デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1332599

酸化カルシウム市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Calcium Oxide Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
酸化カルシウム市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

酸化カルシウム市場規模は、2023年の5,189万トンから2028年には6,578万トンに、予測期間(2023年~2028年)のCAGRは4.86%で成長すると予測されます。

調査対象市場は、2020年のCOVID-19の発生によってマイナスの影響を受けました。しかし、2021年と2022年には市場は回復の兆しを見せた。

主なハイライト

  • 鉄鋼業界の需要が市場の石灰需要を押し上げています。電気アーク炉、AOD転炉、精錬取鍋における石灰の新たな使用が、製鉄における酸化カルシウムの需要を牽引しています。製鉄では不純物を除去し、硫黄やリンを除去する精製剤として使用されます。
  • 酸化カルシウムは健康に有害な影響を与えます。水と激しく反応するため、吸い込んだり皮膚や目に触れたりすると激しい炎症を引き起こします。さらに極端な場合、生石灰にさらされると腹痛、嘔吐、吐き気を引き起こすこともあります。水と反応すると、可燃物を発火させるのに十分な熱を放出することがあります。そのため、生石灰の生産には注意深く観察し、さまざまな環境規制に適合させる必要があり、これが市場の抑制要因になる可能性があります。
  • バイオ燃料産業に対する需要の高まりは、酸化カルシウム市場に好機をもたらすと予想されます。パーム油からバイオディーゼルを調製するための固体不均一系触媒としての酸化カルシウムの使用量の増加に影響を与えると予想されます。
  • アジア太平洋地域が世界の市場を独占しており、中国やインドなどの国々からの消費が最も大きいです。

酸化カルシウム市場動向

冶金産業からの需要増加

  • 酸化カルシウムは、ケイ酸塩や他の材料と反応して溶液を形成する能力を持っているため、多くのプロセスに応用できます。鉄鋼および冶金産業の製造業者は、他の金属の溶融や精製に酸化カルシウムを使用するため、酸化カルシウムの主要な消費者です。
  • 鉄鋼製造では、金属部品中の不純物を除去するクリンカー剤として酸化カルシウムが使用されます。酸化カルシウムの添加は、電気アーク炉、AOD転炉、精錬取鍋に必要です。その他にも、腐食防止剤や酸の中和剤として冶金産業で役立っています。さらに、酸化カルシウムは銅、鉛、亜鉛、銀、ニッケル、金、ウランなどの生産にも使用され、さまざまな金属塩の浮遊を利用して不純物を分離します。
  • 鉄鋼業は近代産業成長の原動力のひとつであり、鉄鋼生産は過去10年間着実に成長しています。世界鉄鋼協会によると、2022年12月の世界の粗鋼生産量は1億4,070万トン(Mt)だっています。しかし、2023年にはさらにプラス成長率を記録すると予想され、それによって現在の研究市場を牽引しています。
  • アジア太平洋は酸化カルシウムの主要消費国のひとつであり、中国が支配的です。米国が支配する北米も重要な位置を占めています。米国では、冶金産業が酸化カルシウム市場の主要用途と考えられており、鉄鋼炉のフラックスとして使用されています。米国で生産される酸化カルシウムの約35%が冶金用途に使用されています。
  • 以上のような要因が、予測期間中の世界市場を牽引していくと予想されます。
Calcium Oxide Market-IMG1

市場を独占する北米地域

  • 予測期間中、北米が酸化カルシウムの世界市場を独占すると予想されます。
  • 米国は世界第4位の粗鋼生産国で、国内に100以上の生産工場があります。
  • 酸化カルシウムは、建築物の建設において汎用性の高い材料です。酸化カルシウムはモルタルの成分として石工システムの構築に使用できます。外装(スタッコ)や内装のプラスター・システムにも酸化カルシウムを使用することができます。アスファルトの添加剤として、酸化カルシウムはアスファルトの凝集力を高め、剥離を減らし、老化プロセスを遅らせる。
  • 米国は、760万人以上の従業員を擁する巨大な建設部門を誇っています。米国国勢調査局によると、2022年の建設額は1兆7,900億米ドルで、2021年の1兆6,300億米ドルから10.2%(0.8%)増加しました。
  • さらに、米国国勢調査局が作成したさらなる統計によると、米国の新規建設の年間金額は、2021年の1兆4,900億米ドルに対し、2022年は1兆6,600億米ドルを占めています。さらに、米国の住宅建設は、2021年には7,406億4,000万米ドルであったのに対し、2022年には8,491億6,000万米ドルとなっています。同国における非住宅建設の年間価値は、2021年の7,591億7,000万米ドルに対し、2022年には8,084億2,000万米ドルと評価され、それによって短期的に調査された市場の消費は減少しました。
  • 観光、オフィスビル、小売スペースへの消費者支出や政府投資の増加により、商業建設も増加すると予想されます。
  • 建設部門はメキシコ経済の屋台骨です。過去50年間で、メキシコの都市化はOECD(経済協力開発機構)諸国の大半を上回るスピードで進みました。都市化の進展と国民の所得水準が、同国の建設需要に拍車をかけています。
  • メキシコの住宅部門に提供される資金の大半(約68%)は政府機関が担っています。CONAVI(国家住宅委員会)、INFONAVIT、FOVISSSTE、CFEといった政府機関が、同国の住宅建設部門の成長を支えています。
  • 以上のような要因により、予測期間中、酸化カルシウムのようなポリオレフィン触媒の需要が高まると予想されます。
Calcium Oxide Market-IMG2

酸化カルシウム産業の概要

酸化カルシウム市場はほとんどが断片化されています。酸化カルシウム市場の主要企業は、Carmeuse、Graymont、Lhoist、Mississippi Lime、Minerals Technologiesなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 世界の鉄鋼生産の増加
    • 建設・インフラ開発の拡大
  • 抑制要因
    • 厳しい環境規制が酸化カルシウムの生産を妨げる
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量ベース)

  • エンドユーザー産業
    • 冶金
    • 建設
    • 肥料・化学
    • パルプ・製紙
    • 耐火物
    • その他のエンドユーザー産業(ゴム、飲食品など)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • メキシコ
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Carmeuse
    • Graymont Limited
    • Lhoist
    • Mississippi Lime
    • Minerals Technologies Inc.
    • CAO Industries Sdn Bhd
    • AKJ Minchem Private Limited
    • Sigma Minerals Ltd
    • Astrra Chemicals
    • Kemipex
    • Sibelco
    • American Elements
    • Graymont Limited
    • American Elements
    • CAO Industries Sdn Bhd
    • Mississippi Lime

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66072

The Calcium Oxide Market size is expected to grow from 51.89 million metric tons in 2023 to 65.78 million metric tons by 2028, at a CAGR of 4.86% during the forecast period (2023-2028).

The studied market was negatively impacted by the outbreak of COVID-19 in the year 2020. However, in 2021 and 2022, the market showed signs of recovery.

Key Highlights

  • Demand from the steel industry is empowering the demand for lime in the market. Emerging use for lime in electric arc furnaces, AOD converters, and refining ladles is driving the demand for calcium oxide in steel-making. Steel-making uses it as a purifying agent to eliminate impurities and remove sulfur and phosphorus.
  • Calcium Oxide includes a hazardous impact on health. It reacts vigorously with water, leading to severe irritation when inhaled or in contact with the skin and eyes. Moreover, in extreme cases, quicklime exposure can cause abdominal pain, vomiting, and nausea. When reacted with water, it can release enough heat to ignite combustible materials. Hence, their production needs to be carefully observed and conform to various environmental regulations, which may act as a restraining factor in the market.
  • Growing demand for the biofuel industry is expected to provide an opportunity for the market for calcium oxide. It is expected to impact the increase in the usage of calcium oxide as a solid heterogeneous catalyst for the preparation of biodiesel from palm oil.
  • Asia-Pacific dominated the market across the world, with the most significant consumption from countries such as China and India.

Calcium Oxide Market Trends

Increasing Demand from the Metallurgical Industry

  • The ability of calcium oxide to react with silicates and other materials to form solutions makes it applicable to numerous processes. Manufacturers in the steel and metallurgical industries are the leading consumers of calcium oxide, as they use it to melt and purify other metals.
  • In steel manufacturing, calcium oxide is used as a clinker agent to eliminate impurities in metal parts. Calcium oxide addition is necessary for electric arc furnaces, AOD converters, and refining ladles. It includes other utilities in the metallurgical industry as a corrosion protector and as a neutralizer of acids. Further, calcium oxide is also used to produce copper, lead, zinc, silver, nickel, gold, uranium, etc., to segregate impurities using floatation of different metallic salts.
  • The iron and steel industry is one of the drivers of modern industrial growth, and steel production is growing steadily over the past decade. According to the World Steel Association, the global crude steel production was 140.7 million tonnes (Mt) in December 2022. However, in 2023, it is further expected to register a positive growth rate, thereby driving the current studied market.
  • Asia-Pacific is one of the major consumers of calcium oxide, dominated by China. North America, dominated by the United States, also includes a significant market position. In the United States, the metallurgical industry is considered the leading application for the calcium oxide market, where it is used as fluxes in iron and steel furnaces. Around 35% of calcium oxide produced in the United States is used for metallurgical applications.
  • All the factors above are expected to drive the global market during the forecast period.
Calcium Oxide Market - IMG1

North America region to Dominate the Market

  • North America is expected to dominate the global calcium oxide market during the forecast period.
  • The United States is the world's fourth-largest producer of crude steel, with more than 100 production plants in the country.
  • Calcium oxide is a versatile material in the construction of buildings. It can be used in constructing masonry systems as a mortar component. Exterior (stucco) and interior plaster systems can also contain calcium oxide. As an additive in asphalt, calcium oxide improves the cohesion of asphalt, reduces stripping, and retards the aging process.
  • The United States boasts a colossal construction sector with over 7.6 million employees. According to US Census Bureau, in 2022, the value of construction was USD 1.79 trillion billion, a 10.2% (0.8%) increase over the USD 1.63 trillion spent in 2021.
  • Further, as per further statistics generated by the US Census Bureau, the annual value for new construction in the United States accounted for USD 1.66 trillion in 2022, compared to USD 1.49 trillion in 2021. Moreover, the annual residential construction in the United States was valued at USD 849.16 billion in 2022, compared to USD 740.64 billion in 2021. The annual value of non-residential construction put in place in the country was valued at USD 808.42 billion in 2022, compared to USD 759.17 billion in 2021, thereby decreasing the consumption of the market studied in the short term.
  • Commercial construction is also expected to increase, with more consumer expenditure and governmental investments in tourism, office buildings, and retail spaces.
  • The construction sector is the backbone of the Mexican economy. Over the last five decades, Mexico urbanized faster than most OECD (Organization for Economic Co-operation and Development) countries. The increasing urbanization and public income levels are fueling the country's construction demand.
  • The government bodies are responsible for most of the funds (around 68%) provided to the housing sector in Mexico. The government agencies, such as CONAVI (National Housing Commission), INFONAVIT, FOVISSSTE, and CFE, are supporting the growth of the housing construction sector in the country.
  • All the factors above are expected to boost the demand for polyolefin catalysts, like calcium oxide, during the forecast period.
Calcium Oxide Market - IMG2

Calcium Oxide Industry Overview

The calcium oxide market is mostly fragmented. The calcium oxide market key players include Carmeuse, Graymont, Lhoist, Mississippi Lime, and Minerals Technologies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Steel Production Across the World
    • 4.1.2 Growing Construction and Infrastructural Developments
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Environmental Production Hampering the Production of Calcium Oxide
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 End-user Industry
    • 5.1.1 Metallurgical
    • 5.1.2 Construction
    • 5.1.3 Fertilizer and Chemicals
    • 5.1.4 Pulp and Paper
    • 5.1.5 Refractory
    • 5.1.6 Other End-user Industries (Rubber, Food and Beverages, etc.)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Mexico
      • 5.2.2.3 Canada
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Carmeuse
    • 6.4.2 Graymont Limited
    • 6.4.3 Lhoist
    • 6.4.4 Mississippi Lime
    • 6.4.5 Minerals Technologies Inc.
    • 6.4.6 CAO Industries Sdn Bhd
    • 6.4.7 AKJ Minchem Private Limited
    • 6.4.8 Sigma Minerals Ltd
    • 6.4.9 Astrra Chemicals
    • 6.4.10 Kemipex
    • 6.4.11 Sibelco
    • 6.4.12 American Elements
    • 6.4.13 Graymont Limited
    • 6.4.14 American Elements
    • 6.4.15 CAO Industries Sdn Bhd
    • 6.4.16 Mississippi Lime

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Emerging use of Calcium Oxide as a Catalyst for Biodiesel Production from Palm Oil
  • 7.2 Augmenting Usage of Calcium Oxide in Animal Waste Treatment