市場調査レポート
商品コード
1273486

タロイモ市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)

Taro Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
タロイモ市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

タロイモの世界市場は予測期間中に3.5%のCAGRで推移すると予測されています。

主なハイライト

  • タロイモ(Colocasia esculenta)は炭水化物が豊富で、小麦粉の代替品として優れています。しかし、貧弱な土壌条件でも、少ない、あるいは全く農作物の投入をせずに、それなりの収量を生産できることから、資源に乏しい農家でよく栽培されていることはよく知られており、食料安全保障に役立つとされています。また、タロイモパウダーも普及しつつあり、今後数年間の市場成長を後押しするものと思われます。
  • タロイモは、野菜として利用されるアオイ科の最も広く栽培されている種です。米国、オーストラリア、日本、ニュージーランドなどの国々が主な輸入市場となっています。主な生産国は、中国、エクアドル、コスタリカ、フィジー、インドネシアです。
  • 世界的には、北米がタロイモの輸入を支配しています。例えば、2021年、米国はタロイモの総輸入量の35.7%を輸入しています。北米とアジア太平洋諸国からの需要の高まりが、タロイモの生産を促進しています。2021年、タロイモの生産量は1,230万トンでした。これは、世界のパンデミックの影響により、前年の生産量である1,260万トンと比べてわずかに減少しています。

タロイモの市場動向

タロイモの生産量は堅調に推移

タロイモは、乳児の離乳食や糖尿病患者に適した低血糖食品に使用される優れた炭水化物源です。サトイモの塊茎は、ジャガイモ、トウモロコシ、小麦よりも小さいデンプン分子を持ち、化粧品や医薬品の錠剤のバインダーとして使用することができます。球茎と葉の両方に良質なタンパク質が含まれ、リン、カリウム、カルシウム、利用しやすい鉄の供給源となります。さらに、タロイモの塊茎に含まれるデンプンには、世界のプラスチック問題を終わらせる能力があり、時間の経過とともに退化するプラスチックを作るのに使うことができるのです。サトイモは栄養価の高さから、世界的に需要が高まっています。そのため、農家はサトイモの栽培面積を増やしています。

FAOSTATによると、タロイモの生産量は1,230万トンで、世界のパンデミックの影響により、前年の生産量1,260万トンと比べて若干減少しました。この年、世界の生産量の86.3%近くを中国、エクアドル、コスタリカ、フィジー、インドネシアなどの主要生産国が占め、中でも中国の生産量が190万トンと最も多く、次いでフィジーとなりました。このことは、予測期間中にアジア地域のタロイモ市場を押し上げるでしょう。

Taro Market-IMG1

北米が世界の輸入を支配する

北米はタロイモの最大市場であり、消費者の需要が高いため、世界的に見ても圧倒的なシェアを誇っています。レストランでは、タロイモの根はチップスを作るために最も一般的に使用され、コーンやポテトチップスに代わる健康的なものです。ITC Tradeによると、2021年の世界の輸入額は1億8,125万8,000米ドルとなり、2020年に比べて21%増加しました。2021年、米国とカナダは主要な輸入国の一つであり、米国は北米地域におけるタロイモの最大の輸入国です。

2021年、米国は6,467万4,000米ドル相当のタロイモを輸入し、世界の輸入量の35.9%を占めました。エクアドル、メキシコ、コスタリカが米国への主要な輸出国です。ITC Tradeによると、2021年、エクアドルは米国に3,530万9,000米ドル、メキシコは902万1,000米ドル、コスタリカは733万6,000米ドルのサイロを輸出しています。

さらに、ココヤムの高い栄養価は、欧米の新市場において、ほうれん草など他の野菜の代替品として開拓される可能性があります。これにより、予測期間中の市場拡大が期待されます。

Taro Market-IMG2

タロイモの産業概要

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • カナダ
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
    • 欧州
      • フランス
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • ドイツ
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • ポーランド
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • ロシア
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量・金額)
      • 価格動向の分析
      • チリ
      • 生産量の分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 生産量分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • 日本
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • マレーシア
      • 生産量の分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量・金額)
      • 価格動向の分析
      • オーストラリア
      • 生産量の分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • インド
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量・金額)
      • 価格動向の分析
    • 南米
      • ブラジル
      • 生産量の分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
      • アルゼンチン
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量と金額)
      • 価格動向の分析
    • 中東・アフリカ地域
      • トルコ
      • 生産分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量・金額)
      • 輸出市場の分析(数量・金額)
      • 価格動向分析
      • 南アフリカ共和国
      • 生産量の分析
      • 消費市場の分析および市場価値
      • 輸入市場の分析(数量と金額)
      • 輸出市場の分析(数量・金額)
      • 価格動向分析

第6章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 70108

The Global Taro Market is projected to register a CAGR of 3.5% during the forecast period.

Key Highlights

  • Taro (Colocasia esculenta) is rich in carbohydrates and a good replacement for wheat flour. However, it is well-known to farmers for its ability to produce a reasonable yield in poor soil conditions with less or no farm inputs and often grown by resource-limited farmers, and is regarded as a good source of food security. Taro powder is also becoming popular, and this will boost the growth of the market in the coming years.
  • Taro is the most widely cultivated species in the family Araceae, which is used as a vegetable. Countries such as the United States, Australia, Japan, and New Zealand are the key import market. Major producing countries are China, Ecuador, Costa Rica, Fiji, and Indonesia.
  • Globally, North America is dominating taro imports. For instance, in 2021, the United States imported 35.7% of the total taro imports. Rising demand from North America and Asia-Pacific countries is driving taro production. In 2021, taro production was 12.3 million tons. This was which is slightly declined compared to the previous year's production which is 12.6 million metric ton due to the pandemic effect in the world.

Taro Market Trends

Strong Growth in Taro Production

Taro is a great source of carbohydrate used in infant weaning diets and low glycaemic index foods suitable for diabetics. Its tuber has starch molecules which are smaller than those of potato, corn and wheat and can be used in cosmetics and in pharmaceuticals as binders in tablets. Both corms and leaves contain good-quality protein and are good sources of phosphorus, potassium, calcium, and readily available iron. Moreover, the starch in taro's tuber has the capacity to end the world's plastic menace and it can be used to make plastic that degenerates over time. Due to its nutritional benefit and other industrial, the demand for the taro is increasing across the globe. To satisfy the rising demand, farmers are increasing the area cultivated under taro.

According to FAOSTAT, taro production was 12.3 million ton which slightly declined compared to the previous year's production which is 12.6 million metric ton due to the pandemic effect in the world. During the same year, nearly 86.3% of global production was dominated by major producing countries such as China, Ecuador, Costa Rica, Fiji, and Indonesia in which China showed the highest production value compared to all countries with 1.9 million metric ton followed by Fiji. This will boost the taro market in the Asia region during the forecasting period.

Taro Market - IMG1

North America Dominates the Global Imports

North America is the largest market for Taro which dominates globally due to the high consumer demand. In restaurants, Taro root is most commonly used to make chips and is a healthier alternative to corn or potato chips. According to ITC Trade, in 2021, Global import value was valued at USD 181,258 thousand, which increased by 21% compared to 2020. In 2021, the United States and Canada were among the major importing countries, and the United States is the largest importer of taro in the North American region.

In 2021, the United States imported taros worth USD 64,674 thousand, depicting 35.9% of the global imports. Ecuador, Mexico, and Costa Rica are the major exporting countries to the United States. According to ITC Trade, in 2021, Ecuador exported USD 35,309 thousand worth of taros to the United States, Mexico exported USD 9,021 thousand worth of taros, and the exports from Costa Rica were valued at USD 7,336 thousand.

Moreover, the high nutritional value of cocoyam could be explored in new markets in Europe and the United States of America to substitute for other vegetables, such as spinach. This is expected to lead to the market growth over the forecast period.

Taro Market - IMG2

Taro Industry Overview

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definitions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Geography
    • 5.1.1 North America
      • 5.1.1.1 United States
      • 5.1.1.1.1 Production Analysis
      • 5.1.1.1.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.1.1.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.1.1.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.1.1.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.1.2 Canada
      • 5.1.1.2.1 Production Analysis
      • 5.1.1.2.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.1.2.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.1.2.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.1.2.5 Price Trend Analysis
    • 5.1.2 Europe
      • 5.1.2.1 France
      • 5.1.2.1.1 Production Analysis
      • 5.1.2.1.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.2.1.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.1.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.1.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.2.2 Germany
      • 5.1.2.2.1 Production Analysis
      • 5.1.2.2.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.2.2.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.2.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.2.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.2.3 Poland
      • 5.1.2.3.1 Production Analysis
      • 5.1.2.3.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.2.3.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.3.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.3.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.2.4 Russia
      • 5.1.2.4.1 Production Analysis
      • 5.1.2.4.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.2.4.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.4.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.4.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.2.5 Chile
      • 5.1.2.5.1 Production Analysis
      • 5.1.2.5.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.2.5.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.5.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.2.5.5 Price Trend Analysis
    • 5.1.3 Asia-Pacific
      • 5.1.3.1 China
      • 5.1.3.1.1 Production Analysis
      • 5.1.3.1.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.3.1.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.1.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.1.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.3.2 Japan
      • 5.1.3.2.1 Production Analysis
      • 5.1.3.2.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.3.2.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.2.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.2.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.3.3 Malaysia
      • 5.1.3.3.1 Production Analysis
      • 5.1.3.3.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.3.3.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.3.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.3.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.3.4 Australia
      • 5.1.3.4.1 Production Analysis
      • 5.1.3.4.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.3.4.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.4.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.4.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.3.5 India
      • 5.1.3.5.1 Production Analysis
      • 5.1.3.5.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.3.5.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.5.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.3.5.5 Price Trend Analysis
    • 5.1.4 South America
      • 5.1.4.1 Brazil
      • 5.1.4.1.1 Production Analysis
      • 5.1.4.1.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.4.1.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.4.1.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.4.1.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.4.2 Argentina
      • 5.1.4.2.1 Production Analysis
      • 5.1.4.2.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.4.2.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.4.2.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.4.2.5 Price Trend Analysis
    • 5.1.5 Middle East And Africa
      • 5.1.5.1 Turkey
      • 5.1.5.1.1 Production Analysis
      • 5.1.5.1.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.5.1.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.5.1.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.5.1.5 Price Trend Analysis
      • 5.1.5.2 South Africa
      • 5.1.5.2.1 Production Analysis
      • 5.1.5.2.2 Consumption Analysis and Market Value
      • 5.1.5.2.3 Import Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.5.2.4 Export Market Analysis (Volume and Value)
      • 5.1.5.2.5 Price Trend Analysis

6 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS