デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198375

スマートマイニング市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Smart Mining Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 164 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
スマートマイニング市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 164 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートマイニング市場は、予測期間中に20.62%のCAGRで推移すると予想されています。

採掘には、採掘トラック、掘削機、ドリル、コンベアベルトなどの機器の資源配分管理、輸送・物流など、多くのプロセスが含まれます。すべてを効率的に実行し、より早く終了させるためには、こうした複雑なプロセスを簡略化し、自動化するシステムが必要です。

主なハイライト

  • 鉱業には、資源配分や、採掘トラック、掘削機、ドリル、コンベヤーベルト、輸送、物流などの機器管理など、多くのプロセスがあります。すべてを効率的に実行し、より速く終了させるためには、これらの複雑なプロセスを簡素化し、さらには自動化するシステムが必要です。
  • ワイヤレス鉱山センサーネットワークは、鉱山モニタリングの進化における最新のステップです。地下鉱山では、地質や地盤の状態を継続的に監視し、急激な変化や安全範囲外の変化によって生じる安全性や生産性のリスクを評価するため、多くの地下鉱山でさまざまな地盤監視装置やその他の監視装置を導入しています。
  • 鉱業のデジタル化は他のセクターより少し遅れているかもしれませんが、急速に追いついてきています。鉱業会社は最近、さまざまなデジタルソリューションを採用するようになりました。その多くは、作業の機械化、機器センサーの追加による物理的領域からデジタル領域への移行、データ伝送のための統一ネットワークの採用を行っています。しかし、これらはまだ始まりに過ぎません。
  • 近年、新興国では鉱業の操業コストが飛躍的に上昇し、給与支出も世界的に増加しています。例えば、アルゼンチン経済省によると、アルゼンチンの鉱業・採石業部門の給与支出は、2021年第2四半期に3,553億8千万円(22億1,000万米ドル)を超え、2020年第2四半期と比較して1,188億6千万円(7億4,000万米ドル)増加しました。
  • COVID-19の発生が続いており、国際貿易の制限がスマートマイニング市場の事業運営に影響を及ぼしました。しかし、原材料の輸送における厳しい規制により、各国の国境の再開が輸送や物流の問題解決に役立つと期待されています。

スマートマイニングの市場動向

データ管理・分析ソフトウェアが高い成長率を示す見込み

  • データは貴重な資産です。自動化された採掘装置からは、毎日、膨大な量の有用なデータが生み出されています。複数のベンダーが、データをインテリジェントな分析、AI、機械学習、自動化と組み合わせて、オペレーションのセキュリティと生産性を向上させています。
  • 鉱業会社は、データソースからビッグデータを収集・活用し、現代のデータ分析で同じものを分析し、その結果を実践することで、即座に価値を引き出し、収益を増加させることができます。信頼できるデータがあれば、鉱業は生産量を増やし、業務の非効率性を減らし、リスクにより迅速に対応することができます。
  • 世界経済フォーラムは、デジタル変革の取り組みによる鉱業界の価値は、今後10年間で3,200億米ドルを超える可能性があると予測しています。インターシステムズの鉱業向け次世代デジタルトランスフォーメーションソフトウェアIRISは、現在のハードウェアやソフトウェアプログラムとシームレスに統合することができます。カスタマイズ可能なKPI(総合設備効率)をリアルタイムで提供し、データレベルやKPIが事前に設定した閾値に近づくと即座に通知されます。
  • ビッグデータは、鉱業界を変える可能性を秘めた有望な技術です。その背景には、情報通信技術の急速な進歩があります。鉱業分野におけるビッグデータ管理(BDM)は、数多くの導入の試みにもかかわらず、根本的な問題を抱え続けています。
  • ビッグデータ解析とビッグデータ管理は、鉱業界で時間をかけて発展させることができるインテリジェントなインフラを作ることができます。したがって、アナリティクスによって、資産活用の大幅な強化、生産性の向上、マテリアルフローの遅延への対処が期待されます。

北米が主要な市場シェアを占める

  • 北米地域は、スマートマイニング市場に大きく貢献しており、米国とカナダが主要な市場シェアを占めています。米国環境保護庁は、有害物質排出目録(Toxic Release Inventory)データの利用者に、採掘作業と関連するTRI報告化学物質の排出について理解を深めてもらうため、グラフィックを開発しました。金属鉱業部門は、毎年大量のマテリアルを扱っています。このセクターは、有害物質排出目録プログラムの対象となるあらゆる産業部門の中で、TRI対象化学物質の排出総量が最も多いことを報告しています。この部門は、一般の人々が見るTRIデータに影響を与え、国や地域のいくつかの重要な傾向を促進しています。
  • 鉱業会社は、鉱物の探査と生産を管理し、人的資源と機器の使用を最適化し、環境、健康、安全に関する規制を遵守するためのソフトウェアソリューションを必要としています。
  • 2022年6月、バイデン=ハリス政権は、重要鉱物のマッピングのために、連邦・州間のパートナーシップに7400万米ドル以上を投資しました。この投資は、米国地質調査所(USGS)の地球マッピング資源イニシアティブ(Earth MRI)の下、重要鉱物の可能性がある地域のマッピング、地質科学データ収集、科学的解釈、データ保存を支援するために30州に分配されます。
  • これらの投資は、国内の重要鉱物資源の理解を深め、電子機器から家電製品、風力タービンやバッテリーなどのクリーンエネルギー技術まで、多くの産業の動力源となる必須鉱物の持続可能で信頼できる供給を確保するために重要なステップとなります。
  • インターネットの進歩に伴い、この地域の最も注目すべきプレーヤーは、リアルタイムの分析を提供することに重点を置いています。Cisco Connected Miningは、採掘と生産プロセスの各ステップをリアルタイムで把握し、生産高、設備、作業員の位置、セキュリティを正確に監視することを可能にします。

スマートマイニング市場の競合他社分析

スマートマイニング市場は、その性質上、非常に競争が激しいです。様々な大小のプレーヤーがいるため、市場は高度に集中しています。主なプレイヤーは、Cisco Systems Inc.、Wenco International Mining Systems Ltd、SAP SE、Rockwell Automation Inc.、コマツ鉱業株式会社(Joy Global)、Symboticware Inc.、ABB Ltd、その他多くの企業です。各社は、複数のパートナーシップを結び、プロジェクトに投資し、市場に新製品を投入することで市場シェアを拡大しています。

  • 2022年3月- コマツ鉱業は、イノベーション・ハブを含む新しいWacol, Brisbane配送センターを正式に開設しました。イノベーションハブでは、採掘、採石、建設機械およびソリューションの最も革新的な進歩を紹介する様々なインタラクティブな展示を行っています。展示内容は、マイニングオートメーション、コマツスマートコンストラクション、デジタルサービス、サステナビリティ、サプライチェーンなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19がスマートマイニング市場に与える影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 大規模採掘施設におけるワイヤレスモニタリングと集中型ソリューションの採用が増加中
    • 技術的な進歩と様々なデジタル変革の実践の融合
  • 市場の課題/抑制要因
    • 新興地域における運用とコストに関する課題
    • 労働者の安全と健康

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • スマートコントロールシステム
    • スマートアセットマネジメント
    • 安全・セキュリティシステム
    • データマネジメント&アナリティクスソフトウェア
    • モニタリングシステム
    • その他ソリューション
  • サービスタイプ別
    • システムインテグレーション
    • コンサルティングサービス
    • エンジニアリング・保守
  • 鉱業種類別
    • 地下採掘
    • 地表採掘
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Wenco International Mining Systems Ltd
    • SAP SE
    • Rockwell Automation Inc.
    • Komatsu Mining Corporation(Joy Global)
    • Symboticware Inc.
    • ABB Ltd
    • Trimble Inc.
    • IBM Corporation
    • Epiroc AB
    • MineExcellence
    • Metso Outotec OYJ

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 52563

The smart mining market is expected to register a CAGR of 20.62% over the forecast period. Mining involves many processes, including resource allocation management of equipment, such as mining trucks, excavators, drills, conveyor belts, transportation and logistics, and more. To ensure that everything runs efficiently and finishes faster, these complex processes require a system to simplify and automate them.

Key Highlights

  • Mining involves many processes, including resource allocation and equipment management, such as mining trucks, excavators, drills, conveyor belts, transportation, and logistics. To make sure that everything runs efficiently and finishes faster, these complex processes require a system to simplify and even automate them.
  • Wireless mining sensor networks are the latest step in the evolution of mine monitoring. To continually monitor the geological and geo-mechanical factors inside underground mines and assess potential safety and productivity risks posed by rapid or out-of-safe-range changes, many modern underground mines install a variety of geotechnical and other monitoring instruments.
  • Digitalization may have come a little later to mining than other sectors, but it is quickly catching up. Mining companies have recently adopted a growing range of digital solutions. Many have mechanized their operations, moved from the physical to the digital realm by adding equipment sensors, and adopted unified networks to transmit data. Despite this progress, these steps are only the beginning.
  • Mining operational costs have risen dramatically, and salary expenditures increased in emerging countries in recent years globally. For instance, according to the Ministry of Economy Argentina, salary expenditure in the mining and quarrying sector in Argentina increased to over ARS 355.38 Billion (USD 2.21 Billion) in Q2 2021 and by ARS 118.86 Billion (USD 0.74 Billion) compared to Q2 2020.
  • The ongoing COVID-19 outbreak and restrictions on international trade affected business operations in the smart mining market. However, due to strict regulations in the transportation of raw materials, the reopening of country borders is expected to assist in resolving transport and logistic issues.

Smart Mining Market Trends

Data Management and Analytics Software is Expected to Show Highest Growth

  • Data is a valuable asset. Every day, automated mining equipment produces enormous amounts of useful data. Several vendors combine data with intelligent analytics, AI, machine learning, and automation to improve the security and productivity of operations.
  • Mining companies can unlock immediate value and increase revenues by gathering and utilizing big data from data sources, analyzing the same with contemporary data analytics, and putting the results into practice. With reliable data, the mining industry can increase output, decrease operational inefficiencies, and respond to risks more quickly.
  • The World Economic Forum estimates the mining industry's value due to digital transformation initiatives may exceed USD 320.0 billion in the following ten years. The next-generation digital transformation software for mining operations, Inter Systems IRIS, integrates seamlessly with current hardware and software programs. It provides customizable Key Performance Indicators (KPIs) delivered in real-time, such as Overall Equipment Effectiveness (OEE), and instant notifications when data levels and KPIs get close to predetermined thresholds.
  • Big data is a promising technology that has the potential to change the mining industry. It is fueled by rapid advancements in information and communication technology. Big data management (BDM) in the mining sector continues to have fundamental issues, despite numerous attempts to implement it.
  • Big data analytics and big data management can create intelligent infrastructure that can develop over time in the mining industry. Thus, analytics is expected to significantly enhance asset utilization, raise productivity, and address material flow delays.

North America to Hold Major Market Share

  • The North American region is a significant contributor to the smart mining market, with the United States and Canada taking up major market shares. The Environmental Protection Agency of the United States developed a graphic to provide users of Toxic Release Inventory data with a better understanding of mining operations and related TRI-reportable chemical releases. The metal mining sector handles large volumes of material each year. This sector reports the most significant total quantity of releases of TRI-covered chemicals of any industry sector covered by the Toxic Release Inventory Program. This sector influences the TRI data viewed by the public, driving several significant national and local trends.
  • Mining companies need software solutions to manage the exploration and production of minerals, optimize human resources and equipment use, and comply with environmental, health, and safety regulations.
  • In June 2022, the Biden-Harris administration invested over USD 74 million in Federal-State partnerships to map critical minerals. This investment will be distributed in 30 states to support mapping, geoscience data collection, scientific interpretation, and data preservation of areas with potential for critical minerals under the US Geological Survey (USGS) Earth Mapping Resources Initiative, or Earth MRI.
  • These investments improve the understanding of domestic critical mineral resources, a crucial step in securing a sustainable and reliable supply of the essential minerals that power numerous industries, from electronics to household appliances and clean energy technologies like wind turbines and batteries.
  • With the internet advancement, the region's most notable players focus on providing real-time analysis. Cisco Connected Mining enables real-time insight into each step of the mining and production process and accurate monitoring of output, equipment, worker location, and security.

Smart Mining Market Competitor Analysis

The smart mining market is very competitive in nature. The market is highly concentrated due to various small and large players. The major players in the market are Cisco Systems Inc., Wenco International Mining Systems Ltd, SAP SE, Rockwell Automation Inc., Komatsu Mining Corporation (Joy Global), Symboticware Inc., ABB Ltd, and many more. The companies are increasing their market share by forming multiple partnerships, investing in projects, and launching new products in the market.

  • March 2022 - Komatsu Mining Corporation officially opened its new Wacol, Brisbane distribution center, which includes an Innovation Hub. The Innovation Hub features a variety of interactive exhibits exhibiting the most innovative advancements in mining, quarrying, and construction equipment and solutions. The featured exhibits include mining automation, Komatsu SmartConstruction, digital services, sustainability, and supply chain.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness: Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Smart Mining Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Adoption of Wireless Monitoring and Centralized Solutions among Several Large Mining Installations
    • 5.1.2 Technological Advancements and Convergence of Various Digital Transformation Practices
  • 5.2 Market Challenges/Restraints
    • 5.2.1 Operational and Cost Challenges Remain a Concern in Emerging Regions
    • 5.2.2 Workers Safety and Health

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 Smart Control System
    • 6.1.2 Smart Asset Management
    • 6.1.3 Safety and Security System
    • 6.1.4 Data Management and Analytics Software
    • 6.1.5 Monitoring System
    • 6.1.6 Other Solutions
  • 6.2 By Service Type
    • 6.2.1 System Integration
    • 6.2.2 Consulting Service
    • 6.2.3 Engineering and Maintenance
  • 6.3 By Mining Type
    • 6.3.1 Underground Mining
    • 6.3.2 Surface Mining
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 Wenco International Mining Systems Ltd
    • 7.1.3 SAP SE
    • 7.1.4 Rockwell Automation Inc.
    • 7.1.5 Komatsu Mining Corporation (Joy Global)
    • 7.1.6 Symboticware Inc.
    • 7.1.7 ABB Ltd
    • 7.1.8 Trimble Inc.
    • 7.1.9 IBM Corporation
    • 7.1.10 Epiroc AB
    • 7.1.11 MineExcellence
    • 7.1.12 Metso Outotec OYJ

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET