表紙:手術用キット市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273484

手術用キット市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Surgical Kits Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
手術用キット市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

手術用キット市場は、予測期間中に8.3%のCAGRで推移すると予想されています。

パンデミックの突然の開始により、多くの手術が延期を余儀なくされ、COVID-19による市場への悪影響が一時的に生じた。2021年12月にJAMA Networkが発表したレポートによると、米国では、最初の選択的手術の停止中に、外科手術の全体的な割合が48.0%減少しました。この外科手術の減少は、手術用キットの需要も減少させることにつながりました。このように、COVID-19のパンデミック時の外科手術の減少は、市場の拡大に悪影響を及ぼすと予想されます。しかし、パンデミック後の期間には、延期されていた手術が再開され、今後の市場の成長を後押しすると予想されます。

主なハイライト

  • 手術用キット市場は、世界の手術件数の増加や低侵襲手術の需要増により、堅調な成長が見込まれています。
  • CDCが2022年に発表した最新レポートによると、米国の成人1,820万人が冠動脈疾患を患っており、これらの患者の約70%が手術を受けました。したがって、実施された処置は病院への入院を増加させ、市場の成長に大きく寄与しています。同様に、2022年のOECD統計によると、2021年のデンマークにおける股関節置換術の件数は13,815件で、帝王切開術の件数は約12,465件でした。
  • さらに、2021年8月に発表されたCDCの報告書によると、毎年、約80万人の患者が転倒による怪我で病院に入院しており、その中で最も多いのが股関節骨折です。したがって、上記のような健康上の懸念を解決するために、外科的な方法がとられることになります。これが、手術のための入院患者の増加につながり、手術用キット市場の成長を後押ししています。
  • しかし、外科手術の費用が高く、規制が不利であることが、手術用キット市場の成長の妨げになると予想されます。

手術用キットの市場動向

使い捨て手術器具は予測期間中に成長を遂げると予想される

  • 使い捨て手術器具は、医療施設で一般的に使用される消耗品の一つです。この手術器具は、1回限りの使用や一時的な使用を目的としています。ヘルスケア関係者は、不適切な洗浄や再処理による患者への危険を回避するため、再利用可能な器具から使い捨ての器具に切り替えています。
  • 例えば、GWS Surgicals LLPが2021年12月に発表したレポートによると、患者保護の観点から、使い捨て医療機器はあらゆる面で再利用可能なものを凌駕することが、すべての変数を分析した結果明らかです。このように、使い捨て手術用キットは、手術器具を介した病院内感染のリスクが低いため、外科手術において重要な役割を担っています。
  • さらに、使い捨てキットは再利用可能なものに比べて費用対効果が高く、医療従事者や患者にとって有益なものです。例えば、上記の情報源によると、シングルユース(使い捨て)の手術器具は、長期的に見ると費用対効果が高いとのことです。そのため、世界中の病院で使い捨ての手術器具が採用されています。このように、使い捨て手術器具は、再利用可能な手術器具よりも利点があり、費用対効果も高いため、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。
Surgical Kits Market-IMG1

予測期間中、北米が市場を独占する見込み

  • 米国は、継続的な技術開発と低侵襲手術の増加により、北米における手術用キットの主要な国内市場として浮上しました。北米の成長は、主に新技術の採用、高齢化人口の増加、良好な規制の枠組み、高い国民一人当たりの所得によってもたらされました。
  • 成長を牽引する主な要因の1つは、外科手術の件数が増加していることです。AAFPRS会員によると、2021年、外科的および非外科的な顔面形成外科治療の総数が劇的に増加しました。2021年に行われた外科的および非外科的処置は推定140万件で、形成外科医は2020年に比べて平均600件多く処置を行い、40%増加しました。このように、外科手術の増加は、この地域における手術用キットの需要を増加させ、調査期間中の市場を牽引しています。
  • さらに、手術分野における新たな進歩や開拓は、予測期間中の市場の成長を後押しします。例えば、2022年8月、低侵襲整形外科手術ロボット分野の新興リーダーであるPoint Robotics社は、低侵襲手術ロボットPOINT Kinguide Robotic-Assisted Surgical Systemについて米国のFDAから510(k)認可を取得しました。Point Roboticsは、整形外科用途のパラレルマニピュレーターを搭載したハンドヘルド型ロボットフレームワークです。
  • したがって、この分野は、上記の要因によって予測期間中に大きな成長を遂げることが期待されます。
Surgical Kits Market-IMG2

サージカルキット業界の概要

手術用キットの市場は競争が激しく、地元企業の存在も活発です。しかし、少数の大手企業が世界の全地域で製品を提供しています。手術用キットの価格が安いため、新規参入企業もあり、将来的にかなりのシェアを占めると予想されます。主要企業には、B. Braun SE、Boston Scientific Corporation、Cardinal Health、Johnson &Johnson Services, Inc、KCWW、Medtronic、Novartis AG(Alcon Laboratories Inc)、Stryker、Smith &Nephew、およびZimmer Biometがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界の外科手術件数の増加
    • 低侵襲手術に対する需要の高まり
    • 病院内感染に対する意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • 外科手術の高額な費用
    • 不利な規制シナリオ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 手術用縫合糸およびステープラー
    • ハンドヘルドサージカルデバイス
      • 鉗子・スパチュラ
      • レトラクタ
      • ダイレーター
      • グラッパー
      • 補助器具
      • その他ハンドヘルド手術機器
    • 電気外科用機器
  • タイプ別
    • 使い捨て外科用機器
    • 再利用可能な外科用機器
  • 用途別
    • 形成・再建外科
    • 脳神経外科
    • 泌尿器科
    • 産科・婦人科
    • 胸部外科
    • 整形外科
    • 心臓血管外科
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • B. Braun SE
    • Boston Scientific Corporation
    • Cardinal Health
    • Johnson & Johnson Services Inc.
    • KCWW
    • Medtronic
    • Novartis AG(Alcon Laboratories Inc.)
    • Stryker
    • Smith & Nephew
    • Zimmer Biomet

第7章 市場機会および将来動向

目次
Product Code: 62815

The surgical kits market is expected to register a CAGR of 8.3% over the forecast period. The abrupt start of the pandemic forced many surgeries to be postponed, which temporarily had a detrimental effect on the market due to COVID-19. As per the report published by JAMA Network in December 2021, in the United States, the overall rate of surgical procedures fell by 48.0% during the first shutdown of elective surgeries. This decline in surgical procedures led to decreased demand for surgical kits as well. Thus, the decline in surgical procedures during the COVID-19 pandemic is anticipated to have a detrimental effect on the market's expansion. However, during the post-pandemic period, the postponed surgeries resumed, which is expected to boost the market's growth in the coming future.

Key Highlights

  • The surgical kits market is expected to witness robust growth due to the rising number of surgical procedures worldwide and the increasing demand for minimally invasive surgeries across the world.
  • According to the updated report published by CDC in 2022, 18.2 million adults in the United States had coronary artery disease, and about 70% of these patients underwent surgery. Hence, the procedures performed have increased hospital admissions, which significantly helps in the growth of the market. Similarly, as per the OECD statistics for 2022, the number of hip replacement procedures in Denmark in 2021 was 13,815, and cesarean section procedures were approximately 12,465.
  • Furthermore, according to a CDC report published in August 2021, every year, approximately 800,000 patients are admitted to hospitals with fall-related injuries, the most common of which is a hip fracture. Hence, surgical methods are to be followed to fix the above-stated health concerns. This leads to an increase in hospital admissions for surgeries and drives the growth of the surgical kits market.
  • However, the high cost of surgical procedures and unfavorable regulatory scenarios are expected to hamper the growth of the surgical kits market.

Surgical Kits Market Trends

Disposable Surgical Equipment Expected to Witness Growth Over the Forecast Period

  • Disposable surgical equipment is one of the commonly used supplies in medical establishments. This surgical equipment is intended for one-time or temporary use. Healthcare professionals are switching from reusable instruments to disposables to avoid the hazards of improper cleaning and reprocessing of surgical kits, which pose a threat to patients.
  • For instance, as per the report published by GWS Surgicals LLP in December 2021, it is clear from analyzing all the variables that, in terms of patient protection, disposable medical equipment outperform reusable ones in every way. Thus disposable surgical kits play a key role in surgical procedures due to the lower risk of hospital-acquired infections through the surgical instruments.
  • Moreover, disposable kits are cost-effective compared to reusable ones, which are beneficial for healthcare professionals and patients. For instance, as per the above-mentioned source, single-use (disposable) surgical equipment is more cost-effective in the long term. Hence, hospitals around the world are adopting disposable surgical instruments. Thus, disposable surgical equipment is expected to drive the market over the forecast period due to its advantages and cost-effectiveness over reusable surgical equipment.
Surgical Kits Market - IMG1

North America Expected to Dominate the Market Over the Forecast Period

  • The United States emerged as the key domestic market for surgical kits in North America on account of the continuous technological developments and the rising uptake of minimally invasive surgeries. The growth in North America was primarily driven by the adoption of new technologies, the growing aging population, favorable regulatory framework, and high per capita income.
  • One of the major growth-driven factors is the rising number of surgical procedures. According to AAFPRS members, in 2021, the total number of surgical and non-surgical facial plastic surgery treatments increased dramatically. An estimated 1.4 million surgical and non-surgical procedures were done in 2021, with plastic surgeons performing an average of 600 more procedures than they did in 2020, a 40% increase. Thus the rise in surgical procedures increases the demand for surgical kits in the region, which drives the market over the study period.
  • Moreover, the new advancements and developments in the field of surgery will help the market to grow over the forecast period. For instance, in August 2022, Point Robotics, a rising leader in the field of minimally invasive orthopedic surgical robots, received 510(k) clearance from the FDA in the United States for its minimally invasive surgical robot POINT Kinguide Robotic-Assisted Surgical System. Point Robotics is a hand-held robot framework equipped with a parallel manipulator for orthopedic applications.
  • Hence, the segment is expected to witness significant growth over the forecast period due to the abovementioned factors.
Surgical Kits Market - IMG2

Surgical Kits Industry Overview

The market for surgical kits is highly competitive, with an active presence of local players. However, a few major players are providing products across all regions worldwide. Due to the low prices of surgical kits, some new companies are also penetrating the market and are expected to hold a substantial share in the future. The major players include B. Braun SE, Boston Scientific Corporation, Cardinal Health, Johnson & Johnson Services, Inc, KCWW, Medtronic, Novartis AG (Alcon Laboratories Inc.), Stryker, Smith & Nephew, and Zimmer Biomet.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Number of Surgical Procedures Worldwide
    • 4.2.2 Rising Demand for Minimally Invasive Surgeries
    • 4.2.3 Rise in the Awareness About Hospital-Acquired Infection
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Surgical Procedures
    • 4.3.2 Unfavorable Regulatory Scenario
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Surgical Sutures and Staplers
    • 5.1.2 Handheld Surgical Devices
      • 5.1.2.1 Forceps and Spatulas
      • 5.1.2.2 Retractors
      • 5.1.2.3 Dilators
      • 5.1.2.4 Graspers
      • 5.1.2.5 Auxiliary Instruments
      • 5.1.2.6 Other Handheld Surgical Devices
    • 5.1.3 Electrosurgical Devices
  • 5.2 By Type
    • 5.2.1 Disposable Surgical Equipment
    • 5.2.2 Reusable Surgical Equipment
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Plastic and Reconstructive Surgeries
    • 5.3.2 Neurosurgery
    • 5.3.3 Urology
    • 5.3.4 Obstetrics and Gynecology
    • 5.3.5 Thoracic Surgery
    • 5.3.6 Orthopedic
    • 5.3.7 Cardiovascular Surgery
    • 5.3.8 Other Applications
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 B. Braun SE
    • 6.1.2 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.3 Cardinal Health
    • 6.1.4 Johnson & Johnson Services Inc.
    • 6.1.5 KCWW
    • 6.1.6 Medtronic
    • 6.1.7 Novartis AG (Alcon Laboratories Inc.)
    • 6.1.8 Stryker
    • 6.1.9 Smith & Nephew
    • 6.1.10 Zimmer Biomet

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS