デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1335429

新型コロナウイルス迅速診断検査の市場規模・シェア分析-成長動向・予測(2023年~2028年)

COVID Rapid Diagnostic Test Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
新型コロナウイルス迅速診断検査の市場規模・シェア分析-成長動向・予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

新型コロナウイルス迅速診断検査の世界市場は2023年に132億9,000万米ドルと推定され、2028年には74億6,000万米ドルに減少すると予測されます。

COVID-19およびその新種の症例数の増加、新型および先進型COVID-19迅速診断テストの承認数の増加」などの要因が市場成長を後押ししています。

世界中でCOVID-19の症例数が増加し、さまざまな亜種が出現しているため、症状を早期に発見する必要性が生じています。例えば、WHOが発表したデータによると、2023年1月には、COVID-19の確定症例が世界で約7億5,300万件報告され、2022年12月には6億4,500万件以上でした。同出典によると、2023年に新たに毎週報告された症例数が最も多かったのは日本(4,19,033人)で、次いで中国(1,58,687人)、韓国(1,48,261人)、ドイツ(64,545人)、ブラジル(51,176人)となっています。また、2021年11月、WHOはSARS-CoV-2コロナウイルスの変種omicronを特定し、懸念される変種としてリストアップしました。COVID-19感染者の最近の増加は、BA.2として知られる亜型、すなわち「tealth omicron」を含む極めて伝染性の高い品種の感染例と関連しており、特に安全対策が緩い場所での感染が多いです。したがって、これが市場の成長を支えています。

迅速診断検査は結果が早く、使用も簡単です。さらに、パンデミックの間、各社はCOVID-19の迅速診断分野で製品開拓に取り組み、市場の成長を継続的に増加させました。例えば、2022年5月、BDは、呼吸器ウイルス感染の兆候を示している患者からの単一の鼻腔サンプルからSARS-CoV-2とインフルエンザA、およびインフルエンザBを検出し、区別するための自動化多重リアルタイムRT-PCR(逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応)検査であるBD CORシステム用のBD SARS-CoV-2/Fluアッセイで、SARS-CoV-2とインフルエンザA/Bの新しいハイスループット分子診断コンビネーション検査を発売しました。

さらに、COVID-19用の手ごろな価格の検査キットを開発する政府や組織の取り組みが増加していることも、予測期間中の市場の成長を高めると予想されます。例えば、2021年6月、教育・通信・電子・IT担当の連邦国務大臣は、インド工科大学(IIT)でCOVID用の「手頃な」「正確な」迅速抗原検査キットを発売しました。

さらに、COVID-19診断検査の技術的進歩や新製品の承認により、市場における新規診断製品の利用可能性が高まっています。これが市場の成長を促進すると予想されます。例えば、日本の株式会社カネカは2022年6月、COVID-19抗原検査キット「カネカイムノクロマトSARS-CoV-2 Ag」の製造販売承認を取得しました。

しかし、品質管理上の問題による製品回収の増加、COVID-19検査に関連する厳しい規制と政策、製品の承認が、予測期間中の新型コロナウイルス迅速診断検査市場の成長を阻害する可能性が高いです。

新型コロナウイルス迅速診断検査市場の動向

分子検査セグメントは予測期間に大幅なCAGRで推移する見込み

分子検査は一般にRT-PCRまたは核酸増幅検査(NAAT)と呼ばれます。ウイルスRNAの断片は、専門的な検査によってウイルス感染の検出を可能にするために、分子検査によって増幅されます。分子検査には主に、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、ループ媒介等温増幅(LAMP)検査、クラスター化規則的等間隔短パリンドローム反復(CRISPR)ベースのアッセイなどがあります。分子検査はCOVID-19の他の検査と比較して、高い選択性と高い精度を提供します。それゆえ、RT-PCRは、WHO、EU、FDAなどのいくつかの当局によって、COVID-19検査のゴールドスタンダードとして推奨されています。

さらに、COVID-19検出検査を提供する企業は、技術革新を通じて非常に効率的で精密な検査を提供することに主眼を置いており、それによっていくつかの分子診断製品の発売と承認につながっており、これは市場にプラスの影響を与えると予想されます。例えば、ベルギーに本拠を置くmiDiagnostics社は2022年5月、シリコンチップ技術に基づく超高速COVID-19 PCR検査を発売しました。同社の最新検査は約30分で結果が得られます。また2022年3月、Sense Biodetection社はVeros COVID-19のCEマークを欧州当局から取得しました。Veros COVID-19は完全に統合された使いやすい分子診断検査で、15分で検査室レベルの結果が得られます。

したがって、分子検査の高い有効性とこの分野における新製品の発売により、分子検査分野は健全な市場シェアを有すると予想されます。

COVID Rapid Diagnostic Test Market-IMG1

予測期間中、北米が大きな市場シェアを占める見込み

北米は、COVID-19感染の高い有病率や先進的な研究開発体制などの要因により、予測期間にわたって新型コロナウイルス迅速診断検査市場で大きな成長が見込まれます。加えて、同地域における主要プレイヤーの存在や製品上市の増加も、予測期間中の市場成長を後押しすると見られています。

WHOのCOVID-19ダッシュボードによると、2023年1月18日現在、米国で確認されたCOVID-19感染者は約1億10万人で、これは世界で最も多いです。この症例数の多さは、COVID-19を迅速に検出するためのCOVID-19検出キットの需要を生み出し、市場の成長に寄与しています。また、同じ情報源によると、2020年1月3日から2023年1月27日までに、カナダで約4,539,229件、メキシコで7,342,764件のCOVID-19確定症例が報告されています。このように、人口の間でコロナウイルス感染症例の負担が大きいため、迅速診断検査の需要が高まり、それによって市場の成長が促進されます。

さらに、2022年5月にMDPIに掲載された論文によると、メキシコでは、COVISTIX抗原迅速検査は、オミクロンSARS-CoV-2変種キャリアの検出において極めて高感度かつ特異的であることが確認されています。また、この検査は、ウイルス排出のピークを過ぎた人や、極めて一般的なオミクロンSARS-CoV-2亜型の保菌者を含め、無症状者と有症状者の両方をスクリーニングするのに十分です。したがって、このような研究は、COVID-19の新たな変異型を検出するための迅速抗原検査製品に対する需要を促進し、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、規制当局の承認や新製品の発売が増加することで、新しい診断検査キットやデバイスの利用可能性が高まり、予測期間中の市場成長が促進されると予想されます。例えば、2022年12月、カナダ政府はBtnx社のRapid Response COVID-19 Antigen Self-test Kitを承認しました。また、2022年7月、米国FDAは、SARS-CoV-2ウイルス由来のヌクレオカプシドタンパク質抗原を定性的に検出するための非処方家庭用であるWatming社のSpeedy Swab Rapid COVID-19 Antigen Self-Testに緊急使用許可を発行しました。

したがって、コロナウイルス感染やその新興変異体の高い負担、新製品の発売だけでなく、増加する調査研究などの要因のために、調査市場は予測期間中に成長すると予想されます。

COVID Rapid Diagnostic Test Market-IMG2

新型コロナウイルス迅速診断検査産業の概要

新型コロナウイルス迅速診断検査市場は適度に断片化されており、市場には主要企業が存在しています。市場の主要企業としては、Abbott Laboratories、F. Hoffmann-La Roche Ltd、Siemens Healthcare GmbH、bioMerieux SA、Quest Diagnostics Incorporated、Danaher Corporationなどが挙げられます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • COVID-19迅速診断検査の承認数の増加
    • COVID-19およびその新しい変異体の症例の増加
  • 市場抑制要因
    • 品質管理の問題による製品回収
    • 厳しい規制と政策
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模)

  • タイプ別
    • 分子検査
    • 抗原検査
    • その他の検査
  • エンドユーザー別
    • 病院および診療所
    • 検査・診断センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Cue Health Inc.
    • Acon Laboratories, Inc.
    • Danaher Corporation(Beckman Coulter, Inc.)
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Siemens Healthcare AG
    • Quidel Corporation
    • bioMerieux SA
    • Quest Diagnostics Incorporated
    • PerkinElmer Inc.
    • Creative Diagnostics
    • CTK Biotech
    • QIAGEN

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 91951

The Global COVID Rapid Diagnostic Test Market is estimated at USD 13.29 billion in 2023, and is expected to decline to USD 7.46 billion by 2028.

Factors such as rising cases of COVID-19 and its new variants and the increasing number of approvals for new and advanced COVID-19 rapid diagnostic tests" are boosting the market growth.

The increasing number of COVID-19 cases and the emergence of different variants across the globe is creating the need for early detection of the symptoms. For instance, according to the data published by the WHO, in January 2023, about 753 million confirmed cases of COVID-19 were reported globally, "compared to over 645 million confirmed cases in December 2022. As per the same source, the highest number of new weekly cases in 2023 were reported from Japan (4,19,033), followed by China (1,58,687), South Korea (1,48,261), Germany (64,545), and Brazil (51,176). Also, in November 2021, the WHO identified the SARS-CoV-2 coronavirus variant omicron and listed it as a variant of concern. The recent increase in COVID-19 cases has been linked to cases of the extremely contagious variety, including a subvariant known as BA.2, or ","tealth omicron,", particularly in places where safety procedures have been lax. Hence, this supports market growth.

The rapid diagnostic test provides quick results and is also easy to use. Additionally, during the pandemic, the companies were engaged in product developments in the rapid diagnostic segment for COVID-19, continuously increasing market growth. For instance, in May 2022, BD launched a new high-throughput molecular diagnostic combination test for SARS-CoV-2 and Influenza A/B on BD SARS-CoV-2/Flu assay for the BD COR System, an automated multiplexed real-time RT-PCR (reverse transcriptase - polymerase chain reaction) test to detect and differentiate SARS-CoV-2 and influenza A, and influenza B from a single nasal sample from patients who are showing signs of respiratory viral infection.

Furthermore, the growing number of government and ororganizations'nitiatives in developing affordable test kits for COVID-19 are also expected to increase the mamarket'srowth over the forecast period. For instance, in June 2021, the Union Minister of State for Education, Communications, Electronics and IT launched an "affordable" and "accurate" Rapid Antigen Test kit for COVID at the Indian Institute of Technology (IIT).

Moreover, the technological advancements in COVID-19 diagnostics tests and new product approvals increase the availability of novel diagnostic products in the market. This, in turn, is anticipated to fuel market growth. For instance, in June 2022, Kaneka Corporation, a Japan-based company, received authorization to manufacture and sell "Kaneka Immunochromatography SARS-CoV-2 Ag," a COVID-19 antigen test kit.

However, the increasing product recalls due to quality control issues, stringent regulations and policies related to COVID-19 testing, and product approvals are likely to impede the growth of the COVID rapid diagnostic tests market over the forecast period.

COVID Rapid Diagnostic Test Market Trends

Molecular Tests Segment is Expected to Register a Significant CAGR Over the Forecast Period

Molecular tests are generally referred to as RT-PCR or nucleic acid amplification tests (NAATs). Bits of viral RNA is amplified by molecular tests to enable the detection of viral infection by specialized testing. Molecular tests primarily include polymerase chain reaction (PCR) tests, loop-mediated isothermal amplification (LAMP), and clustered, regularly interspaced short palindromic repeat (CRISPR)-based assays. Molecular testing offers a higher level of selectivity and is highly precise compared to other tests for COVID-19. Hence, RT-PCR is recommended as the gold standard for COVID-19 testing by several authorities such as WHO, EU, and FDA, among others.

Furthermore, the companies offering COVID-19 detection tests are largely focused on providing highly efficient and precision testing through their innovation, thereby leading to the launch and approval of several molecular diagnostic products, which is expected to positively impact the market. For instance, in May 2022, Belgium-based miDiagnostics launched an ultrafast COVID-19 PCR test based on silicon chip technology. The company's latest test can provide results in about 30 minutes. Also, in March 2022, Sense Biodetection received CE Marking for Veros COVID-19 from the European Authority. Veros COVID-19 is a fully integrated, easy-to-use molecular diagnostic test that provides laboratory-quality results in 15 minutes.

Therefore, due to the high efficacy of molecular tests, and new product launches in the area, the molecular test segment is expected to have a healthy market share.

COVID Rapid Diagnostic Test Market - IMG1

North America is Expected to Hold Significant Market Share Over the Forecast Period

North America is expected to witness significant growth in the COVID rapid diagnostics tests market over the forecast period owing to the factors such as the high prevalence of COVID-19 infections and advanced research and development structure. In addition, the presence of key players as well as rising product launches in the region is also expected to boost the market growth over the forecast period.

As per WHO COVID-19 Dashboard, as of 18th January 2023, there were about 100.1 million confirmed COVID-19 cases in the United States, which was the highest in the world. This high number of cases creates a demand for COVID-19 detection kits for the rapid detection of the disease, thereby contributing to market growth. Also, as per the same source, about 4,539,229 confirmed cases of COVID-19 in Canada and 7,342,764 confirmed cases of COVID-19 in Mexico were reported from 3rd January 2020 to 27th January 2023. Thus, the high burden of coronavirus infection cases among the population raises the demand for rapid diagnostic tests, thereby propelling market growth.

Additionally, as per an article published in MDPI, in May 2022, it has been observed that, in Mexico, the COVISTIX antigen rapid test is extremely sensitive and specific for detecting Omicron SARS-CoV-2 variant carriers. Also, the test is sufficient for screening both asymptomatic and symptomatic people, including those who have passed the peak of viral shedding and carriers of the extremely common Omicron SARS-CoV-2 subtype. Thus, such a study is anticipated to fuel the demand for rapid antigen test products for detecting emerging variants of COVID-19, hence bolstering market growth.

Moreover, the rising regulatory approvals and new product launches increase the availability of novel diagnostic test kits and devices which in turn is anticipated to propel the market growth over the forecast period. For instance, in December 2022, the Government of Canada approved Btnx's Rapid Response COVID-19 Antigen Self-test Kit. Also, in July 2022, the United States FDA issued an emergency use authorization to Watming's Speedy Swab Rapid COVID-19 Antigen Self-Test, a non-prescription home use for the qualitative detection of nucleocapsid protein antigen from the SARS-CoV-2 virus.

Therefore, owing to the factors, such as the high burden of coronavirus infections and its emerging variants, increasing research studies as well as new product launches, the studied market is anticipated to grow over the forecast period.

COVID Rapid Diagnostic Test Market - IMG2

COVID Rapid Diagnostic Test Industry Overview

The COVID rapid diagnostic test market is moderately fragmented, with the presence of key players in the market. Some of the key companies in the market are Abbott Laboratories, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Siemens Healthcare GmbH, bioMerieux SA, Quest Diagnostics Incorporated, and Danaher Corporation, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Number of Approvals for New and Advanced COVID-19 Rapid Diagnostic Tests
    • 4.2.2 Rising Cases of COVID-19 and its New Variants
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Product Recalls Due to Quality Control Issues
    • 4.3.2 Stringent Regulations and Policy
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Molecular Tests
    • 5.1.2 Antigen Tests
    • 5.1.3 Other Tests
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Hospitals and Clinics
    • 5.2.2 Laboratories and Diagnostics Centers
    • 5.2.3 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.3 Cue Health Inc.
    • 6.1.4 Acon Laboratories, Inc.
    • 6.1.5 Danaher Corporation (Beckman Coulter, Inc.)
    • 6.1.6 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.7 Siemens Healthcare AG
    • 6.1.8 Quidel Corporation
    • 6.1.9 bioMerieux SA
    • 6.1.10 Quest Diagnostics Incorporated
    • 6.1.11 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.12 Creative Diagnostics
    • 6.1.13 CTK Biotech
    • 6.1.14 QIAGEN

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS