市場調査レポート
商品コード
1326282

次世代バイオメトリクスの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Next Generation Biometrics Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
次世代バイオメトリクスの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

次世代バイオメトリクス市場規模は、2023年の429億6,000万米ドルから2028年には942億3,000万米ドルに成長し、予測期間(2023年~2028年)のCAGRは17.01%になると予測されます。

次世代バイオメトリクス市場で見られる主要動向の1つは、よりプライバシーを重視し、セキュリティ脅威を減らす方向へのビジネス言説のパラダイムシフトです。エンドユーザーは、従来の方法に依存するのではなく、統合されたソリューションを求めるようになっています。

主なハイライト

  • 次世代バイオメトリクス市場は、テロ活動の増加に加え、重要なデータや情報の盗難行為の増加により、国家安全保障に関する懸念が高まっていることから、大きな成長率が見込まれています。例えば、2022年8月、チリは組織犯罪に対抗するため、自動生体認証システム(ABIS)を導入します。市民警察(PDI)、市民登録、インターポールのバイオメトリクス記録を比較することで、このシステムは、認知された犯罪者、不法移民、身元不明の死者を瞬時に識別します。
  • 世界中で増加するID詐欺が、世界市場の成長を制限しています。Onfidoによると、ID詐欺は前年同期比43%増加し、犯罪者がより巧妙な手口を採用し、リアルな2D/3Dマスクを利用したり、ディスプレイ攻撃(例えば、スクリーン上に人物の写真を表示する)を展開したりして、認証システムを詐称しようとしたため、巧妙な詐欺は57%増加しました。また、10人中9人の消費者がデジタルサービスに快適にアクセスしているため、詐欺師にとってのチャンスはさらに増えています。
  • 次世代バイオメトリクス産業は、電子カードやバイオメトリクスパスポートの増加から利益を得ています。例えばコスタリカは2021年9月、2022年に生体認証パスポートを発売する予定です。この新しいパスポートは、不正な試みを拒否する最先端のセキュリティ技術を駆使して作成されました。また、国際民間航空機関が定める要求にも準拠しています。予測される期間を通じて、こうした進歩が市場開拓の成長機会を生み出す可能性があります。
  • COVID-19の発生は、特にヘルスケア分野におけるタッチレスバイオメトリクスソリューションの需要を大幅に増加させ、さまざまな業界に大きな混乱と調整をもたらしました。高度な多要素およびマルチモーダル生体認証ソリューションは、その精度とCOVID-19の社会的分離規範への適合性により、ますます重要性を増しています。
  • 企業は、物理的な接触やウイルス感染を最小限に抑えるために、指紋、掌紋、ハンドキースキャナーの使用を控えなければならないです。これらの行動は、顔認証機器やユーザーフレンドリーな虹彩スキャンの基礎を築きつつあります。この大流行は、正確な本人確認のために顔、歩行、音声認識を評価する非接触型バイオメトリクス技術に向かう傾向をもたらし、これが市場成長にプラスとなり、予測期間中の成長が見込まれています。

次世代バイオメトリクス市場動向

銀行・金融業界が最も急成長する分野

  • 中央銀行はバイオメトリクス認証の導入を進めています。バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴは、顧客が指紋認証でモバイルバンキングにログインできるようにしています。また、銀行のコールセンターでは、顧客を識別するために音声認証が導入されています。次世代バイオメトリクス認証は、パスワードの必要性をなくすことで顧客満足度を向上させ、銀行部門におけるバイオメトリクスの需要を高めることができます。
  • 2022年5月に行われたVisaの世論調査によると、利用者の86%が決済時の本人確認にバイオメトリクスの活用を熱望していることがわかっています。バイオメトリクスを利用した回答者の70%は、バイオメトリクスの方がシンプルだと答え、46%はクレデンシャルや暗証番号よりも安全だと答えています。このように、インターネットバンキングやモバイル決済におけるバイオメトリクスセキュリティの採用は、銀行詐欺の増加により、市場成長に寄与すると予想されます。
  • IDEMIAによると、2021年7月、世界のバイオメトリクスソリューションのパイオニアであるインドの銀行業界は現在、ポストCovid時代における安全かつ実用的なバイオメトリクス技術の導入に、より熱心に取り組んでいます。IDEMIAは、様々な最先端のバイオメトリクス保護とトランザクションソリューションの提供を模索しています。BFSIセクターにおけるこうした新興国市場の開拓は、今後数年間にわたり次世代バイオメトリクス市場を推進すると予想されます。
  • BFSI分野ではデジタル技術の利用が増加しているため、インターネット金融やデジタル業務がここ数年でますます普及しています。現在、多くの銀行がATMを通じて口座にアクセスするために生体認証顔認証を使用しており、カードを打ち込む必要がなくなっています。例えば、2022年5月、マスターカードは、スマートフォン、スマートカード、暗記した暗証番号の代わりに顔認識生体認証に依存する実店舗向けの生体認証決済方法を導入しました。
Next Generation Biometrics Market-IMG1

アジア太平洋地域は予測期間中に大幅な成長を遂げる見込み

  • 同地域の市場は、予測期間中に安定的に成長すると推定される新興経済圏で大きな成長が見込まれます。コンシューマーエレクトロニクスや政府部門とは別に、この地域ではヘルスケア部門が次世代バイオメトリクスの応用で成長を遂げると予測されています。
  • 同地域は、技術革新の進展と、同地域でバイオメトリクスデバイスが手頃な価格で広く使用されていることから、成長が見込まれています。さらに、次世代バイオメトリクス産業は、政府やいくつかのビジネス部門が個人を識別するためにこの技術革新を利用することで増加しています。
  • 生体認証技術のニーズは、ゲーム小売、銀行・金融業界、病院などのエンドユーザーの間で高まっています。この需要は、全国的な市場の拡大に大きな影響を与えています。例えば、2021年6月、IDEX Biometricsと共同で、中国建設銀行(CCB)はデジタル人民元構想にバイオメトリクス認証情報を採用することを選択しました。同行は以前、デジタル人民元ウォレット用のアプリを提供していました。NFC対応のバイオメトリクススマートカードのおかげで、利用者は仮想通貨を利用するのにスマートフォンを必要としないです。
  • アジア太平洋諸国における市場の拡大は、新興国の経済開拓、旅行への関心の高まり、IoTデバイスの利用増加などの要因によって促進されています。例えば、2021年11月、「Mantra Softech」とウッタル・プラデーシュ州の行政は、バイオメトリクスを使用した配給の配布で合意に達しました。さらに2021年12月、インド政府は「DIGI YATRA SCHEME」の一環として、旅行者登録に「顔認証技術」(FRT)を導入しました。これらの最近の出来事は、この分野におけるバイオメトリクス産業の拡大を加速させると予想されます。
  • 2022年9月、アジア太平洋地域の継続的な成長として、次世代ID確認プラットフォームであるIncodeは、インドネシア市場にIDソリューションであるIncode Omniを提供する代理店としてTOTM Technologiesと提携したことを明らかにしました。TOTMテクノロジーズは、世界トップクラスの安全性と顧客志向を備えたIncodeの生体認証ソリューションを同地域に導入することで、インドネシアのビジネスの幅を広げることに専念しています。このように、アジア太平洋地域におけるこれらの市場開拓は、予測期間にわたって次世代バイオメトリクス市場を推進すると期待されています。
Next Generation Biometrics Market-IMG2

次世代バイオメトリクス産業の概要

次世代バイオメトリクス市場は、多数の市場プレーヤーが市場ニーズに沿った技術革新に投資しているため、非常に断片化されています。さらに、次世代バイオメトリクス市場は、今後予想される需要のため、競争が激しいです。同市場の主要企業には、イデミア、富士通株式会社、日本電気株式会社、タレス・グループ、シーメンスAGなどがあります。

  • 2022年 9月:世界トップのデジタルID検証・認証サプライヤーであるオンフィドは、リアルアイデンティティプラットフォームを改善するバイオメトリクスの最先端ライブネスソリューションであるMotionを発表しました。MotionはiBetaレベル2に認定され、スムーズで安全かつ包括的な消費者認証を提供します。
  • 2022年8月:IDEX Biometrics ASAとRealtime ASは、コールドストレージとデジタル財産ウォレットを備えた世界初のWeb3バイオメトリクストランザクションカード、およびデジタルアイデンティティを作成し、商品化するための戦略的協力を開始しました。2023年前半には、EMV規格に準拠したオールインワンのバイオメトリクス決済カードがマーケットプレースに登場すると予測されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 電子パスポートプログラムへの成長傾斜
    • スマートフォンへの生体認証の統合が成長を促進
  • 市場抑制要因
    • プライバシー侵害への懸念が成長の課題
    • システムの初期コストの高さが成長を抑制
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術スナップショット

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューションタイプ別
    • 顔認証
    • 指紋認証
    • 虹彩認証
    • 掌紋認証
    • 署名認識
    • その他のソリューションタイプ
  • エンドユーザー業種別
    • 政府
    • 防衛
    • 旅行・出入国管理
    • ホームセキュリティ
    • 銀行・金融サービス
    • ヘルスケア
    • その他エンドユーザー業種
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 中東・アフリカ
    • ラテンアメリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IDEMIA
    • NEC Corporation
    • Fujitsu Ltd
    • Siemens AG
    • Thales Group
    • Cross Match Technologies
    • Fingerprint Cards AB
    • Suprema Inc.
    • RCG Holdings Limited
    • Safran SA

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 48754

The Next Generation Biometrics Market size is expected to grow from USD 42.96 billion in 2023 to USD 94.23 billion by 2028, at a CAGR of 17.01% during the forecast period (2023-2028).

One of the key trends witnessed in the next-generation biometrics market is a paradigm shift in business discourse toward more privacy and fewer security threats. The end-users are increasingly looking for integrated solutions rather than depending on conventional methods.

Key Highlights

  • The next-generation biometric market is anticipated to grow at a significant growth rate due to the rising number of terrorist activities, coupled with the increasing theft activities on the part of crucial data and information that have raised concerns regarding national security. For instance, in August 2022, Chile is implementing an automatic biometric identification system (ABIS) to combat organized crime. By comparing the biometric records of the civil police (PDI), the civil registry, and Interpol, the system would instantaneously identify recognized criminals, illegal migrants, and the deceased who lack any identity.
  • The rising identity fraud across the globe is restricting market growth globally. According to Onfido, Identity fraud rose 43% YoY, with sophisticated fraud increasing 57% as criminals employed smarter tactics, utilizing realistic 2D/3D masks and deploying display attacks (for instance, showing a picture of a person on a screen) to try to spoof verification systems. And with 9 out of 10 consumers comfortable accessing digital services, the opportunities for fraudsters are further increasing.
  • The next-generation biometric industry benefits from the increase in electronic cards and biometric passports. Costa Rica, for example, in September 2021, is slated to launch its biometric passport in 2022. The new passport was created using the most advanced security technology to reject fraudulent attempts. It also complies with the demands the International Civil Aviation Organization sets forth. Throughout the projected term, these advances may generate growth opportunities for market development.
  • The COVID-19 outbreak significantly increased demand for touchless biometrics solutions, particularly in the healthcare sector, and created substantial disturbances and adjustments in various industries. Advanced multifactor and multimodal biometrics solutions are becoming increasingly important due to their accuracy and conformance with COVID-19's social separation norms.
  • Companies must refrain from using fingerprint, palm print, and hand-key scanners to minimize physical touch and virus transmission. These actions are laying the groundwork for facial identification equipment and user-friendly iris scanning, which will be applied in several contexts. The outbreak brought about a trend toward contactless biometric technologies that assess face, gait, and speech recognition for accurate identification, which benefitted the market growth and is expected to grow over the forecast period.

Next Generation Biometrics Market Trends

Banking and Financial Industry to be the Fastest Growing Sector

  • Central Banks are rolling out biometric authentication. Bank of America, JP Morgan Chase, and Wells Fargo allow customers to log in to mobile banking via fingerprint authentication. Voice authentication is also deployed in bank call centres to identify customers. Next-generation biometric authentication can improve customer satisfaction by eliminating the need for passwords and increasing the demand for biometrics in the banking sector.
  • A Visa poll from May 2022 found that 86% of users are eager to utilize biometrics to verify their identification while making payments. 70% of respondents who used biometrics said it was simpler to use them, and 46% said they were safer than credentials or PINs. Thus, increasing the adoption of biometric security for internet banking and mobile payments is expected to contribute to the market growth due to increasing banking fraud.
  • According to IDEMIA, in July 2021, a pioneer in biometric solutions worldwide, the Indian banking industry is now more eager to implement safe and practical biometric technologies in the post-Covid era. IDEMIA is seeking to provide various cutting-edge biometric protection and transaction solutions. These developments in the BFSI sector are expected to propel next generation biometrics market over the coming years.
  • Internet finance and digital operations have become increasingly popular over the past few years due to the increased use of digital technology in the BFSI sector. Many banks now use biometric facial recognition to access accounts through ATMs, eliminating the requirement to punch a card. For instance, in May 2022, Mastercard introduced a biometric payment method for physical establishments that relies on face recognition biometrics instead than smartphones, smart cards, or memorized PINs.
Next Generation Biometrics Market - IMG1

Asia-Pacific to Witness a Significant Growth Rate over the Forecast Period

  • The market in the region is expected to witness significant growth in emerging economies, estimated to grow steadily over the forecast period. Apart from the consumer electronics and government sectors, the healthcare sector is expected to experience growth in the application of next-generation biometrics in this region.
  • The region is expected to grow with innovation advancement and the region's widespread use of biometric devices at an affordable price. Additionally, the next-generation biometrics industry is increasing as the government and several business sectors use this innovation to identify individuals.
  • The need for biometric identification technologies is rising among end-users, such as gaming retail, the banking and financial industry, hospitals, etc. This demand is having a substantial impact on the market's expansion nationwide. For instance, in June 2021, in conjunction with IDEX Biometrics, the China Construction Bank (CCB) chose to employ biometric credentials in its digital renminbi initiatives. The institution previously made available an app for digital yuan wallets. Users will not require a smartphone to utilize virtual currency owing to the NFC-enabled biometrics smart card.
  • The rise of the market in the Asia Pacific countries is fuelled by factors including the economic development of developing nations, rising interest in travel, and increased use of IoT devices. For instance, in November 2021, "Mantra Softech" and the administration of Uttar Pradesh reached an agreement to distribute rations using biometrics. Furthermore, in December 2021. the Indian government implemented "Facial Recognition Technology" (FRT) for traveler registration as part of the "DIGI YATRA SCHEME." These recent events are anticipated to accelerate the expansion of the biometric industry in this area.
  • In September 2022, as a continuation of its Asia Pacific growth, Incode, the next-generation identity confirmation platform, revealed that it partnered with TOTM Technologies as a distributor to provide identification solutions, Incode Omni, to the Indonesian market. By introducing world-class, safe, and customer-focused biometric solutions from Incode to the area, TOTM Technologies is dedicated to widening the scope of Indonesian businesses. Thus, these developments in the Asia-Pacific region are expected to propel the next-generation biometric market over the forecast period.
Next Generation Biometrics Market - IMG2

Next Generation Biometrics Industry Overview

The next-generation biometrics market is highly fragmented due to numerous market players investing in technological innovation aligned with the market need. Moreover, the next-generation biometric market is highly competitive due to the expected demand in the future. Some of the key players in the market are Idemia, Fujitsu Ltd., NEC Corporation, Thales Group, and Siemens AG.

  • September 2022: Onfido, the top worldwide digital identity validation, and authentication supplier launched Motion, a cutting-edge liveness solution for biometrics that will improve its Real Identity Platform. Motion is iBeta Level 2 approved and offers smooth, secure, and inclusive consumer verification.
  • August 2022: IDEX Biometrics ASA and Realtime AS launched strategic cooperation to create and commercialize the world's inaugural Web3 biometric transaction card with cold storing and digital property wallets, as well as digital identity. In the first half of 2023, the marketplace is predicted to get these all-in-one biometrics payment card that complies with EMV standards.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definitions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Inclination of Growth toward E-Passport Program
    • 4.2.2 Integration of Biometrics in Smartphones Driving Growth
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Fear of Privacy Invasion Challenging Growth
    • 4.3.2 High Initial Cost of Systems Restricting Growth
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Technology Snapshot

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type of Solution
    • 5.1.1 Face Recognition
    • 5.1.2 Fingerprint Recognition
    • 5.1.3 Iris Recognition
    • 5.1.4 Palm Print Recognition
    • 5.1.5 Signature Recognition
    • 5.1.6 Other Types of Solutions
  • 5.2 By End-user Vertical
    • 5.2.1 Government
    • 5.2.2 Defense
    • 5.2.3 Travel and Immigration
    • 5.2.4 Home Security
    • 5.2.5 Banking and Financial Service
    • 5.2.6 Healthcare
    • 5.2.7 Other End-user Verticals
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East & Africa
    • 5.3.5 Latin America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 IDEMIA
    • 6.1.2 NEC Corporation
    • 6.1.3 Fujitsu Ltd
    • 6.1.4 Siemens AG
    • 6.1.5 Thales Group
    • 6.1.6 Cross Match Technologies
    • 6.1.7 Fingerprint Cards AB
    • 6.1.8 Suprema Inc.
    • 6.1.9 RCG Holdings Limited
    • 6.1.10 Safran SA

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS