表紙:熱流体市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273542

熱流体市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Thermic Fluid Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
熱流体市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

熱流体市場は予測期間中に5%以上のCAGRで推移すると予想されます。

COVID-19は、2020年の市場にマイナスの影響を与えました。パンデミックのシナリオを考慮すると、石油精製装置は全体的に生産を削減し、多くの化学製造活動が一時的に停止したため、調査した市場の需要が減少しました。しかし、パンデミック時には医薬品の需要が増加し、市場調査による需要は増加しました。しかし、パンデミック後に業界は回復し、予測期間中もその傾向が続くと予想されます。

主なハイライト

  • 市場成長の原動力となるのは、熱媒体の使用に大きく依存する石油・ガスセクターの需要増と集光型太陽光発電の需要増と予想されます。
  • 一方、原料価格の変動は市場成長の妨げになると予想されます。
  • バイオベースの熱媒体を開発する高い可能性は、調査した市場に大きな成長機会をもたらすと思われます。
  • 精製能力が最も高く、化学および製薬産業において世界的に大きな存在感を示しているアジア太平洋地域は、熱流体の市場シェアをリードしています。予測期間中もその傾向は続くと予想されます。

熱流体の市場動向

石油・ガス業界からの幅広い需要

  • 石油・ガス業界は、拡大するエネルギー需要に対応するため、熱媒体の使用量を継続的に拡大しています。熱流体は、石油・ガスの処理、天然ガスの精製、精製、ガスの液体化、アスファルトの処理・貯蔵など、石油・ガス産業で不可欠な作業を行うために使用されています。
  • 熱流体は、天然ガス処理において、主にガススイートニング、グリコール脱水、分留列車の段階で利用されます。ガス・スイートニングとグリコール脱水の段階で使用される再生器は、ボイラーによって加熱されますが、このボイラーは熱流体によって加熱されます。さらに、分留工程では、各蒸留塔に設置されたリボイラーを加熱するために熱流体が使用されます。
  • BP Statistical Review of World Energy 2022によると、2021年の世界の天然ガス生産量は4兆369億立方メートルで、前年比約4.5%の成長率でした。天然ガス処理時の熱流体の需要を高めています。
  • 精製手順にも熱流体が使用されます。特に、分留装置のリボイラーやオーバーヘッド冷却用コンデンサーの加熱流体として利用されます。BP Statistical Review of World Energy 2022によると、世界の製油所総処理量は日量約7,922万9,000バレルで、前年比5%増となっています。米国が1,514万8,000バレル/日と圧倒的に多く、次いで中国が多いです。
  • また、世界の石油生産量を前年と比較すると、若干の数量増となっています。BP Statistical Review of World Energy 2022によると、2021年には約42億2,100万トンの数量が生産されました。
  • 経済分析局によると、2022年第1~3四半期の米国における石油・ガス採掘鉱業の付加価値はおよそ1兆1,600億米ドルで、前年の第1~3四半期の付加価値から43%もの大幅増となっています。この値は季節調整済みの年率で付加されたものです。
  • 石油・ガス事業の将来の発展のための目論見書では、石油探鉱は長期的な発展を目指し、熱流体の同時利用を進めることが推奨されています。さらに、炭化水素の発見が時間の経過とともに生産性が低下するため、石油ユニットあたりにより多くの浸透を行う必要があります。
  • したがって、上記の要因は、今後数年間の熱流体市場に大きな影響を及ぼすと予想されます。
Thermic Fluid Market-IMG1

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、世界の熱流体の市場シェアを独占しています。この地域は、化学、医薬品、石油精製などの製造が盛んな地域であると言えます。
  • BP Statistical Review of World Energy 2022によると、2021年のアジア太平洋地域の製油所全体の処理能力は、前年比3.3%増の2950万バレル/日です。
  • アジア太平洋地域は、天然ガスの生産と使用にも大きく影響しています。BP統計による「世界エネルギー2022年版」によると、2021年にアジア太平洋地域で消費された天然ガスの総量は9183億立方メートルで、前年からおよそ5%増加しました。
  • 熱流体が使用される産業として、製薬産業や化学加工も挙げられます。インド化学肥料省のデータによると、化学生産量は前年同期の410万トンから2022-23年(2022年7月まで)には5.73%増の435万トンになっています。
  • IQVIAの推計によると、世界第2位の医薬品支出国である中国は、今後5年間でセグメント数量が8%増加する一方、支出は19%増加し、その割合は以前より緩やかになるもの、革新的医薬品へのアクセス拡大に焦点が当てられるとされています。また、インドの医薬品産業は、2030年までに1,300億米ドルに達すると予想されています(インドブランド・エクイティ財団(IBEF)の提言)。同国は世界最大のワクチン生産国であり、2021年時点でワクチン全体の60%を占め、医薬品生産量では世界第3位となっています。
  • 飲食品集光型太陽光発電などのエンドユーザー部門は、加工施設の加熱・冷却目的で熱流体を採用している例です。
  • インド政府電力省によると、2023年1月現在、インドには11,56,105MVAの変電容量と4,63,758回線kmの送電線があり、世界で最も大規模な同期連系電力網の1つとなっています。
  • この地域全体のあらゆる投資と様々な産業の成長により、予測期間中、熱流体市場にはプラスの影響が予想されます。
Thermic Fluid Market-IMG2

熱流体業界の概要

熱流体市場は、その性質上、部分的に断片化されています。市場の主要企業には、Eastman Chemical Company、Exxon Mobil Corporation、Shell plc、Hindustan Petroleum Corporation Limited、BP plcなどがあります(順不同)。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 石油・ガスセクターからの幅広い需要
    • 集光型太陽熱発電の利用拡大
  • 阻害要因
    • 原材料価格の変動
    • その他の制約事項
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額ベース)

  • 種類
    • 鉱物油
    • シリコン・芳香族
    • グリコール
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー産業
    • 飲食品
    • 化学
    • 医薬
    • 石油・ガス
    • 太陽光発電
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約など
  • 市場シェア分析**/ランキング分析
  • 主要企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BP plc
    • Bozzler Energy Pvt Ltd
    • Dow
    • Dynalene, Inc.
    • Eastman Chemical Company
    • Exxon Mobil Corporation
    • Hindustan Petroleum Corporation Limited
    • Multitherm LLC
    • Paratherm
    • Shell plc

第7章 市場機会および将来動向

  • バイオベースの熱媒体の開発
目次
Product Code: 69098

The thermic fluid market is anticipated to register a CAGR of over 5% during the forecast period.

COVID-19 negatively impacted the market in 2020. Considering the pandemic scenario, the petroleum refinery units had cut their production throughout, and many chemical manufacturing activities were temporarily stopped, reducing the studied market demand. However, the pharmaceutical product demand increased during the pandemic, enhancing the market-studied demand. Nonetheless, the industry picked up speed in the post-pandemic era and is expected to keep doing so during the forecast period.

Key Highlights

  • The market growth is anticipated to be fueled by rising demand from the oil and gas sector, where the activities heavily rely on thermic fluid usage and rising demand for concentrated solar power.
  • Conversely, the volatility in raw material prices is expected to hinder the market's growth.
  • The high potential for developing bio-based thermic fluids will likely provide a significant growth opportunity for the market studied.
  • With the highest refinery capacity and a substantial global presence in the chemical and pharmaceutical industries, the Asia-Pacific region led the market share for thermic fluids. It is expected to continue doing so during the forecast period.

Thermic Fluid Market Trends

Extensive Demand from the Oil and Gas Sector

  • The oil and gas industry is continuously expanding its thermic fluid usage to meet the expanding energy requirements. Thermal fluid is used in the oil and gas industry to carry out essential operations such as processing oil and gas, purifying natural gas, refining, turning gas into liquid, processing and storing asphalt, etc.
  • Thermic fluids are utilized in natural gas processing, primarily during gas sweetening, glycol dehydration, and fractionation train phases. The regenerators present during the gas sweetening and glycol dehydration stage is heated by a boiler, which in turn is heated by thermic fluid. Additionally, thermic fluid is used to heat the reboiler, which is present at each distillation column, during the fractionation train.
  • According to the BP Statistical Review of World Energy 2022, global natural gas production accounted for 4,036.9 billion cubic meters in 2021, with a growth rate of about 4.5% compared to the previous year. It is enhancing the thermic fluid demand during natural gas processing.
  • Refining procedures also use thermic fluids. They are utilized as a medium for heating fractionation unit reboilers and overhead cooling condensers, among other things. According to the BP Statistical Review of World Energy 2022, total refinery throughput worldwide was roughly 79,229 thousand barrels per day, a 5% increase over the previous year. The United States had an enormous refinery throughput, with 15,148 thousand barrels per day, followed by China.
  • There was also a slight volume gain by comparing the amount of global oil production to the prior year's volume. About 4,221 million metric tons of volume were produced in 2021, according to the BP Statistical Review of World Energy 2022.
  • The value added by oil and gas extraction mining in the United States in the first three quarters of 2022 was roughly USD 1,160 billion, up a whopping 43% from the value added in the first three quarters of the previous year, according to the Bureau of Economic Analysis. The value was added at seasonally adjusted annual rates.
  • The prospectus for the future development of the oil and gas business recommends that oil exploration will proceed to develop in the long term and utilize thermic fluids simultaneously. Moreover, more penetration must be done per oil unit, as hydrocarbon discoveries become less productive with time.
  • Therefore, the above factors are expected to impact the thermic fluid market in the coming years significantly.
Thermic Fluid Market - IMG1

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominated the market share for thermic fluids worldwide. It can be described as the region's extensive manufacturing operations for chemicals, pharmaceuticals, and petroleum refining.
  • The overall refinery throughput in the Asia-Pacific area was 29.5 million barrels per day in 2021, up 3.3% from the year before, according to the BP Statistical Review of World Energy 2022.
  • The Asia-Pacific region also substantially influences the production and use of natural gas. The overall amount of natural gas consumed in the Asia-Pacific area in 2021 was 918.3 billion cubic meters, up roughly 5% from the year before, according to the BP Statistical Review of World Energy 2022.
  • The pharmaceutical industry and chemical processing are other industries where thermic fluid is used. The chemical production increased by 5.73% to 4.35 million tons in 2022-23 (up to July 2022) from 4.1 million tons in the same period the previous year, according to data provided by the Ministry of Chemicals and Fertilizers of India.
  • According to the estimations by IQVIA, China, the world's second-largest pharmaceutical spending country, will increase the segment volume by 8% over the next five years, while spending will increase by 19%, a slower rate than in previous years but still at a focus on extending access to innovative drugs. Indian pharmaceutical industry is also expected to reach ~USD 130 billion by 2030, as India Brand Equity Foundation (IBEF) suggested. The country is the largest producer of vaccines worldwide, accounting for ~60% of the total vaccines as of 2021, and ranks third globally for pharmaceutical production by volume.
  • Food and beverage concentrated solar power and other end-user sectors are examples of those who employ thermic fluid for heating and cooling purposes at their processing facilities.
  • According to the Ministry of Power of the Government of India, as of January 2023, the nation had 11,56,105 MVA of transformation capacity and 4,63,758 circuit km of transmission line, making it one of the most extensive synchronous linked electricity grids in the world.
  • With all the investments and the growth in the various industries across the region, a positive impact is expected on the thermic fluid market during the forecast period.
Thermic Fluid Market - IMG2

Thermic Fluid Industry Overview

The thermic fluid market is partially fragmented by nature. Some key players in the market include (not in any particular order) Eastman Chemical Company, Exxon Mobil Corporation, Shell plc, Hindustan Petroleum Corporation Limited, and BP plc, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Extensive Demand from the Oil and Gas Sector
    • 4.1.2 Increasing Use in Concentrated Solar Power
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Fluctuations in Raw Material Prices
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Mineral Oils
    • 5.1.2 Silicon and Aromatics
    • 5.1.3 Glycols
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Food and Beverage
    • 5.2.2 Chemical
    • 5.2.3 Pharmaceutical
    • 5.2.4 Oil and Gas
    • 5.2.5 Concentrated Solar Power
    • 5.2.6 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BP plc
    • 6.4.2 Bozzler Energy Pvt Ltd
    • 6.4.3 Dow
    • 6.4.4 Dynalene, Inc.
    • 6.4.5 Eastman Chemical Company
    • 6.4.6 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.7 Hindustan Petroleum Corporation Limited
    • 6.4.8 Multitherm LLC
    • 6.4.9 Paratherm
    • 6.4.10 Shell plc

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Development of Bio-based Thermic Fluids