市場調査レポート
商品コード
1237854

高度配電管理システム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Advanced Distribution Management System Market - Growth, Trends, And Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
高度配電管理システム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年03月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

高度配電管理システム市場は予測期間中に19.7%のCAGRで推移すると予想されます。

高度配電管理システム(ADMS)市場の拡大は、世界のエネルギー需要の増加、公益事業者の効率化、顧客サービスの向上が要因となっています。配電管理システム(ADMS)は、停電復旧を自動化し、配電網のパフォーマンスを向上させるサービスを提供します。電気事業者向けのADMSの機能には、障害の位置特定、隔離、復旧のほか、ボルト/ボルトアンペア無効の最適化、電圧低下による節約、ピーク需要管理、マイクログリッドや電気自動車のサポートなどがあります。

主なハイライト

  • 市場拡大の主な理由の1つは、世界中で効率的なエネルギー資源に対する需要が高まっていることです。ADMSは配電網の性能を最適化し、停電復旧を自動化するのに役立ちます。さらに、高度計測インフラ(AMI)の導入が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。AMIは、電力使用量の遠隔測定、電圧の監視、停電の認識と切り分けを支援します。また、電力会社と顧客が互いに通信することも可能になります。さらに、コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)の統合、最新のコンポーネントと制御システムの使用によるセキュリティの向上、トータルコストと電力損失の削減などの技術的改善が、市場の拡大を推進しています。
  • これに伴い、スマートグリッド技術の導入が増加し、市場の成長を後押ししています。ADMSは、エネルギー使用を最適化し、グリッドの問題を検出することで、電気とデータの効率的な輸送を支援します。その他にも、スマートシティの建設が進んでいることや、炭素効率を向上させるためのさまざまな政府の取り組みが実施されていることなどが、市場の前進を促すと予想されます。例えば、米国エネルギー省の最近の推計によると、スマートグリッドへの投資は2024年までに138億米ドル以上に達し、米国におけるグリッド情報および制御への投資全体の64%以上を占めると予想されています。
  • アラブ首長国連邦は、同国初の包括的な需給ベースのエネルギー戦略である「エネルギー政策2050」を発表しました。この戦略では、2050年までに1,900億米ドルを節約し、エネルギーミックス全体に占める再生可能エネルギーの割合を25%から50%に引き上げることを目標としています。また、発電に伴う二酸化炭素排出量を70%削減することを目標としています。さらに、企業や個人の消費効率を40%向上させることを目標としています。このような政府の政策は、市場の成長にとって大きなチャンスとなります。
  • EIAによると、昨年から世界のエネルギー投資は年間1兆9,000億米ドルに増加し、投資総額は金融危機以前の水準に戻るとされています。しかし、その構成は電力部門とエンドユーザー部門にシフトしており、従来の燃料生産からは遠ざかっています。多くのエネルギー関連企業が脆弱な財務状況にある一方で、金融緩和政策や政府の後押しを受けて、開発会社がインフラ整備や新規プロジェクトへの投資を計画する兆しも見られます。これらは、ポストCOVIDにおける研究市場にプラスの影響を与えました。
  • ビルや企業に完全自動化されたADMSシステムを導入するには、かなりの初期費用がかかります。すべての産業は、消費にかかるコストを削減しようとします。そのため、さまざまな機器や工場がどれだけのエネルギーを使っているかを把握するためのエネルギー管理システムが必要となります。エネルギー効率の高いソリューションや手法を用いることで、長期的にコストとエネルギーを大幅に削減することができますが、そのためには多額の初期投資が必要です。また、企業や業界、産業施設によっては、EMSに投資するためのリソースが必要な場合もあります。中小企業の場合、そのような投資は現実的ではありません。ほとんどの場合、エネルギー管理システムのハードウェア部分は、ソフトウェアやサービス部分よりもかなり高価です。

高度配電管理システムの市場動向

ソフトウェア分野が大きな成長を遂げ、市場を牽引する

  • ソフトウェアによっては、ビジネス指標にマッピングされたエネルギー支出のスナップショットをユーザーが取得できるなどの機能を備えています。また、既存のビル管理システム、ERP、その他さまざまなシステムと統合するツールを提供する企業もあります。さらに、クラウドベースのエネルギー管理ソフトウェアの登場が、需要をさらに後押ししています。
  • クラウドサービスは、ソフトウェアの開発・保守にかかる運用コストや、エネルギーデータの収集・保存・分析のために社内のIT専門家やインフラを維持するための直接的な金銭的コスト、時間、費やしたリソースを効果的に最小化します。さらに、EIAによると、スマートグリッドの管理情報技術は、昨年に47億米ドルの投資が見込まれており、スマートグリッド関連の情報技術投資は19億米ドルです。このような巨額の投資は、ソフトウェア分野の成長機会を生み出すと思われます。
  • 例えば、レノボは、ポリシーベースの集中型エネルギー管理ソリューションであるXClarity Energy Managerを提供しています。このソフトウェアは、サーバーの電力利用の追跡、管理、および計画を支援します。このソフトウェアは、エネルギーコストを削減し、データセンターの電力使用量をさらに制御するのに役立ちます。
  • また、ハネウェルは、クラウドベースのエネルギー管理ソフトウェアであるInncom INNcontrol 5に、プッシュ通知、アラーム、UIの強化を追加し、完全なポートフォリオ管理のためのマルチプロパティのスケーラビリティを可能にしました。INNcontrol 5は、物件レベルのデータやHVAC分析レポート、各客室のルームオートメーションIoTデバイス(サーモスタット、占有センサー、ドアセンサー、照明制御など)の状態を確認できるライブダッシュボードを備えています。
  • デジタルソリューションは、複雑化する電力網における計測データの収集、処理、強化を可能にします。このような背景から、昨年3月、Sagemcomは、マルチエネルギーでスケーラブルなヘッドエンドシステム(HES)とビッグデータベースのメーターデータ管理システム(MDMS)から成るSICONIAソフトウェアスイートの提供でGroup Eに採用されました。この大規模なプロジェクトは、スイスにおけるスマートグリッドの旅の始まりであり、Groupe Eとの長期的なパートナーシップでもあります。
Advanced Distribution Management System Market-IMG1

北米は大幅な成長が期待される

  • 米国エネルギー情報局によると、過去数年間の米国の一次エネルギー消費量は約98兆ブリティッシュ熱量単位(Btu)で、世界の一次エネルギー消費量約604兆Btuの約16%を占めています。米国は世界人口の4%を占め、一人当たりの一次エネルギー消費量は世界第10位でした。このような膨大なエネルギー消費は、エネルギープラントの生産能力を高め、同地域のイナーシャシステムの成長に影響を与えるでしょう。
  • 2023年1月、ランディス・ギア・グループAGの子会社であるランディス・ギア・テクノロジー社と米国の投資家所有の電力会社は、同社の計測ソフトウェアインフラの近代化に関する新しい契約を締結しました。この電力会社の近代化計画には、まだ規制当局の許可が必要です。20年間の契約は、メーターデータ管理ソフトウェア、Software as a Service、および同公社が所有する50万台のレガシーな一方向通信型電気メーターをサポートするサービスからなり、このプロジェクトでは最終的に50万台以上の次世代スマートメーターが組み込まれる予定です。
  • 米国国防総省(DOD)は、連邦政府の中で最もエネルギーを消費しており、連邦政府全体のエネルギー消費量の77%を占めています。エネルギーの管理は、DODの運営にとって極めて重要です。DODは、基地や訓練施設の維持からジェット機や艦船の動力源に至るまで、任務活動の即応性と回復力を確保するためにエネルギーに依存しています。エネルギー効率とは、より少ないエネルギーで同じかそれ以上の質のサービスを提供することであり、特にDODのように年間予算の約2%をエネルギーが占める部門にとっては、長期にわたって機関の経費を削減することができます。
  • ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)によると、スマートテクノロジーとリアルタイムのエネルギー管理システムを導入することで、コストを平均15%削減でき、エネルギーの無駄遣いを減らし、従業員の生産性を高めるエコシステムを構築することで収益が向上します。さらに、ビルディングセクターのCO2排出量は過去2年間で増加しています。このことからも、SDSプログラムと歩調を合わせながら、ビルにエネルギー管理システムを導入する必要性が高まっています
Advanced Distribution Management System Market-IMG2

高度配電管理システム市場の競合他社分析

高度配電管理市場は、複数の企業が存在するため、競争は緩やかです。市場のプレーヤーは、製品ポートフォリオを拡大し、地理的範囲を広げ、主に市場での競争力を維持するために、製品革新、合併、買収などの戦略を採用しています。

2022年5月、Advanced Utility Systemsは、Harris Computer社のInfinity Customer Information System(CIS)をデビューさせました。これは、最新のクラウドベースの顧客情報および課金ソフトウェアプラットフォームで、公益企業の顧客サービスと課金、顧客体験、フィールドワークフォース管理の変革に不可欠です。公共事業がデジタル化によって顧客体験を近代化する中で、アドバンスト社のInfinity CISを統合することで、顧客サービスとエンゲージメントのイニシアチブを高めることができます。アドバンスト社のInfinity CISは、ユーティリティ企業のすべてのニーズとそれ以上を達成するための比類ない機能性を誇っています。2022年2月、エネルギーとスマートグリッドのソリューションプロバイダーであるSwell Energy Inc.(以下、スウェル)は、同社独自の分散型エネルギー資源管理システムであるGridAmpの一般提供を発表しました。拡張されたDERMSプラットフォームは、太陽光や蓄電装置などの分散型エネルギー資源(DER)を仮想発電所(VPP)に組み合わせ、ユーティリティ企業にさらなるグリッド機能を提供します。GridAmpは、ハワイアン・エレクトリック社と契約し、ハワイ公益事業委員会の承認を得て、オアフ島、マウイ島、ハワイ島で開発中の80メガワットの分散型VPP、スウェル社のホームバッテリー報酬プログラムの一環として、メーター外の太陽光発電バッテリーを使った複数のグリッドサービス運用を管理します。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • スマートグリッド技術の急速な普及について
    • エネルギー需要の増大と効率的な配電管理システム
    • 新興国におけるインフラ建設への投資拡大
  • 市場抑制要因
    • 初期投資額が高い
  • マーケットオポチュニティ
  • 産業の魅力- ポーターファイブフォース
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響について

第5章 市場セグメンテーション

  • オファリング
    • ソフトウェア
    • サービス
    • コンサルティング
    • システムインテグレーション
    • サポートとメンテナンス
  • システムタイプ
    • ディストリビューションマネジメントシステム(DMS)
    • 自動検針/高度計測インフラ(AMR/AMI)
    • 分散型エネルギー資源管理システム(DERMS)
    • エネルギーマネジメントシステム(EMS)
    • 顧客情報システム(CIS)
    • メータデータマネジメントシステム(MDMS)
  • エンドユーザー業界
    • エネルギー・ユーティリティ
    • IT・通信分野
    • 製造業
    • 防衛・官公庁
    • インフラストラクチャー
    • 運輸・物流
    • その他エンドユーザー業界別
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Group
    • General Electric Company
    • Siemens AG
    • Advanced Control Systems
    • Schneider Electric SE
    • Survalent Technology
    • ETAP/Operation Technology,Inc.
    • S&C Electric Company
    • Capgemini Consulting
    • Open Systems International, Inc
    • Alstom S.A.

第7章 市場の将来展望

目次
Product Code: 71767

Advanced Distribution Management System Market is expected to register a CAGR of 19.7% over the forecasted period. The Advanced Distribution Management System (ADMS) Market's expansion is driven by rising global energy demand, increased utility efficiency, and improved customer service. A distribution management system (ADMS) provides services that automate outage restoration and improve distribution grid performance. ADMS features for electric utilities include fault location, isolation, and restoration, as well as volt/voltampere reactive optimization, conservation through voltage reduction, peak demand management, and support for microgrids and electric cars.

Key Highlights

  • One of the primary reasons driving market expansion is the increasing demand for efficient energy resources worldwide. ADMS assists in optimizing distribution grid performance and automating outage restoration. Furthermore, the increased adoption of advanced metering infrastructure (AMI) boosts market growth. AMI assists in remotely measuring electricity usage, monitoring voltage, and recognizing and isolating outages. It also allows utilities and customers to communicate with one another. Furthermore, technological improvements such as integrating connected devices with the Internet of Things (IoT) and using modern components and control systems to improve security while reducing total costs and electricity loss propel market expansion.
  • In accordance with this, increased implementation of smart grid technologies boosts the market growth. ADMS assists in effectively transporting electricity and data by optimizing energy usage and detecting grid issues. Other reasons, including the increased building of smart cities and the implementation of various government efforts to improve carbon efficiency, are expected to propel the market forward. For instance, according to the recent estimates of the US Department of Energy, smart grid investments are expected to reach over USD 13.8 billion by 2024, accounting for over 64% of the total grid information and control investments in the United States.
  • The United Arab Emirates introduced "Energy Policy 2050," which is regarded as the nation's first comprehensive supply-and-demand-based energy strategy. The strategy intends to save USD 190 billion by 2050 and boost the share of renewable energy in the whole energy mix from 25% to 50%. It also aspires to lower the carbon footprint of power generation by 70%. Additionally, it aims to improve corporate and individual consumption efficiency by 40%. Such policies by the government will significantly create opportunities for the market to grow.
  • According to EIA, from the past year, annual global energy investment was set to rise to USD 1.9 trillion, bringing the total investment volume back towards pre-crisis levels. However, the composition has shifted towards power and end-use sectors - and away from traditional fuel production. While many energy companies remain in a fragile financial state, there are signs developers are using the window provided by accommodative monetary policy and government backing to plan infrastructure developments and investments in new projects. These positively affected the studied market during the post covid.
  • Significant upfront costs are associated with installing an entirely automated ADMS system in buildings or enterprises. Every industry seeks to reduce the cost of its consumption. Therefore, they need energy management systems to track how much energy various devices and factories use. Even while using energy-efficient solutions and practices results in significant long-term cost and energy savings, it necessitates a hefty initial investment. There may be circumstances when certain businesses, sectors, or industrial facilities need more resources to invest in EMS. For small- or medium-sized companies, such an expenditure is not practical. In most cases, the hardware parts of energy management systems are substantially more expensive than the software and service parts.

Advanced Distribution Management System Market Trends

Software Segment would Experience Significant Growth and Drive the Market

  • Some software comprises features, such as the user getting a snapshot of energy spending mapped to business metrics. Some of the companies provide tools that integrate with the existing building management systems, ERP, and various other systems. Moreover, the advent of cloud-based energy management software further fuels the demand.
  • Cloud services effectively minimize operational costs of software development and maintenance and direct monetary costs, time, and spent resources on maintaining in-house IT professionals and infrastructure for gathering, storing, and analyzing energy data. Further, According to EIA, the Admin Information technology of smart grids is expected to invest USD 4.7 billion in the last year, and smart grid-related information technology investment is USD 1.9 billion. Such huge investments would create an opportunity for the software segment to grow.
  • For instance, Lenovo offers XClarity Energy Manager, a centralized policy-based energy management solution. The software helps track, manage, and plan server power utilization. It helps decrease energy costs and further control data center power usage.
  • Also, Honeywell added enhancements to its cloud-based energy management software, Inncom INNcontrol 5, with push notifications, alarms, and enhanced UI, which allows multi-property scalability for full portfolio management. INNcontrol 5 features a live dashboard with property-level data and HVAC analytics reports, as well as the status of each guestroom's room automation IoT devices, such as the thermostat, occupancy sensor, door sensor, and lighting controls.
  • Digital solutions make it possible to collect, process, and enhance the metering data in increasingly complex grids, and in this context, in March last year, Sagemcomwas selected by Groupe E for the delivery of its SICONIA Software suite, which is composed of Multi-energy and scalable Head-End System (HES) and Big data-based Meter Data Management system (MDMS). This large-scale project is the beginning of the Smart Grid journey in Switzerland and a long-term partnership with Groupe E.
Advanced Distribution Management System Market - IMG1

North America is Expected to Experience Significant Growth

  • According to US Energy Information Administration, past few years, total primary energy consumption in the United States was around 98 quadrillion British thermal units (Btu), accounting for approximately 16% of total global primary energy consumption of approximately 604 quadrillion Btu. The United States had a 4% share of the global population, and the country had the world's tenth highest per capita primary energy consumption. Such huge consumption of energy would increase the production capacity of energy plants that would impact the growth of inertia systems in the region.
  • In January 2023, Landis+Gyr Technology Inc., a subsidiary of Landis+Gyr Group AG, and a U.S. investor-owned utility have signed a new agreement to modernize the company's metering software infrastructure. The utility's plans to modernize are still subject to regulatory clearance. The 20-year contract comprises meter data management software, Software as a Service, and services to support the utility's 500,000 legacy one-way communicating electric meters, and the project will eventually incorporate over 500,000 next generation smart metering devices.
  • The US Department of Defense (DOD) consumes the most energy of any federal entity, accounting for 77% of total federal government energy consumption. The control of energy is critical to DOD operations. DOD relies on energy to ensure readiness and resiliency for mission activities, from maintaining bases and training facilities to powering jets and ships. Energy efficiency-providing the same or better quality of service with less energy-can lower agency expenses over time, especially for a department like the DOD, where energy accounts for around 2% of the annual budget.
  • According to the New York State Energy Research and Development Authority (NYSERDA), enabling smart technologies and real-time energy management systems can decrease costs by an average of 15% and improve the bottom line by creating an ecosystem that reduces energy waste and boosts employee productivity. Moreover, the building sector's CO2 emission has increased over the past two years. Again, this has intensified the need to install energy management systems in buildings, keeping track with the SDS program
Advanced Distribution Management System Market - IMG2

Advanced Distribution Management System Market Competitor Analysis

The Advanced Distribution Management Market is moderately competitive owing to the presence of multiple players. The players in the market are adopting strategies like product innovation, mergers, and acquisitions to expand their product portfolio, expand their geographic reach, and primarily stay competitive in the market.

In May 2022, Advanced Utility Systems debuted its Infinity Customer Information System (CIS), a Harris Computer firm. It is a modern, cloud-based customer information and billing software platform that is critical in transforming customer service and billing, customer experience, and field workforce management for utilities. As utilities digitally modernize their customer experience, integrating Advanced's Infinity CIS would boost customer service and engagement initiatives. It boasts unrivaled functionality to assist utilities in accomplishing all of their needs and more. In February 2022, Swell Energy Inc. (Swell), an energy and smart grid solutions provider, announced the general availability of GridAmp, its proprietary Distributed Energy Resource Management System. The expanded DERMS platform combines Distributed Energy Resources (DERs), such as solar and battery storage devices, into virtual power plants (VPPs) to provide utilities with additional grid capabilities. GridAmp will manage multiple grid service operations using behind-the-meter solar-powered batteries as part of Swell's Home Battery Rewards program, an 80-megawatt distributed VPP being developed on the islands of O'ahu, Maui, and Hawai'i - as contracted with Hawaiian Electric and approved by the Hawai'i Public Utilities Commission.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rapid Adoption Of Smart Grid Technology
    • 4.2.2 Rising Energy Demand And Efficient Distribution Management System
    • 4.2.3 Increasing Investment in Infrastructure Construction in Emerging Economies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Higher Initial Investment
  • 4.4 Market Opportunities
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter Five Forces
    • 4.5.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Offering
    • 5.1.1 Software
    • 5.1.2 Service
    • 5.1.3 Consulting
    • 5.1.4 System Integration
    • 5.1.5 Support and Maintenance
  • 5.2 System Type
    • 5.2.1 Distribution Management System (DMS)
    • 5.2.2 Automated Meter Reading/Advanced Metering Infrastructure (AMR/AMI)
    • 5.2.3 Distributed Energy Resources Management Systems (DERMS)
    • 5.2.4 Energy Management Systems (EMS)
    • 5.2.5 Customer Information Systems (CIS)
    • 5.2.6 Meter Data Management Systems (MDMS)
  • 5.3 End-user Verticals
    • 5.3.1 Energy & Utilities
    • 5.3.2 IT and Telecommunications
    • 5.3.3 Manufacturing
    • 5.3.4 Defense and Government
    • 5.3.5 Infrastructure
    • 5.3.6 Transportation & Logistics
    • 5.3.7 Others End-user Verticals
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Group
    • 6.1.2 General Electric Company
    • 6.1.3 Siemens AG
    • 6.1.4 Advanced Control Systems
    • 6.1.5 Schneider Electric SE
    • 6.1.6 Survalent Technology
    • 6.1.7 ETAP/Operation Technology,Inc.
    • 6.1.8 S&C Electric Company
    • 6.1.9 Capgemini Consulting
    • 6.1.10 Open Systems International, Inc
    • 6.1.11 Alstom S.A.

7 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET