Ltd, Leica Microsystems GmbH, Olympus Corporation, and Koninklijke Philips NV, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Popularity of Virtual Slides as Compared to Physical Slides
    • 4.2.2 Technological Advancements in Whole Slide Imaging
    • 4.2.3 Increasing Research in Drug Discovery
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Approvals
    • 4.3.2 High Cost of Whole Slide Imaging Systems
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Scanners
    • 5.1.2 IT Infrastructure
    • 5.1.3 Viewer
    • 5.1.4 Image Management System
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Telepathology
    • 5.2.2 Cytopathology
    • 5.2.3 Immunohistochemistry
    • 5.2.4 Hematopathology
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Academic Institute
    • 5.3.2 Research
    • 5.3.3 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Olympus Corporation
    • 6.1.2 Koninklijke Philips N.V
    • 6.1.3 Leica Microsystems GmbH
    • 6.1.4 Nikon Corporation
    • 6.1.5 Visiopharm
    • 6.1.6 3Dhistech
    • 6.1.7 Hamamatsu Photonics KK
    • 6.1.8 Indica Labs
    • 6.1.9 Mikroscan Technologies Inc.
    • 6.1.10 Akoya Biosciences
    • 6.1.11 Molecular Machines & Industries
    • 6.1.12 MBF Bioscience

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS