表紙:アルファオレフィン市場 - 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1272676

アルファオレフィン市場 - 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Alpha Olefins Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
アルファオレフィン市場 - 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アルファオレフィンの世界市場は予測期間中に5%以上のCAGRで推移すると予測されます。

主なハイライト

  • COVID-19は、2020年の市場に悪影響を及ぼしました。しかし、2022年に市場は流行前の水準に達し、今後も安定した成長が見込まれます。
  • 市場を牽引する主な要因は、紙・パルプ産業からの需要の拡大です。その反面、ポリエチレンの非生分解性による厳しい環境規制が、アルファオレフィン市場の成長を妨げています。
  • さらに、さまざまな資源からアルファオレフィンを開発するための研究開発投資の高まりが、今後数年間は市場機会として作用すると予想されます。アジア太平洋地域は世界市場を独占しており、中国、インド、日本などの国からの消費が最も大きいです。

アルファオレフィンの市場動向

界面活性剤用途での使用量増加

  • 界面活性剤は様々な洗浄剤に含まれていますが、その中でも特に泡立ちの良さが評価されているのが陰イオン系界面活性剤です。多くの陰イオン界面活性剤が洗浄剤に使用されていますが、現在最もよく使用されているのは、ドデシルベンゼンスルホン酸の塩とエトキシル化ラウリル硫酸ナトリウムの塩です。
  • α-オレフィンスルホン酸は陰イオン性界面活性剤で、長年にわたって洗濯やパーソナルケア製品に効果的に使用されてきたが、徐々に他の低価格製品に取って代わられました。
  • α-オレフィンスルホン酸塩の洗浄剤における主な利点は、希釈した製品、硬水、低温で安定した泡を形成することができることです。また、洗浄性が良く、洗剤や化粧品に有用で、生分解性が早く、皮膚との相性が良く、水への溶解性が高いです。したがって、液体または粉末の洗剤や個人用衛生用品、特に食器洗い機、洗濯用洗剤、自動車用クリーナー、またはバスジェルに適しています。
  • パーソナルケアに使用される最も一般的なα-オレフィンスルホン酸塩は、C14-16オレフィンスルホン酸ナトリウムで、洗浄剤、湿潤剤、乳化剤として機能します。C14-16オレフィンスルホン酸ナトリウムは、適切に配合されると、粘性、消費者に受け入れられる起泡プロファイル、安定した泡を作るためのすばやいフラッシュフォームなどの利点を付与します。
  • 洗剤や石鹸に含まれる界面活性剤は、水と混ざり合い、衣類などの洗浄面の汚れに付着します。これにより、表面張力を低下させ、当該表面の汚れを落とすことができます。
  • 2021年、米国では液体ボディウォッシュが石鹸製品の中で最も高い販売個数を記録しました。2021年、米国における液体ボディウォッシュカテゴリーのマルチアウトレット販売量は約6億2,400万個に上りました。また、液体ハンドソープとハンドサニタイザーがそれに続き、2021年にはそれぞれ約4億200万個と2億5,400万個を販売しました。これにより、予測期間中、市場は安定的に成長すると予想されます。以上のような要因から、市場は予測期間中に成長すると予想されます。
Alpha Olefins Market-IMG1

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、アルファオレフィンの消費において支配的な市場となることが予想されます。中国、日本、韓国、インド、東南アジア諸国などの国々では、アルファオレフィンの需要が増加しています。中国は、潤滑油、油田用化学品、可塑剤などの最大の生産国でもあり、世界の市場に対応しています。
  • 中国では、COVID-19の流行による衛生意識の高まりから、石鹸や洗剤の消費量が急激に増加しています。この消費は、今後数年間、アルファオレフィンの需要を促進すると予想されます。
  • アルファオレフィンは、主に直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)や高密度ポリエチレン(HDPE)などのポリエチレンの製造に用いられ、包装からパイプまで様々な用途に使用されています。
  • インド包装産業協会(PIAI)によると、包装産業は現在、インドで5番目に大きな経済部門です。年率22~25%で成長しており、インドが包装産業の好ましいハブとなっています。このため、ポリエチレンの需要が増加し、ひいては市場におけるアルファオレフィンの需要も増加すると予想されます。
  • さらに、中国は世界最大級のパルプ・紙産業を有しています。中国は、世界の紙の生産量トップ3の1つです。例えば、2022年9月、中国の加工紙と段ボールの製造量はおよそ1,160万トンであり、これがアルファオレフィンの需要を増加させると予想されます。
  • したがって、上記の理由により、アジア太平洋は、予測期間中に調査された市場を独占すると予想されます。
Alpha Olefins Market-IMG2

アルファオレフィンの産業概要

アルファオレフィン市場は、その性質上、部分的に連結されています。市場の主要企業には、Chevron Phillips Chemical Company LLC、INEOS、SABIC、Sasol、Shell plcなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 紙・パルプ業界からの需要拡大
    • その他の促進要因
  • 阻害要因
    • ポリエチレンの非生分解性の性質
    • その他の制約事項
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • タイプ
    • 1-ヘキセン
    • 1-オクテン
    • 1-ブテン
    • その他のタイプ
  • 用途
    • 潤滑油
    • 油田用化学品
    • 可塑剤
    • ポリオレフィンコモノマー
    • 界面活性剤
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • メキシコ
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域
    • 中東およびアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約書
  • 市場シェア分析(%)**/ランキング分析
  • 主要企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Chevron Phillips Chemical Company LLC
    • Exxon Mobil Corporation
    • Evonik Industries AG
    • Idemitsu Kosan Co., Ltd.
    • INEOS
    • Kemipex
    • LANXESS
    • Qatar Chemical Company Ltd
    • Shell plc
    • SABIC
    • Sasol

第7章 市場機会および将来動向

  • 様々なソースからのアルファオレフィン開発のための研究開発投資の拡大
目次
Product Code: 69487

The global alpha olefins market is projected to register a CAGR of more than 5% during the forecast period.

Key Highlights

  • COVID-19 negatively impacted the market in 2020. However, the market reached pre-pandemic levels in 2022 and is expected to grow steadily in the future.
  • The major factor driving the market is the growing demand from the paper and pulp industries. On the flip side, stringent environmental regulations due to the non-biodegradable nature of polyethylene are hindering the growth of the alpha olefins market.
  • Further, growing R&D Investments for the development of alpha olefins from various sources are expected to act as a market opportunity in the coming years. The Asia-Pacific region dominates the global market, with the largest consumption from countries such as China, India, and Japan.

Alpha Olefins Market Trends

Increasing Usage in Surfactants Application

  • Surfactants are present in a wide range of cleaning products, and one of the usual groups is anionic surfactants, which are particularly valued for their foaming ability. Many anionic surfactants are used in detergents, although the most commonly used today are the salts of dodecylbenzene sulfonic acid and ethoxylated sodium lauryl sulfate.
  • Alpha olefin sulfonate is an anionic surfactant that has been used efficaciously for many years in laundry and personal care products but was gradually substituted by other low-cost products.
  • The chief benefit of alpha olefin sulfonate in cleaning products is that it can form stable foams in diluted products, hard water, and at low temperatures. In addition, it has good cleaning properties, is useful in both detergents and cosmetics, has fast biodegradability, has good compatibility with the skin, and is highly soluble in water. Therefore, it is suitable for liquid or powder detergents and personal hygiene products, especially for dishwashers, laundry detergents, automotive cleaners, or bath gels.
  • The most common alpha olefin sulfonate used in personal care is sodium C14-16 olefin sulfonate, which functions as a detergent, wetting agent, and emulsifier. When properly formulated, sodium C14-16 olefin sulfonate imparts viscosity, a consumer-acceptable foaming profile, and quick flash foam to produce a stable lather, among other benefits.
  • The surfactants included in detergents and soaps mix with water and attach themselves to the dirt on clothes and other cleaning surfaces. This helps reduce surface tension and remove dirt from the concerned surface.
  • In 2021, liquid body wash had the highest unit sales among soap products in the United States. In 2021, the liquid body wash category generated around 624 million units in multi-outlet sales in the United States. Also, it was followed by liquid hand soap and hand sanitizer, which sold about 402 million units and 254 million units, respectively, in 2021. This is expected to help the market grow steadily during the forecast period. Owing to all the abovementioned factors, the market is expected to grow during the forecast period.
Alpha Olefins Market - IMG1

The Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to be the dominant market in alpha olefins consumption. In countries like China, Japan, South Korea, India, and Southeast Asian nations, the demand for alpha olefins is increasing. China is also the largest producer of lubricants, oil field chemicals, plasticizers, etc., catering to the market worldwide.
  • The consumption of soap and detergent witnessed a sharp increase in the country, owing to the hygiene awareness due to the COVID-19 pandemic. This consumption is expected to propel the demand for alpha olefins in the coming years.
  • Alpha olefins are mostly used to manufacture polyethylene, such as linear low-density polyethylene (LLDPE) and high-density polyethylene (HDPE), which are used in various applications ranging from packaging to pipes.
  • According to the Packaging Industry Association of India (PIAI), the packaging industry is currently the fifth-largest economic sector in India. It is growing at a rate of 22-25% per year, making India a preferred hub for the packaging industry. This is expected to increase the demand for polyethylene, in turn, increasing the demand for alpha olefins in the market.
  • Further, China has one of the world's largest pulp and paper industries. China is one of the top three producers of paper in the world. For instance, in September 2022, China's processed paper and cardboard manufacturing volume was roughly 11.6 million metric tonnes, which is expected to increase the demand for alpha olefins.
  • Hence, due to the above-mentioned reasons, Asia-Pacific is anticipated to dominate the market studied during the forecast period.
Alpha Olefins Market - IMG2

Alpha Olefins Industry Overview

The alpha-olefin market is partially consolidated in nature. Some of the major players in the market include Chevron Phillips Chemical Company LLC, INEOS, SABIC, Sasol, and Shell plc, among others

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Paper and Pulp Industries
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Non-biodegradable Nature of Polyethylene
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 1-Hexene
    • 5.1.2 1-Octene
    • 5.1.3 1-Butene
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 Appllication
    • 5.2.1 Lubricants
    • 5.2.2 Oil Field Chemicals
    • 5.2.3 Plasticizers
    • 5.2.4 Polyolefin Comonomers
    • 5.2.5 Surfactants
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Mexico
      • 5.3.2.3 Canada
      • 5.3.2.4 Rest of North America
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Merger and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Chevron Phillips Chemical Company LLC
    • 6.4.2 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.3 Evonik Industries AG
    • 6.4.4 Idemitsu Kosan Co., Ltd.
    • 6.4.5 INEOS
    • 6.4.6 Kemipex
    • 6.4.7 LANXESS
    • 6.4.8 Qatar Chemical Company Ltd
    • 6.4.9 Shell plc
    • 6.4.10 SABIC
    • 6.4.11 Sasol

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing R&D Investments for the Development of Alpha Olefins from Various Sources