表紙:仮想プライベートネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273515

仮想プライベートネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Virtual Private Network Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
仮想プライベートネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

仮想プライベートネットワーク市場は、予測期間中に17.2%のCAGRで推移すると予想されています。

主なハイライト

  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)市場の成長は、オンラインプライバシーとセキュリティの重要性の高まり、リモートワークとバーチャルコラボレーションの増加によるVPNサービスの需要増に起因しています。
  • パンデミックが収束した後も、リモートワークの動向は続くと思われ、その結果、リモートワークのためのVPN利用は高い水準を維持すると予想されます。企業は、リモートワークが効果的かつ効率的なビジネスの方法となることを認識しており、VPNはリモートワーカーのセキュリティと生産性を確保するために不可欠なツールとなっています。
  • サイバー攻撃の大幅な増加やクラウドベースのセキュリティソリューションの需要の急増が、仮想プライベートネットワーク市場を押し上げると予想されています。VPNは、安全で暗号化された接続を提供し、さまざまな脅威から保護します。
  • さらに、多くの企業や組織は、データのプライバシーやセキュリティに関する規制を遵守する必要があります。そのため、このような企業での採用が増加し、VPNソリューションやサービスの需要を牽引しています。VPNは、安全で暗号化された接続を提供することで、これらの規制へのコンプライアンスを確保するのに役立ちます。
  • モバイルVPNの価格が高いことが、VPN市場の成長を阻害する原因となっています。また、VPNサービスの規制環境は国によって異なり、VPNの利用を制限したり、全面的に禁止している国もあります。これは、市場の成長可能性と競合情勢に影響を与える可能性があります。
  • VPNプロバイダーは、サービスのスピード、セキュリティ、使いやすさを向上させるために、常に新しい技術や機能を開発しています。これには、マルチホップ、サーバーインフラ、ユーザーインターフェイスなどの新機能を備えた高度な暗号化も含まれます。例えば、2023年1月、Surfsharkは同社のVPNに新しい動的マルチホップ機能のネクサスを導入しました。この新機能では、ユーザーのインターネット接続を単一のサーバーに通すという通常の設定の代わりに、そのトラフィックは単一のVPNトンネルではなく、サーバーのネットワーク全体を通してルーティングされるようになりました。
  • COVID-19は、VPN市場にポジティブな影響を与えました。パンデミックにより在宅勤務者が増えたことで、VPNサービスの需要が急増したのです。多くの企業は、従業員が自宅から会社のネットワークやデータに安全にアクセスできるようにVPNを設置しました。また、VPNへの需要の高まりは、市場の競争激化にもつながり、多くの新規参入企業が現れました。

仮想プライベートネットワーク市場の動向

サイバー攻撃の増加によるVPN需要の増加

  • サイバー攻撃からユーザーのデータや活動を保護する安全で暗号化された接続を提供するVPNは、世界中でサイバー攻撃の数が増加していることが、仮想プライベートネットワーク(VPN)採用の成長要因の1つになっています。サイバー攻撃の頻度と高度化が進む中、多くの個人や企業がオンラインの安全性を確保するためにVPNを利用しています。
  • サイバー攻撃の増加は、より機敏なハッカーやランサムウェアが、リモートワーカーやパンデミック時にeラーニングにシフトした学校や教育機関が使用するコラボレーションツールの悪用に注力したことに加え、ヘルスケア組織への攻撃が大幅に増加したことに起因すると考えられています。
  • 世界的にサイバー攻撃が増加していることから、オンライン・セキュリティに対する意識が高まり、安全なオンライン接続の必要性が高まっています。その結果、個人や企業がオンライン上の活動やデータを保護する方法を模索する中で、VPNの導入が進むと予想されます。
  • IBMによると、2022年、アジア太平洋地域は2年連続で最も攻撃され、全世界で修復されたインシデントの31%を占めました。同地域で攻撃を受けた業種は、製造業が48%でトップ、次いで金融・保険が18%でした。
  • 2021年10月から2022年9月の間に金融・保険組織で最も頻繁に発生したサイバー攻撃はマルウェアでした。この攻撃ベクトルは、世界の組織の約40%を襲いました。Orange Cyberdefenseによると、システムの異常は2位で、20%の組織がこのようなサイバー攻撃を報告しており、次いでネットワークとアプリケーションの異常が23%となっています。
Virtual Private Network Market-IMG1

北米が市場シェアの大半を占める見込み

  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)市場は、北米地域が圧倒的なシェアを占めると予想されています。サービス業やIT主導の産業、ハイエンドサービスの需要、プライバシーの必要性から、米国はサイバー犯罪の発生率の上昇、データ漏洩、旺盛な需要に支えられています。
  • 様々な業種の企業に対するサイバー攻撃が増加していることが、この市場の成長の要因となっています。このため、企業は不正アクセスから会社のリソースを保護するためにVPNソリューションを導入するよう奨励されています。サイバー犯罪の増加により、VPNに対する大きな需要があり、これが市場成長の推進力となっています。
  • IBMによると、2022年現在、米国の平均データ侵害コストは944万米ドルに達し、2021年の905万米ドルから増加しました。同時に、データ侵害1件あたりの世界平均コストは、2022年には435万米ドルでした。これは、米国でデータ侵害やサイバー攻撃の頻度が大幅に増加し、組織がデータを保護するために安全で高度なソリューションを導入するようになったことを示しています。
  • 米国のいくつかの州では、消費者プライバシー法などのデータプライバシー規制が制定されています。これらの規制は、仮想プライベートネットワークなど、個人データを保護するための対策を企業に求めており、同国での需要をさらに喚起しています。
  • また、北米政府は、重要なインフラや企業をサイバー攻撃から守るために、いくつかのサイバーセキュリティ・イニシアチブを立ち上げています。これにより、サイバーセキュリティの脅威や安全なオンラインアクセスの必要性に対する認識が高まり、VPNの採用に寄与しています。
Virtual Private Network Market-IMG2

仮想プライベートネットワーク業界の概要

仮想プライベートネットワーク市場は非常に細分化されており、多くの著名なプレーヤーが存在します。これらのプレーヤーは、合併、買収、パートナーシップ、製品革新などの戦略的な取り組みを行っており、市場の成長を促進するのに役立っています。

2022年11月、安全なモバイル通信のリーダーの1つであるRadioIPは、垂直位置測位のリーダーであるNextNavを選択し、ミッションクリティカルなZ軸位置情報によって業界をリードするVPNソリューションに力を与えました。

さらに、2022年6月、NordVPNはMeshnetと呼ばれる新機能を発表し、ユーザーはVPNサーバーを経由する代わりに他のデバイスに直接接続することができ、業界リーダーとしての同社の姿勢を確固たるものにしています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • サイバー攻撃の増加
    • 複数のビジネス分野でのVPNソリューションの採用の増加
  • 市場抑制要因
    • VPNの標準化およびデータ保護の欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア&サービス
  • タイプ別
    • ホスト型
    • IP
    • MPLS
    • クラウド
    • モバイル
  • エンドユーザー産業別
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • IT
    • 政府機関
    • 製造業
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Microsoft Corporation
    • Cisco Systems Inc.
    • Check Point Software Technologies Limited
    • Radio IP Software Inc.
    • IBM Corporation
    • NetMotion Software Inc.
    • Golden Frog GmbH
    • Avast Software S.R.O.
    • CyberGhost S.A.(Kape Technologies PLC)
    • Array Networks Inc.
    • Citrix Systems Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 66530

The virtual private network market is expected to register a CAGR of 17.2% over the forecast period.

Key Highlights

  • The growth of the virtual private network (VPN)market is attributed to the increased demand for VPN services due to the increasing importance of online privacy and security and the rise of remote work and virtual collaboration.
  • The trend towards remote work is likely to continue even after the pandemic subsides, and as a result, the use of VPNs for remote work is expected to remain high. Companies realize that remote work can be an effective and efficient way of doing business, and VPNs are an essential tool for ensuring the security and productivity of remote workers.
  • A significant rise in cyber-attacks and a surge in demand for cloud-based security solutions are expected to boost the virtual private network market. VPN offers a secure and encrypted connection that protects against various threats.
  • Furthermore, many companies and organizations must comply with data privacy and security regulations. Thus, growing adoption from such companies drives demand for VPN solutions and services. VPN helps to ensure compliance with these regulations by providing a secure and encrypted connection.
  • The high price of the mobile VPN is responsible for hampering the growth of the VPN market. Also, the regulatory environment for VPN services varies by country, with some countries restricting or banning VPN use altogether. This can impact the growth potential and competitive landscape in the market.
  • VPN providers are constantly developing new technologies and features to improve their services' speed, security, and ease of use. This includes advanced encryption with new features like multihop, server infrastructure, and user interfaces. For instance, in January 2023, Surfshark launched a new dynamic multihop feature nexus for its VPN. With this new feature, instead of the usual setup of passing the user's internet connection through a single server, its traffic gets routed through a whole network of servers rather than a single VPN tunnel.
  • COVID-19 positively impacted the VPN market. With more people working from home due to the pandemic, there was a surge in demand for VPN services. Many companies set up VPNs to enable their employees to access company networks and data from home securely. The increased demand for VPNs also led to more competition in the market, with many new players entering the market.

Virtual Private Network Market Trends

Growing Number of Cyberattacks to Increase Demand for VPN

  • The growing number of cyberattacks worldwide is one of the key drivers for the growth of virtual private network (VPN) adoption, as it provides a secure and encrypted connection that protects user data and activity from cyberattacks. With the increasing frequency and sophistication of cyberattacks, many individuals and businesses are turning to VPNs to ensure online security.
  • The increase in cyberattacks is attributed to more agile hackers and ransomware who focused on exploiting collaboration tools used by remote workers and schools and educational institutions that shifted to e-learning during the pandemic, as well as a significant increase in attacks on healthcare organizations.
  • The growth in cyberattacks globally has led to an increased awareness of online security and the need for secure online connections. As a result, VPN adoption is expected to grow as individuals and businesses look for ways to protect their online activity and data.
  • According to IBM, in 2022, the Asia-Pacific region was the most attacked for the second consecutive year, accounting for 31% of all incidents remediated worldwide. The manufacturing sector topped the list of industries attacked in the region with 48% of cases, followed by finance and insurance with 18%.
  • Malware was the most frequent cyberattack in financial and insurance organizations between October 2021 and September 2022. The attack vector hit about 40% of the world's organizations. According to Orange Cyberdefense, system anomalies came in second, with 20% of organizations reporting such cyberattacks, followed by network and application anomalies with 23%.
Virtual Private Network Market - IMG1

North America Expected to Hold Major Market Share

  • The North American region is anticipated to dominate the virtual private network (VPN) market. Due to its service and IT-led industry, demand for high-end services, and need for privacy, the United States is fed by the rising rate of cybercrime, data breaches, and strong demand.
  • The increasing number of cyber-attacks on enterprises across various business verticals is responsible for the growth of this market. This encourages organizations to implement VPN solutions to shield their company resources from unsanctioned access. There is a huge demand for VPNs due to the increasing rate of cybercrime, which is propelling the market growth.
  • According to IBM, as of 2022, the average data breach cost in the United States amounted to USD 9.44 million, up from USD 9.05 million in 2021. At the same time, the global average cost per data breach was USD 4.35 million in 2022. This shows the frequency of data breaches and cyber-attacks significantly increased in the United States, leading organizations to adopt secure and advanced solutions to protect their data.
  • Several states in the United States have enacted data privacy regulations, such as consumer privacy legislation. These regulations require companies to implement measures to protect personal data, including virtual private networks, further creating demand in the country.
  • In addition, the government of North America has launched several cybersecurity initiatives to protect critical infrastructure and businesses from cyberattacks. This has raised awareness of cybersecurity threats and the need for secure online access, contributing to adopting VPNs.
Virtual Private Network Market - IMG2

Virtual Private Network Industry Overview

The virtual private network market is highly fragmented and has many prominent players. These players are undergoing strategic initiatives such as mergers, acquisitions, partnerships, product innovation, and others, helping to propel the market's growth.

In November 2022, RadioIP, one of the leaders in secure mobile communications, selected NextNav, the leader in vertical location positioning, to empower its industry-leading VPN solutions with mission-critical z-axis location intelligence.

Further, in June 2022, NordVPN announced a new feature called Meshnet, allowing users to connect directly to other devices instead of routing their traffic through a VPN server, solidifying the company's stance as an industry leader.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Number of Cyber-Attacks
    • 5.1.2 Increasing Adoption of VPN Solutions Across Multiple Business Verticals
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of VPN Standardization and Data Protection

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software & Services
  • 6.2 By Type
    • 6.2.1 Hosted
    • 6.2.2 IP
    • 6.2.3 MPLS
    • 6.2.4 Cloud
    • 6.2.5 Mobile
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Healthcare
    • 6.3.3 IT
    • 6.3.4 Government
    • 6.3.5 Manufacturing
    • 6.3.6 Other End-user Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 The United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 India
      • 6.4.3.3 Japan
      • 6.4.3.4 Australia
      • 6.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Mexico
      • 6.4.4.2 Brazil
      • 6.4.4.3 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East & Africa
      • 6.4.5.1 United Arab Emirates
      • 6.4.5.2 Saudi Arabia
      • 6.4.5.3 Rest of Middle-East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Microsoft Corporation
    • 7.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.3 Check Point Software Technologies Limited
    • 7.1.4 Radio IP Software Inc.
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 NetMotion Software Inc.
    • 7.1.7 Golden Frog GmbH
    • 7.1.8 Avast Software S.R.O.
    • 7.1.9 CyberGhost S.A. (Kape Technologies PLC)
    • 7.1.10 Array Networks Inc.
    • 7.1.11 Citrix Systems Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET