デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197869

酸化ストレスアッセイ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Oxidative Stress Assay Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.36円
酸化ストレスアッセイ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

酸化ストレスアッセイ市場は、予測期間(2022-2027年)中にCAGR9%を記録すると予測されています。

COVID-19の中で、酸化ストレスアッセイ市場は、世界的に研究開発活動への投資が増加していることから、成長が見込まれています。SARS-CoV-2発症における酸化ストレスと炎症過程の代謝的意義」と題された論文によると。2021年5月に発表された「Therapeutic Potential of Natural Antioxidants」によると、酸化ストレスと炎症は、複数のシグナル伝達経路への干渉を介して、疾患の進行や治療への反応に重要な役割を果たす絡み合ったプロセスであるといいます。宿主細胞の酸化還元状態は、ウイルスの結合と宿主細胞への侵入を確実にする構造変化に必要な独特の条件のため、ウイルスの侵入において重要な因子となります。このような研究は、酸化ストレスアッセイがCOVID-19の進行を見つける上でいかに有用であるかを示しており、今後数年間の市場の成長を促進する可能性があります。

バイオ医薬品およびバイオテクノロジー産業の急成長と慢性疾患の増加は、酸化ストレスアッセイ市場の成長を促進すると予想される主要な要因の1つです。米国疾病管理予防センター(CDC)2022年5月更新版によると、米国の成人の10人に6人が慢性疾患を持ち、10人に4人が2つ以上の疾患を抱えています。このような慢性疾患の高い有病率は、慢性疾患が酸化物質と抗酸化物質のレベルの不均衡をもたらすため、結果の有効性と精度が向上することから、酸化ストレスアッセイの需要を増加させました。

さらに、さまざまな疾患における酸化ストレスアッセイの適用を拡大するための調査研究が増加していることも、市場の成長を後押ししています。例えば、2021年9月に発表された「Targeting Reactive Oxygen Species Capacity of Tumor Cells with Repurposed Drug as an Anticancer Therapy」という記事では、濃度が上昇すると、活性酸素(ROS)は逆説的にがん発生に影響を与え、中程度のレベルのROSでは腫瘍形成を誘発するか、がん細胞の増殖をサポートするか、高いレベルのROSではがん細胞の死が引き起こされると報告されています。このように、活性酸素はがん治療の魅力的なターゲットと考えることができます。また、活性酸素を利用した再利用薬の使用は、現在のがん治療の課題を克服する有望な方法の一つである可能性が報告されています。このような研究開発は、新製品の開発やがん診断・治療への応用の拡大につながる可能性があり、それゆえ近い将来、市場の成長を促進する可能性があります。

したがって、前述の要因から、市場は予測期間中に成長を予測することが期待されます。しかし、装置のコストが高いことや、装置を扱う訓練を受けた人材の不足が、市場の成長を阻害する可能性があります。

酸化ストレスアッセイ市場動向

酸化ストレスアッセイ市場では、製薬・バイオテクノロジー産業セグメントが主要な市場シェアを占めると予想されます。

エンドユーザー別では、製薬・バイオテクノロジー産業セグメントが最大のシェアを獲得すると予想されています。COVID-19の突然の発生により、酸化ストレスアッセイが製薬・バイオテクノロジー産業の研究開発に大きな役割を果たすことから、酸化ストレスアッセイの需要が高まっています。酸化ストレスアッセイは製品開発プロセスで広く使用されているため、製薬およびバイオテクノロジー産業における研究開発投資の急増は、このセグメントの成長を後押しすると予想されます。例えば、経済開発協力機構(OECD)が2021年に発表したデータでは、米国では医薬品・バイオテクノロジー分野の研究開発投資強度が3%の節目を超え、中国では昨年から2.1%から2.2%になったことが報告されています。また、欧州の研究開発費の増加率は2.1%と、より緩やかなものであったことが報告されています。

さらに、規制当局による製品の承認や、より新しい製品の発売も、このセグメントの成長に寄与しています。例えば、2022年6月、AMSBIOは、酸化ストレスのメカニズムを調査する研究者向けに、フリーラジカル(ROSおよびRNS)、非ラジカル反応性誘導体(または酸化剤)、抗酸化物質に関連する抗体、バイオマーカー、アッセイキットの範囲を拡大しました。

これらの要因を考慮すると、製薬およびバイオテクノロジー産業セグメントは、新しい疾患診断の研究開発に多数の酸化ストレスアッセイ製品を採用していることから、主要な市場シェアを占めると予想されます。

北米が市場で重要なシェアを占め、予測期間中も同様と予想される

この地域のバイオファーマおよびバイオテクノロジー企業からの需要が増え続けていることが、北米の酸化ストレスアッセイ市場の成長を牽引すると予想されます。さらに、技術的に高度な機器の採用が進み、より経験豊富な専門家が存在することが、同地域の市場成長を推進すると予想されます。また、酸化ストレスアッセイはバイオ医薬品の生産において重要な役割を果たすため、バイオ医薬品企業による新製品の上市が増加していることも、市場成長の一因となっています。

さらに、米国におけるバイオテクノロジー分野の研究開発への投資が活発化していることも、同地域の酸化ストレスアッセイ市場の成長に大きく寄与しています。例えば、カリフォルニア州に拠点を置くアムジェン社は、研究開発活動に多額の投資を行い、研究開発への支出は2021年、2020年、2019年にそれぞれ48億米ドル、42億米ドル、41億米ドルとなっています。

さらに、市場参入企業による戦略的な取り組みも市場の成長を促進しています。例えば、2021年7月、ImmuchromGmbHはIlex Life Sciencesと消化器系バイオマーカーアッセイの北米での販売に関するパートナーシップ契約を締結しました。Immuchrom社は、HPLCアプリケーション、フォトメトリックアッセイ、イムノアッセイを開発・製造するドイツの企業で、消化器疾患、循環器、酸化ストレス、カルシウム・骨代謝の分野に特化しています。こうした取り組みも、市場の成長を後押ししています。

したがって、これらすべての要因を考慮すると、北米が酸化ストレス市場において主要なシェアを占めると予想されます。

酸化ストレスアッセイ市場の競合他社分析

酸化ストレスアッセイ市場は断片的であり、複数の主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアの観点からは、現在、少数の主要プレイヤーが市場を独占しています。現在市場を独占している企業には、Abcam Plc、AMSBIO、Biovision Inc、Cell Biolabs, Inc、Enzo Life Sciences, Inc、Merck KGaA、Immunochemistry Technologies、Promega Corporation、Qiagen、Thermo Fisher Scientific、その他が含まれます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • バイオ医薬品・バイオテクノロジー産業の急成長
    • 研究開発への投資の増加
  • 市場抑制要因
    • 機器の高コスト
    • 経験豊富な人材の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:百万米ドル)

  • 製品別
    • 医療機器
    • 消耗品
    • サービス
  • 検査タイプ別
    • 間接測定法
    • 抗酸化能アッセイ
    • 酵素アッセイ
    • 活性酸素測定法
  • 技術別
    • 酵素免疫測定法(ELISA)
    • フローサイトメトリー
    • クロマトグラフィー
    • 顕微鏡法
    • その他
  • 疾患タイプ別
    • 循環器系疾患
    • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
    • がん
  • エンドユーザー別
    • 製薬・バイオテクノロジー企業
    • 学術研究機関
    • 臨床研究機関
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abcam PLC
    • AMSBIO
    • Biovision Inc
    • Cell Biolabs, Inc
    • Enzo life sciences, Inc
    • Merck KGaA
    • ImmunoChemistry Technologies
    • Promega Corporation
    • Qiagen
    • Thermo fisher scientific

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90455

The Oxidative Stress Assay Market is projected to register a CAGR of 9% during the forecast period (2022-2027).

Amidst COVID-19, the oxidative stress assay market is expected to grow due to the increasing investment in research and development activities across the globe. According to the article titled "Metabolic Implications of Oxidative Stress and Inflammatory Process in SARS-CoV-2 Pathogenesis: Therapeutic Potential of Natural Antioxidants" published in May 2021, oxidative stress and inflammation are intertwined processes that play a vital role in disease progression and response to therapy via interference with multiple signaling pathways. The redox status of a host cell is an important factor in viral entry due to the unique conditions required for the conformational changes that ensure the binding and entry of a virus into the host cell. Such studies demonstrate how oxidative stress assays can be useful in finding COVID-19 progression and may propel the growth of the market over the coming years.

The rapid growth in the biopharmaceutical and biotechnology industries and the increase in chronic disorders are among the major factors expected to drive the growth of the oxidative stress assay market. According to the Center for Disease Control and Prevention (CDC) May 2022 update, six in ten adults in the United States have a chronic disease, and four in ten adults have two or more. Such a high prevalence of chronic diseases increased the demand for oxidative stress assays owing to the increased efficacy and precision of the results as chronic disorders result in an imbalance in oxidant and antioxidant levels.

Additionally, the increasing research studies to widen the application of the oxidative stress assay in different diseases is also propelling the growth of the market. For instance, the article titled "Targeting Reactive Oxygen Species Capacity of Tumor Cells with Repurposed Drug as an Anticancer Therapy" published in September 2021 reported that as concentrations increased, Reactive Oxygen Species (ROS) paradoxically influenced cancer development, either triggering tumorigenesis or supporting the proliferation of cancer cells at moderate levels of ROS or causing cancer cell death at high levels of ROS. Thus, ROS can be considered an attractive target for the therapy of cancer. It also reported that the use of ROS-based repurposed drugs may be one of the promising ways to overcome current cancer treatment challenges. Such research studies could lead to the development of new products and increasing applications in cancer diagnostics and therapeutics and hence may drive the growth of the market in the near future.

Therefore, due to the aforesaid factors, the market is expected to project growth over the forecast period. However, the high cost of equipment and the lack of trained personnel to handle the equipment may hamper the market's growth.

Oxidative Stress Assay Market Trends

The Pharmaceutical and Biotechnology Industries Segment is Expected to Hold a Major Market Share in the Oxidative Stress Assay Market.

By end user, the pharmaceutical and biotechnology industries segment is anticipated to garner the largest share of the market. The sudden outbreak of COVID-19 has increased the demand for oxidative stress assays as these products play a major role in the research and development of the pharmaceutical and biotechnology industries. The surge in research and development investments in the pharmaceutical and biotechnology industries is expected to boost the segment's growth since oxidative stress assays are widely used in the product development process. For instance, the data published by the Organisation for Economic Development and Co-operation (OECD) in 2021 reported that research and development investment intensity in the pharmaceutical and biotechnology sectors in the United States surpassed the 3% milestone, while in China it was 2.1% to 2.2% from the past year. The report also stated that Europe experienced a more modest increase of 2.1 percent in research and development expenditure.

Additionally, the approval of products by the regulatory authorities and the launch of newer products are also contributing to the growth of the segment. For instance, in June 2022, AMSBIO expanded its range of antibodies, biomarkers, and assay kits related to free radicals (ROS and RNS), non-radical reactive derivatives (or oxidants), and antioxidants for researchers investigating the mechanism of oxidative stress.

Considering these factors, the pharmaceutical and biotechnology industry segment is expected to hold the major market share as they employ a significant number of oxidative stress assay products for the R&D of newer disease diagnoses.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

The ever-increasing demand from biopharma and biotechnology companies in this region is expected to drive the growth of the oxidative stress assay market in North America. Moreover, the increase in the adoption of technologically advanced equipment and the presence of more experienced professionals is expected to propel the market growth in this region. Also, the increasing launches of new products by biopharma companies is a contributing factor to the growth of the market as oxidative stress assays play a crucial role in biopharmaceutical production.

Additionally, an upsurge in investment in research and development in the biotechnology sector in the United States is a major contributing factor to the growth of the oxidative stress assay market in this region. For instance, California-based Amgen Inc. invested heavily in its research and development activities and its expenditure for research and development was USD 4.8 billion, USD 4.2 billion, and USD 4.1 billion for 2021, 2020, and 2019, respectively.

Additionally, the strategic initiatives taken by the market players are also propelling the growth of the market. For instance, in July 2021, ImmuchromGmbH signed a partnership agreement with Ilex Life Sciences for North American distribution of gastrointestinal biomarker assays. Immuchrom is a German developer and manufacturer of HPLC applications, photometric assays, and immunoassays, specializing in areas of gastrointestinal disease, the cardiovascular system, oxidative stress, and calcium and bone metabolism. Such initiatives are also boosting the growth of the market.

Thus, considering all these factors, North America is expected to hold a major share in the oxidative stress market.

Oxidative Stress Assay Market Competitor Analysis

The oxidative stress assay market is fragmented and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players are currently dominating the market. Some companies currently dominating the market are Abcam Plc, AMSBIO, Biovision Inc, Cell Biolabs, Inc, Enzo Life Sciences, Inc, Merck KGaA, Immunochemistry Technologies, Promega Corporation, Qiagen, Thermo Fisher Scientific, and others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Defination
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rapid Growth in Biopharmaceutical and Biotechnology Industries
    • 4.2.2 Increasing Investment in the Research and Development
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of the Equipment
    • 4.3.2 Lack of Experienced Personnel
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Instruments
    • 5.1.2 Consumables
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By Test Type
    • 5.2.1 Indirect assays
    • 5.2.2 Antioxidant capacity assays
    • 5.2.3 Enzyme based assays
    • 5.2.4 Reactive Oxygen species based assays
  • 5.3 By Technology
    • 5.3.1 Enzyme-linked Immunosorbent Assay (ELISA)
    • 5.3.2 Flow Cytometry
    • 5.3.3 Chromatography
    • 5.3.4 Microscopy
    • 5.3.5 Others
  • 5.4 By Disease Type
    • 5.4.1 Cardiovascular disease
    • 5.4.2 Chronic Obstructive pulmonary disease (COPD)
    • 5.4.3 Cancer
  • 5.5 By End User
    • 5.5.1 Pharmaceutical and Biotechnology Industries
    • 5.5.2 Academic Research institutes
    • 5.5.3 Clinical Research Organizations
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
      • 5.6.1.1 United States
      • 5.6.1.2 Canada
      • 5.6.1.3 Mexico
    • 5.6.2 Europe
      • 5.6.2.1 Germany
      • 5.6.2.2 United Kingdom
      • 5.6.2.3 France
      • 5.6.2.4 Italy
      • 5.6.2.5 Spain
      • 5.6.2.6 Rest of Europe
    • 5.6.3 Asia-Pacific
      • 5.6.3.1 China
      • 5.6.3.2 Japan
      • 5.6.3.3 India
      • 5.6.3.4 Australia
      • 5.6.3.5 South Korea
      • 5.6.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.6.4 Middle East
      • 5.6.4.1 GCC
      • 5.6.4.2 South Africa
      • 5.6.4.3 Rest of Middle East
    • 5.6.5 South America
      • 5.6.5.1 Brazil
      • 5.6.5.2 Argentina
      • 5.6.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abcam PLC
    • 6.1.2 AMSBIO
    • 6.1.3 Biovision Inc
    • 6.1.4 Cell Biolabs, Inc
    • 6.1.5 Enzo life sciences, Inc
    • 6.1.6 Merck KGaA
    • 6.1.7 ImmunoChemistry Technologies
    • 6.1.8 Promega Corporation
    • 6.1.9 Qiagen
    • 6.1.10 Thermo fisher scientific

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS