デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1331257

アルファグルコシダーゼ阻害薬の市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Alpha-Glucosidase Inhibitors Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
アルファグルコシダーゼ阻害薬の市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アルファグルコシダーゼ阻害薬の市場規模は2023年に46億6,000万米ドルと推定され、2028年には51億9,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2023-2028年)のCAGRは2.17%で成長する見込みです。

2027年には約51億米ドルに達すると推定されます。

COVID-19パンデミックはアルファグルコシダーゼ阻害薬市場にプラスの影響を与えました。糖尿病とコントロールされていない高血糖は、COVID-19患者の転帰を悪くする危険因子であり、重症化や死亡のリスクを高める。糖尿病患者は免疫系が弱く、COVID-19の合併症は状態を悪化させ、免疫系は急速に弱くなります。糖尿病の人は普通の人よりもむしろ重篤な合併症に陥る可能性が高いです。

アルファグルコシダーゼ阻害薬は、2型糖尿病に使用される経口糖尿病治療薬で、炭水化物の消化を妨げることによって作用します。炭水化物は、腸を覆う細胞に存在するアルファグルコシダーゼ酵素によって単糖に変換され、単糖が腸から吸収されるようになります。したがって、アルファグルコシダーゼ阻害薬は、食事中の炭水化物が血糖に与える影響を軽減します。アルファグルコシダーゼ阻害薬は、2型糖尿病における高血糖に対するより大きな血糖コントロールを確立するために使用され、適切な糖尿病食および運動療法と併用して単独療法として使用されることもあれば、他の抗糖尿病薬と併用されることもあります。したがって、これらの薬剤は、2型糖尿病の有無にかかわらず、COVID-19感染に罹患した患者を治療するための潜在的な候補であるとともに、COVID-19パンデミック時には優れた抗糖尿病(グルコース低下)剤となります。

2021年5月、世界保健総会は糖尿病の予防と管理の強化に関する決議に合意しました。この決議では、糖尿病治療のための医薬品や健康食品へのアクセスを向上させること、糖尿病治療薬や健康食品の市場の透明性に関連する情報を共有するためのウェブベースのツールを確立することの実現可能性と潜在的価値を評価することなどの分野での行動を推奨しています。

したがって、前述の要因により、調査対象市場は分析期間中に成長を示すと予想されます。

アルファグルコシダーゼ阻害薬市場の動向

世界の糖尿病有病率の上昇

世界の糖尿病人口は予測期間中に1.9%増加すると予想されています。

国際糖尿病連合によると、2021年の成人糖尿病人口は約5億3,700万人で、2030年には6億4,300万人増加する見込みです。肥満は、主に2型糖尿病であるこの疾患の主な要因の1つと考えられています。糖尿病患者の血糖値が上昇し続けると、腎障害、神経障害、眼障害などの合併症が進行する要因となります。

2型糖尿病はますます蔓延しており、心血管疾患および腎疾患のリスク増大と関連しています。アルファグルコシダーゼ阻害薬は耐糖能障害のある患者にも使用することができ、これらの患者では2型糖尿病の発症を遅らせることができます。低血糖や乳酸アシドーシスのリスクがあり、スルホニル尿素やメトホルミンなどの他の抗糖尿病薬に適さない患者には特に有用です。アルファグルコシダーゼ阻害薬は、2型糖尿病の治療薬としてFDAに承認されています。

2021年4月、WHOは糖尿病の予防とケアを改善するための世界のイニシアチブである「世界糖尿病コンパクト」を立ち上げ、中低所得国の支援に重点を置いています。同コンパクトには、各国政府、国連機関、非政府組織、民間セクター、学術機関、慈善財団、糖尿病患者、国際的なドナーなどが参加しています。本コンパクトは、糖尿病のリスクを低減し、糖尿病と診断されたすべての人々が公平で包括的、かつ安価で質の高い治療とケアを受けられるようにするという共通のビジョンに取り組むことを目的としています。

そのため、有病率の増加や上記の要因から、調査対象市場は分析期間中に成長すると予測されます。

Alpha-Glucosidase Inhibitors Market-IMG1

予測期間中、アルファグルコシダーゼ阻害薬市場では中東・アフリカが最も高いCAGRで推移する見込み

予測期間中、中東・アフリカ地域のCAGRは3.6%を超えると予測されます。

アカルボース(プレコース)、ボグリボース、ミグリトール(グリセット)は、アルファグルコシダーゼ阻害薬クラスの医薬品です。これらの薬は、食後の血中グルコース量の急激な上昇を抑える働きがあります。アルファグルコシダーゼ阻害薬は食後糖尿病を低下させます。これらの薬はグリコシル化ヘモグロビン濃度を下げ、食後のインスリン濃度を下げます。食後高血糖は合併症の発症に関連し、心臓疾患のリスクも高めるため、食後高血糖の調節は極めて重要です。

2021年のIDF MENA地域の糖尿病患者数は7,300万人で、2030年には9,500万人に増加すると推定されています。IDF MENA地域の4,800万人の成人は耐糖能障害を抱えており、2型糖尿病の発症リスクを高めています。

政府は、糖尿病の転帰をコントロールするための計画や政策に取り組んでいます。例えば、2022年7月、サウジアラビア政府は、サウジアラビアでは変化に拍車がかかり、質の高いヘルスケアサービスに対する需要が高まっていると発表しました。これには、高齢化人口の増加、糖尿病や肥満などの生活習慣病の有病率の増加などが含まれます。政府と民間セクターは、ヘルスケア事業体、認証、規制に取り組んでいます。政府は、サウジアラビア国民の100%を保険でカバーするための措置を講じています。また、手頃な価格、アクセス、質の高いデジタルヘルスケア、費用対効果の高いプライマリケアの確保にも取り組んでいます。

以上のような要因から、予測期間中に市場は成長すると見込まれています。

Alpha-Glucosidase Inhibitors Market-IMG2

アルファグルコシダーゼ阻害薬産業の概要

調査対象のアルファグルコシダーゼ阻害薬市場は非常に細分化されており、バイエル、サンパーマー、ファイザー、武田薬品、ザイダスといった世界市場で存在感を示す大手メーカーと、その他の地域別メーカーで構成されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • アルファグルコシダーゼ阻害薬
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米
    • 欧州
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • スペイン
      • 英国
      • ロシア
      • その他欧州
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • アジア太平洋
      • 日本
      • 韓国
      • 中国
      • インド
      • オーストラリア
      • ベトナム
      • マレーシア
      • インドネシア
      • フィリピン
      • タイ
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • イラン
      • エジプト
      • オマーン
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 市場指標

  • 1型糖尿病人口
  • 2型糖尿病人口

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Bayer
    • Takeda
    • Pfizer
    • Glenmark
    • Sun Pharma
    • Torrent
    • Unichem
    • Hexalag
    • Eris
    • Blue Cross
  • 企業シェア分析
    • Bayer
    • Takeda
    • Pfizer
    • その他

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 63563

The Alpha-glucosidase Inhibitors Market size is estimated at USD 4.66 billion in 2023, and is expected to reach USD 5.19 billion by 2028, growing at a CAGR of 2.17% during the forecast period (2023-2028).

The market is estimated to reach a value of about USD 5.1 billion by 2027.

The COVID-19 pandemic positively impacted the Alpha-glucosidase Inhibitors market. Diabetes and uncontrolled hyperglycemia are risk factors for poor outcomes in patients with COVID-19 including an increased risk of severe illness or death. People with diabetes have a weaker immune system, the COVID-19 complication aggravates the condition, and the immune system gets weaker very fast. People with diabetes have more chances to get into serious complications rather than normal people.

Alpha-glucosidase inhibitors are oral anti-diabetic drugs used for diabetes mellitus type 2 that work by preventing the digestion of carbohydrates. Carbohydrates are converted into monosaccharides by alpha-glucosidase enzymes present in cells lining the intestine, enabling monosaccharides to be absorbed through the intestine. Hence, alpha-glucosidase inhibitors reduce the impact of dietary carbohydrates on blood sugar. Alpha-glucosidase inhibitors are used to establish greater glycemic control over hyperglycemia in diabetes mellitus type 2, they may be used as monotherapy in conjunction with an appropriate diabetic diet and exercise, or they may be used in conjunction with other anti-diabetic drugs. Therefore, they have been potential candidates for treating patients affected by COVID-19 infection, with or even without type 2 diabetes, as well as excellent antidiabetic (glucose-lowering) agents during COVID-19 pandemic times.

In May 2021, the World Health Assembly agreed on a Resolution on strengthening the prevention and control of diabetes. It recommends action in areas including increasing access to medicines and health products for the treatment of diabetes and assessing the feasibility and potential value of establishing a web-based tool to share information relevant to the transparency of markets for diabetes medicines and health products.

Therefore, owing to the aforementioned factors the studied market is anticipated to witness growth over the analysis period.

Alpha-glucosidase Inhibitors Market Trends

Rising diabetes prevalence globally

The diabetes population globally is expected to rise by 1.9% over the forecast period.

According to International Diabetes Federation, the adult diabetes population in 2021 was approximately 537 million, which will increase by 643 million in 2030. Obesity is considered one of the major factors contributing to the disease, primarily Type 2 diabetes. Continued elevation in blood glucose levels in diabetes patients can contribute to progressive complications such as renal, nerve, and ocular damage.

Type 2 diabetes is increasingly prevalent and associated with an increased cardiovascular and renal disease risk. Alpha-glucosidase inhibitors may also be used in patients with impaired glucose tolerance and delay the occurrence of type 2 diabetes mellitus in these patients. They are particularly useful for patients at risk of hypoglycemia or lactic acidosis and are unsuitable candidates for other antidiabetic drugs such as sulfonylureas and metformin. Alpha-glucosidase inhibitors are FDA approved for the treatment of type 2 diabetes mellitus.

In April 2021, WHO launched the Global Diabetes Compact, a global initiative to improve diabetes prevention and care, focusing on supporting low and middle-income countries. The Compact is bringing together national governments, UN organizations, nongovernmental organizations, private sector entities, academic institutions, philanthropic foundations, people living with diabetes, and international donors. The Compact aims to work on a shared vision of reducing the risk of diabetes and ensuring that all people diagnosed with diabetes can access equitable, comprehensive, affordable, and quality treatment and care.

Therefore, the studied market is anticipated to grow over the analysis period due to increased prevalence and the above factors.

Alpha-Glucosidase Inhibitors Market - IMG1

Middle East and Africa is expected to register the highest CAGR in Alpha-glucosidase Inhibitors Market over the forecast period

Over the forecast period, the Middle East and Africa region is expected to witness a CAGR of more than 3.6%.

Acarbose (Precose), Voglibose, and miglitol (Glyset) are medications in Alpha-glucosidase inhibitors class of drugs. These drugs help keep the amount of glucose in the blood from rising too fast after meals. Alpha-glucosidase inhibitors help lower postprandial diabetes. These medications reduce glycosylated hemoglobin levels and lower the postprandial insulin concentration. Regulation of post-meal hyperglycemia is vital as it is associated with the development of complications and also increases the risk of heart problems.

73 million adults were living with diabetes in the IDF MENA Region in 2021, which is estimated to increase to 95 million by 2030. 48 million adults in the IDF MENA Region are living with Impaired Glucose Tolerance, which increases their risk of developing type 2 diabetes.

The Government is working on plans and policies to control the outcomes of diabetes. For instance, in July 2022, Saudi Government announced that Saudi Arabia saw a growing demand for quality healthcare services spurred by changes. It includes an increasing aging population and a growing prevalence of lifestyle diseases such as diabetes and obesity. The Government and private sector are involved in working on healthcare entities, certifications, and regulations. The Government is taking steps to include 100% of Saudi citizens covered by insurance. They are also working towards ensuring affordability, access, quality digital healthcare, and primary care with cost-effectiveness.

The market is expected to grow during the forecast period due to the factors above.

Alpha-Glucosidase Inhibitors Market - IMG2

Alpha-glucosidase Inhibitors Industry Overview

The Alpha-glucosidase Inhibitors Market studied is highly fragmented, consisting of major manufacturers like Bayer, SunPharma, Pfizer, Takeda, and Zydus, holding a global market presence, and other region-specific manufacturers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Alpha-glucosidase Inhibitors
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 France
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 Italy
      • 5.2.2.4 Spain
      • 5.2.2.5 United Kingdom
      • 5.2.2.6 Russia
      • 5.2.2.7 Rest of Europe
    • 5.2.3 Latin America
      • 5.2.3.1 Mexico
      • 5.2.3.2 Brazil
      • 5.2.3.3 Rest of Latin America
    • 5.2.4 Asia-Pacific
      • 5.2.4.1 Japan
      • 5.2.4.2 South Korea
      • 5.2.4.3 China
      • 5.2.4.4 India
      • 5.2.4.5 Australia
      • 5.2.4.6 Vietnam
      • 5.2.4.7 Malaysia
      • 5.2.4.8 Indonesia
      • 5.2.4.9 Philippines
      • 5.2.4.10 Thailand
      • 5.2.4.11 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.5 Middle East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 Iran
      • 5.2.5.3 Egypt
      • 5.2.5.4 Oman
      • 5.2.5.5 South Africa
      • 5.2.5.6 Rest of Middle East and Africa

6 MARKET INDICATORS

  • 6.1 Type-1 Diabetes population
  • 6.2 Type-2 Diabetes population

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Bayer
    • 7.1.2 Takeda
    • 7.1.3 Pfizer
    • 7.1.4 Glenmark
    • 7.1.5 Sun Pharma
    • 7.1.6 Torrent
    • 7.1.7 Unichem
    • 7.1.8 Hexalag
    • 7.1.9 Eris
    • 7.1.10 Blue Cross
  • 7.2 Company Share Analysis
    • 7.2.1 Bayer
    • 7.2.2 Takeda
    • 7.2.3 Pfizer
    • 7.2.4 Others

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS