デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197818

眼科用超音波装置市場- 成長、動向、予測(2023年~28年)

Ophthalmic Ultrasound Systems Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023-28)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
眼科用超音波装置市場- 成長、動向、予測(2023年~28年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

眼科用超音波装置市場は、予測期間中にCAGR7%で成長する見込みです。

パンデミックは市場に影響を与え、様々な調査研究がその洞察を与えています。例えば、Parul C GuptaらがIndian Journal of Ophthalmologyの2021年12月号に発表した調査研究によると、調査対象のクリニックは7,500件の白内障手術を行う予定でしたが、パンデミックの影響で2,500件しか行うことができなかったとのことです。このデータは、COVID-19のパンデミック時に白内障手術が大幅に減少したことを示唆しています。しかし、長時間労働によるスクリーンタイムの増加に伴い、眼科疾患は世界中で最も多く報告されている問題の1つであり、これは眼科疾患の有病率の増加につながり、調査期間中の調査市場の成長を後押しする可能性があります。例えば、Jason M. Nagataらが2021年11月に発表した調査研究によると、米国の青少年の平均スクリーン時間は、流行前の1日3.8時間から1日7.7時間に増加し、同じ資料の通り、スクリーン時間の増加は、青少年の身体および精神状態に負の影響を与えます。したがって、COVID-19の長期的な影響は、調査対象市場に好影響を与えると予想されます。

世界中で近視、遠視、乱視(歪視)、老眼などの光学障害の負担が増加していることが、調査予測期間中の眼科用超音波装置市場成長の主要な促進要因になると予想されます。例えば、世界保健機関(WHO)の2021年10月の更新によると、世界中で約22億人が近視または遠視の障害を抱えており、これらの視力障害のうち約10億件は予防できる、またはまだ対処されていないとのことです。さらに、WHOによると、未対策の老眼は世界中で約8億2,600万人に影響すると推定されています。また、上記の資料によると、未矯正の屈折異常、白内障、加齢黄斑変性、緑内障などが、世界的に視力障害や失明の主な原因となっており、視力低下は年齢に関係なく起こりますが、大半は50歳以上の人たちだと言われています。したがって、上記の記述は、眼科超音波装置がそのような眼科疾患の診断に使用されるように、調査された市場の成長のための燃料となる、世界中で眼科疾患の負担の増加があることを示します。

しかし、他の診断ツールの進歩や採用の増加、政府の厳格な規制が市場成長の妨げになると予想されます。

眼科用超音波装置の市場動向

B-Scanが市場で重要なシェアを占める

B-スキャンまたはブライトネス・スキャンは、眼球の2次元断面図を提供します。閉じたまぶたの外側に適用されます。B-スキャンは、通常、眼球の検査が困難な場合に使用されます。Bスキャンは、そのような利点から世界的に広く使用されており、各社が斬新で技術的に高度なBスキャンを開発しているため、需要が拡大しています。市場関係者による取り組みと相まって、疾病の増加などの要因が市場成長を高めると予想されます。例えば、2022年2月に国立医学図書館で発表された研究では、眼と付属器の疾患に対する入院率が過去20年間で73.8%増加したと述べられています。このように、入院率の高さは診断・手術用アイケア機器の需要を高め、市場を押し上げます。また、上記の調査では、視覚障害を持つ人の多くは高齢者で、50歳以上の年齢層に該当することが報告されています。この年齢層に属する人々の80%以上が眼疾患を患っています。したがって、高齢者人口の負担の増大により、国内の眼科疾患の有病率が上昇し、セグメントの成長を促進することが期待されます。糖尿病性網膜症の有病率は、市場成長の重要な要因の一つです。米国眼科学会が最近明らかにした疫学統計によると、現在、世界で3億8700万人が糖尿病を患っており、その数は2035年までに5億9200万人に増加すると予想されています。また、糖尿病性網膜症の患者数は全世界で9,300万人となっています。1型糖尿病患者の糖尿病網膜症有病率は77.3%、2型糖尿病患者の有病率は25.1%で、そのうち25%~30%は視力を脅かす糖尿病黄斑浮腫を発症すると予測されています。糖尿病網膜症患者の5%から8%はレーザー治療が必要です。また、最大で5%の人が硝子体手術が必要になる可能性があります。眼底Bモード超音波検査は、視力予後を予測する糖尿病網膜症合併症の検出と評価に使用されます。

拡張などの様々な取り組みがセグメント成長の重要な要因となっています。2022年6月、ルミバード・メディカルはインドに子会社を設立し、インドでのプレゼンスを拡大しました。同社は、ABSOLU、COMPACT TOUCH、AXIALISなど、さまざまな眼科用超音波製品を提供しました。このような取り組みにより、インドでの市場拡大が期待され、世界のセグメント全体の成長を後押ししています。

さまざまな眼疾患の発生率が高まっていることから、今後数年間はB-Scan眼底超音波装置の需要が高まると予想されます。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様の傾向が続く見込み

可処分所得の高さ、認知度の高さ、老人人口の増加、眼疾患の流行などの要因が、北米地域で調査された市場の成長を促進しています。出版された様々な調査記事は、失明やその他の眼科疾患の有病率に関する洞察を提供しています。例えば、2022年1月に出版されたクリーブランドクリニックの記事を出典とする記事では、米国で40歳以上の340万人以上が法定失明の定義を満たしているか、視力が矯正されていることに言及しています。このような、まだ診断されていない対象疾患の増加も、市場の成長を後押しすると予想されます。同様に、2021年7月にオンタリオ州検眼士協会に掲載された記事では、カナダの高齢化に伴い、矯正視力で生活する人の数が増加し、カナダの医療制度や経済に影響を及ぼすと言及されています。この報告書によると、120万人のカナダ人が視力の低下とともに生活しており、オンタリオ州だけでも46万6,000人が生活しているとのことです。また、上記の情報源は、800万人以上のカナダ人、オンタリオ州では310万人近くが4大眼疾患(加齢黄斑変性、緑内障、糖尿病網膜症、白内障)のいずれかを患い、視力低下の恐れがある状態で生活していることにも言及しています。このような眼科疾患の増加は、早期診断のための眼科用超音波装置の需要を高め、市場の成長を促進すると予想されます。

眼科用超音波装置市場の競合他社分析

眼科用超音波診断装置市場は適度に細分化されています。世界の主要企業が眼科用超音波装置の大半を製造しています。より多くの研究資金とより良い流通システムを持つ市場リーダーが、市場での地位を確立しています。市場で活動する主要なプレーヤーは、Appasamy Associates、DGH Technology Inc.、Micro Medical Devices、NIDEK、Optos PLC(株式会社ニコン)、Quantel Medical(Ellex Medical Lasers Ltd)、Lumibird Medical(Quantel Medical)、AMETEK(Reichert Inc)、およびSonomed Escalonです。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 眼科疾患の普及率の増加
    • 新しい眼科技術の出現
    • 政府による公衆衛生意識向上プログラムの増加
  • 市場抑制要因
    • 他の診断ツールの進歩および採用の増加
    • 厳しい政府規制
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • 製品別
    • A-スキャン
    • B-スキャン
    • コンバインドスキャン
    • パチメーター
    • 超音波生体顕微鏡(UBM)
  • モダリティ別
    • ポータブル
    • スタンドアロン
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 眼科クリニック
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AMETEK(Reichert Inc.)
    • Appasamy Associates
    • Carl Zeiss Meditec AG
    • Clarion Medical Technologies
    • DGH Technology Inc.
    • Halma plc
    • Lumibird Medical(Quantel Medical)
    • MEDA Co., Ltd(Tianjin Pharmaceutical Holdings Ltd)
    • Micro Medical Devices
    • NIDEK CO., LTD.
    • Optos PLC(Nikon Corporation)
    • Sonomed Escalon

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64423

The ophthalmic Ultrasound Systems Market is poised to grow at a CAGR of 7% during the forecast period.

The pandemic had an effect on the market and various research studies provide insight into that. For instance, according to a research study published by Parul C Gupta et. al., in the December 2021 edition of the Indian Journal of Ophthalmology, the studied clinic was expected to perform 7,500 cataract procedures, but due to the pandemic, they were able to perform only 2,500 procedures. This data suggests a significant decrease in cataract procedures during the COVID-19 pandemic. However, with the increase in screen time owing to long working hours, ocular problems are one of the most reported problems worldwide and this may lead to an increase in the prevalence of optical disorders and boost the growth of the studied market during the studied period. For instance, as per a research study published in November 2021 by Jason M. Nagata et al., the average screen time of adolescents in the United States increased to 7.7 hours per day from 3.8 hours per day in pre-pandemic time and as per the same source, increase in screen time has a negative effect on the physical and mental state of the adolescent. Hence, the long-term impact of COVID-19 is expected to have a positive impact on the studied market.

The increasing burden of optical disorders such as myopia (nearsightedness), hyperopia (far-sightedness), astigmatism (distorted vision), and presbyopia, among others around the world are expected to be the major driving factor for the growth of the ophthalmic ultrasound systems market during the forecast period of the study. For instance, according to the October 2021 update of the World Health Organization (WHO), approximately 2.2 billion people around the world have near or distance vision impairment and about 1 billion of these cases of vision impairment could be prevented or are yet to be addressed. Further, as per WHO, unaddressed presbyopia is estimated to affect about 826 million people around the world. Also, as per the above-mentioned source, uncorrected refractive errors, cataracts, age-related macular degeneration, and glaucoma among others, are the major cause of vision impairment and blindness globally, and vision loss can affect people of any age but the majority is over the age of 50 years. Hence, the statements mentioned above indicate that there is a growing burden of eye diseases across the globe which is a fuelling factor for the growth of the market studied as ophthalmic ultrasound devices are used in the diagnosis of such eye diseases.

However, the increasing advancement and adoption of other diagnostic tools and rigorous government regulations are expected to hinder market growth.

Ophthalmic Ultrasound Systems Market Trends

B-Scan to Hold a Significant Share of the Market

B-Scan or Brightness Scan provides a two-dimensional cross-sectional view of the eye. It is applied on the exterior of the shut eyelid. B-scan is utilized when examining the eye ordinarily is challenging. With such advantages of a B-Scan, it is widely used globally, and companies are coming up with novel and technologically advanced B-scans, which are fuelling demand for the same. Factors such as increasing diseases coupled with the initiative by market players are expected to increase the market growth. For instance, a study published in the National Library of Medicine in February 2022 stated that the hospital admission rate for diseases of the eye and adnexa increased by 73.8% in the last two decades. Thus, high hospital admission rates increase the demand for diagnostic and surgical eye care devices, boosting the market. The above-mentioned study also reported that most people with visual impairment are elderly and fall into the age group of 50 years and above. More than 80% of people in this age group suffer from eye diseases. Therefore, the growing burden of the geriatric population is expected to increase the prevalence of eye diseases in the country and drive segmental growth. The prevalence of diabetic retinopathy is one of the key factors in market growth. The American Academy of Ophthalmology recently revealed epidemiological statistics showing that 387 million people worldwide currently suffer from diabetes mellitus, with that number expected to rise to 592 million by 2035. Worldwide, diabetic retinopathy affects 93 million individuals. Type 1 diabetes patients have a 77.3% prevalence of diabetic retinopathy, whereas type 2 diabetes patients have a 25.1% prevalence, with 25% to 30% of those patients predicted to develop vision-threatening diabetic macular edema. 5% to 8% of diabetic retinopathy patients require laser therapy. Up to 5% of individuals might need a vitrectomy operation. Ophthalmic B-mode ultrasound is used for the detection and evaluation of diabetic retinopathy complications that predict the visual outcome.

Various initiatives, such as expansion are key factors in segmental growth. In June 2022, Lumibird Medical expanded its presence in India by creating a new subsidiary in the country. The company offered various ophthalmic ultrasound products such as ABSOLU, COMPACT TOUCH, AXIALIS, etc. With such initiatives, the market is expected to grow in the country thus boosting the overall segmental growth globally.

This growing incidence rate of various eye diseases is anticipated to boost demand for B-Scan ocular ultrasound devices in the coming years.

North America Dominates the Market and is Expected to do the Same in the Forecast Period

Factors such as high disposable incomes, high awareness, the rising geriatric population, and the prevalence of eye diseases are fueling the growth of the market studied in the North American region. Various research articles published provide insight into the prevalence of blindness and other eye disorders. For instance, the article sourced in Cleveland clinic articles published in January 2022, mentioned that more than 3.4 million people in the United State aged 40 and above meet the definition of legal blindness or have corrected vision. Such increasing target disorders, which are yet to be diagnosed are also expected to drive the growth of the market. Similarly, the article published in the Ontario Association of optometrists in July 2021 mentioned that as Canada's population ages, the number of individuals living with corrected vision is growing and will impact Canada's healthcare system and economy. The report shows that 1.2 million Canadians live with the loss of vision, 466,000 in Ontario alone. The above-mentioned source also mentioned that over 8 million Canadians, nearly 3.1 million in Ontario, are living with one of the four major eye diseases (age-related macular degeneration, glaucoma, diabetic retinopathy, and cataracts) and have or are at risk of vision loss. Such increasing prevalence of eye diseases is expected to rise the demand for ophthalmic ultrasound systems for early diagnosis and drive the growth of the market.

Ophthalmic Ultrasound Systems Market Competitor Analysis

The Ophthalmic Ultrasound Systems Market is moderately fragmented. The global key players are manufacturing the majority of ophthalmic ultrasounds. Market leaders with more funds for research and a better distribution system have established their position in the market. The major players operating in the market are Appasamy Associates, DGH Technology Inc., Micro Medical Devices, NIDEK CO., LTD., Optos PLC (Nikon Corporation), Quantel Medical (Ellex Medical Lasers Ltd), Lumibird Medical (Quantel Medical), AMETEK (Reichert Inc.), and Sonomed Escalon.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Eye Diseases
    • 4.2.2 Advent of Novel Ophthalmic Technologies
    • 4.2.3 Rise in Public Health Awareness Programs by Government
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Increasing Advancement and Adoption of Other Diagnostic Tools
    • 4.3.2 Rigorous Government Regulations
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 A- Scan
    • 5.1.2 B- Scan
    • 5.1.3 Combined Scan
    • 5.1.4 Pachymeter
    • 5.1.5 Ultrasound Bio-microscopy (UBM)
  • 5.2 By Modality
    • 5.2.1 Portable
    • 5.2.2 Standalone
  • 5.3 By End-User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ophthalmology Clinics
    • 5.3.3 Other End-Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 COMPANY PROFILES
    • 6.1.1 AMETEK (Reichert Inc.)
    • 6.1.2 Appasamy Associates
    • 6.1.3 Carl Zeiss Meditec AG
    • 6.1.4 Clarion Medical Technologies
    • 6.1.5 DGH Technology Inc.
    • 6.1.6 Halma plc
    • 6.1.7 Lumibird Medical (Quantel Medical)
    • 6.1.8 MEDA Co., Ltd (Tianjin Pharmaceutical Holdings Ltd)
    • 6.1.9 Micro Medical Devices
    • 6.1.10 NIDEK CO., LTD.
    • 6.1.11 Optos PLC (Nikon Corporation)
    • 6.1.12 Sonomed Escalon

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS