表紙:顔料市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273431

顔料市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Pigments Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
顔料市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の顔料市場は、予測期間中に6%以上のCAGRで推移する見通しです。

COVID-19は、2020年の市場にマイナスの影響を与えました。世界のサプライチェーンの混乱に加え、塗料・コーティング、プラスチック、繊維など多数のエンドユーザー産業からの需要減が、顔料需要の足かせとなりました。しかし、消費者が自宅で過ごす時間を増やし、住宅リフォームに力を入れるようになり、住宅建設セクターが回復したため、市場は回復しました。保護・除菌塗料は、清潔感や衛生面への関心の高まりから、高い需要があります。

主なハイライト

  • 中期的には、アジア太平洋地域の塗料・コーティング業界の需要増と中東およびアジア太平洋地域の一貫した産業開拓が、市場を牽引する重要な要因となっています。
  • 一方、厳しい政府規制やCOVID-19パンデミックの悪影響などの要因が、市場の成長を妨げると予想されます。
  • 3dプリント材料のような信頼性の高い商用製品への需要の高まりは、将来的に機会として作用すると思われます。
  • アジア太平洋が世界の市場を独占し、中国、インド、日本などの国々からの消費が最も顕著です。

顔料の市場動向

塗料・コーティング業界からの需要増加

  • 顔料は、主に塗料やコーティング剤の製造に使用されます。これらの顔料は、コーティングの性能を損なうことなく、厳しい要求に耐えることができるように設計されています。
  • 建設業界では、建築用塗料や装飾用塗料が、その生産において顔料の膨大な消費を占めています。このように、アジア太平洋地域における建設およびインフラ活動の活発化は、顔料市場の重要な促進要因となっています。
  • さらに、自動車産業では、自動車に保護と魅力を与えるため、自動車の内外装部品に塗料やコーティングが使用されています。自動車の金属部品やプラスチック製の車両部品に使用されます。
  • 自動車用塗料を使用する主な理由は、太陽光、腐食性物質、酸性雨、高温・低温衝撃、石ころ、紫外線、洗車、飛砂などの環境影響など、さまざまな攻撃的環境因子から自動車部品を保護することです。これらのコーティングは、自動車のボディショップや修理センターで、自動車の再塗装に使用されています。
  • 電気自動車の分野では、電気自動車に特化した新しい塗料やコーティング剤の開発が進められています。これらの塗料やコーティングは、電気モーターが発する高温に耐え、腐食やその他の環境保護を提供する必要があります。また、高い美観性も要求されます。国際エネルギー機関(IEA)によると、バッテリー電気自動車の販売台数は2021年に470万台に達し、前年比135%増となる見込みです。
  • しかし、ガソリン車やディーゼル車による環境汚染への懸念が高まる中、電気自動車の生産は今後5年間で回復すると予想され、予測期間中に調査した市場の需要を押し上げる可能性が高いです。
  • 以上のような要因が、今後数年間の市場成長に大きな影響を及ぼすと予想されます。
Pigments Market-IMG1

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、主に中国とインドにおける建設需要の増加により、市場を独占しています。
  • 中国では、住宅需要に対応するため、手頃な価格の住宅施設の建設に政府支出が増加しています。インドでは、インフラストラクチャー分野が政府の主要な重点分野の一つとなっています。
  • 中国は、2025年までの今後5年間で、重要な建設プロジェクトに1兆4,300億米ドルを投資しています。国家発展改革委員会(NDRC)によると、上海の計画には今後3年間で387億米ドルの投資が含まれています。一方、広州市は16の新規インフラプロジェクトに調印し、投資額は80億9,000万米ドルに上ります。
  • 中国では、今後も人口動態が住宅建設の増加に拍車をかけると予想されます。世帯の所得水準の上昇と、農村部から都市部への人口移動が、同国の住宅建設セクターの需要を引き続き促進すると予想されます。
  • インドはまだ新興経済諸国であり、建設部門は同国の活況を呈している産業の一つです。インフラ部門はインド経済の成長にとって不可欠な柱です。政府は、優れたインフラを時間的余裕をもって整備するため、さまざまな取り組みを行っています。
  • インドでは、政府は今後数年間、住宅分野で数多くのプロジェクトを推進しています。政府の「Housing for All」イニシアチブは、2022年までに都市の貧困層向けに2,000万戸以上の手頃な住宅を建設することを目指しており、これにより住宅建設は大幅に促進されるでしょう。スマートシティミッションは、政府が取り組むもう一つの大きなプロジェクトで、国内の急速な都市化を実現するために、全国に100以上のスマートシティを建設する予定です。2021-22年度予算では、2020-21年度修正見積もりでは4億1,030万米ドル( 3,400カロールインドルピー)だったスマートシティ・ミッションが7億7,840万米ドル( 6,450カロールインドルピー)含まれています。
  • 2021年3月、インド議会は、インド国内のインフラプロジェクトに資金を供給するための25億米ドルの開発金融機関、National Bank for Financing Infrastructure and Development(NaBFID)を設立する法案を可決しました。
  • したがって、このようなすべての建設活動や適切な政府の施策は、この地域の建設活動を後押しし、さらに塗料やコーティングの需要を拡大し、それによって顔料の需要を増加させると予測されています。
Pigments Market-IMG2

顔料産業の概要

顔料市場は、上位5社が大きなシェアを占めており、統合されています。主な企業は、DIC Corporation、The Chemours Company、Venator Materials PLC、KRONOS Worldwide Inc.、およびClariantです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • アジア太平洋地域における塗料・コーティング産業の需要拡大
    • 中東およびアジア太平洋地域における一貫した産業発展
    • 繊維産業からの安定した需要
  • 抑制要因
    • 厳しい政府規制
    • その他の制約事項
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 特許分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • 無機系
      • 酸化チタン
      • 酸化亜鉛
      • その他の製品タイプ
    • 有機
    • 特殊顔料およびその他の製品タイプ
  • 用途
    • 塗料・コーティング
    • テキスタイル
    • 印刷インキ
    • プラスチック
    • 皮革
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東およびアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約など
  • 市場ランキング分析
  • 主要企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • ALTANA AG
    • Clariant
    • DIC Corporation
    • KRONOS Worldwide Inc.
    • LANXESS
    • Lomon Billions
    • Merck KGaA
    • Pidilite Industries Ltd
    • Sudarshan Chemical Industries Limited
    • The Chemours Company
    • Tronox Holdings plc
    • Venator Materials PLC

第7章 市場機会および今後の動向

  • 環境配慮型製品へのシフト
  • 3Dプリンティング材料など、信頼性の高い商材への需要の高まり
目次
Product Code: 46248

The global pigments market is projected to register a CAGR of over 6% during the forecast period.

COVID-19 had a negative impact on the market in 2020. The disruption in the worldwide supply chain, combined with lower demand from numerous end-user industries such as paints and coatings, plastics, textiles, and others, hampered pigment demand. However, the market recovered as consumers spent more time at home and focused on home remodeling projects, and the residential construction sector recovered. Protective and sanitizing coatings are in high demand due to growing concerns about cleanliness and hygiene.

Key Highlights

  • In the medium term, the significant factors driving the market studied are rising demand from the paints and coatings industry in Asia-Pacific and consistent industrial developments in the Middle East and Asia-Pacific regions.
  • On the flip side, factors such as stringent government regulations and the negative impact of the COVID-19 pandemic are expected to hinder the growth of the market studied.
  • Rising demand for reliable commercial products, like 3d printing material, will likely act as an opportunity in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market worldwide, with the most significant consumption from countries such as China, India, and Japan.

Pigments Market Trends

Increasing Demand from the Paints and Coatings Industry

  • Pigments are majorly used in paints and coatings production. These are engineered, enabling them to withstand challenging demands without compromising the coating performance.
  • In the construction industry, architectural and decorative coatings account for the enormous consumption of pigments in their production. Thus, rising construction and infrastructure activities in Asia-Pacific are significant drivers for the pigment market.
  • Furthermore, in the automotive sector, paints and coatings are used in the interior and exterior parts of the vehicle, as they impart protection and appeal to the cars. They are used on metallic pieces and plastic vehicle components of automobiles.
  • The primary reason for using automotive coatings is to protect the vehicle parts against various aggressive environmental agents, such as sunlight, corrosive materials, and environmental effects, such as acid rain, hot-cold shocks, stone chips, UV radiation can washing, and blowing sand. These coatings are used in automotive body shops and repair centers for vehicle refinishing.
  • The electric car sector is driving the development of new paints and coatings explicitly intended for electric vehicles. These paints and coatings must endure the high temperatures electric motors produce while providing corrosion and other environmental protection. They must also be able to deliver a high level of aesthetic appeal. According to the International Energy Agency, battery electric vehicle sales will reach 4.7 million units in 2021, representing a 135% increase over the previous year.
  • However, with growing concerns about environmental pollution from petrol and diesel-based vehicles, the production of electric cars is expected to pick up over the next five years, likely driving the demand for the market studied over the forecast period.
  • All the above factors are expected to impact market growth in the coming years significantly.
Pigments Market - IMG1

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific dominated the market, primarily due to the increasing demand for construction activities in China and India.
  • In China, government spending is increasing on constructing affordable housing facilities to cater to the housing demand. In India, the infrastructure sector is one of the major focus areas for the government.
  • China is investing USD 1.43 trillion in significant construction projects in the next five years till 2025. According to National Development and Reform Commission (NDRC), the Shanghai plan includes an investment of USD 38.7 billion in the next three years. In contrast, Guangzhou signed 16 new infrastructure projects with an investment of USD 8.09 billion.
  • In China, demographics in the country are expected to continue to spur the growth in residential construction. Rising household income levels and the population migrating from rural to urban areas are expected to continue to drive demand for the residential construction sector in the country.
  • India is still a developing economy; the construction sector is one of the booming industries in the country. The infrastructure sector is an essential pillar for the growth of the Indian economy. The government is taking various initiatives to ensure the country's time-bound creation of excellent infrastructure.
  • In India, the government is pushing numerous projects in the next few years in the residential segment. The government's 'Housing for All' initiative aims to build more than 20 million affordable homes for the urban poor by 2022, which will significantly boost residential construction. The smart cities mission is another major project undertaken by the government, which will construct more than 100 smart cities all over the country to achieve rapid urbanization in the country. In the 2021-22 budget, the smart cities mission includes USD 778.4 million (INR 6,450 crore) against USD 410.3 million (INR 3,400 crore) in the 2020-21 revised estimates.
  • In March 2021, the Indian Parliament passed legislation to establish the National Bank for Financing Infrastructure and Development (NaBFID), a USD 2.5 billion development finance institution to fund infrastructure projects in India.
  • Thus, all such construction activities and suitable government measures are expected to boost the construction activities in the region, which is further projected to grow the demand for paint and coating, thereby increasing the demand for pigments.
Pigments Market - IMG2

Pigments Industry Overview

The pigment market is consolidated with the top five players accounting for significant market share. The major companies include DIC Corporation, The Chemours Company, Venator Materials PLC, KRONOS Worldwide Inc., and Clariant.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Paints and Coatings Industry in Asia-Pacific
    • 4.1.2 Consistent Industrial Developments in Middle-East and Asia-Pacific Regions
    • 4.1.3 Consistent Demand from the Textile Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Government Regulations
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Patent Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Inorganic
      • 5.1.1.1 Titanium Dioxide
      • 5.1.1.2 Zinc Oxide
      • 5.1.1.3 Other Product Types
    • 5.1.2 Organic
    • 5.1.3 Specialty Pigments and Other Product Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Paints and Coatings
    • 5.2.2 Textiles
    • 5.2.3 Printing Inks
    • 5.2.4 Plastics
    • 5.2.5 Leather
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ALTANA AG
    • 6.4.2 Clariant
    • 6.4.3 DIC Corporation
    • 6.4.4 KRONOS Worldwide Inc.
    • 6.4.5 LANXESS
    • 6.4.6 Lomon Billions
    • 6.4.7 Merck KGaA
    • 6.4.8 Pidilite Industries Ltd
    • 6.4.9 Sudarshan Chemical Industries Limited
    • 6.4.10 The Chemours Company
    • 6.4.11 Tronox Holdings plc
    • 6.4.12 Venator Materials PLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Shifting Focus toward Eco-friendly Products
  • 7.2 Rising Demand for Reliable Commercial Products, like 3D Printing Material