デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1333688

IoTプロフェッショナルサービス市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

IoT Professional Services Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 126 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
IoTプロフェッショナルサービス市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 126 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

IoTプロフェッショナルサービス市場規模は、2023年の1,515億8,000万米ドルから2028年には2,822億5,000万米ドルに成長し、予測期間(2023年~2028年)のCAGRは13.24%になると予測されます。

主なハイライト

  • スマートシティ構想が、今後数年間のIoT成長の先鞭をつけると予想されます。IoTデバイスとシステムは、交通、公共事業、インフラの一部として増加すると予想されます。政府の取り組みがIoTデバイスの導入率を押し上げ、導入とさらなる管理のために専門サービスに頼る組織が増えると予想されます。
  • 例えば、欧州連合(EU)の指令により、EU加盟国は2020年までにスマート電力メーターを消費者の80%に普及させることが義務付けられました。このような動きを受けて、各国ではスマートメーター・ソリューションの導入が進んでいます。例えば、ビジネス・エネルギー・産業戦略省によると、2021年第3四半期末時点で、英国全土の家庭と中小企業で2,640万台のスマートメーターと高機能メーターが稼働しており、そのうち2,160万台がスマートモードで稼働しています。このことは、IoT機器の展開サービスへの依存度が高まっていることを示しています。
  • さまざまな政府による世界の接続イニシアティブが、IoTの導入率を押し上げています。例えば、2014年から2020年にかけて800億ユーロの資金が投入された、EUの最も重要な研究・イノベーションプログラムの1つであるHorizon 2020は、欧州の技術開発に大きな影響を与えました。e-simのプロジェクト立ち上げの一環として、Sigfox、LoRa、NB-IoT、LTE-Mなどの技術との相互運用性の開発が行われました。政府のイニシアチブはIoT市場にプラスの影響を与え、専門サービスに対する付随的な需要を生み出しています。
  • 5Gの出現により、コンシューマーおよび産業分野におけるIoTの世界の数は大幅に増加すると予想され、IoTプロフェッショナルサービスに新たな成長の道が生まれます。エリクソンによると、2020年には5Gデバイスの台数は1億6,000万台に達すると予想されています。2025年には、5Gの契約数は26億に達し、人口の65%をカバーし、世界のモバイル・データ・トラフィックの45%を生み出すことになります。
  • IoTのように複数のデバイスを追加すると、ネットワークの表面積が増えるため、その過程で潜在的な攻撃ベクトルが増えることになります。ネットワークに接続された1台の安全でないデバイスでさえ、ウェブ上での能動的な攻撃の入口となる可能性があります。このように、データ・セキュリティへの懸念は、顧客の信頼を獲得し、侵害を防ぐためにセキュリティの強化に取り組む企業にとって、重要な課題となっています。
  • COVID-19が発生した際、電子機器の世界のサプライチェーンと需要が混乱しました。このため、IoT市場のハードウェア導入は2020年までに大きな影響を受け、IoTデバイスの設置に関連する展開サービスの需要に直接影響を与えました。中国などでの生産停止により、エレクトロニクス業界では2020年の2月から3月にかけてエレクトロニクスの供給不足が観測されました。

IoTプロフェッショナルサービス市場動向

コネクテッドデバイスの世界の普及が市場成長を牽引

  • コネクテッドデバイスの普及により、大量のデータが生成されます。IoTプロフェッショナルサービスプロバイダーは、データの収集、保存、処理、分析など、組織のデータ管理を支援します。IoTプロフェッショナルサービスプロバイダーは、データ分析戦略の策定や、IoTで生成されたデータから実用的な知見を引き出すためのツールやテクノロジーの導入を支援します。組織は高度なアナリティクスを活用することで、情報に基づいた意思決定、プロセスの最適化、イノベーションの推進が可能になります。
  • 産業分野でコネクテッドデバイスを採用する傾向が強まっていることは、調査対象の市場にプラスの影響を与えています。エリクソンによると、大規模なIoT接続の数は倍増し、2億件近くに達する見込みです。同ソースによると、2027年末までにセルラーIoT接続の40%はブロードバンドIoTとなり、4Gが大半を接続します。しかし、新旧の周波数帯における5G新無線(NR)のイントロダクションより、このセグメントのスループット・データ・レートは大幅に向上すると予想されます。
  • 新たなアプリケーション、ビジネスモデル、デバイスコストの低下がIoT導入の推進に役立っており、その結果、接続デバイスとエンドポイントの数が世界的に増加しています。巨大なIoT技術であるNB-IoTとCat-M1は、世界的に展開され続けています。大規模IoT技術は、ブロードバンドIoTセルラー接続を抜いて、全セルラーIoT接続の51%を占めると予想されます。
  • コネクテッドデバイスの普及は特定の業界に限定されるものではなく、製造、ヘルスケア、輸送、エネルギー、農業など様々な分野に及んでいます。各業界には、IoTに対する独自の要件や使用事例があります。各業界に特化した専門知識を持つIoTプロフェッショナルサービスプロバイダーは、各業界特有の課題と機会に対処するためのオーダーメイドのソリューションを提供することができます。彼らは業界特有のIoT実装の複雑さを理解し、専門的なガイダンスとサポートを提供することができます。例えば、GSMA Mobility Report 2022によると、2021年のIoT接続総数は約151億件で、2025年には233億件に達すると予測されています。このような著しい成長率は、様々な業界においてIoT専門サービスをかなり必要とし、それによって市場の成長を促進します。
  • さらに、産業分野では、導入が業界全体に浸透しています。例えば、アルバネットワークスによると、IoTデバイスはますます普及しており、85%の企業がこの技術を導入していると予想されています。
  • 全体として、接続されたデバイスの普及は、複雑性、統合の課題、スケーラビリティのニーズ、セキュリティの懸念、データ管理の要件をもたらすことで、IoTプロフェッショナルサービスの需要を促進しています。IoTプロフェッショナルサービスプロバイダーは、組織がこれらの複雑性を乗り越え、IoT投資の価値を最大化するのを支援する上で重要な役割を果たしています。
IoT Professional Services Market-IMG1

北米が最大の市場シェアを占める見込み

  • 北米地域は、AT&T、IBM、General Electricといった通信業界の有力企業が存在し、技術の進歩に対応するためにインフラの構築と進歩に継続的に投資していることから、大きな市場シェアを占めると予想されます。これにより、予測期間中にIoTプロフェッショナルサービスの採用が促進されると予想されます。
  • 高速で安全な5G接続は、IoTデバイスの採用を加速し、俊敏な運用と柔軟な生産を可能にすると予想されます。この技術により、自動組立、倉庫、コネクテッド・ロジスティクス、梱包、製品ハンドリング、自律走行カートが促進されます。さらに、北米では産業界におけるIoTとデジタル・ソリューションの認知度が著しく高いです。Mendix社の最近の調査によると、米国の製造業従事者の78%がデジタル化を歓迎しています。また、製造業の労働者の10人に8人は、新しいデジタルスキルの習得に関心を持っています。
  • さらに、スマートグリッドが国内のエネルギー産業全体を掌握する計画であることから、IoTユーティリティは予測期間中に牽引力を増すと予想されます。例えば、スマートメーターの導入を専門とするランディス・ギア(Landis+Gyr)やシスコのIoT向けCatalystルーターは、企業が送電網を管理し、大量のデータを収集・管理するのに役立っています。最新の5G産業用ルーターは、ユーティリティ企業にエンドポイントの今後15~20年の寿命をサポートする製品を提供します。
  • IoTデバイスの人気は、税制優遇措置や住宅保険の割引と相まって、消費者や電力会社に、住宅建設業者や所有者の新時代に適したインテリジェントなサービスを提供し、このような進化する市場で競合を維持するよう促しています。Institute for Electric Efficiencyによると、2022年末までに米国では約1億2,400万台のスマートメーターが設置される見込みで、2007年比で1億1,700万台増加します。スマートメーターの設置が進むにつれて、IoTサービスの採用傾向は予測期間中に大幅に高まる可能性があります。
  • CDWカナダの調査によると、カナダのほぼすべての組織(96%)がIoTや新技術を評価しているが、3分の1以上(37%)は導入していないです。人工知能、モノのインターネット、ServiceNowのようなビジネスプロセス変革ツールが、最も投資額の多い新技術のトップ3(それぞれ60%、59%、58%)だっています。ビジネスや産業におけるデジタル化とコネクテッド・デバイスの利用の拡大に伴い、この地域ではIoTアプリケーションと売上が増加すると予想されます。デジタル化とIoTベースの製品への移行に伴い、展開やコンサルティングなどのプロフェッショナル・サービスが増加します。
IoT Professional Services Market-IMG2

IoTプロフェッショナルサービス業界の概要

IoTプロフェッショナルサービス市場では、様々な世界企業やローカル企業が存在するため、競争企業間の敵対関係は依然として高いです。著名なプレーヤーとしては、IBM Corporation、General Electric Company、AT&T Inc.、GEなどが挙げられます。戦略的パートナーシップ、合併、買収を通じて、市場のプレーヤーは積極的に、より実質的な足跡を獲得しています。

2023年4月、スウェーデンの通信機器メーカーであるエリクソンは、IoTアクセラレーター(IoT-A)とコネクテッド・ビークル・クラウド(CVC)の事業を、著名なIoTソリューション・プロバイダーであるエアリスに譲渡しました。両社は、統合された能力により、新たなレベルの規模、信頼性、セキュリティでIoTプログラムの世界な展開と管理が可能になると考えています。

2023年1月、英国マンチェスターに本社を置くIoTソフトウェア・エンジニアリング・サービスのプロバイダーであるモビカは、米国の著名なITサービス企業であるコグニザントに買収されることで合意しました。モビカのサービスには、ソフトウェア開発ライフサイクル全体が含まれ、クライアントの戦略的な社内研究開発イニシアチブと、組み込みソフトウェア開発、実装、テスト、配備における中核的な専門知識に重点を置いています。今回の買収により、コグニザントのIoT組込みソフトウェア・エンジニアリング能力は大幅に拡大し、デジタル・トランスフォーメーションを促進する幅広いエンド・ツー・エンドのサポートを顧客に提供することができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 規制状況
  • IoTエコシステム(IoT開発サービス、IoTエッジ技術、IoTクラウドバックエンド・アズ・ア・サービス、IoTテレコスタックのサービスプロバイダーにわたるピュア、デュアル、トリプルプレーのベンダー情勢を網羅)
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 世界のコネクテッドデバイスの普及
    • 企業のIoT対応デジタルトランスフォーメーションに対する需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • データのプライバシーとセキュリティに関する懸念
    • IoT導入のための標準化されたプロトコルとフレームワークの欠如
  • IoTプロフェッショナルサービスの提供(各サービスの内容、各業界の動向、サービスプロバイダーの戦略的展開など定性的情報)
    • IoTコンサルティング
    • デプロイメント・サービス
    • マネージド・サービス
  • IoTコンサルティングと実装に関する大企業と中小企業の動向

第6章 市場セグメンテーション

  • サービスタイプ別
    • IoTコンサルティング
    • IoTインフラ
    • システム設計・インテグレーション
    • サポートとメンテナンス
    • 教育・トレーニング
  • 組織規模別
    • 中小企業(SMEs)
    • 大企業
  • 展開タイプ別
    • クラウドベース
    • オンプレミス
  • エンドユーザー産業別
    • 製造業
    • 小売
    • ヘルスケア
    • エネルギー・公益事業
    • 運輸・物流
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • General Electric Company
    • AT&T Inc.
    • Atos SE
    • Accenture PLC
    • Oracle Corporation
    • Cognizant Technology Solutions Corporation
    • Capgemini SE
    • DXC Technology Company
    • Tata Consultancy Services Limited
    • Virtusa Corporation
    • Wipro Technologies

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 67230

The IoT Professional Service Market size is expected to grow from USD 151.58 billion in 2023 to USD 282.25 billion by 2028, at a CAGR of 13.24% during the forecast period (2023-2028).

Key Highlights

  • Smart city initiatives are expected to spearhead IoT growth over the coming years. IoT devices and systems are expected to increase as part of transportation, utilities, and infrastructure. Government initiatives are expected to boost the adoption rates of IoT devices, leading to more organizations relying on professional services for deployment and further management.
  • For instance, the European Union's directive required all EU member states to roll out smart electricity meters to 80% of consumers by 2020. Due to such developments, countries are increasingly adopting smart metering solutions. For instance, according to the Department for Business, Energy & Industrial Strategy, at the end of Q3 2021, 26.4 million smart and advanced meters were operating in homes and small businesses across Great Britain, with 21.6 million of all meters operating in smart mode. This factor indicates the increasing dependency on deployment services for IoT devices.
  • Global connectivity initiatives by various governments are pushing the adoption rates of IoT. For instance, Horizon 2020, one of the most significant EU research and innovation programs, with EUR 80 billion in funding between 2014 and 2020, significantly impacted technological developments in Europe. As part of the project launch of e-sim, developing interoperability with technologies such as Sigfox, LoRa, NB-IoT, and LTE-M was undertaken. Government initiatives positively influence the IoT market, creating an ancillary demand for professional services.
  • With the advent of 5G, the global number of IoT in consumer and industrial space is expected to increase significantly, creating new avenues of growth for IoT professional services. According to Ericsson, in 2020, the 5G device volumes are expected to reach 160 million. By 2025, the 5G subscription base will reach 2.6 billion and cover up to 65% of the population, generating 45% of global mobile data traffic.
  • Adding several devices, like IoT, increases the surface area of a network, thereby creating more potential attack vectors in the process. Even a single unsecured device connected to a network may serve as a point of entry for an active attack on the web. Data security concern has, thus, presented themselves as a significant challenge as players navigate to strengthen their security offering to gain customer confidence and prevent breaches.
  • During the COVID-19 outbreak, the global supply chain and demand for electronics were disrupted. Thus, the IoT market's hardware adoption was severely influenced by 2020, directly impacting the demand for deployment services connected to the installation of IoT devices. Due to the production shutdown in countries like China, the electronics industry observed a shortage of electronics supply during February and March of 2020.

IoT Professional Services Market Trends

The Proliferation of Connected Devices across the World to Drive the Market Growth

  • The proliferation of connected devices generates massive amounts of data. IoT professional services providers help organizations manage data, including data collection, storage, processing, and analysis. They assist in developing data analytics strategies and implementing tools and technologies to derive actionable insights from IoT-generated data. Organizations can make informed decisions, optimize processes, and drive innovation by leveraging advanced analytics.
  • The growing trend of adopting connected devices in the industrial sectors positively influences the market studied. According to Ericsson, the number of massive IoT connections is expected to have doubled, reaching nearly 200 million contacts. According to the same source, by the end of 2027, 40% of cellular IoT connections will be broadband IoT, with 4G connecting the majority. However, with the introduction of 5G New Radio (NR) in the old and new spectrum, this segment's throughput data rates are expected to increase substantially.
  • Emerging applications, business models, and falling device costs have been instrumental in driving IoT adoption, consequently increasing the number of connected devices and endpoints globally. The massive IoT technologies NB-IoT and Cat-M1 continue to be rolled out globally. The massive IoT technologies are anticipated to comprise 51% of all cellular IoT connections overtaking broadband IoT cellular connections.
  • The proliferation of connected devices is not limited to a specific industry but spans various sectors, including manufacturing, healthcare, transportation, energy, and agriculture. Each industry has unique requirements and uses cases for IoT. IoT professional services providers with industry-specific expertise can offer tailored solutions to address each sector's specific challenges and opportunities. They understand the intricacies of industry-specific IoT implementations and can provide specialized guidance and support. For instance, as per GSMA Mobility Report 2022, the total number of IoT connections in 2021 was recorded at around 15.1 billion, and these connections are anticipated to reach 23.3 billion by 2025. Such significant growth rates would considerably necessitate IoT professional services across various industries, thereby driving the market growth.
  • Moreover, in the industrial sector, the adoption has penetrated across industries. For instance, according to Aruba Networks, IoT devices have become increasingly pervasive, with 85% of businesses expected to have implemented the technology.
  • Overall, the proliferation of connected devices fuels the demand for IoT professional services by introducing complexity, integration challenges, scalability needs, security concerns, and data management requirements. IoT professional services providers play a critical role in helping organizations navigate these complexities and maximize the value of their IoT investments.
IoT Professional Services Market - IMG1

North America is Expected to Hold the Largest Market Share

  • The North America region is expected to hold significant market shares owing to the presence of prominent players in the telecom industry, such as AT&T, IBM, and General Electric, which continuously invest in building up and advancing their infrastructure to keep pace with technological advancements. This is expected to boost the adoption of IoT professional services over the forecast period.
  • Fast and secure 5G connectivity is expected to accelerate the adoption of IoT devices, allowing agile operations and flexible production. This technology will facilitate automated assembly, warehouses, connected logistics, packing, product handling, and autonomous carts. Moreover, North America's awareness of IoT and digital solutions in industries is significantly higher. According to a recent study by Mendix, 78% of US manufacturing workers welcome digitalization. In addition, eight in 10 manufacturing workers are interested in learning new digital skills.
  • Additionally, with smart grids planning to take over the entire energy industry in the country, IoT utilities are expected to gain traction over the forecast period. For instance, Landis+Gyr, which specializes in smart meter deployments, and Cisco's Catalyst routers for IoT are helping companies manage their grids and collect and make sense of large volumes of data. The latest 5G industrial routers will give utilities an offering to support the next 15-20 years of an endpoint's life.
  • The popularity of IoT devices, combined with tax incentives and home insurance discounts, has encouraged consumers and utility companies to make their services intelligent and suitable for the new age of home builders and owners and remain competitive in such an evolving market. According to the Institute for Electric Efficiency, by the end of 2022, around 124 million smart meters were recorded to be installed in the United States, an increase of 117 million units compared to 2007. With the increasing installation of smart meters, the tendency for IoT services adoption might increase significantly during the forecast period.
  • Nearly all (96%) Canadian organizations value IoT and new technologies, according to a CDW Canada survey, yet more than one-third (37%) are not implementing them. Artificial intelligence, the Internet of Things, and business process transformation tools like ServiceNow were the top three most heavily invested new technologies (60 percent, 59 percent, and 58 percent, respectively). With the growing digitalization and usage of connected devices in business and industry, IoT applications and sales are anticipated to increase in the region. As the company moves toward digitalization and IoT-based products, professional services such as deployment and consulting will increase.
IoT Professional Services Market - IMG2

IoT Professional Services Industry Overview

The competitive rivalry in the IoT professional services market remains high due to the presence of various global and local players. A few of the prominent players include IBM Corporation, General Electric Company, AT&T Inc., and GE. Through strategic partnerships, mergers, and acquisitions, the players in the market are actively gaining a more substantial footprint.

In April 2023, Ericsson, a Swedish telecom equipment manufacturer, finished transferring its IoT Accelerator (IoT-A) and Connected Vehicle Cloud (CVC) operations to Aeris, a prominent IoT solution provider. The firms believe that the combined capabilities allow for the global deployment and management of IoT programs at a new level of scale, reliability, and security.

In January 2023, Mobica, a provider of IoT software engineering services with its headquarters in Manchester, United Kingdom, agreed to be acquired by Cognizant, a prominent American IT services firm. Mobica's services include the whole software development life cycle, focusing on clients' strategic internal research and development initiatives and core expertise in embedded software development, implementation, testing, and deployment. This acquisition considerably broadens Cognizant's IoT-embedded software engineering capabilities and offers clients a broader range of end-to-end support to facilitate digital transformation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Regulatory Landscape
  • 4.4 IoT Ecosystem (Coverage on Pure, Dual, and Triple Play Vendor Landscape across Service Providers for IoT Development Services, IoT Edge Technologies, IoT Cloud Backend-as-a-service, and IoT Telco Stacks)
  • 4.5 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Proliferation of Connected Devices Across the Globe
    • 5.1.2 Increasing Demand for IoT-enabled Digital Transformation of Enterprises
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Concerns Associated With Data Privacy And Security
    • 5.2.2 Lack of Standardized Protocols and Frameworks for IoT Deployments
  • 5.3 IoT Professional Service Offerings (Qualitative Information Covering What Each Service Entails, Trends Across Industries, and Strategic Developments by Service Providers)
    • 5.3.1 IoT Consulting
    • 5.3.2 Deployment Services
    • 5.3.3 Managed Services
  • 5.4 Trend across Large Enterprise and SMEs vis-a-vis IoT Consulting and Implementation

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Service Type
    • 6.1.1 IoT Consulting
    • 6.1.2 IoT Infrastructure
    • 6.1.3 System Designing and Integration
    • 6.1.4 Support and Maintenance
    • 6.1.5 Education and Training
  • 6.2 By Organization Size
    • 6.2.1 Small and Medium Enterprises (SMEs)
    • 6.2.2 Large Enterprises
  • 6.3 By Deployment Type
    • 6.3.1 Cloud-based
    • 6.3.2 On-premises
  • 6.4 By End-user Industry
    • 6.4.1 Manufacturing
    • 6.4.2 Retail
    • 6.4.3 Healthcare
    • 6.4.4 Energy and Utilities
    • 6.4.5 Transportation and Logistics
    • 6.4.6 Other End-user Industries
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 General Electric Company
    • 7.1.3 AT&T Inc.
    • 7.1.4 Atos SE
    • 7.1.5 Accenture PLC
    • 7.1.6 Oracle Corporation
    • 7.1.7 Cognizant Technology Solutions Corporation
    • 7.1.8 Capgemini SE
    • 7.1.9 DXC Technology Company
    • 7.1.10 Tata Consultancy Services Limited
    • 7.1.11 Virtusa Corporation
    • 7.1.12 Wipro Technologies

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS