デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197882

地上設置型変圧器市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Pad Mounted Transformer Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
地上設置型変圧器市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

地上設置型変圧器の世界市場は、2022~2027年の予測期間中に3%以上のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19の大流行は、さまざまな産業におけるロックダウンプロトコルのために地上設置型変圧器市場に中程度の影響を与え、複数のプロジェクトに遅延をもたらしました。世界各地での発電能力の増強計画、老朽化した配電変圧器の交換/改修需要の増加、特に中国とインドでの産業およびインフラ開発活動の急増による電力需要の増加といった要因が、予測期間中の市場の牽引役となることが期待されます。また、再生可能エネルギーによる発電の増加や送配電(T&D)インフラの老朽化が、地上設置型変圧器市場の成長を促しています。しかし、世界的に電化プロジェクトの実施が遅れていることが、市場の成長の妨げになる可能性があります。

*油入りトランスは、高効率で耐用年数が長く、過負荷に対する信頼性が高いため、パッドマウント型トランスの最大市場として期待されています。

*中東とアジア太平洋地域における電化プロジェクトの増加や、いくつかの政府の取り組みは、電化率を向上させるための重要な取り組みが進行中であることを示唆しています。これは、今後数年間にわたり、地上設置型変圧器市場のプレーヤーに十分な機会を創出するものと期待されます。

*アジア太平洋地域は、世界人口の3分の1がインドと中国に居住しており、この2カ国が世界の電力需要の大部分を占めているため、地上設置型変圧器の世界市場で大半のシェアを占めています。

地上設置型変圧器の市場動向

オイルフィルドトランスタイプが市場を席巻

*油入変圧器は、冷却に液体を使用するため、屋外での使用に適しています。油入りトランスは、冷却に液体を使用するため、屋外での使用に適しており、効率的で寿命が長く、過負荷に対する信頼性が高いのが特徴です。

*液体は冷却を強化するために使用される媒体であり、そのような種類の変圧器は、ドライタイプよりも良い選択肢です。油入りトランスの最大の利点は、より高い定格と過負荷を扱うことができることです。

*インドや中国などの国々では、電化率を高めるために送電・配電網を拡大しており、これが油入り地上設置型変圧器市場を牽引すると予想されます。例えば、インドでは、「Pradhan Mantri Sahaj Bijli Har Ghar Yojana」による全世帯電化と「Deendayal Upadhyaya Gram Jyoti Yojana(DDUGJY)」による農村部での電力供給の品質・信頼性を高めることが目標となっており、このような取り組みが進められています。

*2021年10月、Tata Power Company Limitedは、インド・ムンバイ全域の送電を強化するため、145kV油入りポリマー変流器を供給する2年契約の入札を業界関係者から募集を開始しました。

*電力部門の脱炭素化を目指す中国は、再生可能エネルギーに多額の投資を行っており、配電変圧器に十分な市場拡大の機会をもたらしています。同国では、配電網への年間平均投資額が増加することが予想されるため、オイルフィルドパッド式変圧器の需要も増加することが見込まれます。

*また、油入り地上設置型変圧器は、定期的な油の分析、清掃、作動部品の総点検が必要であり、乾式地上設置型変圧器に比べ修理費用が安く済みます。したがって、オイル充填式トランスは、予測期間中、パッドマウント式トランスの世界市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

*アジア太平洋地域は、発電能力増強計画、老朽化した配電変圧器の交換・改修需要の急増、産業インフラ開発活動の急成長に伴う中国とインドを中心とした電力需要の増加により、最も急速に成長している地域の1つであると予想されます。

*中国は、未曾有の経済成長を背景に高い電力需要が見込まれています。世界の発電量の約28%を占める。2020年の電力消費量は7,510TWhとなり、2015年の5,550TWhから35%以上増加しています。

*インドでは、電力会社や政府が、増加する電力需要に対応するため、再生可能エネルギーを中心とした新しい発電プロジェクトの開発を進めています。このため、これらのプロジェクトに対応するための配電インフラが必要となり、地上設置型変圧器の国内での成長を促進すると予想されます。

*インドでは、老朽化した電力インフラが寿命を迎えつつあり、再生可能エネルギー発電の増加に対応した配電網の整備が不可欠となっています。さらに、同国では、エネルギーインフラの近代化に向けた取り組みが進んでいます。2016年には、インフラを改善し、消費者に24時間365日電気を提供するために、2030年までに電力に1兆円近くを投資する計画を発表しています。

*したがって、上記の要因は、予測期間中にアジア太平洋地域全体で地上設置型変圧器の需要を補完する可能性があります。

地上設置型変圧器市場の競合他社分析

地上設置型変圧器市場は、適度に細分化されています。主なプレイヤーとしては、ABB Ltd、Siemens Energy AG、Eaton Corporation PLC、Toshiba Corporation、General Electric Companyなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • オイル封入型
    • ドライタイプ
  • 位相
    • 単相
    • 三相
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Eaton Corporation PLC
    • General Electric Company
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • Schneider Electric SE
    • Siemens Energy AG
    • Toshiba Corporation
    • CG Power and Industrial Solutions Limited
    • Olsun Electrics Corporation

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 70164

The global pad mounted transformer market is expected to register a CAGR of more than 3% during the forecast period of 2022-2027. The COVID-19 pandemic moderately impacted the pad mounted transformer market due to the lockdown protocols in various industries, which led to delays in multiple projects. Factors such as plans for increasing power generation capacity across the world, growing demand for replacing/refurbishing aging distribution transformers, and increasing electricity demand, particularly in China and India, owing to rapidly increasing industrial and infrastructural development activities, are expected to drive the market during the forecast period. Moreover, growth in renewable-based power generation and aging transmission and distribution (T&D) infrastructure are promulgating the growth of the pad mounted transformer market. However, delay in the implementation of electrification projects globally is likely to hamper the market's growth.

* The oil-filled segment is expected to be the largest market for pad mounted transformer, as it is highly efficient, has a longer service life, and features more reliable overload capabilities.

* Increasing electrification projects in Middle-East and Asia-Pacific and several government initiatives suggest that significant efforts are underway for improving the electrification rate. This is expected to create ample opportunities for pad mounted transformer market players over the coming years.

* Asia-Pacific accounts for the majority share in the global pad mounted transformer market owing to one-third of the world's population currently residing in India and China, with the two countries accounting for a major share of global electricity demand.

Pad Mounted Transformer Market Trends

Oil-filled Transformer Type to Dominate the Market

* Oil-filled transformers use liquids for cooling, making them highly suitable for outdoor applications. They are more efficient, have a more extended service life, and feature more reliable overload capabilities.

* A liquid is a medium used for enhanced cooling, and such kinds of transformers are a better option than dry types. The biggest advantage of an oil-filled transformer is that it can handle higher ratings and overloads.

* Countries such as India and China are expanding their transmission & distribution network to increase the country's electrification rate, which is expected to drive the oil-filled pad mounted transformer market. For example, in India, the government aims to electrify all households under the Pradhan Mantri Sahaj Bijli Har Ghar Yojana and enhance the quality and reliability of power supply in rural areas under the Deendayal Upadhyaya Gram Jyoti Yojana (DDUGJY).

* In October 2021, Tata Power Company Limited began inviting tenders from industry players to sign a two-year contract to supply 145 kV oil-filled polymer current transformers to strengthen the power transmission across Mumbai, India.

* In a bid to decarbonize its power sector, China is investing heavily in renewable energy, creating ample opportunities for distribution transformers to expand the country's market. The country is expected to increase its average annual investment in distribution networks, thus, increasing the demand for oil-filled pad mounted transformers.

* Moreover, oil-filled pad mounted transformers are subjected to periodic oil analysis, cleaning, and general inspection of working components, and the repair cost is less than dry-type pad mounted transformers. Hence, oil-filled type transformers are expected to dominate the global pad mounted transformer market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

* Asia-Pacific is expected to be one of the fastest-growing regions due to rising power generation capacity plans, soaring demand for replacing/refurbishing aging distribution transformers, and increasing electricity demand, particularly in China and India, owing to rapidly growing industrial infrastructural development activities.

* China has witnessed high rates of electricity demand, owing to the unprecedented growth of the economy. The country accounts for approximately 28% of the global electricity generation. The nation's electricity consumption in 2020 stood at 7,510 TWh, witnessing a rise of more than 35% from 2015 when electricity consumption stood at 5,550 TWh.

* In India, utilities and governments are developing new generation projects, particularly renewable energy ones, to meet the increasing electricity demand. This is likely to require distribution infrastructure to accommodate these projects, which is expected to drive the nation's growth of pad mounted transformers.

* With India's aging electricity infrastructure nearing the end of its lifespan, it has become critical to renovate the power distribution network for increasing renewable energy generation. Moreover, the country has been taking initiatives to modernize its energy infrastructure. In 2016, the government announced plans to invest nearly USD 1 trillion in power by 2030 to improve infrastructure and offer 24/7 electricity to consumers.

* Hence, the above factors are likely to supplement the demand for pad mounted transformers across the Asia-Pacific region during the forecast period.

Pad Mounted Transformer Market Competitor Analysis

The pad mounted transformer market is moderately fragmented. Some of the key players are ABB Ltd, Siemens Energy AG, Eaton Corporation PLC, Toshiba Corporation, and General Electric Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Oil-filled
    • 5.1.2 Dry Type
  • 5.2 Phase
    • 5.2.1 Single-phase
    • 5.2.2 Three-phase
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 ABB Ltd
    • 6.3.2 Eaton Corporation PLC
    • 6.3.3 General Electric Company
    • 6.3.4 Mitsubishi Electric Corporation
    • 6.3.5 Schneider Electric SE
    • 6.3.6 Siemens Energy AG
    • 6.3.7 Toshiba Corporation
    • 6.3.8 CG Power and Industrial Solutions Limited
    • 6.3.9 Olsun Electrics Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS