市場調査レポート
商品コード
1237845

交通安全市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)

Road Safety Market - Growth, Trends, And Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
交通安全市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年03月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

交通安全市場は、予測期間中に7.6%のCAGRで推移すると予想されています。

世界の事故や死亡者数の大幅な増加が、交通安全市場の拡大を牽引しています。

主なハイライト

  • 都市化の進展と人口動向の上昇、急速なモータリゼーション、交通事故死者数の増加、交通安全を推進する政府の試みは、交通安全市場を牽引する大きな要因となっています。
  • 交通安全は、乗客、自動車、促進要因、歩行者にとって重要なものとなっています。交通安全製品には、事故の防止やリスクの低減、車両の誤動作の抑制、交通規律の維持、通勤の安全確保などを実現する製品やサービスが含まれます。
  • 交通事故による死亡者数は、速度制限の超過、シートベルトの着用義務違反、飲酒運転など、安全でない行為を行った促進要因を主な原因として増加しました。そのため、世界の交通管理・安全当局は、新しい交通安全システムに投資することで、このような事故を減らすためのプログラムを開始し、市場の著しい成長につながりました。
  • 各国政府は、交通安全の大幅な改善を達成するためのイニシアチブをとっています。例えば、インドの道路交通・高速道路省によると、道路利用者(歩行者、自転車を含む)やインフラに対する車両の運転が安全面や環境面で及ぼす悪影響を最小限に抑えるため、国際基準や慣行に従って、自動車や非自動車の設計、製造、使用、運用、メンテナンスの段階で安全機能が組み込まれていることを確認する措置を取っています。
  • さらに、クウェート運輸省は、交通事故削減のためのプロジェクトを実施しました。ジェノプティックはこのプロジェクトを承認し、ファースト・ジョイント・グループと共同で60台のTraffiTower 2.0、40台の非侵襲的測定システム、120台の外部フラッシュユニットを納入・設置しました。交通カメラと計測システムは、正確で信頼性が高く、効率的です。また、ファースト・ジョイント・グループは、現在のインフラと強化された交通戦略を利用して、交通渋滞や事故のブラックスポットを回避することを目的としています。
  • 各社は、人工知能、カメラ、センサーを統合し、交通障害を特定する新技術の開発に幅広く投資しています。例えば、Transoft Solutions(ITS)Inc.は、都市計画者が交通データを収集、監視、分析するのを支援するソリューションを提供しています。取得したデータを詳細に調査することは、道路利用者の行動や交通の流れを理解する上で有益です。この情報は、都市計画者が、より教育的で効果的な交通インフラの意思決定を行うのに役立ちます。
  • ニューサウスウェールズ州は、2026年交通安全アクションプランの策定にあたり、パートナー、利害関係者、ニューサウスウェールズ州のコミュニティーのメンバーと協力しました。協議には多くの人が参加し、最終的にいくつかのプログラムの策定に役立っています。2026年交通安全アクションプランのためのエンゲージメント・サマリーは、協議中にニューサウスウェールズ州全体で行われたエンゲージメント活動と回答のスナップショットを提供するものです。これらの行動は、NSW地域の交通安全市場の成長を支えるものです。

交通安全市場の動向

交通事故件数と死亡者数の急増が、市場の勢いを増します。

  • 世界の事故の増加は、交通安全市場の成長を促進します。例えば、WHO Global Status Report on Road Safety 2022によると、2021年の交通事故による死亡者数は130万人、交通事故による負傷者や影響者は2,000~5,000万人でした。交通事故の93%以上は低・中所得国で起きています。歩行者、オートバイ利用者、自転車利用者は、最も脆弱な道路利用者の1つです。
  • 近年、交通安全製品にいくつかのイノベーションが起きています。赤信号や速度監視システムは、従来は道路や交差点に別々に設置され、交通秩序を維持し事故を減らすためのものでした。現在、各社はスピードと赤信号の監視機能を一体化したシステムを提供することに注力しています。
  • Jenoptik社は、TraffiStarシステムを発表しました。このシステムは、高解像度カメラを使用して赤信号と速度を組み合わせた監視を行い、4車線にわたる交通違反を捕捉します。同様に、Vitronik社は、交差点用に設計されたPoliscan Red+Speedシステムを提供し、異なる方向に走る車両の速度と赤信号違反を監視しています。このようなシステムの導入により、予測期間中に市場は大きく成長すると思われます。
  • ナイジェリアにおける道路交通事故は、2021年第4四半期時点で概ね深刻と評価されています。同年には、それまで約2,200件のそのような事例が報告されています。さらに、同国の道路交通事故による死亡事故は888件、軽微な事故は320件でした。連邦道路安全隊(ナイジェリア)によると、ほとんどの事故はカドゥナ州で発生しました。このような事例が、交通安全対策への需要を喚起しました。また、各国政府が規制政策の見直しを検討するきっかけにもなっています。
  • 米国政府は、交通事故を減らすために交通安全向上のための規則や規制を導入しており、交通安全市場を牽引しています。例えば、米国連邦政府の一部である国家安全評議会は、2050年までに高速道路の死亡事故を撲滅するために「Road to the Zero」プロジェクトを立ち上げました。
Road Safety Market-IMG1

北米が大きな市場シェアを占めると予想される

  • 北米は、技術開拓、発達したインフラの利用、交通安全およびセキュリティソリューションへの大規模な投資により、交通安全市場を独占すると予想されます。NHTSAによると、雇用の拡大とガソリン価格の低下は、米国における促進要因数の増加に積極的に貢献している2つの要素です。
  • 米国運輸省によると、米国における交通事故死の95%は、米国の道路、道路、高速道路で発生しており、その数は増加傾向にあります。2020年には、推定38,680人が自動車事故で亡くなりました。2021年上半期には推定20,160人が死亡し、2020年の上半期と比較して18.4%増加しました。この死亡事例の増加により、政府は規制政策の再考を促し、交通安全市場の需要に拍車をかけています。
  • 各国政府は、その地域の交通事故を減らすために、高速道路や交通安全プログラムに投資しています。例えば、2022年2月、連邦政府の指導により、橋や道路の補強などの改善費用を支払うための資金が発行され、スピードカメラや赤信号カメラの連邦補助金はスクールゾーンにのみ許可されました。しかし、バイデンのインフラパッケージでは、各州が5年間で156億米ドルの高速道路安全対策費のうち最大10%を、自動運転による交通取締りや公共啓発キャンペーンなどの「非インフラ活動」に費やすことができるようになっています。
  • 米国では150以上の地域で自動速度安全システム(速度安全カメラとして知られる)が導入されています。このようなシステムは、交通暴力を減らし、より平等な交通取り締まりの枠組みを確立することができます。自動速度安全カメラの設置の多くは、メンテナンスや交換が必要であり、これが市場成長の原動力となっています。
  • 米国運輸省によると、以下のカテゴリーにおける交通事故死は、2020年に比べて2021年に大幅に増加しました。複数車両の衝突による死亡事故が16%、都市部の道路での死亡事故が14%、65歳以上の促進要因の死亡事故が14%、歩行者の死亡事故が13%、オートバイの死亡事故が9%、スピード違反に関連する事故の死亡事故が5%でした。これは、この地域がさらなる交通安全対策を求めていることを示しており、市場の拡大を後押ししています。
Road Safety Market-IMG2

交通安全市場の競合他社分析

交通安全市場は非常に細分化されており、多くの企業が高度な交通安全ソリューションを提供しています。ベンダーは、無機的な成長イニシアチブとともに、設置された製品のメンテナンスを確実にするために、アフターサービス提供の拡大を優先しています。

  • 2022年6月- 交通安全ソリューションの世界的リーダーであるセンシス・ガッツォグループは、EG100契約の一環として、オランダの速度・赤信号取締用固定システムの運用・保守に関するTRaaS契約延長を受けました。契約更新は、2年間の期間で1000万クローナ(100万米ドル)相当です。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場インサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響-主要国別
  • 規制の枠組みシナリオ(各国の交通安全に関する基準や規制の徹底分析)
  • 技術展望
    • 自動ナンバープレート認識(ALPR/ANPR)
    • 交通安全におけるビデオアナリティクスの展開
    • 交通安全への人工知能の導入が急増中
  • 主要国の交通事故に関する分析
    • 米国
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリア
    • その他の国
  • 交通インフラ投資見通し(主要国の交通インフラ投資額を網羅。)
  • 国別渋滞ランキング分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 増加する交通事故と死亡者数
    • 高まる公共性の確保と向上へのニーズ
    • 交通安全強化に向けた政府の取り組み
  • 市場の課題
    • 交通安全データに影響を与えるサイバー脅威

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • 赤色灯の取締り
    • スピードの取締り
    • バスレーン取締り・区間取締り
    • インシデントの検出と対応
  • サービス別
    • コンサルティング
    • サポートとメンテナンス
    • インテグレーションとデプロイメント
  • 地域別に見る
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Jenoptik AG
    • Kapsch TrafficCom AG
    • Sensys Gatso Group AB
    • Redflex Holdings Limited
    • FLIR Systems, Inc.
    • Swarco AG
    • Information Engineering Group Inc.
    • eTrans Solutions Pvt. Ltd
    • Conduent Business Services, LLC.
    • VITRONIC
    • Connected Wise LLC
    • Motorola
    • FRED Engineering
    • Clearview Intelligence Limited

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 92865

The road safety market is expected to witness a CAGR of 7.6% during the forecast period. The huge increase in accidents and fatalities worldwide drives the expansion of the road safety market.

Key Highlights

  • Growing urbanization and rising demographic trends, rapid motorization, rising road fatalities and accidents, and government attempts to promote road safety are significant factors driving the road safety market.
  • Road safety has become critical for passengers, cars, drivers, and pedestrians. Road safety products include products and services that prevent and reduce the risk of accidents, control and curb errant vehicle movement, maintain traffic discipline, and assure commuter safety.
  • The number of road fatalities increased, primarily due to drivers engaging in unsafe conduct such as exceeding speed limits, neglecting to wear seat belts, and alcoholic driving. Thus, traffic management and safety authorities worldwide launch programs to reduce such incidents by investing in new road safety systems, leading to a marked growth of the market.
  • Governments take initiatives to achieve a significant improvement in road safety. For instance, according to the Ministry of Road Transport and Highways of India, steps are being taken to ensure that safety features are built-in at the design, manufacture, usage, operation, and maintenance stages of motorized and non-motorized vehicles following international standards and practices to minimize adverse safety and environmental effects of vehicle operation on road users (including pedestrians and bicyclists) and infrastructure.
  • Moreover, the Ministry of Transportation of Kuwait undertook a project to reduce traffic accidents. Jenoptik approved the project and delivered and installed 60 TraffiTower 2.0, 40 non-invasive measuring systems, and 120 external flash units in collaboration with First Joint Group. The traffic cameras and measurement systems are accurate, dependable, and efficient. The First Joint Group also aims to use the current infrastructure and an enhanced traffic strategy to avoid traffic congestion and accident black spots.
  • Companies invest extensively in developing new technologies that integrate artificial intelligence, cameras, and sensors to identify traffic difficulties. For instance, Transoft Solutions (ITS) Inc. provides solutions that assist urban planners in collecting, monitoring, and analyzing traffic data. An in-depth examination of the acquired data is beneficial in understanding road user behavior and traffic flow. This information assists city planners in making more educated and effective transportation infrastructure decisions.
  • New South Wales collaborated with partners, stakeholders, and members of the NSW community in establishing the 2026 Road Safety Action Plan. Their consultations were well-attended and eventually aided in the developing several programs. The Engagement Summary for the 2026 Road Safety Action Plan gives a snapshot of the engagement activities and responses received throughout NSW during the consultation. These actions support the growth of the NSW region's road safety market.

Road Safety Market Trends

The surge in the Number of Road Accidents and Fatalities Gain Momentum in the Market.

  • The global increase in accidents drives the growth of the road safety market. For instance, according to the WHO Global Status Report on Road Safety 2022, there were 1.3 million deaths in road traffic in 2021, and 20 to 50 million people were injured or impacted due to road incidents. More than 93% of road traffic accidents happen in low- and middle-income countries. Pedestrians, motorcyclists, and cyclists are among the most vulnerable road users.
  • Several innovations in road safety products occurred in recent years. Red light and speed monitoring systems were traditionally put separately along roads and intersections to maintain traffic discipline and reduce accidents. Now companies focus on offering systems that combine speed and red light monitoring capabilities in a single unit.
  • Jenoptik introduced TraffiStar systems, which use high-resolution cameras to provide combined red light and speed monitoring and capture traffic infractions over four lanes. Similarly, Vitronik offers the Poliscan Red+Speed system, explicitly built for intersections, to monitor the speed and red light violation of vehicles driving in different directions. With othe introduction of such systems, the market is likely to grow significantly over the forecast period.
  • Road traffic incidents in Nigeria were generally rated as severe as of the fourth quarter of 2021. Around 2,200 such cases were reported till then in the year. Furthermore, the country's fatal and minor road traffic crashes totaled 888 and 320, respectively. According to the Federal Road Safety Corps (Nigeria), most incidents occurred in Kaduna State. These instances fueled the demand for road safety solutions. It also prompted governments to consider a revision of their regulatory policies.
  • The US government is introducing rules and regulations to improve road safety to reduce traffic accidents, thus driving the road safety market. For instance, the National Safety Council, part of the US federal government, created the Road to the Zero project to eradicate highway fatalities by 2050.
Road Safety Market - IMG1

North America is Expected to Hold a Significant Market Share

  • North America is expected to dominate the road safety market due to technological developments, the availability of developed infrastructure, and major road safety and security solution investments. According to the NHTSA, job growth and low gasoline prices are two elements actively contributing to the growing number of drivers in the United States.
  • According to the US Department of Transportation, 95% of all transportation deaths in the United States occur on America's streets, roads, and highways, and the number is increasing. In 2020, an estimated 38,680 people perished in car accidents. An estimated 20,160 people died in the first half of 2021, an 18.4% increase over the first six months of 2020. This increase in death cases prompted the government to reconsider its regulatory policies, fueling the demand for the road safety market.
  • Governments are investing in highway and road safety programs to reduce road incidents in that region. For instance, in February 2022, Federal guidance issued funds to pay for improvements such as bridge and roadway reinforcement, with federal subsidies for speed and red-light cameras only permitted in school zones. However, Biden's infrastructure package enables states to spend up to 10% of their USD 15.6 billion highway safety money over five years on "non-infrastructure activities," including automated traffic enforcement and public awareness campaigns.
  • More than 150 communities in the United States have automated speed safety systems (known as speed safety cameras). Such systems can reduce road violence and establish a more equal traffic policing framework. Many installations of automated speed safety cameras require maintenance and replacements, which drive market growth.
  • According to the US Department of Transportation, traffic deaths in the following categories increased significantly in 2021 compared to 2020: Fatalities in multi-vehicle crashes by 16%, fatalities on urban roads by 14%, fatalities among drivers 65 and older by 14%, pedestrian fatalities by 13%, motorcyclist fatalities by 9%, and deaths in speeding-related crashes by 5%. This demonstrates that the region demands additional road safety measures, thus boosting market expansion.
Road Safety Market - IMG2

Road Safety Market Competitor Analysis

The road safety market is highly fragmented, with numerous firms offering advanced road safety solutions. Along with inorganic growth initiatives, vendors prioritize increasing after-sales service offerings to ensure installed products' maintenance.

  • June 2022 - Sensys Gatso Group, a global leader in traffic safety solutions, received a TRaaS contract extension to operate and maintain the Dutch fixed systems for speed and red-light enforcement as part of the EG100 contract. Contract renewal is worth SEK 10 million (USD 1 million) over a term of two years.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness-Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the market - By Major Countries
  • 4.4 Regulatory Framework Scenario (Covers In-depth Analysis of standards and Regulations w.r.t to Road Safety In Different Countries)
  • 4.5 Technology Outlook
    • 4.5.1 Automatic License Plate Recognition/Automatic Number Plate Recognition (ALPR/ANPR)
    • 4.5.2 Deployment of Video Analytics in Road Safety
    • 4.5.3 Surge in Adoption of Artificial Intelligence for Road Safety
  • 4.6 Analysis on Road Accidents in Major Countries
    • 4.6.1 United States
    • 4.6.2 China
    • 4.6.3 India
    • 4.6.4 Japan
    • 4.6.5 Australia
    • 4.6.6 Other Countries
  • 4.7 Traffic Infrastructure Investment Outlook ( Provides coverage on major countries' spending on Traffic infrastructure)
  • 4.8 Countrywise Traffic congestion Ranking Analysis

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Number of Road Accidents and Fatalities
    • 5.1.2 Increasing Need for Public Security and Improvement
    • 5.1.3 Government Initiatives to Enhance Road Safety
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Cyberthreats Affecting Road Safety Data

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 Red Light Enforcement
    • 6.1.2 Speed Enforcement
    • 6.1.3 Bus Lane Enforcement and Section Enforcement
    • 6.1.4 Incident Detection and Response
  • 6.2 By Services
    • 6.2.1 Consulting
    • 6.2.2 Support and Maintenance
    • 6.2.3 Integration and Deployment
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 France
      • 6.3.2.3 Germany
      • 6.3.2.4 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 India
      • 6.3.3.3 Japan
      • 6.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Jenoptik AG
    • 7.1.2 Kapsch TrafficCom AG
    • 7.1.3 Sensys Gatso Group AB
    • 7.1.4 Redflex Holdings Limited
    • 7.1.5 FLIR Systems, Inc.
    • 7.1.6 Swarco AG
    • 7.1.7 Information Engineering Group Inc.
    • 7.1.8 eTrans Solutions Pvt. Ltd
    • 7.1.9 Conduent Business Services, LLC.
    • 7.1.10 VITRONIC
    • 7.1.11 Connected Wise LLC
    • 7.1.12 Motorola
    • 7.1.13 FRED Engineering
    • 7.1.14 Clearview Intelligence Limited

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET