デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198367

スマートグリッドネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Smart Grid Network Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
スマートグリッドネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のスマートグリッドネットワーク市場は、予測期間である2022~2027年の間に11%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックは、2020年前半に世界中の様々な国が厳しいロックダウンの実施を余儀なくされたため、スマートグリッド市場の成長を鈍化させていました。政府や地方自治体が厳しいガイドラインを発表し、不要不急の業務はすべて停止されました。このため、エンドユーザーの活動が停止し、スマートグリッド市場にも悪影響が及びました。スマートメーターや電気自動車用充電器など、スマートグリッドに関連するインフラ技術への投資や導入の増加といった要因が、今後数年間、市場を牽引するものと考えられます。しかし、世界中の低開発国における電力へのアクセスの低さ、グリッドインフラの拡張と近代化のための政府の規制やイニシアチブの貧弱さが、予測期間中に調査された市場の成長を制限することが予想されます。

主なハイライト

  • 先進計測インフラ(AMI)は、世界の先進経済諸国および新興経済諸国におけるスマートグリッド技術の展開が拡大していることから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。
  • 世界の新興国および低開発国の政府は、スマートグリッド技術を、長期的な経済的繁栄を維持し、二酸化炭素排出量の削減目標の達成に貢献する戦略的インフラ投資とみなすようになってきています。このため、近い将来、スマートグリッドネットワーク市場に参入する企業にとって、大きなビジネスチャンスとなることが予想されます。
  • 予測期間中は、アジア太平洋地域が市場を独占し、需要の大半は中国、インド、日本からもたらされると予想されます。

スマートグリッドネットワークの市場動向

高度計測インフラ(AMI)が大幅な成長を遂げる

  • AMI(Advanced Metering Infrastructure)またはスマートメーターは、スマートメーター、通信ネットワーク、データ管理システムからなる統合システムです。電力会社と顧客の双方向通信を可能にします。
  • メーター業界はここ数年、自動検針(AMR)から双方向通信を利用したスマートメーターへと移行し、配電会社(DISCOM)、顧客、社会にとってより大きな利益をもたらすことで飛躍的な進歩を遂げました。
  • AMIは、電力会社のコスト削減やお客さまの利便性向上につながる大きな運用メリットをもたらします。AMIは、遠隔地からの検針、サービスの接続・切断、停電の特定、より正確な請求書の迅速な作成、電力会社によるお客様の使用情報へのデジタルアクセスを可能にし、電力会社の運営コストを大幅に削減することができます。
  • 電力網の近代化と送配電損失削減への取り組みが進む中、世界各国の政府は高度な計測インフラに投資しています。このことが、予測期間中のAMI市場の牽引役となることが期待されています。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • 2021年のスマートグリッドネットワーク市場は、アジア太平洋地域が優位に立つと予想されます。中国、インド、日本などの国々に支えられ、今後数年間もその優位性を維持すると予想されます。
  • 中国は、2025年までに電力設備で世界のリーダーになるという野望を持っています。これは、「メイド・イン・チャイナ2025」プログラムの「テクノロジー・ロードマップ(2017年)」で示された国家戦略です。国家プログラムでは、イノベーションとテクノロジーが大きくクローズアップされています。開発を支援するために、多額の資金が投入されています。
  • 2015年、国家発展改革委員会と国家エネルギー管理局は、安全で効率的、クリーンで近代的なエネルギーシステムを構築する目的で、エネルギー資源の配分を可能にし最適化するグリッドの能力を高め、クリーンエネルギーと分散エネルギーの利用を促進するスマートグリッド開発の重要性を強調しました。
  • 同様に、2020年、インドは世界第3位の発電国となっています。この電力は、従来型電源と再生可能エネルギーの両方から発電されています。インドでは、「Power for All」に焦点を当てた政府主導のさまざまな計画を通じて、農村部と都市部の両方のコミュニティにおける電力へのアクセスを改善することに大きな前進を遂げました。
  • 同国は電力事業部門の近代化に初めて取り組み、2015年5月に発表した「国家スマートグリッドミッション(NSGM)」では、980億インドルピーを投じ、338億インドルピーを予算支援しました。
  • 2019年8月、インド連邦電力省傘下の公営企業4社の合弁会社Energy Efficiency Services Limited(EESL)は、インド・ウッタルプラデシュ州のスマートメータープロジェクトに2,700ルピー相当の投資をラインアップしました。この野心的なプロジェクトのもと、EESLは3年間(2019~2022年)で州の電力消費者の敷地内に400万個の電力メーターを設置する予定です。
  • したがって、従来の電気ネットワークに蔓延する問題への対処に注目が集まっていること、環境保護への関心が高まっていること、エネルギーの節約と消費の効率化を目的としたスマートグリッド技術の採用が拡大していることが、同地域のスマートグリッドネットワーク市場の成長を後押ししているのです。

スマートグリッドネットワーク市場の競合他社分析

スマートグリッドネットワーク市場は適度に細分化されています。同市場の主要プレイヤーには、ABB Ltd、Cisco Systems Inc.、Eaton Corporation PLC、General Electric Company、Itron Inc.などがいます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術応用分野
    • トランスミッション
    • デマンドレスポンス
    • 高度計測インフラ(AMI)
    • その他の技術応用分野
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Cisco Systems Inc.
    • Eaton Corporation PLC
    • General Electric Company
    • Itron Inc.
    • Osaki Electric Co. Ltd
    • Hitachi Ltd
    • Schneider Electric SE
    • Siemens AG
    • Honeywell International Inc.

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 52426

The global smart grid network market is expected to record a CAGR of more than 11% during the forecast period, 2022-2027. The COVID-19 pandemic had slowed the growth of the smart grid market, as various countries across the world were forced to implement strict lockdowns during the first half of 2020. Governments and local authorities issued strict guidelines, and all non-essential operations were halted. This adversely affected the smart grid market owing to the suspension of end-user activities. Factors such as increased investment and deployment of smart grid technologies such as smart meters, EV chargers, and other associated smart grid infrastructure technologies are expected to drive the market in the coming years. However, low accessibility to electricity in underdeveloped nations across the world and poor government regulations and initiatives for expanding and modernizing the grid infrastructure are expected to limit the growth of the market studied during the forecast period.

Key Highlights

  • Advanced Metering Infrastructure (AMI) is expected to witness significant growth during the forecast period due to the increasing deployment of smart grid technologies across the world's developed and emerging economies.
  • Governments of both emerging and underdeveloped nations worldwide are increasingly viewing smart grid technology as a strategic infrastructural investment that will sustain their long-term economic prosperity and help them achieve their carbon emission reduction targets. This, in turn, is expected to provide an ample amount of opportunities to the companies involved in the smart grid network market in the near future.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the market during the forecast period, with the majority of the demand coming from China, India, and Japan.

Smart Grid Network Market Trends

Advanced Metering Infrastructure (AMI) to Witness Significant Growth

  • Advanced metering infrastructure (AMI) or smart metering is an integrated system of smart meters, communications networks, and data management systems. It enables two-way communication between utilities and customers.
  • The metering industry has taken rapid strides in the recent past few years by traversing from automated meter reading (AMR) to smart metering, using bi-directional communication, thereby enabling greater benefits to electricity distribution companies (DISCOMs), customers, and society.
  • AMI provides significant operational benefits, which leads to cost savings for utility companies and convenience for customers. AMI can significantly reduce operating costs of utility companies by remotely reading meters, connecting/disconnecting service, identifying outages, generating more accurate bills in a faster manner, and enabling utilities to provide customers digital access to their usage information.
  • With the increasing efforts to modernize the electricity grid and reduce T&D losses, governments across the world are investing in advanced metering infrastructure. This, in turn, is expected to drive the AMI market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the smart grid network market in 2021. It is expected to continue its dominance in the coming years, backed up by countries like China, India, and Japan.
  • China has the ambition to become a world leader in electrical power equipment by 2025. This is a national strategy outlined in the Technology Roadmap (2017) of the Made in China 2025 program. Innovation and technology are heavily focused on the national program. Large amounts of funding are being allocated to support the development.
  • In 2015, the National Development and Reform Commission and National Energy Administration stressed the significance of smart grid development to improve the ability of the grid to allow for and optimize the allocation of energy resources and promote the utilization of clean energy and distributed energy with the purpose to create a safe, efficient, clean, and modern energy system.
  • Similarly, in 2020, India was the third-largest electricity-generating nation in the world. This power is generated from both conventional and renewable sources. The country has made major strides in improving access to power among both rural and urban communities through various government-led schemes focused on Power for All.
  • The country made its first move to modernize its power utility sector, with the National Smart Grid Mission (NSGM) announced in May 2015, with an outlay of INR 980 crore and a budgetary support of INR 338 crore.
  • In August 2019, Energy Efficiency Services Limited (EESL), a joint venture of four public sector enterprises under the Union Ministry of Power of India, lined up investments worth INR 2,700 crore for the smart meter project in Uttar Pradesh, India. Under the ambitious project, EESL is expected to install four million electricity meters on the premises of state power consumers in three years (2019-2022).
  • Therefore, increasing focus on dealing with issues prevailing to conventional electric networks, rising concerns about environmental protection, and growth in the adoption of smart grid technology to improve efficiency in energy conservation and consumption are fueling the growth of the smart grid network market in the region.

Smart Grid Network Market Competitor Analysis

The smart grid network market is moderately fragmented. Some of the key players in this market include ABB Ltd, Cisco Systems Inc., Eaton Corporation PLC, General Electric Company, and Itron Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology Application Area
    • 5.1.1 Transmission
    • 5.1.2 Demand Response
    • 5.1.3 Advanced Metering Infrastructure (AMI)
    • 5.1.4 Other Technology Application Areas
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
    • 5.2.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 ABB Ltd
    • 6.3.2 Cisco Systems Inc.
    • 6.3.3 Eaton Corporation PLC
    • 6.3.4 General Electric Company
    • 6.3.5 Itron Inc.
    • 6.3.6 Osaki Electric Co. Ltd
    • 6.3.7 Hitachi Ltd
    • 6.3.8 Schneider Electric SE
    • 6.3.9 Siemens AG
    • 6.3.10 Honeywell International Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS