デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1326370

ハイブリッドクラウドの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Hybrid Cloud Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 170 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
ハイブリッドクラウドの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 170 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ハイブリッドクラウド市場規模は2023年に1,294億3,000万米ドルと推計され、2028年には3,485億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは21.91%で成長します。

クラウドと産業化サービスの成長と従来のデータセンターアウトソーシング(DCO)の衰退は、ハイブリッドインフラサービスへの大転換を示しています。これに対し、従来のDCO市場は縮小傾向にあり、インフラユーティリティサービスの増加とともにコロケーションやホスティングへの支出が増加しています。このため、クラウドIaaSやホスティングへのシフトが進むと予想されます。ハイブリッドクラウドの導入はそのメリットから、クラウド市場で継続的にシェアを拡大しています。

主なハイライト

  • ハイブリッドクラウド市場は、過去数年間、他のクラウドサービスと比較して全体的に大きく成長しています。ハイブリッドクラウドは、膨大なデータセットと処理ニーズを抱える企業に一定のメリットを提供します。
  • ハイブリッドクラウドを利用することで、企業はコンピューティングリソースを拡張することができ、より機密性の高いデータやアプリケーションのためにローカルリソースを解放する必要がある場合に、短期的な需要の急増に対応するために巨額の資本を投資する必要がなくなります。
  • コンピューティングや処理の需要が変動した場合、ハイブリッドクラウドを利用することで、企業はサードパーティのデータセンターにデータ全体をアクセスさせることなく、オンプレミスのインフラをパブリッククラウドに拡張し、オーバーフローを処理することができます。こうした開発により、データのセキュリティを懸念し、当初はこのソリューションへの移行をためらっていたエンドユーザーの懸念が効果的に解消されました。
  • クラウドサービスを利用する企業は、追加のリソースや機器を購入し、プログラミングし、長期間アイドリング状態で維持する代わりに、一時的に使用するリソースに対してのみ料金を支払う必要があります。これは企業にとって、収益を生まないコストを最小限に抑えるのに役立ちます。
  • COVIDが大流行する中、世界中の多くの国で、公衆衛生上の懸念から在宅勤務が義務付けられ、リモートワークのインフラが必要とされるようになっています。そのため、政府機関を含むあらゆるレベルで活動する組織は、こうしたサービスの提供に関する市民の期待の高まりと相まって、バーチャルサービスに対する需要の増加、政府の労働力を再編成する長期的な可能性、適応性があり動的な規制モデルを提供する必要性など、幅広い潜在的影響を予想していました。
  • さらに、政府機関は、データセンターの近代化、統合運用、セキュリティとガバナンス、アプリケーションの革新などの利点を含むハイパースケールクラウドの採用に重点を移しつつあります。ハイブリッドクラウドは、こうしたニーズを促進することができます。さらに、クラウドを利用することで、政府機関は大量のハードウェアを過剰にプロビジョニングすることなく、周期的な需要や緊急のニーズに対応することができます。

ハイブリッドクラウド市場の動向

銀行・金融・サービス・保険(BFSI)分野が市場の主要シェアを占める

  • 銀行部門はハイブリッドクラウド・モデルを採用しており、重要な銀行業務プロセスやアプリケーションはセキュリティ向上のためにプライベートクラウドに移行しています。また、重要でないアプリケーションは、俊敏性とコスト効率を高めるためにパブリッククラウドに移行しています。
  • 銀行のIT支出の大部分は、主にレガシーテクノロジーの維持と、異種システムの管理・保守に費やされているため、このような状況により、銀行はオンプレミスのプライベートクラウドサービスとパブリッククラウドサービスをミックスしたハイブリッドクラウドソリューションへの投資を余儀なくされ、より高い拡張性と異種システム間の統合コミュニケーションを実現しています。
  • ハイブリッドクラウドは、この分野の課題に取り組むために採用されるケースも増えています。こうした課題には、カードを使わない取引の増加、複数の銀行支店のデジタル化、遠隔地勤務システムへの移行、オンラインドキュメンテーションの必要性などが含まれます。
  • ハイブリッドクラウドを銀行業務向けに変更することで、コスト削減、効率性の向上、銀行による顧客管理の向上が可能になり、その結果、BFSI業界におけるハイブリッドクラウドの成長がもたらされます。
  • 世界のBFSI業界におけるハイブリッドクラウドの成長は、ハイブリッドクラウドに対する消費者の嗜好の変化、デジタルディスラプションの増加、エッジコンピューティング、モノのインターネット(IoT)、人工知能の統合などの技術的進歩によってもたらされます。しかし、COVID-19の大流行により、銀行やフィンテック部門全体のコンピューティング能力向上に対する需要が増加したため、BFSI市場では世界的にハイブリッドクラウドが急増しています。

北米が大きな市場シェアを占める

  • 北米はハイブリッドクラウド市場で大きなシェアを占めると予想されます。同地域の多くの企業は、パブリッククラウドの枠を超えようとしています。パブリック、プライベート、従来のITインフラを組み合わせたハイブリッドITサービスの新時代に足を踏み入れています。そのため、これらの企業はハイブリッドクラウド戦略を導入し、ビジネスの改善や顧客へのサービス提供に役立てています。
  • 北米はBYOD(Bring-your-own-device)文化の先駆者であり、その結果、BYODが広く浸透しました。その結果、企業はハイブリッドクラウド・モデルへと移行し、プライベートクラウドを通じて機密性の高いビジネス情報の安全性を確保する一方で、パブリッククラウドソリューションを通じて従業員により多くのアプリケーションを提供するようになっています。この動向は生産性向上に寄与することが確認されており、予測期間中も継続・拡大が見込まれています。カナダ企業もBYODの傾向をますます採用しています。ビジネスクリティカルな情報にアクセスするためのタブレットやスマートフォンの導入が増加していることから、同国におけるBYODの増加は予測されており、予測期間中はハイブリッドクラウド市場にも影響を与えると予測されています。
  • さらに、COVID-19の大流行は、あらゆる業界の米国企業のクラウド利用を加速させました。クラウド導入を優先する米国企業の多くは、パンデミックによってクラウドの重要性が高まったと指摘しています。
  • さらに、消費者基盤を拡大し、さまざまなアプリケーションの需要に対応するため、重要な企業は他企業との合併や新規プロジェクトへの投資も行っています。例えば、IBMは2023年5月、企業がハイブリッドマルチクラウドインフラを管理できるように設計されたSaaS「IBM Hybrid Cloud Mesh」を発表しました。IBM Hybrid Cloud Meshは、「アプリケーション中心のコネクティビティ」を原動力として、パブリッククラウドとプライベートクラウド内およびクラウド間のアプリケーションコネクティビティのプロセス、管理、観測を自動化するように設計されており、現代の企業がハイブリッドマルチクラウドや異種環境間でインフラを運用できるように支援します。
  • 全体として、柔軟性、データセキュリティ、コスト削減、デジタルトランスフォーメーション、アナリティクスの強化、業界固有の要件に対する需要は、北米のハイブリッドクラウド市場を牽引する重要な要因のひとつです。こうした理由から、企業は俊敏性、制御、イノベーションのバランスを取るために、ハイブリッドクラウドソリューションの利用を余儀なくされています。
Hybrid Cloud Market-IMG2

ハイブリッドクラウド業界の概要

ハイブリッドクラウド業界は非常に細分化されており、複数の重要な競合企業が存在します。現在、市場シェアで業界を支配している大手企業はほとんどないです。これらの市場リーダーは、海外における消費者基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を拡大するために、戦略的な取り組みを共同で行っています。また、ハイブリッドクラウドコンピューティング技術に特化した新興企業を買収し、製品力を高めている企業もあります。主な市場プレーヤーとしては、シスコシステムズ社、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ社、アマゾン・ウェブ・サービス(アマゾン社)、アクセンチュアPLC、IBM社などが挙げられます。

2023年3月、フレクセラはFlexera One FinOpsの一般提供を発表しました。このソリューションは、IT資産管理(ITAM)とFinOpsの融合を強化しながら、企業のFinOpsと中央クラウド・チームの強化を支援し、クラウドの使用と課金の可視化と割り当て、ハイブリッドIT資産の効率的な管理、クラウドの大規模運用の方法を大幅に改善します。

2023年3月、NTTコミュニケーションズ株式会社は、職場や時間に制約のある人々を含むすべての人々の可能性を広げることを目的としたビジネス共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」の一環として、デジタルヒューマンとバーチャルワールドに関わる取り組みを開始すると発表しました。また、日本の労働力人口の減少などの問題に対する解決策を促す予定です。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術スナップショット

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • クラウドサービスと既存システム間の相互運用性標準に対するニーズの高まり
    • 企業のデジタル化に伴うビジネスパフォーマンスの向上と投資収益率の向上
  • 市場の課題
    • コンプライアンス問題、移行の複雑さ、セキュリティリスク
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ソリューション
    • サービス
  • エンドユーザー産業別
    • 政府・公共部門
    • ヘルスケア
    • 銀行・金融・サービス・保険(BFSI)
    • 小売
    • ICT
    • メディア・エンターテインメント
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Hewlett Packard Enterprise Company
    • Amazon Web Services(Amazon Inc.)
    • Accenture PLC
    • IBM Corporation
    • Alibaba Cloud(Alibaba Group Holding Limited)
    • Rackspace Technology Inc.
    • Oracle Corporation
    • Google LLC
    • Equinix Inc.
    • VMware Inc.
    • Panzura Inc.
    • Flexera Software LLC
    • Dell EMC(Dell Technologies Inc.)
    • Intel Corporation
    • Fujitsu Ltd
    • NTT Communications Corporation
    • DXC Technology Company
    • Lumen Technologies Inc.
    • Microsoft Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 46236

The Hybrid Cloud Market size is estimated at USD 129.43 billion in 2023 and is expected to reach USD 348.53 billion by 2028, growing at a CAGR of 21.91% during the forecast period.

The growth of cloud and industrialized services and the decline of traditional data center outsourcing (DCO) indicate a massive shift toward hybrid infrastructure services. In comparison, the conventional DCO market is shrinking, spending on colocation and hosting along with the increase in infrastructure utility services. This is expected to drive the shift toward cloud IaaS and hosting. Owing to its benefits, hybrid cloud deployment occupies a continuously increasing share of the cloud market.

Key Highlights

  • The hybrid cloud market has experienced significant overall growth compared to other cloud services in the past few years. It offers certain benefits to organizations with a huge data set and needs processing demand.
  • Using a hybrid cloud allows companies to scale computing resources and helps eliminate the need to invest massive capital in handling short-term spikes in demand when the business needs to free up local resources for more sensitive data or applications.
  • When computing and processing demand fluctuates, hybrid cloud computing gives businesses the ability to scale their on-premises infrastructure up to the public cloud to handle any overflow without giving third-party data centers access to the entirety of their data. These developments have effectively addressed the concerns of the end-users, who were concerned about their data security and were initially hesitant to switch to this solution.
  • Companies using cloud services must pay only for resources they temporarily use instead of purchasing, programming, and maintaining additional resources and equipment idle over long periods. This helps the companies in minimalizing costs that do not generate revenue.
  • Amid the COVID pandemic, many countries across the globe mandated work from home based on public health safety concerns that drove the need for remote working infrastructure. Therefore, organizations operating at all levels, including government bodies, expected a wide range of potential impacts, such as increased demand for virtual services coupled with rising citizen expectations around the delivery of these services, the longer-term potential for reshaping the government workforce, and the need to provide adaptive and dynamic regulatory models.
  • Further, government organizations are shifting focus on adopting Hyperscale cloud that includes benefits such as data center modernization, unified operations, security and governance, and application innovation. A hybrid cloud can foster such needs. In addition, the cloud enables handling cyclical demands or emergency needs without overprovisioning large amounts of hardware for government organizations.

Hybrid Cloud Market Trends

Banking, Finance, Services, and Insurance (BFSI) Sector to Hold Major Share in the Market

  • The banking sector has been using the hybrid cloud model, through which critical banking processes and applications are migrated to private clouds for better security. Moreover, non-critical applications are moving to the public cloud for agility and cost efficiency.
  • As the majority of the banks' IT spending is primarily on maintaining their legacy technologies, along with managing and maintaining disparate systems, this situation has forced them to invest in a hybrid cloud solution that involves a mix of on-premise private and public cloud services to achieve greater scalability and integrated communication between disparate systems.
  • Hybrid cloud is also increasingly being adopted to tackle issues in this sector. These issues include the increased number of transactions without cards, the digitization of several bank branches, the shift to remote working systems, the need for online documentation, etc.
  • Modifying the hybrid cloud for banking leads to cost reduction, increases efficiency, and enables banks to manage their customers better, resulting in the growth of hybrid cloud in the BFSI industry.
  • The growth of hybrid cloud in the BFSI industry worldwide is driven by a shift in consumers' preference toward hybrid cloud, an increase in digital disruptions, and technological advances like the integration of edge computing, the Internet of Things (IoT), and artificial intelligence. However, the COVID-19 pandemic led to a sharp rise in the hybrid cloud in the BFSI market globally, owing to increased demand for increased computing power across banks and the overall fintech sector.

North America to Hold Significant Market Share

  • North America is expected to hold a significant share of the hybrid cloud market. Many companies in the region are moving beyond the public cloud. They are stepping into a new era of hybrid IT services that combine public, private, and traditional IT infrastructure. Thus, these organizations have implemented a hybrid cloud strategy, aiding them in improving their business and delivering services to customers.
  • North America pioneered the bring-your-own-device (BYOD) culture, resulting in widespread incorporation. This has led organizations to shift toward hybrid cloud models to ensure the safety of sensitive business information via private cloud while providing a greater reach of applications to employees through public cloud solutions, which is necessary for some applications requiring on-field access. This trend was observed to benefit productivity, and it is expected to continue and grow during the forecast period. Canadian companies are also increasingly adopting the BYOD trend. With the increase in the adoption of tablets and smartphones for accessing business-critical information, the growth of BYOD in the country is expected to increase, which, in turn, is anticipated to impact the hybrid cloud market over the forecast period.
  • Additionally, the COVID-19 pandemic accelerated cloud usage for US companies in every industry. Many US enterprises prioritizing cloud adoption in their organization noted the increased importance of cloud due to the pandemic.
  • Moreover, to increase their consumer base and better meet demands across various applications, significant companies are also merging with other businesses and investing in new projects. For instance, in May 2023, IBM unveiled IBM Hybrid Cloud Mesh, a SaaS offering that is designed to enable enterprises to bring management to their hybrid multi-cloud infrastructure. Driven by "application-centric connectivity," IBM Hybrid Cloud Mesh is engineered to automate the process, management, and observability of application connectivity in and between public and private clouds to help modern enterprises operate their infrastructure across hybrid multi-cloud and heterogeneous environments.
  • Overall, the demand for flexibility, data security, cost reduction, digital transformation, enhanced analytics, and industry-specific requirements are some of the significant factors that are driving the hybrid cloud market in North America. Due to these reasons, businesses are being compelled to use hybrid cloud solutions in order to strike a balance between agility, control, and innovation.
Hybrid Cloud Market - IMG2

Hybrid Cloud Industry Overview

The hybrid cloud industry is highly fragmented, with multiple significant competitors. Few major firms presently dominate the industry in terms of market share. These market leaders are concentrating on growing their consumer base in overseas nations. These businesses use collaborative strategic efforts to expand their market share and profitability. Companies in the industry are also purchasing start-ups focused on hybrid cloud computing technologies to boost their product abilities. Some key market players are Cisco Systems Inc., Hewlett-Packard Enterprise Company, Amazon Web Services (Amazon Inc.), Accenture PLC, and IBM Corporation, among others.

In March 2023, Flexera announced the general availability of Flexera One FinOps. This solution helps in strengthening an enterprise's FinOps and central cloud teams while enhancing the convergence of IT asset management (ITAM) and FinOps, empowering enterprises to significantly improve how they visualize and allocate cloud usage and billing, efficiently manage hybrid IT estates, and operate cloud at scale.

In March 2023, NTT Communications Corporation announced the launch of efforts involving digital humans and the virtual world as part of its business co-creation program, "OPEN HUB for Smart World," with the goal of broadening possibilities for all people, including those with workplace or time constraints. It plans to encourage solutions to address problems such as Japan's declining labor force participation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Technology Snapshot

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Need for Interoperability Standards Between Cloud Services and Existing Systems
    • 5.1.2 The Ability to Offer Improved Business Performance and Greater Return on Investments as Businesses Embracing Digitalization
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Compliance Issues, Migration Complexity, and Security Risks
  • 5.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Solutions
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Government and Public Sector
    • 6.2.2 Healthcare
    • 6.2.3 Banking, Finance, Services, and Insurance (BFSI)
    • 6.2.4 Retail
    • 6.2.5 Information and Communication Technology
    • 6.2.6 Media and Entertainment
    • 6.2.7 Other End-user Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 Hewlett Packard Enterprise Company
    • 7.1.3 Amazon Web Services (Amazon Inc.)
    • 7.1.4 Accenture PLC
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 Alibaba Cloud (Alibaba Group Holding Limited)
    • 7.1.7 Rackspace Technology Inc.
    • 7.1.8 Oracle Corporation
    • 7.1.9 Google LLC
    • 7.1.10 Equinix Inc.
    • 7.1.11 VMware Inc.
    • 7.1.12 Panzura Inc.
    • 7.1.13 Flexera Software LLC
    • 7.1.14 Dell EMC (Dell Technologies Inc.)
    • 7.1.15 Intel Corporation
    • 7.1.16 Fujitsu Ltd
    • 7.1.17 NTT Communications Corporation
    • 7.1.18 DXC Technology Company
    • 7.1.19 Lumen Technologies Inc.
    • 7.1.20 Microsoft Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET